メインメニューを開く

イナル・タソエフ(Inal Tasoev 1998年2月5日- )はロシア出身の柔道選手。階級は100kg超級[1]

獲得メダル
ロシアの旗 ロシア
柔道
世界団体
2018 バクー 90kg超級
2019 東京 90kg超級
世界ジュニア
2017 ザグレブ 100kg超級
世界カデ
2015 サラエボ 90kg超級

人物編集

2015年のヨーロッパカデ90kg超級で優勝するも、世界カデでは決勝で同じロシアのケマル・カイトフに敗れた。団体戦でも決勝の日本戦で敗れて2位だった[1]。2017年のヨーロッパジュニア100kg超級で優勝すると、世界ジュニアでも優勝を飾った[1]。2018年の世界団体では3位となった[1]。続くグランドスラム・アブダビでは決勝でリオデジャネイロオリンピック100㎏級金メダリストであるチェコのルカシュ・クルパレクに開始僅か5秒で一本勝ちして優勝した[1][2]。2019年のグランドスラム・デュッセルドルフでは決勝で原沢久喜内股で敗れて2位だった[1]世界団体では3位になった[3]グランドスラム・ブラジリアではテディ・リネールに敗れて3位だったが、ミリタリーワールドゲームズでは優勝した[1]グランドスラム・大阪では準々決勝で影浦心、準決勝で香川大吾にそれぞれ一本勝ちすると、決勝では太田彪雅を技ありで破って優勝した[4]

IJF世界ランキングは3637ポイント獲得で8位(19/10/21現在)[5]

主な戦績編集

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集