メインメニューを開く

エドウィン・ディアス (投手)

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はディアス第二姓(母方の)はラボイです。

エドウィン・オーランド・ディアス・ラボイEdwin Orlando Díaz Laboy, 1994年3月22日 - )は、プエルトリコナグアボ英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBニューヨーク・メッツ所属。

エドウィン・ディアス
Edwin Díaz
ニューヨーク・メッツ #39
Edwin Diaz on March 2, 2019 (cropped 2).jpg
ニューヨーク・メッツ時代
(2019年3月2日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区ナグアボ英語版
生年月日 (1994-03-22) 1994年3月22日(25歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
165 lb =約74.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 MLBドラフト3巡目
初出場 2016年6月7日
年俸 $607,425(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム プエルトリコの旗 プエルトリコ
WBC 2017年
獲得メダル
男子 野球
プエルトリコの旗 プエルトリコ
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球

愛称はシュガー[2]

目次

経歴編集

プロ入りとマリナーズ時代編集

 
シアトル・マリナーズ時代
(2018年6月25日)

2012年MLBドラフト3巡目(全体98位)でシアトル・マリナーズから指名され、プロ入り[3][4]

2014年は、A級クリントン・ランバーキングス英語版で24試合116.1イニングを投げて、防御率3.33/6勝8敗/WHIP1.19の成績を記録した。

2015年は、A+級ベーカーズフィールド・ブレイズ英語版で7試合37.0回で防御率1.70/奪三振42/WHIP0.81、AA級では20試合104.1回で防御率4.57/奪三振103/WHIP1.33の成績を記録。

2016年6月4日にメジャー初昇格を果たした[5]。6月7日、クリーブランド・インディアンス戦でリリーフ登板しメジャーデビューを果たした。8月2日、ボストン・レッドソックス戦でスティーブ・シシェックに代わりクローザーを務め[6]、初セーブを記録した[7]。以後も継続的にクローザーで起用され、最終的には49試合に登板して防御率2.79・4敗・18セーブという好成績をマーク。また、51.2イニングで88奪三振・奪三振率15.3という凄まじいペースで三振を奪った。これらの活躍ぶりが評価され、ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票では5位にランクインした[8]

2017年開幕前の2月8日に第4回WBCプエルトリコ代表に選出された[9]。3月22日の決勝アメリカ合衆国戦に敗戦し、2大会連続で準優勝となった[10]。同年は開幕からクローザーを務め、66試合で4勝6敗34セーブ、防御率3.27という成績だった。

2018年は守護神として防御率1.96、リーグ最多の57セーブを挙げ、最多セーブ投手のタイトルを獲得した。

メッツ時代編集

2018年12月1日に2対5の大型トレードが成立し、ヘルソン・バウティスタジェイ・ブルースジャレッド・ケレニックアンソニー・スウォーザックジャスティン・ダンとのトレードで、ロビンソン・カノと共にニューヨーク・メッツへ移籍した[11]

投球スタイル編集

スリークォーターから、最速101.5mph(約163km/h)・平均97mph(約156km/h)の速球と、平均87mph(約140km/h)の縦のスライダーを使用する。スライダーの空振り率は34%と高く、奪三振を量産する[12]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2016 SEA 49 0 0 0 0 0 4 18 13 .000 217 51.2 45 5 15 2 3 88 6 1 16 16 2.79 1.16
2017 66 0 0 0 0 4 6 34 2 .400 278 66.0 44 10 32 2 3 89 3 1 28 24 3.27 1.15
2018 73 0 0 0 0 0 4 57 0 .000 280 73.1 41 5 17 0 6 124 3 1 17 16 1.96 0.79
MLB:3年 188 0 0 0 0 4 14 109 15 .222 775 191.0 130 20 64 4 12 301 12 3 61 56 2.64 1.02
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル編集

記録編集

MiLB
MLB

背番号編集

  • 39(2016年 - )

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ Edwin Diaz Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年3月6日閲覧。
  2. ^ M's Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月1日閲覧
  3. ^ 2012 3rd-Round Pick: RHP Edwin Diaz”. U.S.S. Mariner. 2014年10月14日閲覧。
  4. ^ Mariners select RHP Edwin Diaz out of Puerto Rico with 98th overall pick”. Tacoma News Tribune. 2014年10月14日閲覧。
  5. ^ Top pitching prospect Edwin Diaz is headed to the Mariners
  6. ^ R.J. Anderson (2016年8月2日). “The Mariners have a new closer in Edwin Diaz and he's a potential superstar talent”. CBS Sports. 2016年8月2日閲覧。
  7. ^ Mariners' Edwin Diaz: Records first save against Red Sox”. CBS Sports (2016年8月3日). 2016年8月3日閲覧。
  8. ^ 2016 Awards Voting - AL Rookie of the Year Voting - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年11月18日閲覧。
  9. ^ Young stars join Beltran, Yadi for Puerto Rico MLB.com (英語) (2017年2月8日) 2017年3月16日閲覧
  10. ^ American Beauty: USA dominates PR in final World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧
  11. ^ Robinson Cano, Edwin Diaz could go to Mets” (英語). MLB.com. 2018年12月2日閲覧。
  12. ^ FanGraphs - PITCHf/x

関連項目編集

外部リンク編集