メインメニューを開く

ブレイク・アシュトン・スネルBlake Ashton Snell, 1992年12月4日 - )は、アメリカ合衆国ワシントン州キング郡シアトル出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBタンパベイ・レイズ所属。

ブレイク・スネル
Blake Snell
タンパベイ・レイズ #4
Blake Snell, Wilson Ramos (41371609524) (cropped).jpg
2018年5月13日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワシントン州キング郡シアトル
生年月日 (1992-12-04) 1992年12月4日(26歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 MLBドラフト1巡目追補(全体52位)でタンパベイ・レイズから指名
初出場 2016年4月23日 ニューヨーク・ヤンキース
年俸 $1,600,000(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

愛称はジラZilla[2]

経歴編集

2011年MLBドラフト1巡目追補(全体52位)でタンパベイ・レイズから指名され、6月16日に契約。契約後、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・レイズでプロデビュー。11試合(先発8試合)に登板して1勝2敗、防御率3.08、26奪三振を記録した。

2012年アパラチアンリーグのルーキー級プリンストン・レイズ英語版で11試合に先発登板して5勝1敗、防御率2.09、53奪三振を記録した。

2013年はA級ボーリンググリーン・ホットロッズ英語版でプレーし、23試合に先発登板して4勝9敗、防御率4.27、106奪三振を記録した。

2014年はA級ボーリンググリーンで開幕を迎え、8試合に先発登板して3勝2敗、防御率1.79、42奪三振と好投した。5月29日にA+級シャーロット・ストーンクラブズへ昇格。16試合に先発登板して5勝6敗、防御率3.96、77奪三振を記録した。

2015年はA+級シャーロットで開幕を迎え、4試合の登板で3勝0敗、防御率0.00と完璧な投球を披露し、4月27日にAA級モンゴメリー・ビスケッツへ昇格。AA級モンゴメリーでも12試合の登板で6勝2敗、防御率1.57と活躍し、オールスター・フューチャーズゲームに選出された[3]。7月20日にAAA級ダーラム・ブルズへ昇格。AAA級ダーラムでは9試合に登板し、6勝2敗、防御率1.82と好投。マイナーリーグ機構のスタッフが選出する最優秀先発投手に選ばれた[4]。オフの11月20日にレイズとメジャー契約を結び[5]40人枠入りした。

2016年3月15日にAAA級ダーラムへ異動し[6]、そのまま開幕を迎えた。開幕後は3試合に登板し、1勝1敗、防御率2.51の成績で、4月23日にメジャーへ昇格した[7]。同日のニューヨーク・ヤンキース戦で先発起用されメジャーデビュー。5回を2安打1失点6奪三振に抑えたが、勝ち負けは付かず[8]、24日にAAA級ダーラムへ降格した[9]。降格後は9試合に登板し、[6月16日に再昇格[10]。同日のシアトル・マリナーズ戦では3.1回を8安打5失点3四球と打ち込まれ、メジャー初黒星を喫した[11]。シーズン4登板目となった6月27日のボストン・レッドソックス戦では、5.1回を8安打4失点と乱調だったが、味方打線の援護もありメジャー初勝利を挙げた[12]。一時マイナー降格した為、19試合の先発登板に留まったが、防御率3.54、6勝8敗・、89.0イニングで98奪三振(奪三振率9.9)という成績を残した。

2017年シーズンが始まった当初は飛躍を期待されていた。しかしながら、ほとんど6回を投げ切ることができず、また5回時点で100球に到達することも珍しくなかった。8先発までで防御率4.71だった。5月13日にAAA級ダーラムに降格した。6月28日にメジャーに昇格した。レギュラーシーズンでは、24先発で129回と1/3回を投げ、防御率4.04・119奪三振だった[13]

2018年シーズン最初はクリス・アーチャーに次ぐ先発2番手として開幕を迎えた。6月3日に自身の出身地であるシアトルのセーフコ・フィールドで行われたマリナーズ戦でアメリカンリーグ記録となる1回の打者から7連続奪三振を記録し、無失点にも抑え、試合通算では12奪三振を記録した。試合には友人や家族が観戦に来ており、300人はいたと思われる。その中には、師匠と仰ぐ祖父の姿もあった[14]オールスターの時点で、12勝4敗、防御率2.09だったが、最初のアメリカンリーグのオールスターには選出されておらず、この選出のされ方は選手、コーチ、ファン、専門家からなど広範囲から批判を受けた[15][16]。結局、コーリー・クルーバーが怪我で出場ができなくなったため、代替選手として選出が決まったが、シーズン終わりまでオールスター初選出として認めるべきか論争されていた[17]。7月23日に肩の疲労で故障者リストに入った[18]。8月4日のシカゴ・ホワイトソックス戦で復帰した[19]。8月には、5先発で4勝0敗・防御率1.08を残し、ピッチャー・オブ・ザ・マンスを受賞した[20]。9月18日にレイズでは2012年のデビッド・プライス以来となるシーズン20勝目を挙げた[21]。9月23日のトロント・ブルージェイズ戦で6回と2/3回を投げ11奪三振を記録したフランチャイズ記録となる、21勝目を挙げた[22]。9月には、6先発で35回と2/3回を投げ、5勝・0敗・防御率1.26・53奪三振を残し8月から続けてピッチャー・オブ・ザ・マンスを受賞した。最も若く最多勝利を受賞した投手の中で連続的にピッチャー・オブ・ザ・マンスを受賞したのは、2004年ヨハン・サンタナ以来だった[23]。レギュラーシーズンでは、21勝(MLB1位)、ERA+英語版219(AL1位)、被打率英語版.178(AL1位)、防御率1.89(AL1位タイ)、WAR7.5(投手AL1位)と自身最高記録を残した[24]。また防御率1.89は、アメリカンリーグにおいては2000年ペドロ・マルティネスの防御率1.74に次ぐ防御率だった。1973年指名打者制を取り入れたアメリカンリーグの中では歴代3位に入る[25]。31先発中27先発で2失点以下に抑え、21先発で無失点もしくは1失点に抑えた。プレーオフに進んだチームとの成績は、防御率2.00・9勝・2敗だった[26]残塁率も88.0%とメジャートップだった[27]。12月14日に2位となるジャスティン・バーランダーから15ポイントも差をつけて、サイ・ヤング賞を受賞した。また、30人中17人が1位に指名した。レイズで最多勝を受賞したのは、2012年のプライス以来2人目だった[26]

2019年3月21日、5年総額5000万ドルの複数年契約を結んだと発表した[28]。シーズンでは比較的良い滑り出しだったが、自宅の風呂場で右足薬指の骨折して4月16日に10日間の故障者リスト入り[29]。6月24日に復帰後は時折炎上しながらも悪くない投球を見せていた。しかし8月29日に左肘の遊離体除去手術を受けることがMLB公式サイトで公表された[30]。9月17日に復帰したが、3先発を各2.1回未満の登板でポストシーズンに投入した。

投球スタイル編集

メジャーでは、最速98mph(約158km/h)・平均95.7mph(約154km/h)のフォーシームを軸に、平均85mph(約137km/h)のチェンジアップ、平均76mph(約122km/h)で落差の大きいカーブ、平均83mph(約134km/h)のスライダーを使用する本格派左腕[31]

細かいコントロールやスタミナには課題が残る。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2016 TB 19 19 0 0 0 6 8 0 0 .429 401 89.0 93 5 51 0 0 98 6 1 44 35 3.54 1.62
2017 24 24 0 0 0 5 7 0 0 .417 547 129.1 113 15 59 1 0 119 8 0 65 58 4.04 1.33
2018 31 31 0 0 0 21 5 0 0 .808 700 180.2 112 16 64 2 1 221 13 0 41 38 1.89 0.97
2019 23 23 0 0 0 6 8 0 0 .429 441 107.0 96 14 40 1 1 147 11 1 53 51 4.29 1.27
MLB:4年 97 97 0 0 0 38 28 0 0 .576 2089 506.0 414 50 214 4 2 585 38 2 203 182 3.24 1.24
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績編集



投手(P)












2016 TB 19 1 18 0 0 1.000
2017 24 6 13 0 1 1.000
2018 31 1 18 1 1 .950
2019 23 1 14 1 1 .938
MLB 97 9 63 2 3 .973
  • 2019年度シーズン終了時

獲得タイトル編集

表彰編集

記録編集

MiLB
MLB

背番号編集

  • 4(2016年 - )

脚注編集

  1. ^ Blake Snell Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年3月22日閲覧。
  2. ^ Rays Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月27日) 2017年9月15日閲覧
  3. ^ 2015 Futures Game Roster”. MLB.com. 2016年7月30日閲覧。
  4. ^ 2015 MiLBYs”. MiLB.com. 2016年7月30日閲覧。
  5. ^ Rays add six players to 40-man roster”. MLB.com Rays Press Release (2015年11月20日). 2016年7月30日閲覧。
  6. ^ Bill Chastain (2016年3月15日). “'Fab Four' among Rays' first camp cuts”. MLB.com. 2016年7月30日閲覧。
  7. ^ Nick Suss (2016年4月23日). “Snell settles in after 1st in impressive debut”. MLB.com. 2016年7月30日閲覧。
  8. ^ Scores for Apr 23, 2016”. ESPN (2016年4月23日). 2016年7月30日閲覧。
  9. ^ Nick Suss (2016年4月24日). “Snell optioned day after big league debut”. MLB.com. 2016年7月30日閲覧。
  10. ^ Sam Blum (2016年6月16日). “Souza Jr. to DL with left hip strain, Snell recalled”. MLB.com. 2016年7月30日閲覧。
  11. ^ Scores for Jun 16, 2016”. ESPN (2016年6月16日). 2016年7月30日閲覧。
  12. ^ Scores for Jun 27, 2016”. ESPN (2016年6月27日). 2016年7月30日閲覧。
  13. ^ Blake Snell » Statistics » Pitching | FanGraphs Baseball”. 2018年4月18日閲覧。
  14. ^ “Despite Blake Snell's record-tying start, Rays lose again to Mariners 2-1”. (2018年6月3日). http://www.tampabay.com/blogs/rays/2018/06/03/despite-strong-snell-start-rays-lose-again-to-mariners-2-1/ 2018年6月4日閲覧。 
  15. ^ Blake Snell Snub Highlights Issue With MLB All-Star Selection System”. SI.com. 2018年7月13日閲覧。
  16. ^ Chris Archer on Blake Snell's snub from All-Star roster: 'Something like that can't happen'”. ESPN.com. 2018年7月13日閲覧。
  17. ^ Becker, Jake. “Rays starter Blake Snell added to All-Star roster after initial snub - NY Daily News” (英語). nydailynews.com. http://www.nydailynews.com/sports/baseball/ny-sports-snell-rays-all-star-20180713-story.html 2018年7月14日閲覧。 
  18. ^ “Rays place Blake Snell on disabled list with shoulder fatigue”. (2018年7月23日). http://www.tampabay.com/blogs/rays/2018/07/23/rays-place-blake-snell-on-disabled-list-with-shoulder-fatigue/ 2018年7月24日閲覧。 
  19. ^ “Rays Journal: Pham on 10-day DL, Snell back on the mound”. (2018年8月3日). https://www.tampabay.com/blogs/rays/2018/08/03/rays-journal-pham-on-10-day-dl-snell-back-on-the-mound/ 2018年8月4日閲覧。 
  20. ^ “Hamels, Snell named August Pitchers of Month”. (2018年9月4日). https://www.mlb.com/news/cole-hamels-blake-snell-are-pitchers-of-month/c-293287818 2018年9月4日閲覧。 
  21. ^ “Milestone night for Snell: 20th win, 200th K”. (2018年9月18日). https://www.mlb.com/rays/news/blake-snell-earns-20th-win-to-lead-majors/c-295138300 2018年9月19日閲覧。 
  22. ^ “Snell picks up franchise-record 21st win of year”. (2018年9月23日). https://www.mlb.com/news/blake-snell-earns-rays-club-record-21-wins/c-295749522 2018年9月23日閲覧。 
  23. ^ “Snell, Marquez earn Pitcher of Month honors”. (2018年10月1日). https://www.mlb.com/news/blake-snell-german-marquez-win-sept-awards/c-296786604 2018年10月1日閲覧。 
  24. ^ Blake Snell Stats”. 2018年9月30日閲覧。
  25. ^ Making a case for, against Rays’ Blake Snell for AL Cy Young”. 2018年9月30日閲覧。
  26. ^ a b Castrovince, Anthony (2018年11月14日). “deGrom, Snell rise to top as 1st-time Cy winners”. MLB.com. 2018年11月15日閲覧。
  27. ^ Major League Leaderboards » 2018 » Pitchers » Dashboard | FanGraphs Baseball
  28. ^ Blake Snell Rays extension” (英語). MLB.com. 2019年3月22日閲覧。
  29. ^ レイズのエース左腕スネルが故障者リスト入り その“痛すぎる”理由に悶絶”. www.sportingnews.com. 2019年10月4日閲覧。
  30. ^ レイズ、ポストシーズンへ暗雲 エース左腕スネルが肘手術へ、1カ月以上の離脱見込み”. ベースボールチャンネル. 2019年10月4日閲覧。
  31. ^ Blake Snell Baseball Statistics 2011-2016”. Baseball Cube. 2016年7月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集