株式会社IDOM(イドム、: IDOM Inc.)は、東京都千代田区に本社を置く自動車の買取・販売会社。旧社名は株式会社ガリバーインターナショナル: GULLIVER INTERNATIONAL CO.,LTD.)。設立10年以内に売上高10億ドル(約1000億円)を達成した日本でも数少ないハイパーグロースカンパニー。

株式会社IDOM
IDOM Inc.
Tokyo Building.JPG
本社の入居する東京ビルディング
種類 株式会社
市場情報
略称 IDOM
本社所在地 日本の旗 日本
100-6425
東京都千代田区丸の内2-7-3
東京ビルディング25階
設立 1994年10月25日
業種 卸売業
法人番号 1010001069520 ウィキデータを編集
事業内容 自動車の買取事業
自動車の販売事業
その他自動車流通に関わる事業
代表者 羽鳥由宇介(代表取締役社長
羽鳥貴夫(代表取締役社長
資本金 41億5,700万円 (2020年2月末現在)
売上高 単体2,580億円、連結3,516億円
(2020年2月期)
営業利益 単体77.3億円、連結90.9億円
(2020年2月期)
経常利益 単体69.64億円、連結68.67億円
(2020年2月期)
純利益 単体34.57億円、連結39.17億円
(2020年2月期)
純資産 連結425.86億円
(2020年2月末現在)
総資産 連結1837.83億円
(2020年2月末現在)
従業員数 連結4,464名
(2020年2月現在)
決算期 2月末
主要株主 フォワード(代表者・羽鳥貴夫) 26.20%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 10.18%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 5.16%
羽鳥裕介 5.05%
羽鳥貴夫 5.05%
(2016年2月末現在)
主要子会社 ジー・ワンファイナンシャルサービス
外部リンク https://www.idom-inc.com/
テンプレートを表示

概要編集

1994年4月、羽鳥兼市福島県郡山市東京マイカー販売株式会社の車買取部門として創業。同年10月に部門を法人化。1996年に首都圏に本社を移転する[1]

2007年、プロ野球オールスターゲームの冠スポンサーになった[1]

直営店を中心に日本全国550店舗を超えるネットワークを構築。
新車販売・海外にも事業を拡大。

18年連続買取実績No.1
2001年〜2018年 2018年9月、 (株)日本能率協会総合研究所調べ(国内中古自動車買取業の主要小売企業を対象とした「中古自動車買取台数No.1調査」より)
販売実績No.1
2018年9月、(株)日本能率協会総合研究所調べ(国内中古自動車販売業の主要小売企業を対象とした「中古自動車販売台数 No.1 調査」より)


沿革編集

  • 1994年 - 東京マイカー販売株式会社の車買取部門としてガリバー1号店安積店をオープン

       - ガリバーフランチャイズ1号店弘前店をオープン

       - 福島県郡山市に株式会社ガリバーインターナショナル・コーポレーションを設立

  • 1996年 - 千葉県浦安市に東京本社を開設しフランチャイズ本部機能を移転

       - 商号株式会社ガリバーインターナショナルに変更

       - 画像販売システム「ドルフィネット」が第2回日本オンラインショッピング大賞を受賞

       - 東京証券取引所市場第二部に上場

      - ポーター賞受賞

  • 2007年 - プロ野球オールスターゲームを冠協賛[1]
  • 2008年 - ハイ・サービス日本300選受賞
  • 2009年
    • 5月 - 中古車販売専門店「ガリバーアウトレット」を開店
    • 7月 - 業界初となる中古車を10年間保証~国産中古車「あんしん10年保証」、納車後100日後の返品を可能とする「100日返品サービス」を開始
  • 2011年 - Great Place to Work(R) Institute Japanが主催する「働きがいのある会社(従業員1000名以上部門)」ランキングにて選出(以降、7年連続ランクイン)
  • 2012年 - IT Jaoan Award2012において準グランプリを受賞
  • 2013年2月 - 高級車専門の中古車販売店「リベラーラ」を開店[2]
  • 2014年
    • 1月 - 軽自動車専門の中古車販売店「ガリバーミニクル」を開店
    • 4月 - ミニバン専門の中古車販売店「スナップハウス」を開店[3]
  • 2016年7月15日 - 各種事業を複数ブランドで拡大展開していることから、グループ統括会社の立場を明確にするべく、未来へ「挑む」の意味を込めて、商号を「株式会社IDOM」に変更。店舗ブランド「ガリバー」は引き続き使用
  • 2017年 - 「攻めのIT経営銘柄2017」に選出
  • 2019年 - 新スローガン「どこまでも、全力少年。」を発表。併せて、スキマスイッチの「全力少年」を起用した自社初の60秒企業CMの放映を開始[4]         

       - クルマのセルフ査定アプリ「Gulliver AUTO」が「DESIGN OF THE DAY 14 DEC」を受賞


連結子会社編集

2012年北海道旭川市アウディフォルクスワーゲンディーラー「光洋自動車」より、BMW部門「モトーレン光洋」を買収して設立。
  • モトーレングランツ(千葉県BMWディーラー)
旧ナカミツモータース。2015年、親会社の「ナカミツインターナショナル」とともに買収。
  • オーストラリア

Gulliver Australia Holdings Pty Ltd.
Buick Holdings pty Ltd.

  • アメリカ

Gulliver USA, Inc.
Gulliver East, Inc.

  • ニュージーランド

Gulliver International New Zealand Co.,Ltd.

  • 中古自動車買い取り保証付き残価設定ローン「楽のりプラン」で、「月々1900円からクルマが買える」としたテレビCMを放送したが、このプランを利用できる対象の中古車なし。
  • 「最大10年の車両保証」を行うとした「あんしん10年保証」のCMを放送したが、適用可能な対象は約6割。
  • ローン金利を引き下げるとした「スペシャルプラン」は中古自動車約560車種中、適用可能なのは20車種のみ。

保証付き対象車に関する景品表示法違反(有利誤認)編集

2017年12月8日、販売店で「10年保証対象車」「保証付き」などと記載した新聞の折り込みチラシを発行していたが、実際は保証は別料金(約10万から30万円)だったとして、景品表示法違反(有利誤認)で消費者庁から再発防止の措置命令を受けた[5]


その他の活動編集

  • 2004年〜2006年

「松井秀喜ホームランチャリティー・世界遺産スタディープログラム」を実施。背番号55番にちなみ公式戦におけるホームラン数を1本につき55万円に換算し、 社会貢献活動の一環として拠出。未来へ挑戦する青少年達に海外の各分野で活躍する日本人との対談を行うなどのプログラムを展開。

  • 2007年〜2011年

買取1台につき、ワクチン1人分を日本委員会(JCV)を通じ、途上国で必要とされているワクチンを供給。
中国ホルチン砂漠の緑化に賛同し、車の販売1台につき苗木10本分の苗木を寄付。

現在は日本ユニセフ協会を通じて、破傷風ワクチンや抗マラリア薬や栄養補強ミルクなど8種類のユニセフ支援ギフトをもっとも必要としている国や地域に届けています。

  • 2008年

ネパール教育支援の実施。小学校の校舎を建設するとともに、地域住民への啓発や入学推進活動など総合的な学習環境の改善支援を行った。

  • 2011年

東日本大震災復興支援活動「TAG PROJECT(タッグプロジェクト)」の一環として中古車1,000台を無償提供。

  • 2020年

ガリバーのクルマ支援「#Save Moving」は、医療従事者をはじめ移動を必要とする全国10,000名にクルマを無償提供を開始。

テレビCM出演者編集

過去

脚注編集

  1. ^ a b c 株式会社ガリバーインターナショナル [会社情報:会社沿革]
  2. ^ ガリバーが、フェラーリを売り始めた事情 中古車買い取り最大手、脱・卸売り依存に動く 東洋経済 2013年3月15日
  3. ^ ガリバー、ミニバン専門店 子育て世代を開拓 日本経済新聞 電子版 2014年4月4日
  4. ^ 「どこまでも、全力少年。」 初の60秒企業CMを全国放映開始 〜お客様と一緒に「車文字」とギネス世界記録™を達成〜”. IDOM (2019年9月5日). 2019年9月5日閲覧。
  5. ^ ガリバー運営会社に措置命令=「10年保証」実は別料金-消費者庁”. 時事通信社 (2017年12月8日). 2018年2月11日閲覧。

外部リンク編集

先代:
サンヨー
1988年-2006年
NPBオールスターゲーム
オフィシャル・スポンサー
2007年
次代:
マツダ
2008年-2016年