メインメニューを開く

コップクラフト DRAGNET MIRAGE RELOADED

コップクラフトから転送)

コップクラフト DRAGNET MIRAGE RELOADED』(コップクラフト ドラグネット・ミラージュ・リローデッド)は、賀東招二による日本ライトノベルイラスト村田蓮爾ガガガ文庫小学館)より、2009年11月から既刊6巻が刊行されている。なお、本作の前身である『ドラグネット・ミラージュ』についても本項で記述する。

コップクラフト
DRAGNET MIRAGE RELOADED
ジャンル ミステリー警察ファンタジー
小説
著者 賀東招二
イラスト 村田蓮爾
出版社 小学館
レーベル ガガガ文庫
刊行期間 2009年11月18日 -
巻数 既刊6冊
小説:ドラグネット・ミラージュ
著者 賀東招二[1]
イラスト 篠房六郎
出版社 竹書房
レーベル ゼータ文庫
刊行期間 2006年1月20日 - 2007年3月1日
巻数 全2巻
アニメ:コップクラフト
原作 賀東招二
監督 板垣伸
シリーズ構成 賀東招二
キャラクターデザイン 木村博美
音楽 岩崎琢
アニメーション制作 ミルパンセ
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2019年7月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベルアニメ
ポータル 文学アニメ

目次

概要編集

太平洋上の架空の島、カリアエナ島のサンテレサ市という街が舞台。異世界と地球をつなぐゲートが出現し、異世界人との交流が始まった地球で起こる特殊な犯罪と、生まれた世界の異なる二人の刑事がそれを追う姿を描く。

ライトノベルレーベルから発売されている作品ではあるが、登場人物の大半が30代以上の男性キャラクターで構成されている。二人組みの刑事が犯罪を捜査するという推理小説警察小説的な側面を持ちながら、異なった文化、及び風習からくる法律や政治の問題や、さらに異世界に存在する妖精をすり潰した薬物問題や特殊な鉱物の密売、魔法などのファンタジー的な要素やアクションといった要素をも取り込んだ作品となっている。 著者の賀東招二は本作で使われる異世界『レト・セマーニ』の言語である『セマーニ語』の辞書も制作しており、作中でセマーニ語を使った会話がしばしば登場する。

特に推理小説警察小説としての評価が高く週刊文春ダ・ヴィンチ等のミステリ小説紹介コーナーで一般小説に混じり、度々紹介された。

なお本作は架空の海外ドラマノベライズ版を邦訳したものであるという設定がなされており、著者は作品について、「こういうノリの海外刑事ドラマを見ている気分で普通に楽しんでいただけたら」と語っており、架空の俳優のキャスティングや各話の英題および邦題等もそれぞれ設定されている。

81プロデュースと小学館の共同企画でオーディオドラマ化が配信された[2][3]。また非映像化作品ながら2015年度のSUGOI JAPANにノミネートされた。

ドラグネット・ミラージュ編集

本作の前身は竹書房ゼータ文庫から刊行されていた『ドラグネット・ミラージュ』シリーズ(イラスト:篠房六郎)である。シリーズは2006年から2007年にかけて第2巻まで刊行されたものの、レーベルの消滅に伴い以降刊行が途絶え、その後2009年に小学館ガガガ文庫へと移籍した。

移籍に際しタイトルの改題の他に本文の加筆修正、および一部設定の変更も行われた。もっとも大きな設定変更は、ティラナの外見であり、ドラグネット・ミラージュでは「大人びた容姿」であったが、村田蓮司の提案により、市場受けを考慮して「中学生にも見える少女の様な容姿」に変更となっている。

なお、ゼータ文庫版の第1巻は「きぬたさとし」名義であり、賀東は原案としてクレジットされている。これはシリーズ開始前に別作品『フルメタル・パニック!』のあとがきにて、「『フルメタル・パニック!』完結まで他の作品には手を出さない」と発言していたことから来ており、実際には賀東本人が執筆している。

あらすじ編集

15年前、太平洋上に突如として出現した謎の超空間ゲート群。『ミラージュ・ゲート』と呼ばれるその通路の先にあったのはレト・セマーニという異世界だった。ミルディと呼ばれる魔法魔物が存在するその世界の住人と地球人は、何度かの争いを経ながらも、ゲートと共に太平洋上に現れた島、カリアエナ島を拠点に交流の道を探していた。 二つの世界の玄関口ともいえるカリアエナ島にある「サンテレサ市」。200万を越える両世界の移民が住む都市。だがその混沌の街の影には、連続猟奇殺人事件、人身売買、麻薬、売春、武器密売…数々の凶悪犯罪が蠢いていた。

そんな中、カリアエナ島サンテレサ市警に勤めるケイ・マトバ巡査部長は、レト・セマーニで誘拐された麻薬の原料となる妖精を追っての捜査中に相棒のリックを殺されてしまう。復讐に燃えるマトバだが、ジャック・ロス警部からレト・セマーニからやってきた見習い騎士のティラナ・エクセディリカと新たにコンビを組み、事件を合同捜査するように命じられる。当初は双方共に相棒に対して反発しあうが、捜査を進めるにつれて次第に互いの力量を認めあうようになり、相棒としての絆が芽生えていく。

登場人物編集

演の項は、架空のテレビドラマ版のキャストとして著者が設定した俳優。声の項は特記ない限りテレビアニメ版の声優

主人公編集

ケイ・マトバ(的場圭)
演 - ジャック・ホータカ / 声 - 津田健次郎[4]江口拓也(オーディオドラマ版)
カリアエナ島サンテレサ市警の特別風紀班に勤務する大柄なベテラン日本人刑事。階級は巡査部長
刑事としての勘も冴え、銃の腕も確かなことから、数多くの事件を解決している。
妖精誘拐の捜査に際し、レト・セマーニからやってきたティラナと嫌々組まされることになる。10年程前に平和維持軍としてレト・セマーニに渡った経験を持ち、簡単なファルバーニ語も喋る事ができる。またそのときの体験からセマーニ人にある種の差別意識を持っており、ティラナに対しても冷たく接していたが、共に過ごすうちに徐々に彼女に対する見方が変わっていく。
重度の猫アレルギーで、と同じ部屋にいるだけで呼吸困難に陥るほどであるが、ある事情により自宅ではクロイという黒猫を飼っている。かつて亜衣という妹がいたが、平和維持軍に参加していたマトバに会いにサンテレサ市を訪れた際に、麻薬中毒の暴漢に殺害されている。
刑事としての仕事に情熱を注ぐ一方で、売春や窃盗などの軽犯罪を犯す犯罪者を泳がし、情報屋として活用するなど、したたかな一面も持つ。
趣味は料理と車。料理と車の事になるとしばしば粘着質なオタクっぽくなるが、料理と運転の腕はかなりの物である。
愛銃はSIG SAUER P226。愛車はミニ・クーパーS。仕事においては囮捜査という役割上、フェラガモの靴やアルマーニのスーツなど高級なブランドで身を固める事が多いものの、あまり所得は多くなく、郊外の倉庫を住居にしている。
ティラナ・エクセディリカ
演 - イリーナ・フュージィ / 声 - 吉岡茉祐[4]大久保瑠美(オーディオドラマ版)
レト・セマーニのファルバーニ王国からサンテレサ市にやってきた見習い騎士。外見年齢は10代前半の美しい少女だが、セマーニ年齢では27歳であり、地球での年齢に換算すると20歳程度となる。
誘拐された妖精を探しに単身地球へと渡る。そこでマトバとコンビを組むことになり、当初は不満を感じていた。しかし次第にマトバの力量を認めるようになり、最終的には彼の家に居候することになる。初めてマトバに会ったとき、名前を『ケー・イマトゥバ』(「おそるべき子猫」の意)と聞き間違えた。
なおフルネームはティラナ・バルシュ・ミルヴォイ・ラータ=イムセダーリャ・イェ・テベレーナ・デヴォル=ネラーノ・セーヤ・ネル・エクセディリカで、「エクセディリカ家の娘セーヤの第一の子女、デヴォル大公の血筋に列せられるものにして、栄えあるミルヴォアの準騎士、ティラナ」という意味である。
後に刑事となりマトバの相棒になるが、地球での文化や常識に疎い部分もあり、推理に関してはまり役に立たない代わりにセマーニの知識でサポートすることが多い。やむを得ず犯人と戦闘になった際はセマーニ人特有の残虐性もあり、犯人の腕を頻繁に切り落としており、警察上層部から苦情が来ている。

サンテレサ市警編集

ビル・ジマー
演 - モッチ・ムーン
サンテレサ市警特別風紀班主任。階級は警部。50がらみの黒人男性で、ロスの後任として特別風紀班の新主任となる。特別風紀班に来る前はサンテレサでも1、2を争う忙しさと言われるサンテレサ市警12分署の殺人課の主任を務めていた。
マトバには「現場主義の権化」と評され、上司に対しても物怖じせずに発言できる度量を持ち合わせる。
元海兵隊。
トニー・マクビー
演 - ショーン・ファイファー / 声 - 高橋良輔[5]
マトバの同僚の刑事。相棒はゴドノフ。優男風の細身の外見で、言葉遣いが女性的なゲイであり、マイクという名の写真家の彼氏がいる。
面倒見の良く、気配りも出来る気の良い性格で同僚に悩みを相談されることも多く、マトバはトニーについて「トニーが女性だったら結婚したい」と密かに思うほどである。おとり捜査の際には「トニー・マクロード」という偽名で普段とは正反対の下品な故買屋を演じる。なお本人は「マクロード」になることを忌み嫌っている。
アレクサンドル・ゴドノフ
演 - イゴール・クログロフ / 声 - 鶴岡聡[5]
マトバの同僚の刑事。相棒はトニー。ロシア人の巨漢で、大抵のことでは動じない大らかな性格。
おとり捜査時の偽名は「アレックス・イワノフ」。
キャメロン・エステファン
声 - 井上麻里奈[5]
マトバの同僚の女性刑事。愛称はキャミーで、捜査時にはジェミーと組む。黒髪のラテン系美女。
性格は姉御肌で、何かにつけてマトバをやり込めようとする。
ジェミー・オースティン
声 - 中原麻衣[5]
マトバの同僚の女性刑事。相棒はキャミー。ブロンドのアングロサクソン系の美女で、性格はキャミーに比べて控えめ。
セシル・エップス
声 - 折笠富美子[5]
サンテレサ市警の検死官。容姿端麗な20代の女性であり、マトバいわく「そこらのグラビアに出しても恥ずかしくないくらいの美人」。
マトバとはかつて恋仲であったが、現在は「信頼できる友人」という関係に落ち着いている。
リック・フューリー
声 - 三瓶雄樹
マトバがティラナの前に組んでいた相棒。妖精誘拐事件でおとり捜査をしていたときに殺害される。エイミーという名の妻がいる。
殉職の際に特進し警部となった。
ジャック・ロス
声 - 浜田賢二[5]
サンテレサ市警特別風紀班主任。階級は警部で、マトバの直接の上司にあたる。大柄な体格ではないが、マトバいわく「どんな大男にこづかれても、よろめきすらしない」かのようにさえ思わせる頑健な物腰を持つ。
殉職したリックとはサンテレサに来る前、ニューヨーク市警時代からの付き合いだった。
レト・セマーニから流入してくるセマーニ人に対して脅威を感じており、世間にそれを知らしめるためにゼラーダと裏で手を組みサンテレサ市でのテロリズムを計画するも、計画の途中でマトバに射殺される。
マトバには父親の様に思われており、死ぬ間際にマトバに謝罪した。

サンテレサ市の住人編集

クラブ「レディ・チャペル」編集

マトバがよく情報源として利用するクラブ。セブン・マイルズ所在。

ビズ・オニール
声 - 高木渉[6]
マトバの知り合いの情報屋。スキンヘッドサングラスに僧服を着込んだ自称牧師であり、何かにつけて「神の御業」や「神の救い」等の神学用語を持ち出す。また格闘ゲームのプレイ経験があり、ティラナが魔法で体の色を変えた時に目を丸くして「2Pカラー」と喜んでいた。
密売や売春といった犯罪に手を染めているが、マトバいわく「憎めないやつ」。
ケニー
声 - ボルケーノ太田[6]
オニールの用心棒。大柄な黒人男性。ハート柄のパジャマではないと眠れない一面を持つ。ティラナいわく「人食い鬼みたいな外見だが、以外と優しい奴」。
ボブ
クラブの雇われバーテンダー。貧乏。

シャーウッド高校編集

ティラナが潜入した学校。サンテレサ市内でも一、二を争う高レベルの私立高校。イェールハーバードに進学する生徒もいる。また生徒の父母には各界の有力者が多く、自動車通学が認められている。

ナイアス・メイベル
セマーニ人の移民。里親のスタンとポリーとともにノースザルゼに住んでいる。通学途中のティラナと激突し、パンツを見てしまう。
成績は良く、そのため奨学生である。しかしクラスではあまり目立っていない。
エマ・セーラム
投資コンサルタントの父親と健康食品会社を経営する母親を持つ、スクールカースト最上位に属する女子生徒。長身で、大人びた風貌を持つ。
ギリー・ノートン
大柄で筋肉質の生徒。スポーツ万能で、エマのグループでも高い地位にいる。
ノルネ・ノーバム
女子生徒。薬物中毒で死亡した。死体には輪姦された痕があった。

セマーニ人編集

ゼラーダ
演 - ロバート・ザイード / 声 - 大塚芳忠[6]
エルバジ家に仕えるミルディータ(術師)。少なくともセマーニ年齢では100歳を超えており、地球年齢でも非常に高齢であると思われる。
ミルディータとして超一流の実力を持っており、同時に100人もの人間を操ったこともあると自称している。マトバは彼に対し、過去にとある因縁がある。
デニス・エルバジ
声 - 松風雅也
レト・セマーニから地球へと渡ってきた貴族の若者。セマーニ年齢では40歳前程度、地球年齢では26歳とされる。サンテレサ市で麻薬『妖精の塵』を兵器に転用したものを製造し密売する計画を進める。
なお「デニス」とは地球での名前であり、本名はクラーバ・エルバジである。フルネームは明かされていない。
ラーデ・ネーヴェン(吸血鬼)
ニバの書の内容を知る吸血鬼(ラーデ・ネーヴェン)の女性。作中で個人名が明かされなかったので、種族名で記述する。作中の大半を全裸で活動する。魔法で黒い炎のような着衣(ヴァウ・エ・デイエ)で体を覆う事が出来る。
ギャーベン
セマーニ世界ではエロ本が無く絵画や小説程度しかポルノが無いが、地球にはポルノが溢れてる事に気付きエロ本を大量に盗んで売り捌く事を思い付く。

ボーナストラック編集

イリーナ・フュージィ
2巻以降、本編後に収録されているボーナストラックに登場。架空のドラマ版でのティラナ役とされている16歳の若手女優。
趣味はコスプレで、コミコンAX等のイベントにも出向いている模様。
賀東招二
本作の著者。ボーナストラックではドラマのノベライズ版の翻訳者という設定で、イリーナへのインタビューなどの仕事もこなす。

用語解説編集

ミラージュ・ゲート
15年前に太平洋に出現した地球とレト・セマーニをつなぐ超空間通路。ゲートは決まった場所に目に見える形で存在するものではなく、カリアエナ島の周辺に通常およそ10前後、多いときは50以上のゲート群が出現と消滅を繰り返している。
サンテレサ市から南西に45マイルの位置にあるゲートはほぼ安定して存在しており、『シルクロード』と呼ばれるそのゲートのみが唯一公式の通商路として認められている。
レト・セマーニ
通称セマーニ。太平洋に出現したミラージュ・ゲートの先に広がっていた異世界。ミルディと呼ばれる魔法魔物が跋扈し、既存の物理法則や常識と言ったものが通用しない。その世界は惑星ですらない半球状の土地の上に陸や海があり、半球の先の部分は雷雲で閉ざされている。また空には太陽や月といった天体のようなものも見られるが、観測ロケットを打ち上げても高度80キロメートル前後でなぜか破壊されてしまうため、それが本当に恒星衛星であるかも分かっていない。
主な住人であるセマーニ人は地球人と大きな差異は無いが、外見年齢が地球人よりも若く見えるという違いがある[7]。またレト・セマーニの1年は地球より短いため、セマーニにおける年齢は地球での年齢より高くなる。例えばティラナは外見年齢は10代前半の少女であるが、地球年齢では20歳前後、さらにセマーニ年齢では27歳とされている。
なお、『レト・セマーニ』とはファルバーニ語で「人間の土地」という意味。またそれに対しセマーニ人は地球側の世界を『レト・ドリーニ』(「蛮人の地」の意)、地球人を『ドリーニ』と呼んでいる。
なお、レト・セマーニでは高位の者になるほど名前が長くなり、卑しい者ほど短くなる。
ファルバーニ王国
レト・セマーニに存在する国家のひとつで、ティラナの出身地。地球側との協約により、ファルバーニ王国のミルヴォア騎士および準騎士は地球での活動が認められている。
カリアエナ島
15年前にミラージュ・ゲートと共に出現した島。もとはレト・セマーニのファルバーニ王国内に存在したカリアエナ半島が地球に転移したもの。マトバたちが住むサンテレサ市は、もとからあった古い街の上に築かれた都市である。
なおカリアエナ自治領は国連委任統治領とされているため、名目上いかなる国家にも属していないが、実質的にはアメリカ合衆国政府の管理下に置かれている。
宇宙人
地球人がセマーニ人を侮蔑するときの呼び方。
E.T.
宇宙人と同じく、地球人がセマーニ人を侮蔑するときの呼び方。
術(ミルディ)
レト・セマーニに存在する魔法。気(ラーテナ)と呼ばれる存在(マナのようなもの)をエネルギー源とし、様々な怪異を引き起こす。術(ミルディ)を操る者は魔法使い(ミルディータ、女性はミルディーテ)と呼ばれる。
妖精(フィエル)
レト・セマーニに住む種族の一つ。妖精と呼ばれる通りの小さな外見ではあるが、法的に市民権が認められており、れっきとしたレト・セマーニの住人である。
妖精の塵(フェアリー・ダスト)
レト・セマーニの麻薬。『妖精の粉』とも表記される。希少な妖精族の体が原料である。使用者の体ではなく精神に影響を与える事により、強い恍惚感や至福感をもたらし、幻覚も伴う。他にも痛覚の麻痺、知的活動の活性化、運動能力や反射神経が増強すること等もある。生成の方法により効果に変化が生じ、中毒になると頭痛や嘔吐などの一般的な麻薬の禁断症状に加え、極度の無気力感にとらわれる。
小鬼の火薬(ゴブリンズ・パウダー)
レト・セマーニのアッパー系の麻薬。菌類と鉱物から精製される、安価でカジュアルなドラッグ。
妖精の毛布(メーナ・フィエーラ)
揮発性の睡眠薬。小さじ一杯で10人程度の男性を眠らせることが可能。唐辛子に似た植物の種を摂取しておくことで効果を無効化できる。
特別風紀班(Special Vice Squad)
サンテレサ市警の部署のひとつで、マトバの所属先。麻薬や武器販売、密輸などを主に担当する。通称バイス。
ヴァウ・エ・デイエ
黒い炎のような着衣と言う意味で幻術の一つ。実体は無いが見る者の目をくらます効果がある。ティラナも全裸になれば使用可能。

既刊一覧編集

テレビアニメ編集

コップクラフト』と題して2019年7月よりTOKYO MXほかにて放送中[6]

スタッフ編集

主題歌 編集

オープニングテーマ「楽園都市」[8]
作詞 - 大石昌良 / 作曲・編曲 - 大石昌良、扇谷研人 / 歌 - オーイシマサヨシ
エンディングテーマ「Connected」[8]
作詞・作曲・編曲 - 安野勇太 / 歌 - ティラナ・エクセディリカ(吉岡茉祐

各話リスト編集

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督
第1話COP SHOW, WITCH CRAFT 賀東招二板垣伸播摩優木村博美
第2話DRAGNET MIRAGE

放送局編集

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[9]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [10] 備考
2019年7月9日 - 火曜 0:00 - 0:30(月曜深夜) TOKYO MX 東京都
BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
火曜 0:30 - 1:00(月曜深夜) KBS京都 京都府
AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
2019年7月11日 - 木曜 0:30 - 1:00(水曜深夜) WOWOWプライム 日本全域 製作参加 / BS/CS放送 / 『アニメプライム』枠
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[9]
配信期間 配信時間 配信サイト
2019年7月9日 - 火曜 0:00 更新 dアニメストア
2019年7月12日 - 金曜 0:00 更新 
金曜 12:00 更新 HAPPY!動画

日本国外ではファニメーション[11]テンセントビデオ[12]bilibili[13]にて配信。

BD / DVD編集

発売日[14] 規格品番
BD DVD
1 2019年10月23日予定 PCXG-50701 PCBG-53031
2 2019年11月20日予定 PCXG-50702 PCBG-53032
3 2019年12月20日予定 PCXG-50703 PCBG-53033

Webラジオ編集

マトバ役の津田健次郎とティラナ役の吉岡茉祐によるWebラジオ『COP CRAFT 特別広報班』が、2019年7月5日より音泉にて毎週金曜に配信[15]

WOWOWプライム アニメプライム後半枠
前番組 番組名 次番組
コップクラフト
-

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 第1巻は「きぬたさとし」名義。
  2. ^ TEL☆ドラ事務局‏ @tel_dra 明日はいよいよ『コップクラフト』オーディオドラマがスタートです!
  3. ^ 大久保瑠美がティラナを演じる『コップクラフト』前編を再配信!!
  4. ^ a b 『コップクラフト』TVアニメ2019年夏放送開始! 主人公・マトバ役に津田健次郎さん、ヒロイン・ティラナ役に吉岡茉祐さん決定”. アニメイトタイムズ (2019年3月6日). 2019年3月6日閲覧。
  5. ^ a b c d e f アニメ「コップクラフト」に折笠富美子、浜田賢二、高橋良輔、井上麻里奈ら”. コミックナタリー (2019年4月18日). 2019年4月18日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 夏アニメ『コップクラフト』TOKYO MX、BS11ほかにて7月8日(月)より順次放送開始! 主題歌アーティスト&追加キャスト情報も”. アニメイトタイムズ (2019年5月17日). 2019年5月17日閲覧。
  7. ^ この設定は小学館ガガガ文庫への移籍の際に追加された。
  8. ^ a b ミュージック”. TVアニメ「コップクラフト」公式サイト. 2019年5月31日閲覧。
  9. ^ a b オンエアー”. TVアニメ「コップクラフト」公式サイト. 2019年6月30日閲覧。
  10. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  11. ^ Funimation Turns Up the Heat with Their Summer 2019 Lineup!”. Funimation (2019年6月14日). 2019年7月9日閲覧。
  12. ^ COP CRAFT-动漫”. 腾讯视频. 2019年7月9日閲覧。
  13. ^ COP CRAFT 番剧”. 哔哩哔哩弹幕视频网. 2019年7月9日閲覧。
  14. ^ 10月23日「コップクラフト」Blu-ray&DVD第1巻が発売決定!”. TVアニメ『コップクラフト』公式サイト. 2019年7月16日閲覧。
  15. ^ COP CRAFT 特別広報班”. 音泉. タブリエ・コミュニケーションズ. 2019年6月18日閲覧。

外部リンク編集