メインメニューを開く

ゴンゾー1985年12月26日 - )は、日本ピン芸人コメディアンエンターテイナー、タンバリン奏者(タンバリンマスター)。

ゴンゾー
Gonzo-photo.jpg
ゴンゾー(GONZO)
本名 寺社下 峻平(じしゃげ しゅんぺい)
ニックネーム ゴンちゃん、世界のゴンゾー
生年月日 (1985-12-26) 1985年12月26日(33歳)
出身地 静岡県浜松市
血液型 B型
身長 172cm
言語 日本語
方言 共通語 遠州弁
最終学歴 興誠高等学校(現・浜松学院高等学校)
出身 NSC名古屋校15期
芸風 音楽パフォーマンス
事務所 株式会社ことくら
活動時期 2005年 -
同期 ジャルジャル
ジョイマン
若月など
配偶者 既婚
公式サイト 公式ホームページ
テンプレートを表示

静岡県浜松市出身。本名は寺社下 峻平(じしゃげ しゅんぺい)。株式会社ことくら(個人事務所)所属。

デビュー当時の芸名は、漢字の「言蔵(ごんぞう)」。以前働いていたカラオケパプの社長である鈴木寿永吉氏に「見た目が"ごんぞう"っぽいから」という理由で「言蔵」と付けられた。「言葉の蔵」という意味がある[1]。現在は「ゴンゾー」(ローマ字表記は「GONZO」または「Gonzo」)を使用。

言葉を必要としない芸が海外で受け、海外でも活躍している。また、海外進出を希望する芸人やパフォーマーへのバックアップも行っており、ゆんぼだんぷに海外進出のきっかけを作ったのもゴンゾーである[2]

来歴編集

デビュー前編集

興誠高等学校在学中に、横山やすし氏に憧れて芸人になることを決意し[3]名古屋NSC養成所に通う。名古屋NSC15期生。養成所時代は、「寺社下からの手紙」という芸名で活動していた。

興誠高等学校では、高校2年に生徒会長、高校3年に甲子園の応援団長などを経験した。

デビュー後編集

NSC卒業後は吉本興業には所属せず、上京し、藤プロダクションに所属。その後、ビッグワールドに所属し活動。

2012年に一般人女性と結婚。2013年にフリーとなる。2016年に自身のマネジメント会社である芸能事務所「株式会社ことくら」を設立。現在、同事務所に所属し活動。

タンバリン芸を極めるまで編集

お笑い芸人になった当初は漫才に興味があり、タンバリン芸人になるつもりはなかった。カラオケパブでアルバイトしていた当時、客を盛り上げるトークができず、他の店員に「違うことしてろ」と言われて始めたのがタンバリンだった[4]。タンバリンの技術を磨くため、2年間、パブ開店前の5時間を練習に費やし、営業時間は客を盛り上げるためタンバリンを叩くという生活を続け、タンバリン芸を極める。

メディア登場編集

アルバイト先のパブに先輩芸人が来客した際に、タンバリン芸が面白いからとテレビ番組への出演を勧められる。

2009年に出演したバラエティ番組『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ)では、タンバリン芸で、初出演ながらレッドカーペット賞を受賞。受賞式では、優勝トロフィーの「レッカー君」だけを受け取り、トロフィーが置いてあった台に大事なタンバリンを残して立ち去るというオチを付ける。

2009年4月4日放送の『爆笑レッドカーペット 満点大笑オール新顔&芸人裏話大暴露SP!!』では、オープニングアクトを担当。これが『爆笑レッドカーペット』には2回目の出場となる。その際、当番組に複数回出場している芸人達から、1回しか出場経験のないゴンゾーをアクターに選んだ理由を問い詰められた司会の今田耕司氏は、「おもしろいから…」と、ベテラン芸人もいる手前、言いにくそうに答えた。さらに10月3日放送の『爆笑レッドカーペット 芸人ドッキリ㊙大暴露!!』ではエンディングアクトを担当。

2008年10月17日放送の『爆笑レッドカーペット 衝撃の世界進出SP!!』では、世界のナベアツとともにニューヨークに渡り、コメディークラブ「COMIC STRIP LIVE」でのライブ出演を果たした。楽曲は観客に合わせて、マイケル・ジャクソンの「Beat It」と「BAD」(世界のナベアツとのコラボ)を披露した[5]。これが海外デビューとなる。

2010年のR-1ぐらんぷりに挑戦し、タンバリン芸で準決勝に進出。

海外進出編集

2013年、自身のタンバリンパフォーマンス動画をYouTubeで公開したところ、海外の視聴者からも注目を浴びる。それをきっかけに海外進出を決意し、2014年、ニューヨークのタイムズスクエアの路上でゲリラライブを決行[6]。すると、その場に『Asia's Got Talent』のプロデューサーが居合わせ、番組への出演オファーを受けることになる。「タンバリンマスター」という称号は、そのプロデューサーから付けられたものである。

2015年、世界的なオーディション番組『Got Talent』のアジア版『Asia's Got Talent』(AXN Asia)に出場。タンバリンパフォーマンスを披露し、準決勝まで進出。[7]

2019年、『Britain's Got Talent』(itv)の第13シリーズに出場し準決勝まで進出。『America's Got Talent』(NBC)の第14シリーズに出場し準々決勝まで進出した。

人物編集

身長172cm、体重108kg(2018.10.13現在)のポッチャリ体型。スリーサイズは、バスト110cm/ウエスト110cm/ヒップ110cm(2018.6.17現在)。汗っかきである。

メガネには度が入っていて、視力は0.01程度。したがって、メガネを外すパフォーマンスでは、周囲がぼやけて見える状態で行っている。

趣味は、カメラ、サイクリング、旅、DVD観賞、写経。ガンダムシリーズが好きで、ガンプラ作りが趣味の一つである[8]。動物好きでもある[9]

座右の銘は、「他に迷わず己に酔わず」[10]。「タンバリンで世界を平和にしたい」という思いがある。

芸風編集

タンバリンパフォーマンス編集

メインは、タンバリンを使ったパフォーマンス芸。タンバリン指導や振付なども行っている。

フレンズ」(レベッカ)、「CAT'S EYE」(杏里)などの1980年代のJ-POPや「ペガサス幻想」などのアニメソングに合わせて、一切口を利かずにポーカーフェイスのままタンバリンを激しく叩き、最後は眼鏡を外して顔で叩くフェイスクラッシュで締める。

しゃべらないキャラ編集

爆笑レッドカーペット』(フジテレビ)出演時は、「しゃべらないキャラ」として、一切の会話をジェスチャーや筆談、タンバリンを叩いたりすることにより行っていた。

現在はパフォーマンスの合間にしゃべるようになったが、場面に応じて「しゃべらないキャラ」を通すこともある。

耳ピン編集

耳の穴に外耳を入れ、表情筋の括約によって外耳を耳の外に出す芸[11]。デビュー当時に行っていた幻の芸である。

ものまね(される側)編集

特徴的なコスチュームや芸から、結婚式の余興などで一般人にものまねをされることがある。

フレンズ」のタンバリンパフォーマンスの動きを「MMD」でトレースしたアニメーションの動画サイトも存在する。(ニコニコ動画MMD☆たんばリンもんすたあ選手権』)

また、主に下記のものまねタレントに、ものまねをされている。

楽器・衣装編集

基本的にネタをする際は、下記の衣装や衣装を用いる。場所によっては若干アレンジしたものや、全く違う衣装のときもある。

楽器編集

  • タンバリン(楕円形):中心部に皮が付いていない、楕円形のタイプを使用。ドイツのマイネル社製のものや、LP社製のブラスジングルタンバリン(LP174 サイクロップス BR DIM BK)などを愛用している。[12][13]
  • タンバリン(スティック状):スティック状のタンバリン。両手に持って演奏することがある。
  • ミハルス:ミハルス(教育用カスタネット)を衣装の一部に入れて鳴らすこともある。
  • その他:でんでん太鼓鳴子ブィブラスラップリングベルなども試したことがあるが、最終的にタンバリンに行き着いた。

基本的な衣装編集

「裸でタンバリンを叩く人」と言われることもあるが、基本的に下記の衣装を身に着けている。衣装を全てドン・キホーテで購入していたこともある。

衣装のアレンジ編集

  • 小物なし:基本的な衣装で、小物(ボウサスペンダーリストバンドなど)やスニーカーを着用しない状態。
  • 上着あり:基本的な衣装の上に、ノースリーブのジャケットとスカーフを着用。
  • タキシード:黒いタキシード。ショーの前などに着用。
  • 白色の上下:海軍の夏服風の衣装。ハワイのライオンズクラブでのショーなどで着用。
  • 金色の上下:全身金色に赤いラインの衣装。Britain's Got Talent 2019で着用。
  • 祭スタイル:祭の法被、赤いふんどし、ねじりはちまきを着用。America's Got Talent 2019で着用。
  • イラスト入りの上下:ゴンゾーの顔のイラスト入りの白色の上下。America's Got Talent 2019で着用。

タンバリン技編集

タンバリンの技には格闘技や日本舞踊などの要素を取り入れている。

主に下記の技を組み合わせてパフォーマンスを行う。なお、技名は正式なものではなく、本人が独自に付けたものである。

構え編集

  • 持ち方[15]:右手(利き手)の親指・人さし指・中指の3本(または親指・人差し指の2本)でタンバリンを握り、ほかの指を軽く添える。
  • 歩き方:タンバリンを前に掲げて移動する。
  • 立ち方:胸の前でタンバリンを構える。

手技[16]編集

  • 雪国(ユキグニ):タンバリンの穴に腕を通す技。技名は、「トンネルを抜けると雪国であった」という状況をイメージして付けた。
  • ゴッドフィンガー:タンバリンを指で弾いて音を鳴らす技。技名は、『機動武闘伝Gガンダム』に登場する機体ゴッドガンダムの必殺技「爆熱ゴッドフィンガー」に由来する。
  • クラップ:スナップを利かせてタンバリンを手の平に当てて音を鳴らす技。
  • 振り技(技名不明):タンバリンを小刻みに振って音を鳴らす技。39度くらいの熱が出たときに震えるイメージでやると、いい音が出るとのこと。

足技編集

  • ブロードウェイ[17]:重心を落とし顔は正面を向いたままステップを踏んで、上げた脚の後ろでタンバリンを叩いて音を鳴らす技。それを連続で、手で叩く、右脚の後ろで叩く、手で叩く、左脚の後ろで叩くというふうに繰り返す。ブロードウェイ・ミュージカルコーラスラインをイメージしている。
  • メッシ[18]:サッカーのアウトサイドキックのように、外側に蹴り上げた足でタンバリンを鳴らす技。サッカー選手のメッシ選手をイメージしている。
  • サザエサン:外側に蹴り上げた足でタンバリンを鳴らす技を、走るように左足で叩く、右足で叩くというふうに連続で行う。どら猫を追い掛けるサザエさんをイメージしている。
  • 羅生門:左右の内ももにタンバリンを当てて打ち鳴らす技。

顔技編集

  • フェイスクラッシュ:メガネを外し、タンバリンで顔面を上下に連打して音を鳴らす技。一見痛そうだが、顔に無痛のポイントがあり、そこにタンバリンを当てているとのこと。
  • ショックウェーブ:メガネを外し、タンバリンで左右の頬を連打して音を鳴らす技。
  • 頬を叩く技(技名不明):メガネを外し後ろを向き、振り向きざまにタンバリンで頬を叩く技。
  • チャップリン:頭の横にタンバリンを当てて音を鳴らす技。シルクハットを脱ぐ英国紳士をイメージしている。

投げ技編集

  • ペガサス流星拳(Pegasus shooting star fist):ペガサス流星拳と称する、伸縮ロープ付きタンバリンをヨーヨーのように手から放ち、反動で戻ってきたところをキャッチする技。『聖闘士星矢』の主人公、星矢(せいや)の必殺技「ペガサス流星拳」をイメージしている。
  • スローイング:ジャグリングのようにタンバリンを頭上に投げて、落ちてきたところをキャッチする技。

その他編集

  • スピードアップ:上記の技をスピードを上げて行う。なお、全速力でタンバリンを叩くチャレンジを行った結果、10秒間で82回の記録を出したことがある。[19]
  • ダブルタンバリン:タンバリンを両手に持ち演奏する技。
  • メガネ芸:演奏中にメガネがずれても、そのままタンバリンを叩き続ける。または技を決める前に、メガネを外したり、下がったメガネを上げたりする。演奏中の激しい動きでメガネが飛んでしまい、共演者に探してもらうこともある。

レパートリー編集

どんな曲でもタンバリンで合わせられる(本人談)。主に下記のレパートリーがある。

J-POP(昭和)編集

J-POP(平成)編集

A-POP(アキバソング)編集

アニメソング編集

演歌・民謡編集

洋楽編集

クラシック編集

メディア出演編集

テレビ編集

2002年編集

2009年~2014年編集

2015年~編集

ラジオ編集

ネット配信編集

刊行物編集

映画編集

CM・PR動画編集

DVD・PV編集

ゲーム・アプリ編集

ステージ出演編集

ライブ・イベント編集

2009年~2010年編集

  • 笑笑笑いまshow(新宿Fu-、複数回出演)ビッグワールド主催のライブ
  • フリーステーションライブ(代々木八幡区民会館、複数回出演)よしもと芸人ブラックマン主催のライブ
  • お笑いプロデュースライブ(新宿Fu-、複数回出演)西口プロレス主催のライブ
  • 第18回ひつじ勉強会(六本木スプラッシュ、2009年3月13日)橋本ひろしのビジネスセミナー&音楽ライブ
  • BROKEN NIGHT(亀戸ハードコア、2009年3月28日)立川志らくプロデュースのライブ
  • TUWARI6(渋谷屋根裏、2009年3月28日)DJ斉木祐介主催のライブ
  • ユウ燕ライブ(パセラ銀座店、2009年4月21日)中国人歌手ユウ燕のライブ
  • 一期一会-sn2009a-(渋谷CYCLONE、2009年5月16日)SUPER NOVA主催のライブ
  • COMIC STRIP LIVE(ニューヨーク COMIC STRIP LIVE、2009年9月)『爆笑レッドカーペット』の企画で出演
  • プライムライブ(新宿Fu-、複数回出演)プライム主催のライブ
  • ゴンゾーお笑いライブ(日本音楽事業者協会地下スペース、2009年10月28日)
  • お笑いステージ&クリスマスイルミネーション点灯式(アリオ川口、2009年11月1日)
  • メイプルグリーン(新宿Fu-、2009年11月7日)マセキ芸能社主催の合同ライブ
  • 爆笑!お笑いライブ(浜松市教育文化会館、2009年11月23日)
  • スギロックフェスティバル(SHIBUYA PLUG、複数回出演)スギタヒロシ主催の芸人による音楽ライブ
  • SOUND SHOCK vol.2(渋谷GUILTY LIVE STAGE、2010年4月9日・10日)こまつワンマンライブ
  • ゴンゾーお笑いライブ(東武百貨店大田原店、2010年5月1日)
  • ちょいポリスライブ(東京ジョイポリス、2010年5月2日 - 5日)
  • ミッキー・カーチスバースデーライブ(原宿LaDonna、2010年7月23日)
  • Fine Night 東京夏祭SPECIAL(渋谷club axxcis、2010年8月20日)
  • ユリオカ超特Qのおしゃべり検定vol.26(池袋3〜Tri〜、2010年9月15日)
  • Go!Go!Carにばる(中国運輸局広島運輸支局構内、2010年10月17日)

2013年~2014年編集

  • アキバエンタメライブ(アキバエンタメ☆ステージ、2013年~2014年)- 店長、MC、パフォーマンスを担当

2015年~編集

ショーパブ編集

舞台編集

  • 劇団創劇舎『衝☆激の笑劇8〜下町人情浮世物語〜』(蔵前・アドリブ小劇場、2006年12月)客演
  • 浅草お笑い演芸村『笑羅がゆく2』(トライバルビレッジ浅草、2009年5月16日)
  • 下町ダニーローズ『鉄拐(てっかい)』(紀伊國屋ホール、2009年8月14日 - 17日)
  • 下町ダニーローズ『疝気(せんき)の虫』(シアターグリーン、2010年6月22日 - 30日)ゲスト
  • 謎のキューピー『白いゲルニカ』(スタジオあくとれ、2011年7月7日 ‐ 10日)山本役(ゲスト)
  • 謎のキューピー『疝気の虫』(スタジオあくとれ、2012年2月26日 ‐ 3月1日)酋長役(ゲスト)
  • 下町ダニーローズ『死神が舞い降りる街』(レッドシアター、2013年6月21日 - 30日)警官役(ゲスト)
  • 謎のキューピー『異常暮色』(激地下リバティ、2013年9月5日 - 8日)ボーイ役(ゲスト)
  • 謎のキューピー『鯨岡桃子が殺された理由』(スタジオあくとれ、2014年2月21日 - 25日)バーテン役(ゲスト)
  • 大人の新感線『ラストフラワーズ』(東京公演、2014年7月30日 - 8月25日)タンバリン指導

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Twitter投稿「ゴンゾーという名前」
  2. ^ 逆輸入だコノヤロー!ゆんぼだんぷアメリカ進出応援企画!!(edamame)
  3. ^ NEXTYLE
  4. ^ webザテレビジョン 2010年9月14日「タンバリン芸人・ゴンゾーのルーツが明らかに!」
  5. ^ 価格.com 「爆笑レッドカーペット」 2009年10月17日(土)放送内容
  6. ^ タンバリン・マスター「ゴンゾー」タイムズ・スクエアに現る
  7. ^ 【動画あり】タンバリン芸人「ゴンゾー」が世界で大ウケ! 会場をヒイヒイ言わせて爆笑の渦に巻き込んでいた(ロケットニュース24、2016年1月12日)
  8. ^ ゴンゾーの豚バリン日誌 2010年9月24日「パーフェクト」など。
  9. ^ ゴンゾーの豚バリン日誌 2011年4月18日「会議」
  10. ^ 日刊スゴイ人!2015年5月18日「日本人お笑い芸人のスゴい人!」
  11. ^ ゴンゾーの豚バリン日誌 2014年6月29日「ゴンゾーになるまで35」
  12. ^ タンバリン芸人ゴンゾーが愛用するタンバリンとは!?【タンバリンの選び方】
  13. ^ ゴンゾーの豚バリン日誌 2010年2月5日「すで変態」など。
  14. ^ GONZO公式サイト-グッズ販売
  15. ^ ゴンゾー流・手が痛くならないタンバリンの持ち方・叩き方!【ゴンゾーの誰でもタンバリン】
  16. ^ タンバリン超速3連技「雪国・ゴッドフィンガー・クラップ」を解説!
  17. ^ タンバリン技『ブロードウェイ』とは!?【ゴンゾーの誰でもタンバリン】
  18. ^ 【タンバリン技】万能の足技『メッシ』をご紹介! 【ゴンゾーの誰でもタンバリン】
  19. ^ 【世界最速】タンバリン芸人ゴンゾーが10秒間全速力でタンバリン叩いた結果…!
  20. ^ 世界から注目されるタンバリン芸
  21. ^ “宮藤官九郎×長瀬智也×神木隆之介の「TOO YOUNG TO DIE!」6月に公開決定”. 映画ナタリー. (2016年3月29日). http://natalie.mu/eiga/news/181422 2016年4月7日閲覧。 

外部リンク編集