ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

アメリカの映画・テレビ番組の制作・配給会社

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントSony Pictures Entertainment Inc.、通称: ソニー・ピクチャーズ、略称: SPE)は、アメリカの多角的、多国籍マスメディア・エンタテインメント企業であり、複数のプラットフォームを通じて映像エンタテインメント(劇場用映画、テレビ番組、録画ビデオ)を制作、取得、配給している。中間持株会社であるソニー・フィルム・ホールディングを通じて、ソニーグループの子会社であるソニー・エンタテインメントの子会社として運営されている[4]。 アメリカのメジャー映画スタジオ「ビッグ5」のひとつである、カリフォルニア州カルバーシティにあるソニー・ピクチャーズ・スタジオを拠点とし、ソニーの映画、テレビ番組の制作、配給部門を包括している。2020年度(2020年4月 - 2021年3月)の売上高は71.6億ドルと報告されている[5]

ソニー・ピクチャーズ エンターテインメント
Sony Pictures Entertainment Inc.
以前の社名
コロンビア・ピクチャーズ エンタテインメント (Columbia Pictures Entertainment, Inc., 1987–1991年)
子会社
業種 娯楽
前身 コロンビア ピクチャーズ ウィキデータを編集
設立 1987年12月21日 (33年前) (1987-12-21) (コロンビア・ピクチャーズ エンタテインメントとして)
1991年8月7日 (30年前) (1991-08-07) (ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントとして)
創業者 ソニー
本社
事業地域
世界中
主要人物
  • トニー・ヴィンシクエラ(会長、CEO)
  • ステイシー・グリーン(副社長、CPO)[1]
  • ジョン・フックストラッテン(副社長)
製品
  • 映画
  • テレビ番組
  • オンラインゲーム
  • モバイル・エンターテインメント
サービス
  • 映画製作、映画配給
  • テレビ番組制作
  • テレビ番組販売
  • オンラインゲーム
  • ビデオ・オン・デマンド
  • ダウンロード販売
  • ライセンス供与
売上高 増加 US$9.316 billion (FY2019)
増加 US$628 million (FY2019)
所有者 ソニーグループ株式会社
従業員数
9,500人 (2019年[1])
親会社 ソニー・エンタテインメント
部門
ウェブサイト www.sonypictures.com
Footnotes / references
[2][3]

主な部門は、コロンビア ピクチャーズトライスタ ー ピクチャーズソニー・ピクチャーズ アニメーションスクリーン ジェムズなどの製作スタジオを持つソニー・ピクチャーズ モーション ピクチャー グループ(SPMPG)と、自社およびジョイントベンチャーの製作会社を持つソニー・ピクチャーズ テレビジョン(SPT)[6][7]

モーション・ピクチャー・アソシエーション(MPA)のメンバーである。

歴史編集

1987年9月1日、ザ コカ・コーラ カンパニーは、1982年から所有していたコロンビア・ピクチャーズの資産を分離する計画を発表した。この計画では、コカ・コーラ社が39.6%の株式を保有するトライスター ピクチャーズにエンタテインメント資産を売却し、トライスターはコロンビア・ピクチャーズ・エンタテインメント(CPE)に社名を変更する。1988年初頭、トライスターの名を冠した新会社が設立され、スタジオの運営を引き継ぐことになった。

1989年9月28日、ソニーはザ コカ・コーラ カンパニーが持つCPEの全株式(約5,400万株、発行済み株式の49%)を1株あたり27ドルで購入するオプションを取得した[8]。また、翌日、ソニーはGuber-Peters Entertainment Company, Inc.とCPEを2億ドルで買収することで合意したことを発表した。ソニーは、ピーター・グーバージョン・ピーターズを共同会長に採用した[9]。これを主導したのは、当時ソニーの社長兼CEOだった大賀典雄であった[10]

ソニーがグーバーとピーターズをコロンビアの経営者として採用したのは、彼らがワーナー・ブラザースで交わしていた過去の契約との兼ね合いがあった。タイムワーナーのスティーブ・ロス会長は、契約違反の訴訟をソニーに起こすと脅した。この訴訟は、ソニーがコロンビア・ハウスの半分の権利と、コロンビアの長編映画、テレビ映画、ミニシリーズのケーブル配信権をワーナー・ブラザースに売却したことで、後に取り下げられた。 同じ契約で、コロンビアはバーバンク・スタジオの35%の権利を売却し、ワーナー・ブラザースからMGMの敷地であったロリマー・スタジオを買収した[11][12]

1989年10月31日、ソニーはニューヨーク証券取引所に上場していたCPE(NYSE:KPE)の残りの株式(51%)の友好的買収を完了し、同社の普通株式の99.3%を取得した。1989年11月8日、ソニーは、デラウェア州一般法人法に基づき、完全子会社であるソニー・コロンビア・アクイジション・コーポレーションをCPEに「略式」合併することで買収を完了した。また、ソニーは1989年11月6日にGuber-Peters Entertainment Companyの普通株式の公開買付けを行い、その3日後に同社を買収した。買収額は49億ドル(株式35.5億ドル、長期借入金14億ドル)で、日本の大手銀行である三井銀行東京銀行富士銀行三菱銀行日本興業銀行の5行が融資した[13][14][15]。1991年8月7日、社名をソニー・ピクチャーズエンタテインメントに変更した[16]

ソニーは、1998年にコロンビア・ピクチャーズとトライスター・ピクチャーズを合併してコロンビア・トライスター・ピクチャーズ(コロンビア・トライスター・モーション・ピクチャー・グループ)を設立し、コロンビアのテレビ部門であったスクリーン ジェムズを活性化させることで、アート系映画のためのソニー・ピクチャーズ クラシックスを設立するなど、数多くの映画製作・配給部門を設立してきた。2005年4月8日には、ソニーを中心としたコンソーシアムが、48億米ドルのレバレッジド・バイアウトにより、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーを、持ち株会社であるMGMホールディングス社を通じて買収し、事業を拡大した[17]

これにより、事実上、MGMのスタジオ名とMGMのメインスタジオの土地が再統合されたが、やや紛らわしいことに、1986年5月以前のオリジナルMGMライブラリーの大部分は、テッド・ターナーカーク・カーコリアンターナー・エンターテインメント・カンパニーの取引を通じてタイム・ワーナーに帰属した。1986年4月以降のMGMライブラリーは、オリオンピクチャーズのカタログのような様々なサードパーティのライブラリーの買収で構成されており、MGMの2014年の『ロボコップ』のリメイクにつながっている。

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、2000年代初頭に物議を醸した。2000年7月、ソニーのマーケティング担当者が、架空の映画評論家デビッド・マニングを作成し、ソニーの子会社であるコロンビア・ピクチャーズの作品に対して、実際の評論家の間では一般的に悪い評価を受けているのに、一貫して良い評価を与えるというものだった。その後、ソニーは広告を中止し、マニングの製作者とその上司を停職処分とし、コネチカット州と米国内でレビューされた映画を見たファンに罰金を支払った[18]

2012年11月18日、ソニー・ピクチャーズは公開作品『007 スカイフォール』、『アメイジング・スパイダーマン』、『21ジャンプストリート』、『メン・イン・ブラック3』、『モンスター・ホテル』、『アンダーワールド 覚醒』、『君への誓い』、『バイオハザードV リトリビューション』の成功により40億ドルを突破したことを発表した[19]。2013年11月21日、SPEとソニー・エンタテインメントのCEOであるマイケル・リントンは、SPEが2014年の映画作品を削減することで、映画からテレビへと重点を移すことを発表した。同日、スパイダーマンの続編やスピンオフ作品が増えることも発表されたが、2015年2月10日、ソニー・ピクチャーズは最終的に、ディズニーマーベル・スタジオと契約を結び、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を皮切りに、2017年7月7日に公開された『スパイダーマン:ホームカミング』まで、スパイダーマンをマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に登場させることにした。この契約により、ソニーはスパイダーマンが主役のMCU作品(『ホームカミング』やその続編『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』など)の配給とクリエイティブ・コントロールを行い、ディズニーはスパイダーマンが主役でなくても登場するMCU作品を配給することになった。

2014年1月22日、SPEはテクノロジー部門を様々な事業の中核に組み込んだ[20]。4月、ソニー・ピクチャーズは、ローンスター・キャピタルシティバンクのクレジット・ベンチャーである LStar Capitalとの間で、SPEの映画作品の大半に数年間資金を供給するために、半分を負債で、残りを株式で、2億ドル相当の映画資金調達契約を結んだ。

2019年11月、ソニーはAT&TからGSNの残りの42%の株式を購入し、テレビ部門の指揮下に置いた[21]。2021年4月、ソニーはNetflixファーストルック契約を結び、劇場での上映や家庭用メディアでのリリース後に、Netflixで自社の映画をホストできるようにした[22]。同月、ソニーはウォルト・ディズニー・カンパニーと複数年のライセンス契約を締結し、Disney+Huluを含むディズニーのストリーミングおよびリニア・プラットフォームでソニーの映画を配信することになった[23]

傘下の主要企業編集

ソニー・ピクチャーズ モーション ピクチャー グループ編集

ソニー・ピクチャーズ テレビジョン編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Senior Management Team | Sony Pictures Entertainment”. 2021年9月7日閲覧。
  2. ^ Sony Pictures Entertainment Inc.: Private Company Information
  3. ^ Supplemental Information for the Consolidated Financial Results for the Fourth Quarter Ended March 31, 2018”. Tokyo, Japan: Sony Corporation. p. 10 (2018年4月27日). 2018年5月6日閲覧。
  4. ^ The Studio | Sony Pictures”. web.archive.org (2019年3月21日). 2021年8月15日閲覧。
  5. ^ Frater, Patrick (2021年4月28日). “Sony’s Doubled Profits Driven By Games, Music and Film” (英語). Variety. 2021年8月15日閲覧。
  6. ^ DIVISIONS | Sony Pictures Entertainment”. www.sonypictures.com. 2021年4月17日閲覧。
  7. ^ 会社概要 | ソニー・ピクチャーズ公式”. www.sonypictures.jp. 2021年4月17日閲覧。
  8. ^ Facebook (1989年9月27日). “Sony to Buy Columbia, Says Americans Will Run Studio : 1st Sale of Film Maker to Japanese” (英語). Los Angeles Times. 2021年8月15日閲覧。
  9. ^ History of Columbia TriStar Motion Pictures Companies – FundingUniverse”. www.fundinguniverse.com. 2021年8月15日閲覧。
  10. ^ Sanger, David E.; Times, Special To the New York (1989年9月28日). “Sony Has High Hopes For Columbia Pictures” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/1989/09/28/business/sony-has-high-hopes-for-columbia-pictures.html 2021年8月15日閲覧。 
  11. ^ Warner, Sony settle suit over producers (November 17, 1989). Los Angeles: Associated Press.
  12. ^ Medavoy, Mike and Young, Josh (2002). You're Only as Good as Your Next One: 100 Great Films, 100 Good Films, and 100 for Which I Should Be Shot (p. 210). New York City: Atria Books
  13. ^ Rudolph B (1994) So many dreams so many losses. Time vol. 144, no. 22 (November 28, 1994)
  14. ^ Griffin N, Masters K (1996) Hit and Run: How Jon Peters and Peter Guber Took Sony for a Ride in Hollywood. (Simon & Schuster, 0-684-83266-6)
  15. ^ Nathan, J. (1999) Sony: The Private Life. (Houghton Mifflin, 0-395-89327-5, 0-618-12694-5)
  16. ^ She Holds Torch for Sony Pictures Entertainment, latimes.com
  17. ^ Sony will purchase Metro-Goldwyn-Mayer in a deal worth about $5 billion, CNN, September 14, 2004.
  18. ^ “Sony pays $1.5m over fake critic”. BBC News. (2005年8月3日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/4741259.stm 
  19. ^ Finke, Nikki (2012年11月18日). “'Skyfall's $669.2M Global Helps 20th Century Fox's Post Best Ever $4B Worldwide”. 2021年9月7日閲覧。
  20. ^ “Layoffs Hit Sony Pictures As SPE Absorbs Technology Unit”. Deadline Hollywood. https://www.deadline.com/2014/01/layoffs-hit-sony-pictures-as-spe-absorbs-tech-unit/ 2014年1月24日閲覧。 
  21. ^ Sony Acquires AT&T's 42% Game Show Network Stake In Deal Worth $500M” (英語). Deadline (2019年11月18日). 2019年11月18日閲覧。
  22. ^ Netflix And Sony Break Ground With Film Licensing Deal Replacing Starz Pact, Including First Look At New Direct-To-Streaming Titles” (英語). Deadline (2021年4月8日). 2021年4月9日閲覧。
  23. ^ Littleton, Cynthia (2021年4月21日). “Disney Sets Massive Movie Deal With Sony Pictures, Bringing More Marvel to Disney Plus”. Variety. 2021年9月7日閲覧。
  24. ^ John Horn. "The Reviewer Who Wasn't There." Newsweek web exclusive. June 2, 2001.

外部リンク編集

座標: 北緯34度1分3.21秒 西経118度24分5.37秒 / 北緯34.0175583度 西経118.4014917度 / 34.0175583; -118.4014917