メインメニューを開く

ソン・ガンホ: 송강호1967年1月17日 - )は、大韓民国出身の俳優慶尚南道金海郡駕洛面(現・釜山広域市江西区駕洛洞)出身。HODU&Uエンターテインメント所属。身長180cm、体重72kg、血液型A型[1]

ソン・ガンホ
송강호
송강호
生年月日 (1967-01-17) 1967年1月17日(52歳)
出生地 大韓民国の旗 韓国慶尚南道金海郡駕洛面(現・釜山広域市江西区駕洛洞)
職業 俳優
活動期間 1991年 - 現在
配偶者 ファン・ジャンスク(1995年 - 現在)
事務所 HODU&Uエンターテインメント
主な作品
映画
シュリ
JSA
復讐者に憐れみを
殺人の追憶
グエムル-漢江の怪物-
シークレット・サンシャイン
渇き
スノーピアサー
弁護人
タクシー運転手 約束は海を越えて
パラサイト 半地下の家族
テンプレートを表示
ソン・ガンホ
各種表記
ハングル 송강호
漢字 宋康昊
発音: ソンガンホ
ローマ字 Song Gang-ho
テンプレートを表示

略歴編集

金海高等学校卒。慶尚専門大学放送芸能科を中退して入隊したのち、1991年に演劇デビュー。1996年に映画デビュー。1999年の映画『シュリ』が大ヒット。現在までに大鐘賞の男優主演賞を3度受賞、青龍映画賞の主演男優賞を3度受賞しており、韓国を代表する演技派俳優として知られている[2]

2009年に公開された主演映画『渇き』(監督:パク・チャヌク)が、第62回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞[3]。2019年には、主演映画『パラサイト 半地下の家族』(監督:ポン・ジュノ)が第72回カンヌ国際映画祭パルム・ドール(最高賞)を受賞した[4][5]。また、同年に開催された第72回ロカルノ国際映画祭にて、映画界に貢献した俳優に贈られるエクセレンスアワードを受賞するなど、国際的にも高く評価されている[6]

日本語吹替え版では、ほとんどの作品で山路和弘が担当している。

主な出演作品編集

太字は主演

映画編集

受賞歴編集

  • 1997年 - 第35回大鐘賞 新人賞(No.3)
  • 1997年 - 第18回青龍映画賞 男優助演賞(No.3)
  • 1998年 - 第18回映画評論家協会賞 男優演技賞(No.3)
  • 1998年 - 第18回韓国映画評論家協会賞 男優主演賞(クワイエット・ファミリー)
  • 2000年 - 第5回女性観客映画賞 最高の男性俳優賞(反則王
  • 2000年 - CINE21映画賞 今年の男性俳優賞(反則王/JSA
  • 2000年 - 第1回釜山映画評論家協会賞 男優主演賞(JSA)
  • 2000年 - 第3回ディレクターズ・カット・アワード 男性演技者賞(JSA)
  • 2001年 - フランス・ドービル映画祭 主演男優賞(JSA)
  • 2001年 - 第37回百想芸術大賞 映画部門 人気賞(JSA)
  • 2001年 - 第38回大鐘賞 男優主演賞(JSA)
  • 2003年 - 第40回大鐘賞 男優主演賞・人気賞(殺人の追憶
  • 2003年 - 第11回春史大賞映画祭 男子演技賞(殺人の追憶)
  • 2003年 - 第2回大韓民国映画大賞 男優主演賞(殺人の追憶)
  • 2003年 - 第6回ディレクターズ・カット・アワード 男性演技者賞(殺人の追憶)
  • 2003年 - 第23回韓国映画評論家協会賞 男優主演賞(殺人の追憶)
  • 2003年 - CINE21映画賞 今年の男性俳優賞(殺人の追憶)
  • 2003年 - 第2回CGV観客達が選ぶ今年の映画賞 男性俳優賞(殺人の追憶)
  • 2004年 - 第38回納税者の日 大統領表彰
  • 2006年 - 第9回ディレクターズ・カット・アワード 男性演技者賞(グエムル-漢江の怪物-
  • 2006年 - CINE21映画賞 今年の男性俳優賞(グエムル-漢江の怪物-)
  • 2007年 - 第1回アジア・フィルム・アワード 主演男優賞(グエムル-漢江の怪物-)
  • 2007年 - 第30回黄金撮影賞 最優秀演技大賞(グエムル-漢江の怪物-)
  • 2007年 - 第28回青龍映画賞 男優主演賞(優雅な世界)
  • 2007年 - ファンタジア国際映画祭 男優主演賞(優雅な世界)
  • 2007年 - 第27回韓国映画評論家協会賞 男優主演賞(優雅な世界)
  • 2007年 - 第8回釜山映画評論家協会賞 男優主演賞(優雅な世界)
  • 2007年 - CINE21映画賞 今年の男性俳優賞(優雅な世界/シークレット・サンシャイン
  • 2007年 - 第6回大韓民国映画大賞 男優主演賞(シークレット・サンシャイン)
  • 2007年 - 第10回ディレクターズ・カット・アワード 男性演技者賞(シークレット・サンシャイン)
  • 2007年 - 大韓民国大学映画祭 今年の男性俳優賞(シークレット・サンシャイン)
  • 2008年 - 第19回米パームスプリングス国際映画祭 主演男優賞(シークレット・サンシャイン)
  • 2009年 - 第17回春史大賞映画祭 男優主演賞(渇き
  • 2009年 - 第12回ディレクターズ・カット・アワード 男性演技者賞(渇き)
  • 2009年 - CINE21映画賞 今年の男性俳優賞(渇き)
  • 2010年 - 第1回今年の映画賞 男優主演賞(渇き)
  • 2013年 - 第50回大鐘賞 男優主演賞(観相師 -かんそうし-
  • 2013年 - 第33回韓国映画評論家協会賞 男優主演賞(観相師 -かんそうし-)
  • 2013年 - スターの夜 大韓民国トップスター授賞式 映画トップスター賞(スノーピアサー/観相師 -かんそうし-)
  • 2013年 - CINE21映画賞 今年の男性俳優賞(スノーピアサー/観相師 -かんそうし-/弁護人)
  • 2014年 - 第35回青龍映画賞 主演男優賞(弁護人
  • 2014年 - 第22回春史大賞映画祭 男優主演賞(弁護人)
  • 2014年 - 第23回釜日映画賞 男優主演賞(弁護人)
  • 2014年 - 第14回ディレクターズ・カット・アワード 男性演技者賞(弁護人)
  • 2014年 - 第5回今年の映画賞 男優主演賞(弁護人)
  • 2014年 - 第9回マックスムービー最高の映画賞 最高の男性俳優賞(弁護人)
  • 2014年 - スターの夜 大韓民国トップスター授賞式 大韓民国トップスター賞(弁護人)
  • 2015年 - 釜山国際映画祭 カーテンコール賞
  • 2016年 - 第6回美しい芸術人賞 大賞
  • 2017年 - 第53回百想芸術大賞 映画部門 男性最優秀演技賞(密偵
  • 2017年 - 第8回今年の映画賞 男優主演賞(密偵)
  • 2017年 - 第38回青龍映画賞 主演男優賞(タクシー運転手 約束は海を越えて
  • 2017年 - 第26回釜日映画賞 男優主演賞(タクシー運転手 約束は海を越えて)
  • 2017年 - ファンタジア国際映画祭 男優主演賞(タクシー運転手 約束は海を越えて)
  • 2017年 - 第4回韓国映画制作家協会賞 男優主演賞(タクシー運転手 約束は海を越えて)
  • 2017年 - 第1回ザ・ソウルアワード 映画部門 男優主演賞(タクシー運転手 約束は海を越えて)
  • 2017年 - 第17回大韓民国青少年映画祭 中年俳優部門 人気映画人賞(タクシー運転手 約束は海を越えて)
  • 2019年 - 第72回ロカルノ国際映画祭 エクセレンスアワード

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ プロフィール”. K-PLAZA.com. 2012年3月30日閲覧。
  2. ^ ソン・ガンホ(SongKangHo. 송강호)innolife.net
  3. ^ カンヌ国際映画祭で注目を浴びる“アジア映画”の珠玉の作品たち”. goo POPLETA (2019年7月18日). 2019年7月18日閲覧。
  4. ^ ポン・ジュノ監督『パラサイト』のパルムドールは満場一致で決定!イニャリトゥ監督が絶賛”. シネマトゥデイ (2019年5月26日). 2019年5月26日閲覧。
  5. ^ 映画「パラサイト」で「カンヌ国際映画祭」パルムドール受賞の俳優ソン・ガンホ 「誇りに思う」”. WoW!Korea (2019年5月27日). 2019年5月27日閲覧。
  6. ^ ソン・ガンホ、ロカルノ映画祭でエクセレンスアワードを受賞”. 映画ナタリー (2019年5月17日). 2019年5月27日閲覧。
  7. ^ 映画「青い塩」、ソン・ガンホ&シン・セギョンで不思議なエネルギーを入れた”. WoW!Korea (2011年8月10日). 2011年8月10日閲覧。
  8. ^ ソン・ガンホ、イ・ナヨン主演の「凍える牙」、迫力ある予告編映像公開”. Kstyle (2011年12月17日). 2011年12月17日閲覧。
  9. ^ 「スノーピアサー」を熱くするソン・ガンホの眼差し“閉ざされた扉を開きたい””. Kstyle (2013年6月10日). 2013年6月10日閲覧。
  10. ^ ソン・ガンホ、映画「観相師」の主演にキャスティング!”. Kstyle (2012年3月27日). 2012年3月27日閲覧。
  11. ^ ポン・ジュノ、パク・チャヌク、キム・ジウンがソン・ガンホ主演作「弁護人」を絶賛”. 映画ナタリー (2016年6月17日). 2016年6月17日閲覧。
  12. ^ ソン・ガンホ×ユ・アイン「王の運命」6月公開、親子のすれ違いが招く歴史的悲劇”. 映画ナタリー (2016年2月26日). 2016年2月26日閲覧。
  13. ^ ソン・ガンホ主演「密偵」が2017年公開決定、鶴見辰吾やイ・ビョンホンも出演”. 映画ナタリー (2016年11月18日). 2016年11月18日閲覧。
  14. ^ ソン・ガンホが語る、「タクシー運転手」出演の決め手は「情熱を観客と共有したい」”. 映画ナタリー (2018年4月22日). 2018年4月22日閲覧。
  15. ^ ソン・ガンホ主演「麻薬王」公開初日に興行1位に!”. Kstyle (2018年12月20日). 2018年12月20日閲覧。
  16. ^ パルムドール受賞作、ポン・ジュノ×ソン・ガンホ「パラサイト」公開決定”. 映画ナタリー (2019年8月7日). 2019年8月7日閲覧。
  17. ^ ソン・ガンホ&パク・ヘイル主演映画「わが国の語音」スチールカット公開…ハングル誕生の物語”. Kstyle (2019年6月25日). 2019年6月25日閲覧。

外部リンク編集