ナナイNanai)は、ツングース系民族。分布は主にアムール川(黒竜江)流域で、ロシア国内に約1万人で、中国国内にも居住している。2004年人口調査時の中国国内人口は約4640人。中国国内のナナイはホジェン族(Hezhen;赫哲族拼音: Hèzhézú ホーチョーズー)という呼称が公称となっており[1]55の少数民族の一つとして認定されている。

ナナイ
ナナイ語 Нанай, Нанайэ
ロシア語 нанайцы
中国語 赫哲
Hezhe (Nanai) family.jpg
総人口
推計18,000人
居住地域
ロシアの旗 ロシアハバロフスク地方12,160人
中華人民共和国の旗 中国黒竜江省5,354人
 ウクライナ42人
言語
ナナイ語ロシア語中国語
宗教
チベット仏教シャーマニズム
関連する民族
ウィルタウリチ
ナナイ族と犬ぞり(1865年)

ロシアではかつて、ゴリドないしゴルドとも呼ばれた。ロシア連邦に住んでいるナナイの一部ではロシア人との混血が進んでいる。

名称編集

ナナイの内名(自ら使用する民族名)は「キルン([kilən]、ナニオ、ナブイ)」または「ホジェン([χədʑən]、ナナイ)[2]である。「ナ」は「土地、地面、国、地元」を表し、「ニオ、ブイ、ナイ」は様々な方言で「人」と意味する。

ロシアの言語学者L.I.セム(Сем Л. И.、L. I. Sem)がキリル文字で「ホジェン([χədʑən]」をхэǯэ най (Hezhe nai) or хэǯэны (Hezheni)と表し、アムール川(黒竜江)流のナナイの内名であり「川の下流に住む人々」という意味だと説明した[3]。これが中国名でナナイを “黑斤” (Heijin), “赫哲哈喇” (Hezhehala)、現代中国語で“赫哲” (Hezhe) と呼ぶ語源となっている[4]

生業と生活文化編集

 
ハバロフスク北方のナナイの集落と半地下式住居
 
サケの皮で作られたコート(アメリカ自然史博物館

ソビエト連邦の民族学者、M・G・レヴィンとN・N・チェボクサロフは革命前の極東・シベリアの諸民族を、1.海獣狩猟民、2.トナカイ飼養民、3.大河流域の漁撈民、4.タイガ(針葉樹林帯)の漁狩猟民、5.タイガの狩猟・トナカイ飼養民の5つに分類したが[5]、ナナイは3.の漁撈民に含まれる[注釈 1]

ナナイの主な生業は、河川でのサケマス漁などの漁撈であり、中国ではキャビア採取のためなどのチョウザメ漁も行う。シャーマニズムを信仰し、生活の一部が観光化されてもいる。

漁撈が代表的な生業であるため、食生活は食が中心である。アイヌ料理ルイベヤクート料理のストロガニナと同じく凍らせた魚肉を切り分けて食べる。かつては調味料香辛料を用いずにそのまま食べていたが、現在では生の魚肉を醤油唐辛子などの調味料・香辛料で味付けして食べる。

かつては、河川の近くに穴を掘りを用い、半地下式住居を建造して日常の住居としたが、現在そのような住居は漁撈の際の臨時の寝泊りのために建てるのみで、日常の住居は近辺に居住するロシア人または漢民族の住居と同様のものとなっている。

かつてはサケマスなどの皮から魚皮衣を製作して春から秋の普段着として着用し、漢民族から魚皮韃子(ユイピーダーズ)・魚皮套子(ユイピータオズ)と称されたが[7]、現在、魚皮衣製作は、結婚の際の嫁入り道具として、または博物館への出品のためにたまに行うのみであり、日常的に着用する衣服ではなくなっている[注釈 2]

ハバロフスクの北75キロメートルにあるシカチ・アリャン英語版にはナナイ族の博物館があり、衣装や漁の道具が展示されている。

宗教・精神生活編集

ナナイ族は、に対して尊敬を捧げるシャーマニズムを信仰していた。シャーマンは神に祈りを捧げることで、悪霊を追い出す力を持っていると考えていた。彼らは太陽、月、山、水、木の精神を崇拝していた。また、火などの無生物を擬人化する宗教観をもっていた。

大地について
大蛇が川の谷間を掘り起こすまで、その土地は平らだった。
死生観
身体が魂の外殻に過ぎないので、人が死ぬと魂が生き残る。ひとりひとりが魂と精神の両方を持っているとされ、死ぬとそれらが分かたれると考えていた。人の精神は悪意を持って生きる親戚に害を及ぼし始めるようになる。時間が経つにつれ、これらのアンバンは飼いならされて礼拝が可能になるが、そうでなければ悪霊を追い出す特別な儀式が必要になる[8]
死後、人の魂はラチャコと呼ばれる布製の一時的な避難所に入れられ、故人の魂は7日間ラチャコに残り、その後パヨと呼ばれる木製の人形に移され、最終的な葬儀の儀式までパヨで保管される。パヨの中にいる間、生きている人のように世話される。死者の最終的な儀式は kasa tavori と呼ばれ、3日間続く。その間多くの祝宴があり、故人の魂は死後の世界への旅の準備が行われる。その日、mugdeh と呼ばれる故人とほぼ同じ大きさの人間のような木製の人形に魂が移される。人形は、死後の世界 Buni に向かうための犬のそりに乗せられる、出発前にシャーマンにより家族に遺言が伝えられる。その儀式後、シャーマンは犬ぞりで危険なブニへの旅に出る。この旅は日没までに済ませなければ、シャーマンも死ぬことになる。
1歳未満の乳児の場合は、その魂は人でなく鳥と考えられて埋葬は行われず、樺の樹皮にくるまれて森のどこかに置かれる。
シャーマンについて
むかし太陽が3個出現し、多くの死者が出た[注釈 3]。生き残ったのは最初の人間夫婦であったが、二人は死体の処理について相談し、二人とも年寄りなので、死体を全部葬れるか心配して床についた。
その夢の中、老人は百人の人がかかっても抱えきれないほどの大木を見た。その樹皮は蛆虫で、根は巨大なであった。葉は丸い金属製の鏡で、花は鈴だった。そのこずえには無数の金属製の角があった。
目を覚ました老人は、妻に内緒で、この大樹を探しだし弓矢で角と鏡と鈴を撃ち落として家に持ち帰り寝台の下に隠して寝た。そうすると夢枕に白っぽい老人が現れ、煙突の穴を空けるよう命じた。そうすれば、角と鏡と鈴は一組老人の手元に残り、それ以外は穴から飛び出して大シャーマンにふさわしい者を見つけるだろうと言った。そうすることで大シャーマンたちは死者を弔うことになった。
これらの道具はシャーマンの道具であり、これらを身に着け大樹(世界樹)に扮することで自然界との仲介者となったと考える学者もいる[10]

デルスウ・ウザーラ編集

 
アルセーニエフのガイドを務めた猟師のデルスウ・ウザーラ

ロシア帝国の軍人であったウラジーミル・アルセーニエフは極東・シベリア地域を探検し、彼を助けた一人暮らしのナナイ(ゴリド人)の猟師デルスウ・ウザーラはアルセーニエフの信頼を得て何度か探検に同行した[11]。アルセーニエフの探検記『デルスウ・ウザーラ』は彼を題材にしたものである[11]。この作品を読んで感銘を受けた映画監督黒澤明は、1975年に日ソ合作の映画『デルス・ウザーラ』を監督した。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 漁撈民に属するのは、他にカムチャツカ半島南部のイテリメン族(カムチャダール族)、オビ川流域のハンティ族などであり[5]、アムール川流域ではウリチ(山丹人)やニヴフ(ギリャーク人)が漁撈を主な生業としている[6]
  2. ^ 「魚皮韃子」と称されたのは、ナナイのみならずニヴフも含めてであった[7]。ニヴフの人びともまた、衣類はもとより簡単な天幕のようなものまで魚皮を材料にしてこれを作ったところから「魚皮韃子」とされたのである[7]。ここで「韃子(韃靼の人びと)」とは、ロシア人でもなく中国人でもない「土着の人」という意味である[7]
  3. ^ この世のはじめの天空には複数の太陽と月があったが、余分の太陽・月が征伐されて1個ずつとなり、地上に秩序がおとずれたとする「射日神話」はアムール川地域のすべての民族にみられる[9]

出典編集

  1. ^ ナナイ』 - コトバンク
  2. ^ 安俊 (An Jun)『赫哲語簡志』 (Introduction to the Hezhen language; 北京, 民族出版社 1986). Page 1.
  3. ^ Сем Л. И. (L. I. Sem) "Нанайский язык" (Nanai language), in "Языки мира. Монгольские языки. Тунгусо-маньчжурские языки. Японский язык. Корейский язык" (Languages of the World: Mongolic languages; Tunguso-Manchurian languages; Japanese language; Korean language). Moscow, Indrik Publishers, 1997. ISBN 5-85759-047-7. Page 174. L.I. Sem gives the self name in Cyrillic, as хэǯэ най or хэǯэны
  4. ^ Hezhe, Talk about the history of the Chinese ethnics
  5. ^ a b 河野(1981)pp.64-68
  6. ^ 加藤(1994)pp.166-170
  7. ^ a b c d 加藤(1977)pp.275-280
  8. ^ Tatiana,, Bulgakova,. Nanai shamanic culture in indigenous discourse. Fürstenberg/Havel. p. 46. ISBN 9783942883146. OCLC 861552008.
  9. ^ 荻原(1989)pp.57-61
  10. ^ 『世界神話事典』(2005)p.65
  11. ^ a b アルセーニエフ『デルス・ウザラ』

参考文献編集

  • ウラジーミル・アルセーニエフ 『デルス・ウザラ』小学館〈地球人ライブラリ〉、2001年11月。ISBN 978-4092510456 
  • 加藤九祚「ツンドラとタイガと砂漠の世界」 『社会と文化―世界の民族―』朝日新聞社、1977年6月。 
  • 加藤九祚 『シベリアの歴史』紀伊國屋書店、1994年1月。ISBN 4-314-00646-3 
  • 藤本英夫 編「第2部 北方民族の暮らし」 『北方の文化―北海道の博物館―』講談社〈日本の博物館 第11巻〉、1981年7月。 
    • 河野本道 著「北方の民族と文化―多様な民族の固有なくらし」、藤本英夫 編 『北方の文化―北海道の博物館―』講談社〈日本の博物館 第11巻〉、1981年7月。 
  • 大林太良吉田敦彦伊藤清司松村一男 編 『世界神話事典』角川学芸出版〈角川選書〉、2005年3月。ISBN 978-4047033757 
  • 三上次男神田信夫 編 『東北アジアの民族と歴史』山川出版社〈民族の世界史3〉、1989年9月。ISBN 4-634-44030-X 
    • 荻原眞子 著「第1部第II章 民族と文化の系譜」、三上・神田 編 『東北アジアの民族と歴史』山川出版社〈民族の世界史3〉、1989年。 
    • 加藤九祚 著「第2部第III章 ロシア人の進出とシベリア原住民」、三上・神田 編 『東北アジアの民族と歴史』山川出版社〈民族の世界史3〉、1989年。 

関連項目編集

外部リンク編集