プリンシパルステークス

プリンシパルステークスは、日本日本中央競馬会(JRA)東京競馬場で施行する中央競馬リステッド競走である。競走名は英語で主役を意味する「Principal」から。

プリンシパルステークス
(ダービートライアル)
主催者 日本中央競馬会
競馬場 日本の旗東京競馬場
創設 1996年5月11日
2021年の情報
距離 芝2000m
格付け L[1]
賞金 1着賞金2000万円
賞金総額3800万円
出走条件 サラブレッド系3歳牡馬牝馬(国際)(指定)
出走資格も参照
負担重量 馬齢(56kg、牝馬2kg減)
出典 [2]
テンプレートを表示

概要編集

1996年番組改編に伴い、それまで東京優駿(日本ダービー)へのトライアル競走の役割を担っていたNHK杯が廃止され、GI競走NHKマイルカップが新設された。これに伴い、新たなダービートライアルとして東京競馬場・芝2200mのオープン特別競走プリンシパルステークスが新設された。設立当時は2着以内の牡馬牝馬に東京優駿への優先出走権が与えられた[注 1]

その後2003年に施行距離を芝2000mに変更[注 2]、さらに負担重量馬齢に変更した[3]。また、2010年にはローテーションの多様化を理由として優先出走権の付与が1着のみに変更された[4]。また2013年からは混合競走に指定され外国産馬の出走も可能になる[5][6]2019年からは国際競走及びリステッド競走に指定された[7]

出走資格は、3歳(旧4歳)限定のJRA所属馬、地方競馬所属馬及び外国調教馬。また、地方競馬所属馬の出走は2頭までに限定されている[8]

歴史編集

  • 1996年 - 東京競馬場の4歳(現3歳)限定の指定の芝2200mのダービートライアルのオープン特別競走、プリンシパルステークスとして施行。東京優駿への優先出走権は上位2着までの牡馬・牝馬。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳」から「3歳」に変更。
  • 2003年
    • 施行距離を芝2000m、負担重量を馬齢に変更[3]
  • 2006年 - 蛯名正義騎手として史上初の連覇。
  • 2010年 - 東京優駿への優先出走権が1着の牡馬・牝馬に変更[4]
  • 2013年 - 混合競走に指定[5][6]
  • 2019年
    • 国際競走及びリステッド競走に指定される[7]
    • 5月4日東京競馬第11競走にて施行予定であったが、天候不良により当競走を含む第10競走以降が中止となり、プリンシパルステークスのみ翌週の5月12日に順延となった[9]。(日曜日での施行は初めてである。)
  • 2020年 - 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため「無観客競馬」として実施[10](2021年も同様[11])。

歴代優勝馬編集

施行日 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
1996年5月11日 ダンスインザダーク 牡3 2:13.9 武豊 橋口弘次郎
1997年5月10日 サイレンススズカ 牡3 2:13.4 上村洋行 橋田満
1998年5月16日 タイキブライドル 牡3 2:13.8 岡部幸雄 伊藤正徳
1999年5月15日 ブラックタキシード 牡3 2:13.6 的場均 尾形充弘
2000年5月6日 トーホウシデン 牡3 2:13.9 蛯名正義 田中清隆
2001年5月4日 ミスキャスト 牡3 2:12.9 横山典弘 加藤敬二
2002年5月3日 メガスターダム 牡3 2:14.6 松永幹夫 山本正司
2003年5月10日 マイネルソロモン 牡3 2:01.2 後藤浩輝 国枝栄
2004年5月8日 ピサノクウカイ 牡3 2:00.2 D.オリヴァー 藤沢和雄
2005年5月7日 エイシンニーザン 牡3 2:01.2 蛯名正義 坂口正則
2006年5月6日 ヴィクトリーラン 牡3 2:00.2 蛯名正義 田所清広
2007年5月5日 ゴールデンダリア 牡3 1:59.6 柴田善臣 二ノ宮敬宇
2008年5月10日 ベンチャーナイン 牡3 2:01.5 武士沢友治 小檜山悟
2009年5月9日 ケイアイライジン 牡3 1:59.9 柴田善臣 尾形充弘
2010年5月8日 ルーラーシップ 牡3 1:59.1 横山典弘 角居勝彦
2011年5月7日 トーセンレーヴ 牡3 2:01.0 C.ウィリアムズ 池江泰寿
2012年5月5日 スピルバーグ 牡3 2:00.9 内田博幸 藤沢和雄
2013年5月4日 サムソンズプライド 牡3 2:01.4 田辺裕信 杉浦宏昭
2014年5月10日 ベルキャニオン 牡3 2:01.0 戸崎圭太 堀宣行
2015年5月9日 アンビシャス 牡3 2:00.2 C.ルメール 音無秀孝
2016年5月7日 アジュールローズ 牡3 1:59.2 H.ボウマン 古賀慎明
2017年5月6日 ダイワキャグニー 牡3 1:58.3 北村宏司 菊沢隆徳
2018年5月5日 コズミックフォース 牡3 1:58.2 C.ルメール 国枝栄
2019年5月12日 ザダル 牡3 1:58.3 石橋脩 大竹正博
2020年5月9日 ビターエンダー 牡3 1:59.8 津村明秀 相沢郁
2021年5月8日 バジオウ 牡3 1:59.3 戸崎圭太 田中博康

脚注編集

  1. ^ 「優秀繁殖馬選定のための競走」という東京優駿の性格上、繁殖に関わらない騸馬については出走権が与えられない。
  2. ^ 2002年6月~2003年4月にかけて行われた東京競馬場の馬場改修工事により、2200mのコースが廃止されたため。この結果、1995年までダービートライアルとして施行されていたNHK杯と同距離となった。

出典編集

  1. ^ 2021 International Cataloguing Standards Book (PDF)”. 2021年4月28日閲覧。
  2. ^ 令和3年第2回東京競馬番組(第1~6日) (PDF)”. 日本中央競馬会 (2021年3月10日). 2021年4月28日閲覧。
  3. ^ a b 2021年度第2回東京競馬特別レース名解説 (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 3. 2021年4月28日閲覧。
  4. ^ a b 2010年度競馬番組等について”. 日本中央競馬会 (2009年11月18日). 2016年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月28日閲覧。
  5. ^ a b 2013年の成績表参照
  6. ^ a b 平成25年度春季競馬番組の概要について <1回中山・1回京都競馬(1月)~2回東京・3回京都競馬(5月)> (PDF)”. 日本中央競馬会 (2012年11月18日). 2021年4月28日閲覧。
  7. ^ a b 平成31年度(2019年)リステッド競走一覧 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2018年11月20日). 2018年11月21日閲覧。
  8. ^ 「地」が出走できるGI競走とそのステップ競走について【令和3年度】 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2021年4月28日閲覧。
  9. ^ 東京競馬、悪天候で10R以降の競走打ち切り 突然のひょうに場内騒然”. スポーツニッポン (2019年5月4日). 2019年5月4日閲覧。
  10. ^ 4月25日(土曜)から5月31日(日曜)までの中央競馬の開催等について”. 日本中央競馬会 (2020年4月23日). 2021年4月28日閲覧。
  11. ^ 4月25日(日曜)からの無観客競馬の実施とウインズ等の営業取りやめ”. 日本中央競馬会 (2021年4月23日). 2021年4月28日閲覧。

各回競走結果の出典編集

関連項目編集