メインメニューを開く

ルイス・カルロス・アルメイダ・ダ・クーニャ

ポルトガルのサッカー選手
ルイス・ナニから転送)
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はアルメイダ第二姓(父方の)はダ・クーニャです。

ナニNani (ポルトガル語発音: [naˈni]))ことルイス・カルロス・アルメイダ・ダ・クーニャLuís Carlos Almeida da Cunha ComM, 1986年11月17日 - )は、カーボベルデ出身のサッカー選手オーランド・シティSC所属。ポジションはフォワード

ナニ Football pictogram.svg
New Zealand-Portugal (26) (cropped).jpg
ポルトガル代表でのナニ (2017年)
名前
本名 ルイス・カルロス・アルメイダ・ダ・クーニャ
Luís Carlos Almeida da Cunha
愛称 ナニ
ラテン文字 NANI
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
カーボベルデの旗 カーボベルデ
生年月日 (1986-11-17) 1986年11月17日(32歳)
出身地 カーボベルデの旗 カーボベルデ プライア
身長 175cm
体重 66kg
選手情報
在籍チーム アメリカ合衆国の旗 オーランド・シティSC
ポジション FW
背番号 17
利き足 右足
ユース
2000-2003 ポルトガルの旗 レアル・マッサマ
2003-2005 ポルトガルの旗 スポルティングCP
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2007 ポルトガルの旗 スポルティングCP 58 (9)
2007-2015 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 230 (40)
2014-2015 ポルトガルの旗 スポルティングCP (loan) 27 (7)
2015-2016 トルコの旗 フェネルバフチェSK 28 (8)
2016-2018 スペインの旗 バレンシアCF 25 (5)
2017-2018 イタリアの旗 ラツィオ 18 (3)
2018-2019 ポルトガルの旗 スポルティングCP 19 (3)
2019- アメリカ合衆国の旗 オーランド・シティSC
代表歴2
2006-2007 ポルトガルの旗 ポルトガル U-21 10 (1)
2006- ポルトガルの旗 ポルトガル 110 (24)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年2月18日現在。
2. 2017年6月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

生い立ち編集

カーボベルデ諸島の首都プライアに母マリア・ドゥ・セウ・アルメイダと父ドミンゴス・ダ・クーニャの間に生まれ、カーボベルデとポルトガルの二重国籍者である。彼が幼い頃に家族でポルトガルに移り住み、リスボンにほど近いアマドラで育つ。幼少期に空き地で一緒にフットボールで遊んでいた友人にマヌエル・フェルナンデスウェストハム・ユナイテッドFCなとで活躍したリカルド・ヴァス・テがいる。

クラブ編集

スポルティングCPで18歳という年齢でトップチームに昇格し、2006-07シーズンには29試合5得点を挙げ、ポルトガルカップで優勝を果たす。

UEFAチャンピオンズリーグFCスパルタク・モスクワ戦での活躍をきっかけに脚光を浴び始め、マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督にライアン・ギグスの後継者として目に止まる。当時、獲得にはFCバルセロナも興味を示していた。2007年夏にトッテナム・ホットスパーFCからのオファーも届いていたが、マンチェスター・ユナイテッドFCへの移籍を決定。直後の会見にてマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を「夢の実現」と表現している。

2009-10シーズンの前半戦は低調なパフォーマンスに終始し、トレード要員として名前も挙がっていたが、1月のマンチェスターダービーから調子を上げ、シーズン終盤には欠かせない戦力へと急成長を遂げた。その後、2010 FIFAワールドカップメンバーに選出されるものの鎖骨の負傷が完治せず、離脱を余儀なくされた。

ルイ・ファン・ハール監督が就任すると、構想外となり[1]、2014年8月20日、出場機会を求めて古巣のスポルティングCPにレンタル移籍した。

2015年7月7日、フェネルバフチェSKへ移籍した[2]

2016年7月5日、バレンシアCFへ移籍した[3]

2017年8月31日、セリエASSラツィオにレンタル移籍した。買取オプション付きのレンタルで、一定の条件で買取義務が発生する[4][5]

2018年7月11日、スポルティングCPに復帰することが発表された[6]

2019年2月18日、メジャーリーグサッカーオーランド・シティSCと3年契約を締結した[7]

代表編集

世代別代表としては2006年夏にポルトガルU-21にて開催された3試合全てに出場。2006年9月にはフル代表デビューを果たした。その後もコンスタントに出場を続け、UEFA欧州選手権に3大会連続で出場するなど、代表に定着した。EURO 2016では全試合にフル出場し3得点を挙げるなど、ポルトガル代表の初優勝に貢献した。グループリーグ初戦のアイスランド戦で得点を記録したが、この得点はEURO通算600得点目であった[8]。また決勝トーナメント1回戦のクロアチア戦で代表通算100試合出場を達成した[9]

個人成績編集

クラブ編集

 
フェネルバフチェ時代(2015年)
クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
スポルティングCP 2005-06 29 4 5 1 2 0 36 5
2006-07 29 5 5 0 6 1 40 6
通算 58 9 10 1 0 0 8 1 0 0 76 11
マンチェスター・ユナイテッド 2007-08 26 3 2 1 1 0 11 0 1 0 41 4
2008-09 13 1 2 2 6 3 7 0 3 0 31 6
2009-10 23 3 0 0 2 0 8 2 1 1 34 6
2010-11 33 9 3 0 0 0 12 1 1 0 49 10
2011-12 29 8 1 0 0 0 9 0 1 2 40 10
2012-13 11 1 5 1 1 1 4 0 21 3
2013-14 11 0 0 0 1 0 1 1 0 0 13 1
2014-15 1 0 0 0 0 0 1 0
通算 147 25 13 4 11 4 52 4 7 3 230 40
スポルティングCP (loan) 2014-15 27 7 3 1 0 0 8 4 38 12
フェネルバフチェ 2015-16 28 8 5 3 - 13 1 - 46 12
総通算 261 49 31 9 11 4 82 10 7 3 390 75

代表編集

2017年6月24日現在


ポルトガル代表国際Aマッチ
出場得点
2006 4 1
2007 7 1
2008 11 3
2009 11 1
2010 8 3
2011 10 3
2012 13 1
2013 8 1
2014 11 1
2015 9 2
2016 12 6
2016 13 6
2017 5 1
通算 110 24

代表での得点編集

タイトル編集

出典・脚注編集

  1. ^ 「18才の少年であるかのように怒鳴りつける」…ナニがファン・ハール体制を批判”. 超ワールドサッカー (2016年4月11日). 2018年5月9日閲覧。
  2. ^ フェネルバフチェ、ユナイテッドからナニを獲得”. 超ワールドサッカー (2015年7月6日). 2018年5月9日閲覧。
  3. ^ バレンシア、ポルトガル代表FWナニを獲得! 自身初のリーガで盟友C・ロナウドと激突”. 超ワールドサッカー (2016年7月6日). 2018年5月9日閲覧。
  4. ^ “ポルトガル代表FWナニ、ラツィオ加入決定…30歳でセリエA初挑戦に”. サッカーキング. (2017年9月1日). https://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20170901/636632.html 2018年5月9日閲覧。 
  5. ^ ラツィオがケイタの後釜としてポルトガル代表のナニを獲得!”. www.soccerdigestweb.com (2017年9月1日). 2018年5月9日閲覧。
  6. ^ “É IMPORTANTE PARA MIM VOLTAR A CASA””. Site oficial do Sporting Clube de Portugal (2018年7月11日). 2018年7月12日閲覧。
  7. ^ Orlando City SC Signs Four-Time Premier League Champion, UEFA Euros Champion Nani”. Orlando City Soccer Club (2018年2月18日). 2019年2月20日閲覧。
  8. ^ 先制点となったナニのゴールはユーロ通算600ゴールのメモリアル弾”. 超ワールドサッカー (2016年6月15日). 2018年5月9日閲覧。
  9. ^ “ポーランドとの決戦へ向け、準備万端のナニ”. UEFA. (2016年6月30日). http://jp.uefa.com/uefaeuro/news/newsid=2386337.html 2016年9月2日閲覧。 

外部リンク編集