ロドリゴ・シウバ・デ・ゴエス

この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はシウバ第二姓(父方の)はデ・ゴエスです。

ロドリゴ・シウバ・デ・ゴエス(Rodrygo Silva de Goes, 2001年1月9日 - )は、ブラジルサンパウロ州オザスコ出身のサッカー選手。ポジションはフォワードレアル・マドリード所属。ブラジル代表

ロドリゴ Football pictogram.svg
RodrygoGoes.jpg
名前
本名 ロドリゴ・シウバ・デ・ゴエス
Rodrygo Silva de Goes
ラテン文字 RODRYGO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (2001-01-09) 2001年1月9日(19歳)
出身地 オザスコ
身長 174cm
体重 63kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 レアル・マドリード
ポジション FW(WG)
背番号 27
利き足 右足
ユース
2011-2017 ブラジルの旗 サントスFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2017-2019 ブラジルの旗 サントスFC 41 (9)
2019- スペインの旗 レアル・マドリードB 3 (2)
2019- スペインの旗 レアル・マドリード 12 (2)
代表歴2
2017 ブラジルの旗 ブラジル U-17 4 (3)
2018 ブラジルの旗 ブラジル U-20 10 (3)
2019- ブラジルの旗 ブラジル U-23 2 (0)
2019- ブラジルの旗 ブラジル 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年3月21日現在。
2. 2019年11月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

サントスFC編集

2001年にサンパウロ郊外のオザスコで誕生。父親のエリッキ英語版CAリネンセなどでプレーしたプロサッカー選手(2018年に現役引退)で幼少期から父親から手ほどきを受けて育つ。地元のアマチュアクラブを経て、8歳でサンパウロFCフットサルチームに参加、10歳であった2011年にアイドルであるネイマールが所属していたサントスFCからスカウトを受けて入団した。サントス入団後はネイマールのプレーを徹底的に研究し、そのプレースタイルから”NEWネイマール”と呼ばれるまでになり、2017年のU-17サンパウロ選手権では22試合で24ゴールを挙げる大活躍を見せ、2017年7月21日に5年間のプロ契約を結び、トップチーム昇格した[1]。同年11月4日、アトレチコ・ミネイロ戦でネイマールより3ヵ月早い16歳6ヵ月でトップチームデビューを果たした[2]。2018年3月のコパ・リベルタドーレスの対ナシオナル戦で初ゴールを挙げ、これは大会におけるブラジル人選手の最年少得点記録となった(17歳2ヶ月)[3]

レアル・マドリード編集

欧州の複数の強豪クラブが獲得に動いていたが、最終的にレアル・マドリードFCバルセロナの一騎打ちの末、2018年6月15日、レアル・マドリードに移籍することが発表された[4][5]。契約期間は6年間で移籍金は破格の4500万ユーロ(当時のレートで約58億円)。2019年6月18日に正式に契約を締結し、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで入団会見が行われた[6]。ロドリゴは基本的にトップチームに参加するがレアル・マドリード・カスティージャでの選手登録となった[7]

2019年9月25日、ラ・リーガ第6節のオサスナ戦でベンチ入りしたロドリゴは、1-0とリードしていた後半26分にヴィニシウス・ジュニオールに代わって途中出場、リーグ戦デビューを果たし、同27分にはラ・リーガ初得点となるゴールを挙げ勝利に貢献した[8]。11月6日のUEFAチャンピオンズリーグガラタサライSK戦では開始4分で先制点を挙げると、3得点1アシストの活躍を見せた。なお、同試合での得点はブラジル人におけるチャンピオンズリーグ最年少ゴール記録となったほか[9]、開始7分での2得点はチャンピオンズリーグ最速記録となり[10]、更にラウル・ゴンサレスに次ぐチャンピオンズリーグ史上2番目の最年少ハットトリック記録選手となった[11]

しかし、ガレス・ベイルルーカス・バスケスらの復帰で右ウイングの選択肢が広がったこともあり徐々に出場機会は減少[12]。ベンチメンバーにも選ばれない日々が続き、2020年2月23日にはカスティージャの選手としてセグンダ・ディビシオンBでプレーした[13]

代表歴編集

2017年3月30日、U-17 ブラジル代表としてモンテギュー国際大会に参加した。2018年3月7日、U-20ブラジル代表にクラブでのチームメイトであるユーリ・アウベルトと共に招集された。

2019年11月16日、アルゼンチン代表との親善試合にて、後半26分にウィリアンとの交代でフル代表デビューした[14]

タイトル編集

クラブ編集

レアル・マドリード

タイトル編集

脚注編集

  1. ^ Rodrygo, revelação da base, assina o primeiro contrato profissional com o Santos FC” [Rodrygo, youth prospect, signs the first professional contract with Santos FC] (ポルトガル語). Santos FC (2017年7月21日). 2017年11月2日閲覧。
  2. ^ Santos sofre, mas vence Atlético-MG de Robinho e fica a três pontos do líder” [Santos suffer, but defeat Robinho's Atlético-MG and stay three points behind the leader] (ポルトガル語). Globo Esporte (2017年11月4日). 2017年11月4日閲覧。
  3. ^ ““小さなネイマール”ロドリゴ。加入内定Rマドリー希望の星”. footballista. (2019年1月23日). https://www.footballista.jp/column/57954 2019年3月28日閲覧。 
  4. ^ “Official Announcement: Rodrygo Goes” (英語). Real Madrid C.F. - Web Oficial. (2016年6月15日). https://www.realmadrid.com/en/news/2018/06/official-announcement-rodrygo-goes 2018年6月15日閲覧。 
  5. ^ “移籍金58億円…レアルが“ネイマール2世”の17歳FWロドリゴ・ゴエスを獲得”. ゲキサカ. (2018年6月16日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?247233-247233-fl 2019年1月7日閲覧。 
  6. ^ ロドリゴのサンティアゴ・ベルナベウでの入団発表”. レアル・マドリード (2019年6月18日). 2019年6月19日閲覧。
  7. ^ Rマドリードの下部組織トップ、カスティージャとは”. 日刊スポーツ (2019年12月2日). 2020年3月21日閲覧。
  8. ^ 18歳ロドリゴがデビュー弾 レアル3連勝首位浮上”. 日刊スポーツ (2019年9月26日). 2019年9月26日閲覧。
  9. ^ レアルの18歳FWロドリゴが凄すぎ! ブラジル人史上CL最年少ゴール&ハットトリック”. フットボールチャンネル (2019年11月7日). 2019年11月7日閲覧。
  10. ^ レアル18歳“久保ライバル”ロドリゴ鮮烈ハット!開始7分で2ゴールはCL最速記録”. スポニチ (2019年11月8日). 2019年11月9日閲覧。
  11. ^ ロドリゴ、ルーニー超えCL史上2番目年少ハット”. 日刊スポーツ (2019年11月7日). 2019年11月9日閲覧。
  12. ^ ベイルを超えられないのか 白い巨人でインパクト薄まる19歳アタッカー”. excite.ニュース (2020年2月19日). 2020年3月21日閲覧。
  13. ^ レアル18歳FWロドリゴ、出番減少でスペイン紙「不満の冬」 18戦7得点の好成績も…”. football zone (2020年2月19日). 2020年3月21日閲覧。
  14. ^ カセミロ、レアル&ブラジルのチームメート18歳ロドリゴを称賛「才能のほか、頭も持っている」”. サンスポ (2019年11月18日). 2019年11月21日閲覧。

外部リンク編集