メインメニューを開く
三菱・ランサー > 三菱・ランサーワゴン

ランサーワゴンLancer Wagon)は、三菱自動車工業製造販売していたランサーフィオーレベースのステーションワゴンである。

初代(1985年-1992年)編集

三菱・ランサーワゴン(初代)
フロント
リア
販売期間 1985年2月 - 1992年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアステーションワゴン
エンジン G15B型直列4気筒1.5リットル85PS(グロス値)
G37B型直列4気筒1.8リットル85PS(ネット値)
4D65型直列4気筒ディーゼル1.8リットル61PS(グロス値)(受注生産仕様)
駆動方式 FF/フルタイム4WD
変速機 4AT/5MT
全長 4,185mm
全幅 1,635mm
全高 1,420mm
ホイールベース 2,380mm
ベース車 三菱・ランサーフィオーレ
後継 三菱・リベロ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
  • 1985年2月 - 当時販売されていたランサーフィオーレをベースとして発売。ランサーバンミラージュワゴン/ミラージュバンも同時に発売された。前部固定式・後部電動開閉式のサンルーフが装備されていたグレードも存在。なお、ランサーワゴンのみエンブレムの書体はカタログなどに使用されているものではなくランサーEXのものが採用されていた。なお、ミラージュのワゴン、バン同様にディーゼルエンジン搭載車のみ注文生産であった。(CG・5MTのみのラインナップ)[注釈 1]
  • 1986年8月 - マイナーチェンジ。デビューから1年半でフロントグリルおよびサイドターンシグナルランプの意匠変更。ガソリンエンジンはサイクロンエンジンに変更。後にスリーダイヤがフロントグリル中央に配置される。4WDモデル追加(フルタイム4WD)。
  • 1989年10月 - 再度マイナーチェンジ。フロントグリルの意匠変更(当時のミラージュ及びランサーに合わせていた)。ルーフレール追加。上位グレードであるCXのヘッドランプに黄色のハロゲンランプを採用。
  • 1992年5月 - モデルチェンジされた際にリベロと名前を変える。


2代目(2000年-2007年)編集

三菱・ランサーセディアワゴン
三菱・ランサーワゴン(2代目)
セディアワゴン・2000/11-2003/2
中期型
販売期間 ランサーセディアワゴン:2000年11月2003年
ランサーワゴン:2003年2月 - 2007年7月(日本)
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア ステーションワゴン
エンジン 4G93型直列4気筒1.8リットル130PS→114PS(ツーリング)
4G93型直列4気筒1.8リットルターボ 165PS(ラリーアートエディション)
4G15直列4気筒1.5リットル90PS(S)
駆動方式 FF/4WD
変速機 INVECS-III CVT/4AT(Tツーリング)
全長 4,540mm
全幅 1,695mm
全高 1,465mm(ツーリングFF・S)
1,470mm(ツーリング4WD
1,450mm(ラリーアートエディション)
車両重量 1,270kg(ツーリングFF)
1,340kg(ツーリング4WD)
1,300kg(ラリーアートエディション)
1,200kg(S)
先代 三菱・リベロ
後継 日本:
コルトプラスに統合、およびギャランフォルティススポーツバック(約1年5ヶ月の空白期間あり)
北米:
7代目ランサースポーツバック(約5年の空白期間あり)
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
  • 2000年11月18日 - リベロの後継車としてランサーセディアをベースとしたランサーセディアワゴンという名前で販売開始。エンジンは1.8リットルDOHC16バルブGDI(4G93)を搭載。ただしセディアセダンと異なり1.5リットルDOHC16バルブGDI(4G15)は搭載されない。トランスミッションは全て「INVECS-III」と称するCVT。ツーリンググレードには6段階マニュアルモードのついたスポーツATが搭載される。
  • 2001年6月 - バリエーション追加。1.8リットルDOHC16バルブGDIターボ(4G93ターボ)を搭載したTツーリングと、ターボとNA両モデルに足回りやボディ剛性を高め、専用のエアロパーツやアルミホイールを装備するラリーアートエディションを追加。ターボモデルのトランスミッションはINVECS-IIスポーツ4ATが搭載される。また全てのグレードで、それまで銀色のみだったフロントグリルが、車体と同じ色に塗装されたものになる。
  • 2002年1月28日 - ツーリングとTツーリングをベースにした特別仕様車「スポーツエディション」を追加。モモ製ステアリングの形状がランエボVIIと同じ形状となり、アルミホイールもラリーアートエディションのものと同じデザインながらメッキ装飾が施される(IIも同じ)。なおラリーアートエディションは発売終了。
  • 2002年5月29日 - ツーリングとTツーリングをベースにした特別仕様車「スポーツエディションII」を追加。自社製のステアリング(ステアマチック付)となり、シフトレバーにMT風のシフトブーツが装着される。
  • 2003年2月26日 - ビッグ・マイナーチェンジ。「セディア」のサブネームが取れ、単にランサーワゴンとして発売された。フロントセクションは三菱と契約したカーデザイナー・オリビエ・ブーレイのデザインによる、通称「ブーレイ顔」となった。これに伴い「1.8 EXCEED」が廃止。また、1.8リットルGDIエンジンの燃料がプレミアムガソリン指定からレギュラーガソリン指定に変更されスペックダウン。
  • 2004年1月20日 - ラリーアートを追加。セディア時代のラリーアートエディションに準じた装備を持つ。ただし、セディア時代とは異なり1.8リットルGDIターボエンジンのみ採用。北米仕様にてランサースポーツバックの名称で発売[注釈 2]。しかし2004年モデルのみでカタログから落ちてしまう。
  • 2005年 1月11日- 一部改良。ランサーセダン用と共通の1.5リットルSOHC16バルブエンジン(4G15)搭載の「s」追加。
  • 2005年12月2日 - マイナーチェンジ。いわゆる「ブーレイ顔」を廃止。三菱マルチコミュニケーションシステムMMCS)をラリーアート以外の車種に標準装備(レスオプションも選択可能)。
  • 2007年6月 - 日本でのステーションワゴン市場不振により、日本向け車両が製造終了。同年7月に既存のコルトプラスに統合される形で日本での販売が終了。ただし、輸出用は2008年秋の7代目ランサースポーツバック(日本での名称はギャランフォルティススポーツバック)発売まで継続製造されていた。

グレード(2006年-2007年モデル)編集

  • S(1.5リットルSOHCエンジン)
  • Touring(1.8リットルGDI DOHCエンジン)
  • RALLIART(1.8リットルGDI DOHCインタークーラーターボエンジン)

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ この受注生産の4D65エンジンはわずか61psながら非常にパワフルであったという
  2. ^ その後ランサースポーツバックの名称は7代目ランサーの5ドアハッチバック(日本での名称はギャランフォルティススポーツバック)に継承された。

出典編集

[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集