佐瀬 昌盛(させ まさもり、1934年昭和9年〉12月21日[1] - )は、日本国際政治学者。防衛大学校名誉教授拓殖大学客員教授。専門はヨーロッパ国際政治安全保障論で、東西冷戦研究の第一人者[2]

させ まさもり
佐瀬 昌盛
生誕 (1934-12-21) 1934年12月21日
日本の旗 日本 関東州大連市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学大学院社会科学研究科国際関係論専門課程修士課程
職業 国際政治学
防衛大学校名誉教授
配偶者 佐瀬道子東京音楽大学名誉教授)
栄誉 瑞宝中綬章

略歴編集

1934年(昭和9年)関東州大連市[3]生まれ。東京大学大学院国際関係論専門修士課程修了。ベルリン自由大学に留学後、東大教養学部助手となる。成蹊大学助教授を経て、防衛大学校教授に就任。2000年平成12年)退官後に拓殖大学海外事情研究所の教授、所長となる。

2007年4月、日本の集団的自衛権に関する憲法解釈の見直しを検討する、安倍晋三内閣総理大臣私的諮問機関安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の有識者委員を務めた。 また、産経新聞の提言コラム「正論」欄に定期的に寄稿する「正論メンバー」の一人であり、2009年には第25回正論大賞を受賞。産経新聞社「国民の憲法」起草委員会の委員も務めた[4]

人物編集

日本に引き揚げ後、奈良県で育ち[5]奈良女子高等師範学校附属国民学校(現・奈良女子大学附属小学校)5年生の時に終戦の日を迎えた[6]

高校生の時も奈良市に住んでいたが、大阪府に父親の別宅(大阪府住吉区)があったため大阪府立住吉高等学校に進学、奈良市から近鉄奈良線の電車で越境通学していた。朝鮮戦争による「朝鮮特需」景気の頃で、車窓に映る布施駅若江岩田駅東大阪市)の町工場の敷地に、下請け生産されたアメリカ軍向け砲弾が積まれているのを見ており、「平和憲法を叩き込まれた高校生にとっては忘れ難い光景」で「なんとなく『他人の不幸、鴨の味』といった感じ」[7][8]の印象を受け、国際政治学に進むきっかけとなる。

国際政治学者として両大国による東西冷戦を研究しながら、1980年代の「反核運動」そして朝日新聞の報道がいかに東側諸国寄りに偏向報道していたかを論証。冷戦後の日本の安全保障にも論考を発表しており、言論活動の信念について「自分を萎縮させてはいけないと意識」し、「毒にも薬にもならない言論活動は私にはあわない」と語っている[9]

内閣総理大臣中曽根康弘が設立した公益財団法人中曽根康弘世界平和研究所の発足時、評議員を務めた[10]

妻は東京音楽大学名誉教授の佐瀬道子で、2008年に死去している[11][12]

年譜編集

学外における役職編集

受賞など編集

著書編集

単著編集

共著編集

編著編集

  • 『新しい日本の国家像――共生社会への道』(富士社会教育センター、1999年)

共編著編集

訳書編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社2016年)p.319
  2. ^ 産経新聞2010年平成22年)2月20日朝刊 第25回「正論大賞」贈呈式 佐瀬氏「萎縮せず言論」
  3. ^ 日本の租借地。現在は中華人民共和国
  4. ^ 産経新聞社発行の月刊誌正論2015年平成27年)4月号
  5. ^ 【正論】防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛 震災への思い、国自ら守る気概に産経新聞「産経ニュース」2013年3月11日
  6. ^ 【正論】「8・15」に思う 佐瀬昌盛氏 日本になかった“憲法実用主義”産経新聞「iza」2013年3月11日
  7. ^ 産経新聞社発行の月刊誌正論2015年平成27年)4月号
  8. ^ [ https://www.fsight.jp/articles/-/46617 日米安保「生みの親」元米国務長官の『戦争か平和か』:佐瀬昌盛 | ブックハンティング・クラシックス | 新潮社 Foresight(フォーサイト) | 会員制国際情報サイト]
  9. ^ 産経新聞2010年2月20日朝刊 第25回「正論大賞」贈呈式 佐瀬氏「萎縮せず言論」
  10. ^ 定款 | 業務・財務に関する資料 | NPIについて | 公益財団法人 中曽根康弘世界平和研究所 - 公益財団法人中曽根康弘世界平和研究所のサイト
  11. ^ 佐瀬道子さん死去/東京音楽大名誉教授 | 全国ニュース | 四国新聞社 - 四国新聞2008年3月5日
  12. ^ 佐瀬 道子 - Researchmap
  13. ^ 佐瀬昌盛 『むしろ素人の方がよい―防衛庁長官・坂田道太が成し遂げた政策の大転換―』 | 新潮社 - 新潮社による著者プロフィール
  14. ^ アーカイブ | 拓殖大学海外事情研究所 - 拓殖大学海外事情研究所のページ
  15. ^ 国際安全保障学会の概要 - 国際安全保障学会 - 国際安全保障学会サイト
  16. ^ 佐瀬 昌盛 (Masamori Sase) - マイポータル - researchmap
  17. ^ 同時に第10回「正論新風賞」受賞は拓殖大学大学院教授の遠藤浩一
  18. ^ 産経新聞2010年2月20日朝刊 第25回「正論大賞」贈呈式 佐瀬氏「萎縮せず言論」
  19. ^ 佐瀬昌盛『むしろ素人の方がよい―防衛庁長官・坂田道太が成し遂げた政策の大転換―』 | 新潮社 - 新潮社による著者紹介
  20. ^ わたしの母校:住吉高校/8止 自由奔放、秘めた悩み 作家・堺屋太一さん毎日新聞2018年5月29日
  21. ^ 『堺屋太一の青春と70年万博』(出版文化社、三田誠広著、2009年
  22. ^ 正論大賞の歴史 | Web「正論」|Seiron