メインメニューを開く

児島 明子(こじま あきこ、1936年10月29日 - )は、日本ファッションモデルである。1959年昭和34年)にアメリカ合衆国で開催された第8回ミス・ユニバース世界大会で栄冠を獲得した。日本人として、アジア人として、ヨーロッパアメリカ州以外の女性として初めてのミス・ユニバース世界大会優勝者である。また、1952年第1回大会で優勝したミス・フィンランドアルミ・クーセラ以来の旧枢軸国第二次世界大戦の敗戦国)出身のミス・ユニバースでもあり[注釈 1]、アメリカと戦った国としては初めてである。宝田明の元妻、児島未散の母としても知られる。

こじま あきこ
児島 明子
プロフィール
生年月日 1936年10月29日
現年齢 83歳
出身地 日本の旗 日本東京
瞳の色 ブラック
毛髪の色 ブラック
公称サイズ(1959年時点)
身長 / 体重 168 cm / 54.5 kg
BMI 19.3
スリーサイズ 94 - 58 - 97 cm
活動
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
備考 第8回ミス・ユニバース世界大会優勝
事務所 FMG
モデル: テンプレート - カテゴリ

人物・来歴編集

1936年(昭和11年)10月29日、東京府東京市(現在の東京都区部世田谷区豪徳寺に生まれた。5歳から水泳を始めた。小学校2年のとき大東亜戦争太平洋戦争)のため高知県高知市疎開[1]、高知市立潮江小学校・私立土佐女子中学校を卒業した[2]。4人きょうだいの2人目であったが、1950年(昭和25年)に父が亡くなり、以後は姉や弟と共に母に育てられた[1]高知市立高知商業高等学校在学中は平泳ぎの選手として活躍した[1]

1953年(昭和28年)推薦を辞退した姉の代わりに、帝国劇場で開かれた[3]第2回ミス・ユニバース日本大会に四国代表として出場し、日本代表に選ばれた伊東絹子(世界大会で第3位に入賞)に次ぐ準ミスに入賞した[4]

高校卒業後、帰京してFMGに所属し[4]、ファッションモデルをしていた1958年(昭和33年)ミス・ユニバースとミス・ワールドの日本代表を同時に選ぶ大会に応募し、東京代表となった[注釈 2]。しかし日本代表を選ぶ直前の6月4日、都内で行われた各地代表のパレードの最中、児島らが乗っていた車が追突事故に巻き込まれ、児島を含む4人が負傷した[5][注釈 3]。児島は有力候補と見られていたが、やむなく棄権した[6]。児島は2か月の入院を余儀なくされたが、翌年の地区予選を免除され、東京体育館で開かれる日本大会に出場出来ることになった。年が明けると、オーストラリアを2回訪れてファッションショーに参加した[7]

1959年(昭和34年)6月12日、三たび挑戦した児島は優勝し、前年の森武知子からミス・ユニバース日本代表(『ミス・ユニバース・ジャパン』)を引き継ぎ、同年7月24日(日本時間25日)にアメリカロングビーチで開催された第8回ミス・ユニバース世界大会に出場した。大会では、最終審査で、ブラジルイングランドUSAノルウェーを抑えて優勝し、第7代ミス・ユニバースミス・コロンビアルス・マリナ・スールアガから栄冠を譲り受けた。当時、児島は英語が得意ではなかったが、夢は"to make a lovely wife"と話し、好きなスポーツとして水泳とゴルフを挙げた[8]。また、5月26日に開催が決まっていた1964年東京オリンピックについて「5年後には日本でオリンピックが催されます。日本では全力をあげてその準備を進めています。みなさんの来日を心からお待ちしています。私はスポーツ選手ではありませんが、いまこの美しいロングビーチで美のオリンピックともいうべきミス・ユニバース・コンテストに参加できたことを心から幸福に思っています」と日本語で話した[9]

児島の当時の身長は168cm(5フィート6インチ=66インチ)、体重は54.5kg(120ポンド)、スリーサイズは94-58-97cm(37-23-38インチ)[注釈 4]。バスト94cmとヒップ97cmは、公表された限りにおいて、どちらも現在に至るまで歴代ミス・ユニバース・ジャパンの最大サイズである[注釈 5]。また世界大会でも、5位のミス・ブラジル、ベラ・リベイロ(67、37-23-37)、4位のミス・イングランド、パメラ・アン・サール(67、36-24-36)、3位のミスUSA、テリー・ハンティンドン(67、36-23-36)、2位のミス・ノルウェー、ヨルン・クリスチャンセン(68、35-24-35)はいずれもバスト、ヒップの大きさ、ウエストの細さで児島を超えなかった[8][10][注釈 6]。歴代のミス・ユニバースと比べても、初代のアルミ・クーセラ(65、34-23-34)[11]第2代のミス・フランスクリスティアン・マルテル(66、33-22-35)[12]第3代のミスUSA、ミリアム・スティーブンソン(66、36-24-36)[13]第4代のミス・スウェーデンヒレヴィ・ロンビン(67、36-23-36)、第5代のミスUSA、キャロル・モリス(67、36-25-36)、第6代のミス・ペルーグラディス・ツェンダー(67、36-23.5-36)[14]、そしてルス・マリナ・スールアガ(64、35.5-23.5-35.5)[15]のバスト、ヒップを全て上回り、ウエストはマルテルに次ぐ細さだった。

児島は第8代ミス・ユニバースとしてアメリカ合衆国の各州や世界の各国を訪れた後、1960年(昭和35年)7月、マイアミビーチで開かれた第9回世界大会で優勝したミスUSAのリンダ・ビメント(66、37-23-36)[16]に栄冠を授けた[注釈 7]。ビメントは児島と同じ身長・体重・バスト・ウエストの持ち主で、ヒップだけは2インチ小さかった。児島から日本代表を引き継いだ古野弥生セミファイナルに進出したが、最終審査に残ることは出来なかった[注釈 8]

1966年(昭和41年)4月29日[17][18][注釈 9]俳優宝田明と結婚し、二男一女を授かった[19][注釈 10]が、1984年(昭和59年)に離婚[20]。子供は三人とも児島が引き取り、養育した。歌手の児島未散は長女で、宝田との最初の子供である[19]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ミス・ドイツの優勝は1961年マルレーネ・シュミットが達成したが、ミス・イタリアの優勝は現在に至るまで無い。旧ソビエト連邦衛星国になったブルガリアルーマニア1991年ハンガリー1992年に初めてミス・ユニバースに参加した。
  2. ^ ミス・ワールドはミス・ユニバースより早く1951年(昭和26年)からロンドンで開催されていたが、日本は1956年(昭和31年)から参加し、当初はミス・ユニバースと同時に日本代表が選ばれていた。
  3. ^ 負傷者のうち児島を含む3人が東京代表で、軽傷だった種子島凱江(20歳のモデル)はそのまま出場してミス・ワールド部門の3位に入賞したが、児島と同じく重傷だった小林喜久江(20歳の松坂屋店員)は翌年の日本大会に出場した(『週刊サンケイ』1959年7月臨時増刊号 ミス・ユニバース ワールド 美の祭典 60頁)。
  4. ^ 児島がミス・ユニバース日本代表に選ばれたときのスリーサイズについて『中部日本新聞』『毎日新聞』は93-58-97cmと伝え、『朝日新聞』『週刊サンケイ』(1959年7月臨時増刊号7・40・60頁)は97-60-96cmと伝える。日本大会において2種類のスリーサイズが存在する理由としては、パレード事故のために児島の大会参加が変則的な形で2年続いたことが考えられる。当時の日本大会のメイン主催者である産業経済新聞社が発行していた週刊サンケイに従って、97-60-96を日本代表選出時のサイズとし、93-58-97は前年の東京代表選出時のサイズと見るのが妥当と思われる。また、世界大会で児島のスリーサイズは37-23-38インチと認定されているので、これをセンチメートルに換算して小数点以下を四捨五入した数値をここに記す。
  5. ^ 児島以外では、バストは1985年(昭和60年)の古沢初美(92-60-90)ヒップは1956年(昭和31年)の馬場祥江(90-60-95)がそれぞれ最大である(公表されたものに限る)。1989年平成元年)頃までは、主要な新聞が日本代表の身長やスリーサイズを載せるのが通例であったが、その後は2007年(平成19年)に児島に続く世界大会優勝者となった森理世を含め、スリーサイズを公表していない代表も多い。
  6. ^ セミファイナルに進出した15人のうちでも、児島のバストは2番目に大きく、ヒップは最大で、ウエストは4番目に細かった。
  7. ^ 1960年からミス・ユニバース世界大会の開催地はマイアミビーチに移った。この大会には後に女優になったダニエラ・ビアンキがミス・イタリアとして出場して2位に入った。一方、ロングビーチでは第1回ミス・インターナショナル世界大会が開かれ、日本も参加した。
  8. ^ 毎日新聞』1960年6月11日11面「雑記帳」によると、古野も身長・体重・ウェストは児島とほぼ同じで、88-57-92という素晴らしいプロポーションの持ち主であった。
  9. ^ 二人は10年前から交際しており、三島由紀夫の小説にちなんで「永すぎた春」と言われた。結婚式はパレスホテルで行われた。
  10. ^ 『現代日本映画人名事典 男優篇』(キネマ旬報社、2012年 ISBN 9784873763873)の「宝田明」の項目(167~168頁)には「二女をもうけた」とあるが、週刊朝日の記事は二男一女の名前も記しており、『朝日新聞』1980年3月7日26面「顔」コーナーでも宝田明を「三児の父」と説明しているので、そちらに従う。

出典編集

  1. ^ a b c 児島明子嬢に栄冠 60年度のミス・ユニバース『中部日本新聞』1959年7月25日夕刊1面
  2. ^ 泣けて泣けて、うれしくて・・児島さん、故国へ元気な第一声『中部日本新聞』1959年7月26日7面
  3. ^ 週刊サンケイ』1959年7月臨時増刊号 ミス・ユニバース ワールド 美の祭典 10頁
  4. ^ a b 目指すは「世界一」笑顔と涙の両嬢『中部日本新聞』1959年6月13日7面
  5. ^ ミス東京ら四人ケガ パレードの車に追突『朝日新聞』1958年6月4日夕刊5面
  6. ^ 児島さんと一の瀬さん ミス・ユニバース、ワールド代表『朝日新聞』1959年6月13日11面
  7. ^ 週刊サンケイ』1959年7月臨時増刊号 ミス・ユニバース ワールド美の祭典 9頁、17頁
  8. ^ a b “Japanese Girl Beauty Queen”. The Sydney Morning Herald. (1959年7月26日). https://news.google.com/newspapers?id=CfljAAAAIBAJ&sjid=AuUDAAAAIBAJ&pg=4637,1222532&dq=akiko+kojima&hl=en 2019年4月18日閲覧。 
  9. ^ ミス・ユニバース決定の瞬間 発表も歓声に消えて 児島さんの頭上に王冠『中部日本新聞』1959年7月26日1面
  10. ^ Entretelones Miss Universo 1959”. ChileanCharm.com. 2018年10月27日閲覧。
  11. ^ “Blonde from Finland named Miss Universe”. Ottawa Citizen. (1952年6月30日). https://news.google.com/newspapers?id=YAMxAAAAIBAJ&sjid=q98FAAAAIBAJ&pg=7236,5192101&dq=&hl=en 2018年11月26日閲覧。 
  12. ^ “New Miss Universe Is a Cute Parisian Dish”. Spokane Daily Chronicle. (1953年7月18日). https://news.google.com/newspapers?id=a3YzAAAAIBAJ&sjid=hPYDAAAAIBAJ&pg=5553,4347060&dq=christiane-martel&hl=en 2019年4月18日閲覧。 
  13. ^ “South Carolina's Miriam Stevenson Wins "Miss Universe"; Miss Brazil Second”. Spokane Daily Chronicle. (1954年7月24日). https://news.google.com/newspapers?id=2M8bAAAAIBAJ&sjid=y1AEAAAAIBAJ&pg=5678,1215300&dq=miss-universe+miriam-stevenson&hl=en 2019年4月19日閲覧。 
  14. ^ “Peruvian beauty, new Miss Universe”. Lodi News-Sentinel. United Press. (1957年7月20日). https://news.google.com/newspapers?id=tXIzAAAAIBAJ&sjid=zu4HAAAAIBAJ&dq=&pg=4254%2C2246374 2019年4月18日閲覧。 
  15. ^ “New Miss Universe Is Looking for Husband, Not Movie Glamour”. Lakeland Ledger. (1958年7月27日). https://news.google.com/newspapers?id=GoEwAAAAIBAJ&sjid=I_oDAAAAIBAJ&pg=7335,2541244&dq 2019年4月19日閲覧。 
  16. ^ “Utah Beauty Named New Miss USA”. Daytona Beach Morning Journal. (1960年7月8日). https://news.google.com/newspapers?id=iXkeAAAAIBAJ&sjid=7skEAAAAIBAJ&pg=4240,1242459&dq=terry-huntingdon&hl=en 2019年4月20日閲覧。 
  17. ^ 「四月に結婚」発表 宝田明と児島明子『朝日新聞』1966年2月9日夕刊6面
  18. ^ 宝田明と児島明子が挙式『中日新聞』1966年4月30日15面
  19. ^ a b 23年間のミス・ユニバース 美女の運命はいかに?『週刊朝日』1974年5月3日号139~143頁
  20. ^ 『テレビ・タレント人名事典 第6版』2004年 日外アソシエーツ 681頁 ISBN 9784816918520

関連項目編集

外部リンク編集