メインメニューを開く

島津 貴子(しまづ たかこ、1939年昭和14年〉3月2日 - )は、日本の元皇族昭和天皇香淳皇后の第五皇女。旧名は、清宮 貴子内親王(すがのみや たかこないしんのう)。お印勲等勲一等

島津 貴子
Crown Prince Akihito & Princess Takako1950-9.jpg
1950年(昭和25年)、兄・明仁親王(当時)とともに
続柄
称号 清宮(すがのみや)
身位 内親王 →降嫁
敬称 殿下 →降嫁
お印
出生 (1939-03-02) 1939年3月2日(80歳)
日本の旗 日本東京府宮城産殿
配偶者 島津久永
子女 島津禎久
父親 昭和天皇
母親 香淳皇后
テンプレートを表示

今上天皇皇嗣文仁親王黒田清子の叔母。明仁(第125代天皇・上皇)と常陸宮正仁親王の妹。他の姉に東久邇成子久宮祐子内親王(夭折)・鷹司和子池田厚子がおり、7人兄弟姉妹の末子である。

目次

略歴編集

 
1940年(昭和15年)3月頃、雛祭りを祝う香淳皇后と清宮(中央)、照宮(右)、孝宮(左)
 
1950年(昭和25年)9月24日、継宮順宮と。左が清宮。

内親王時代編集

1939年(「昭和14年)3月2日午後3時55分、産気づいた香淳皇后は産殿に入り、午後4時35分、第五皇女、7人の皇子女の末子を出産する[1][2]。誕生時の身長は51.2cm(1尺6寸9分弱)、体重は3503g(935匁弱)であった[1]。5時50分に父天皇と対面し、6時50分には長姉・照宮成子内親王以下の姉宮達と対面した[1]。守り刀は月山貞勝の作[1]

8日に命名式が行われ、「清宮 貴子」の称号と名[3]万葉集6巻1005番の山部赤人の雑歌に由来している[4][5]。これは長兄・継宮明仁親王が明治天皇の「大教宣布」に由来した以外、和書を典拠とする命名としては初であった[4][5]。ただし、叔父の崇仁親王が創設した「三笠宮」の宮号も万葉集に由来する[5]

学習院大学文学部イギリス文学科在学中の1960年(昭和35年)3月10日日本輸出入銀行員であった島津久永と結婚し皇籍を離脱した。久永は日向佐土原藩主家の第14代当主である島津久範伯爵の次男で、薩摩藩12代藩主島津忠義の孫、香淳皇后の従兄弟にあたり、学習院時代は長兄の皇太子明仁親王の学友でもあった。貴子は結婚に伴い学習院大学を中退した(当時は、結婚のため大学中退した場合は卒業生として扱われた)。

皇太子明仁親王と正田美智子の結婚を機に、昭和天皇の退位を求める世論もあったが、清宮と久永の婚約と言う慶事が間髪を置かずに判明したことで、盛り上がることは無かった[6]

結婚前後のブーム期編集

皇太子明仁親王と正田美智子の婚礼を一月後に控えた、1959年3月19日、毎日新聞のスクープによって島津久永との婚約が明らかとなった[7]。清宮は「見合いで『平民』と結婚」であるとし、正田美智子が「恋愛結婚で『皇族』と結婚」したことと比較して報じられ、女性週刊誌の皇室報道が華やぎを増した[8]。新聞のスクープを、週刊誌が詳報し、女性週刊誌が女性目線で話題を維持する、という戦後皇室報道の流れが完成された[9]。こうして同年の間、美智子妃と清宮は、ライフスタイルやファッション等、あらゆる面で注目を受けた[10]。清宮は結婚によって皇室を離れたにもかかわらず、実質的には「皇族女性」として世間の憧れの的となった[11]

結婚会見での明るい様子が新しい時代を感じさせるもので、今なお名会見と言われる。またこの直前の誕生日会見の際の「私の選んだ人を見て下さって…」は当時の流行語となり、前年の皇太子夫妻の結婚と、清宮の言葉をきっかけに、恋愛結婚が増えるようになった。皇太子夫妻や清宮は、「恋愛結婚」「男女平等」「自由」の象徴として、若者世代から人気が高かった[12]。加えて、夫となった久永も、人並みの苦労を経た堅実なサラリーマンとして、好意的に受け止められていた[13]。そのため、夫妻は理想の夫婦像として取り上げられており[12]、結婚後は世田谷区の新居に野次馬が詰めかけるなどブームを作った。また、貴子はペレス・プラード楽団のファンであったことが知られ、同楽団はご成婚の折に「プリンセス・スガ」という曲を作っている。

特に新婚旅行では、墓参を兼ねて佐土原藩ゆかりの宮崎県をマスコミ同伴で訪問した[13]ことは、その後の一大観光ブームの形成に大きく影響している[14]。夫妻は5月1日に、豪華客船「くれない丸」で神戸を発ち、5月3日に宮崎入り[13]。客船上では神津善行中村メイコ夫妻とともにテレビに出演し[13]宮崎県青島鹿児島県霧島高原での仲睦まじい様子も、詳細に報じられた[13]。また、貴子のファッションにも注目が集まった[13]

久永との間には、1962年(昭和37年)に禎久(後、カメラマン)を儲けている。

1963年(昭和38年)に女性自身が実施した、「ベストドレッサーはだれか」というアンケート調査では、1位の淡路恵子に次ぐ2位であり、3位であった美智子妃を上回る評価と人気があった。

降嫁後編集

1964年(昭和39年)4月29日、生存者叙勲再開により勲一等宝冠章受章。同時期に久永の米国赴任に同行した[15]5月1日に、夫妻がワシントンへ向かう際には、次兄の義宮正仁親王、叔父の三笠宮崇仁親王、次姉の鷹司孝子・平通夫妻、長姉の夫で元皇族の東久邇盛厚伏見博明、姉の夫池田隆政宇佐美毅宮内庁長官、そして久永の母を含む、親族・友人約100人による盛大な見送りがあった[16]

結婚後も派手な言動に関し、批判を受けることもあった。例えば、1968年(昭和43年)に、知己であるヴァンヂャケット副社長石津裕介主催の「パジャマパーティ」に参加した際は、週刊誌等で酷評された[17]。またインテリアコーディネーターの資格を取り、1970年(昭和45年)、東京プリンスホテル内のショッピングモール「ピサ」に就職した[注釈 1]際には、宮内庁宮務課は「私企業だと好ましくない」と表明[18]。貴子はこうした賛否あることを踏まえつつ、勤務に意欲を示した[18]

1970年(昭和45年)に開催された大阪万博では、開会式・閉会式のテレビ番組で司会を務めるなど、タレントとしても活動した[19]。このことについて感想を問われた父天皇は、国民と皇室の距離が近づくことを好意的に捉えつつも、細部の感想については「研究しなければならない」と言葉を濁している[20]

1975年(昭和50年)11月、夫のシドニー駐在に同行し、渡豪[21]。二度目の海外居住となった。

2005年(平成17年)11月15日に姪の紀宮清子内親王の結婚の際、直近の内親王の“降嫁”の例として、また皇室出身らしからぬトークの歯切れのよさから複数のメディアに出演した。

2019年令和元年)時点で、健在の昭和天皇の皇女(内親王)は姉の池田厚子と貴子のみである。民間企業(名誉職とは言えプリンスホテルの取締役)で働く貴子は「異色の皇女」と呼ばれる。

誘拐未遂事件編集

貴子は確認されているだけで2回、誘拐事件の対象となった(いずれも未遂)。

  • 1963年(昭和38年)10月26日、貴子を誘拐し身代金5千万円を要求しようとした男が逮捕される「島津貴子誘拐未遂事件」が発生(同年11月21日までに犯人グループは逮捕)。
  • 1970年(昭和45年)夏、京浜安保共闘議長だった川島豪横浜拘置所内から永田洋子らに手紙で貴子誘拐を指示していた[22]。永田は「反天皇というスローガンを、京浜安保共闘が掲げていない」ことを理由に、政治思想と合致しないと考えたため実行に移さなかった[22]。この件は、1981年(昭和56年)8月に判明した[22]

逸話編集

  • 久永の父に当たる島津久範伯爵は、香淳皇后の母方の叔父である。
  • 愛称の「おスタちゃん」は清宮貴子(がのみや かこ)の称号と名前の最初の1文字をそれぞれ取ったものである。
  • 若いころ、大江健三郎と対談したことがあり、大江『世界の若者たち』(新潮社、1962年)に収録されている。大江が「ぼくは天皇家にやつあたりしているでしょうか」と言うと、貴子は「たいへんなやつあたりよ、ウフ」と答えている。

著書編集

系譜編集

貴子内親王 父:
昭和天皇
祖父:
大正天皇
曾祖父:
明治天皇
曾祖母:
柳原愛子
祖母:
貞明皇后
曾祖父:
九条道孝
曾祖母:
野間幾子
母:
香淳皇后
祖父:
邦彦王(久邇宮)
曾祖父:
朝彦親王久邇宮
曾祖母:
泉萬喜子
祖母:
俔子
曾祖父:
島津忠義
曾祖母:
山崎寿満子
 
 
 
 
 
 
 
 
歴代天皇
 
歴代皇后
 
親王
 
内親王女王
 
臣籍降下
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇
 
貞明皇后
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇
 
香淳皇后
 
秩父宮
雍仁親王
 
勢津子
 
高松宮
宣仁親王
 
喜久子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三笠宮
崇仁親王
 
百合子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東久邇成子
(照宮)
 
久宮
祐子内親王
 
鷹司和子
(孝宮)
 
池田厚子
(順宮)
 
上皇
(明仁)
 
上皇后
(美智子)
 
常陸宮
正仁親王
 
華子
 
島津貴子
(清宮)
 
近衞甯子
 
寬仁親王
 
信子
 
桂宮
宜仁親王
 
千容子
 
高円宮
憲仁親王
 
久子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今上天皇
(徳仁)
 
皇后雅子
 
秋篠宮
文仁親王
 
紀子
 
黒田清子
(紀宮)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彬子女王
 
瑶子女王
 
 
 
 
 
承子女王
 
千家典子
 
守谷絢子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛子内親王
 
 
 
眞子内親王
 
佳子内親王
 
悠仁親王
 
 
 
 
 


脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 実際は非常勤の顧問で、プリンス側が設けた名誉職に近い。その後、1989年から2005年までプリンスホテル取締役。2005年プリンスホテルインテリアアドヴァイザーに就任。

出典編集

  1. ^ a b c d 1939年2月21日朝日新聞「内親王御誕生 きのふ午後四時卅五分」
  2. ^ 昭和14年宮内省告示第5号
  3. ^ 昭和14年宮内省告示第7号
  4. ^ a b 1939年3月9日朝日新聞「御ゆかしき御命名 萬葉から御選定 御意を拝して畏し」
  5. ^ a b c 1939年3月9日読売新聞(第二夕刊)「御名、御稱号は特に萬葉から 聖慮畏し異例の出典」
  6. ^ 石田 2006 p62-67
  7. ^ 石田 2006 p.174
  8. ^ 石田 2006 p.174-175
  9. ^ 石田 2006 p.176
  10. ^ 石田 2006 p.224-226
  11. ^ 石田 2006 p.68
  12. ^ a b 森津 2012 p.1
  13. ^ a b c d e f 森津 2012 p.3
  14. ^ 大西 2014 p.83
  15. ^ 『陛下、お尋ね申し上げます』 1988 p.127
  16. ^ 1964年5月1日読売新聞夕刊「島津さん一家渡米 義宮さまもお見送り」
  17. ^ 石田 2006 p.204-241
  18. ^ a b 1970年10月1日 読売新聞「貴子さんが服飾店に”就職”」
  19. ^ 『陛下、お尋ね申し上げます』 1988 p.148-149
  20. ^ 『陛下、お尋ね申し上げます』 1988 p.149
  21. ^ 1975年11月5日読売新聞夕刊「島津貴子さん夫の転勤でシドニーへ」
  22. ^ a b c 1981年8月29日読売新聞「貴子さん人質計画」

参考文献編集

  • 高橋紘『陛下、お尋ね申し上げます 記者会見全記録と人間天皇の軌跡』文藝春秋文春文庫〉、1988年3月。ISBN 978-4167472016
  • 石田あゆう『ミッチー・ブーム』文藝春秋〈文春新書〉、2006年(平成18年)8月。ISBN 4-16-660513-5
  • 森津千尋メディアが描く新婚旅行 ―1960年代~1970年代の宮崎新婚旅行ブームを事例に― (PDF) 」 『日本マス・コミュニケーション学会、2012年度春季研究発表会研究発表』2012年6月2日。
  • 『昭和の結婚』小泉和子編、河出書房新社〈らんぷの本〉、2014年11月。ISBN 978-4309750125
    • 大西和也「新婚旅行」『昭和の結婚』、 75-88頁。

関連項目編集

外部リンク編集