メインメニューを開く

HiGH&LOW』(ハイアンドロー)は、2015年10月22日から2016年6月26日まで2期に渡って放送された日本テレビ系列のテレビドラマ・2016年から続いている日本映画のシリーズ作品・およびそれらを主軸とした総合エンターテインメントプロジェクト。

目次

概要編集

EXILE TRIBEの総合エンタテインメントプロジェクトとして企画・制作され、テレビドラマ・映画・漫画・ネット配信・音楽・ライブツアー・SNS・イベント・フラッシュアニメ・ソーシャルゲームなど様々なメディアで展開する完全オリジナル作品。EXILE HIROが総合プロデュースを務めており、EXILE TRIBEのメンバーをはじめ、EXILE TRIBE以外からも多数キャスティングされている[1]。キャッチコピーは「全員主役」[2]

歴史編集

2015年
2016年
  • 4月24日、テレビドラマのseason2がスタート。
  • 5月7日、映画『ROAD TO HiGH&LOW』が公開。
  • 6月15日、劇中歌を収録したアルバム『HiGH&LOW ORIGINAL BEST ALBUM』が発売。
  • 7月16日、映画第1弾『HiGH&LOW THE MOVIE』が公開。
  • 7月22日、ライブ「HiGH&LOW THE LIVE」がスタート。
  • 9月29日、台湾で『HiGH&LOW THE MOVIE』と『HiGH&LOW THE RED RAIN』のインターナショナルプレミアとレッドカーペットセレモニーが開催。『HiGH&LOW』プロジェクト初めて海外のイベント[4]
  • 10月8日、映画第2弾『HiGH&LOW THE RED RAIN』が公開。
  • 10月19日、『HiGH&LOW THE RED RAIN』韓国プレミア上映会が開催[5]
2017年
  • 3月15日、ライブ・ビデオ『HiGH&LOW THE LIVE』が発売。
  • 3月22日、漫画「HiGH&LOW g-sword」が週刊少年マガジンで連載が開始。
  • 6月14日、イベント「HiGH&LOW THE LAND」、「HiGH&LOW THE MUSEUME」がスタート。
  • 8月19日、映画第3弾『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』が公開。
  • 10月25日、スピンオフ作品「HiGH&LOW THE MIGHTY WARRIORS」が発売。
  • 11月11日、映画第4弾『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』が公開。
  • MIGHTY WARRIORSが音楽ユニットとして、11月28日に日本テレビ系にて放送される音楽特番「日テレ系音楽の祭典 べストアーティスト2017」に出演。
2018年
2019年

ストーリー編集

伝説はとある街から始まる。かつてムゲンという伝説のチームがこの地域一帯を支配していた。その圧倒的な勢力により、かえってその一帯は統率が取れていた。だが、ムゲンに唯一屈することなくたった2人で互角に渡り合った兄弟がいた。雨宮あまみや兄弟である。両者の決着は着かないまま、ある事件をきっかけに突如ムゲンは解散し、雨宮兄弟も姿を消した。その後、その地域一帯に

山王街二代目喧嘩屋 山王連合会さんのうがいにだいめけんかや さんのうれんごうかい 誘惑の白い悪魔 White Rascalsゆうわくのしろいあくま ホワイト ラスカルズ 漆黒の凶悪高校 鬼邪高校しっこくのきょうあくこうこう おやこうこう 無慈悲なる街の亡霊 RUDE BOYSむじひなるまちのぼうれい ルード ボーイズ 復讐の壊し屋一家 達磨一家ふくしゅうのこわしやいっか だるまいっか

という5つのチームが頭角を現した。その地域一帯は各チームの頭文字を取ってS.W.O.R.D.スウォード地区と呼ばれ、S.W.O.R.D.地区のギャング達はG-SWORDジー スウォードと呼ばれ恐れられた。さらに、敵か?味方か?謎の新勢力 MIGHTY WARRIORSマイティ ウォーリアーズが出現する。時はムゲンの解散から1年後、舞台はS.W.O.R.D.地区。この街で一体何が起ころうとしているのか?男達のそれぞれのプライドをかけた新たな物語の幕が上がる。

HiGH&LOW THE STORY OF S.W.O.R.D.ドラマ シーズン1 (2015年)編集

俺たちはただ、この街を守りたかっただけだ...。
山王連合会VS鬼邪高校(Season1 2〜3話)
S.W.O.R.D.の"S"山王連合会さんのうれんごうかいのメンバーヤマトはS.W.O.R.D.の"O"鬼邪高校おやこうこうのトラブルに巻き込まれ、他の生徒たちに追われていた転校生チハルを助けてしまう。その結果、鬼邪高校の番長村山良樹むらやまよしきが生徒達を引き連れてチハルにケジメをつけるために連れ戻しにヤマト達山王連合会の本拠地山王さんのうへ攻め込んでくる事態に発展。
"鬼邪高校なんかいつだって相手になってやる。ただ今の状況は悪すぎる"。
鬼邪高校と揉めることによりS.W.O.R.D.の均衡が崩れることを何よりも恐れこれ以上の揉め事を良しとしない山王連合会の総長コブラを始めとするメンバーたちはチハルを拒絶。だがヤマトは苦しむチハルをどうしても見捨てることが出来ず、道を踏み外したかつての仲間・ノボルと重ね、自分だけでも何とかして助けようと試みる。
しかし結果的に山王連合会と鬼邪高校の全面抗争は避けられない事態にまで発展してしまった。チハルもヤマトとの話を思い浮かべて覚悟を決め、一人ケジメを着けるために鬼邪高校へ戻ることを決意する。
チハルを助けるためにヤマトも単身鬼邪高校に乗り込み、これ以上仲間を犠牲にするわけにいかないと遂にコブラも決意を固め鬼邪高校に牙を剥く。チハルとヤマトの元に辿り着いたコブラは鬼邪高校の頂点の座に君臨する村山に一対一のタイマン勝負を挑む。
コブラと村山のタイマン勝負は僅差でコブラが勝利。騒動のケジメを付け、チハルは山王連合会の新メンバーとして認められた。
そして、これまで表立った争いもなく保たれていたS.W.O.R.D.地区の均衡は、静かだが着実に崩れ始めた。
White Rascals/RUDE BOYS/九龍グループの陰謀(Season1 4〜8話)
山王連合会のメンバーダンはナンパした美女に連れられてS.W.O.R.D.の"W"White Rascalsホワイト ラスカルズの本拠地・クラブ"heavenヘブン"に軽いノリで足を踏み入れてしまい、挙げ句の果てに揉め事を起こしてしまう。その報復としてWhite RascalsのリーダーROCKYロッキーがチームを引き連れて山王連合会の溜まり場・ITOKANを襲撃し、White Rascalsとの全面抗争も免れない状況となる。
鬼邪高校の次はWhite Rascalsと揉めることになったコブラ達は途方に暮れるがそれと同時に道を踏み外したコブラ達の親友ノボルが突如極道組織九龍くりゅうグループの一角家村いえむらの構成員として現れたのだ。
"S.W.O.R.D.地区は家村会が取り仕切ることになった。S.W.O.R.D.全チームは今後家村会の傘下として動いてもらう。逆らう者は容赦なく潰す"。
かつての仲間が敵に回ってしまったことに困惑する。
そんな中、White Rascalsとの揉め事にチハルが関わっていることとダンを嵌めた女がS.W.O.R.D.の"R"RUDE BOYSルード ボーイズのリーダースモーキーの妹ララであることを知ったヤマトはダン・テッツと共にRUDE BOYSの本拠地無名むめいに乗り込む。
そこで出くわしたチハルを問いただした彼らは、今回の一件はノボルを始めとする家村会がWhite RascalsとRUDE BOYSを潰し合わせることでS.W.O.R.D.の均衡を更に崩すことを目的とした騒動であることと、家村会の手によるS.W.O.R.D.地区全体を巻き込んだ巨大な陰謀に巻き込まれた真実を知る結果となった。
達磨一家/SWORD狩り(Season1 9〜10話)
これまで刑務所に収監されていたS.W.O.R.D.の"D"達磨一家だるまいっかの頭日向紀久ひゅうがのりひさが家村会の手により釈放され、遂にS.W.O.R.D.を潰すために頭が不在のためなりを潜めていた達磨一家が再始動し、SWORD狩りと称して各チームの襲撃を開始する。
White Rascalsの本拠地クラブ"heaven"・鬼邪高校・RUDE BOYSの本拠地"無名街"に攻撃を仕掛け、宿願である"兄達を見捨てた九龍グループの武力壊滅"・"それに向けて勢力拡大のためにS.W.O.R.D.の武力壊滅"・"日向兄弟の名を堕としたムゲンへの復讐"のうちの元ムゲンのコブラ・ヤマトがいる山王連合会を潰すべく山王連合会に宣戦布告する。
"どうしてお前たちはそんなに俺たちにこだわるんだ⁉"。
"ムゲンに負けた兄貴たちは九龍グループから破門された。俺たち兄弟ははお前たちに地に墜とされたんだ!!"。
そして敵となったノボルを再び自分たちの元へ戻そうと奮闘するコブラとヤマト。兄弟の仇を取り自分たちを破門した九龍グループへの復讐を目論む日向。山王連合会と達磨一家の抗争により遂にそれぞれの過去の因縁に決着をつけることとなる。
だがその結果、コブラとヤマトは大きな代償を払うことになった。
琥珀/九十九/雨宮兄弟(Season1 2・6・8・10話)
"なぁ、九十九。この街はすっかり変わっちまったな..."。
伝説のチーム・ムゲンの元総長琥珀は町の病院にて過去の一件で昏睡状態のまま目を覚まさない仲間・九十九の見舞いに来ていた。自分達の街がS.W.O.R.D.地区と呼ばれるようになったこととかつて自分たちの身に起きたことを思い浮かべていた琥珀はある目的を持って行動を開始する。
"S.W.O.R.D.地区か..."。
ムゲン解散と同時に姿を消していたムゲンと互角に渡り合った最強の兄弟・雨宮兄弟の雨宮雅貴が繁華街で村山ら鬼邪高校のメンバーらに、雨宮広斗が山王街でチハルに目撃されていた。そしてS.W.O.R.D.地区の抗争が終結した後、琥珀と雅貴・広斗らはバイク上で対峙するも特に何をするわけでもなくただ通り過ぎて行った。
だが雅貴はバイク上での琥珀から得体の知れない不穏な気配を感じ取っていた。そして琥珀はバイクを走らせながら不敵な笑みを浮かべていた。
謎の勢力(Season1 4・10話)
White Rascalsの本拠地・クラブ"heaven"のVIPルームではハーフ系の男たちが数名訪れていた。1人はダンスホールで踊り、1人は"景気がいい"と呟き、さらにもう1人は"狂ってやがるCrazyboy"と意味深な言葉を残す。
スーパーカーで現れた謎の勢力はS.W.O.R.D.地区に呼ばれ、いよいよ自分たちの戦いが始まることに歓喜する。
そしてリーダーらしき男は"生まれ変わるか、それとも死ぬかChange or Die"と再び意味深な言葉を残す。

HiGH&LOW ドラマ シーズン2 (2016年)編集

SWORDの物語は、序章に過ぎなかった...。
ムゲン(Season2 1〜4話)
"こんなはずじゃなかったのに...。龍也。俺はただ、お前と好きに走りたかっただけなんだ..."。
時は過去に遡り、SWORDが誕生する前の旧SWORD地区。伝説のチームムゲンは幼なじみの龍也たつや琥珀こはくが2人で無限に走り続けたいという信念が基で結成された。2人の出会いは幼少期。昔身寄りがなく友達もいなかった琥珀はいじめられっ子だった。そこで龍也に助けられたことで2人は親友同士になり喧嘩も一緒にするようになった。同じ時期に免許を取り、仕事で金を貯めてバイクを買った。
"こんな時間が永遠に続けばいいのにな"。
"永遠じゃねえ、無限ムゲンだ!!"。
この会話がムゲンという存在の始まりだった。
それからというもの、かつて敵対していたアマチュア格闘家コンビの太田おおた古西こにし、琥珀との因縁がきっかけで顔見知りとなった九十九つくも、そして龍也の地元の後輩のコブラとヤマトら7人でムゲンは最高のチームへと昇華させていった。
ムゲン結成から数年経ったある日のこと。龍也は自身の夢であった洋食屋経営向けて動きだしムゲンを脱退することを決意した。妹のナオミやムゲンのメンバーたちの手伝いもあって無事に洋食屋ITOKANイトカンをオープンさせる。それと同時期に太田と古西がプロの格闘家としてアメリカのリングで戦うことを夢見て渡米するため、ムゲンを脱退する意思を伝えた。龍也と太田・古西という自分の支えだったメンバーが抜けることを琥珀は受け入れることが出来ずにいた。
そんな時、九龍グループ傘下組織の日向ひゅうがに目をつけられ、コブラが負傷する。仲間をやられたことで怒りに燃えるムゲンは日向会に宣戦布告。結果、日向会を壊滅、ムゲンの存在を世に轟かせ、それに乗じて琥珀が次々とメンバーを増やしていった。それにより最高の7人で強くなったムゲンから100人規模の巨大勢力を誇るムゲンへと変貌していった。ただこの時、龍也の言葉を誰1人として理解出来る者はいなかった。
"何かおかしい。絶対後々で面倒なことになる"。
結果、旧SWORD地区の統率が取れるようになったものの、九十九・コブラ・ヤマト、そして龍也の思いや結成当時の方針を無視し、琥珀は100人のムゲンを仕切る総長として自分勝手にムゲンを敵チームや街からも恐れられる巨大勢力に拡大していき、琥珀と龍也・九十九たちの間に修復不可能な溝が広がってしまう。九十九もかつて琥珀と知り合うきっかけとなった喧嘩騒動や事故で命を救ってもらった恩を返すべく琥珀に眼を覚ますよう問いかけるが、琥珀は一切聞く耳を持とうとしない。
更に追い討ちをかけるように新入りたちの横柄な振る舞いが原因で、遂に伝説となった永遠のライバルである雨宮兄弟と対決の火蓋が切られるのだった。日向会との抗争による影響で勢力を増したムゲンだったが主要メンバーの琥珀・九十九・コブラ・ヤマト以外はロクに喧嘩も出来ない烏合の集でしかないため、雨宮兄弟の相手になるはずもなく次から次へと蹴散らされていった。だがムゲンも黙っておらず、望むところと言わんばかりに琥珀たちが対決に挑む。
しかし、ムゲンVS雨宮兄弟の伝説の抗争劇は結果として決着が付かないまま因縁だけが残ってしまった。龍也や九十九にムゲンの現状を聞いても琥珀は相手にしなかったが、ある日自らの名を語って悪事を働くムゲンのメンバーを発見し、そのメンバーに制裁を食らわせる。そこでようやく龍也達の思いとこれまでの自分の過ちに気付き、自分の身勝手な行動を謝罪しようと龍也と九十九に歩み寄った時、1台の車が3人を襲った。
琥珀は龍也に突き飛ばされ1人助かったが、龍也が車に跳ねられ即死・九十九が巻き添いを食らう形で昏睡状態に陥る。さらに最悪だったのは龍也と九十九を車で跳ねた犯人が、かつて琥珀の手により追放されたムゲンの元メンバーで、琥珀への逆恨みが事件の元だったということだ。こうして旧SWORD地区一帯を支配した伝説のチーム・ムゲンは創設メンバーの死により解散するという呆気なく、そして最悪の形で歴史に幕を閉じた。
自分の身勝手の所為で仲間達を失った琥珀は責任を感じムゲンを解散させ、そのまま事故のショックから立ち直ることなく、コブラ・ヤマトの前から姿を消した...。
山王連合会 (Season2 5〜10話)
時は再び現在。SWORD地区全体を巻き込んだ"SWORD狩り"をノボルが事故に遭うという最小限の犠牲でありながらも最悪の結末で終わりを迎えた。ヤマトはノボルが家村会脱退の制裁・報復として事故に巻き込まれたと徹底抗戦の構えを見せる。だがコブラはこれ以上チームから犠牲者を出す訳にはいかないと消極的な考えとノボルの事件を調べるのは警察であって自分達ではないと、ヤマトを戒めるがヤマトも怒りからそれに反発。さらにチハルまでも自分達はコブラにとって頼りない存在なのかと不信感を出し始める。全員がこれからの自分達の道を模索していたが一向に答えは出ない。ノボルに至っても昏睡状態のまま目を覚まさず、メンバー達で交代で見舞いに行っていたが、それでも状況に進展はならず平行線の状態が続いていた。
そんな時、ノボルの恋人美保みほが湾岸地区の極悪スカウト集団DOUBTダウトに追われていた。だが美保は突如現れた2人組の男たちに救われ、窮地を脱する。
ある日、いつものようにITOKANで集まっていたメンバー達だったが病院から緊急電話が入った。"ノボルの容体が急変し、危篤状態となっている"と。美保を連れて、急いで病院に駆けつけた。コブラとヤマトの2人の親友の必死の呼びかけにより、ノボルは意識を取り戻し、生命の危機から脱したのであった。コブラとヤマト、そしてノボル。3人が再び絆を取り戻した瞬間だった。
White Rascals(Season2 6話)
"女を傷つける奴は許さねえ"。
美保を助けたのは訳あって今までチームを離れていたWhite Rascalsの初期創設メンバー・DOUBTの元メンバーでもあったKIZZYキジーKAITOカイトであった。DOUBTの動きがここに来て活発化したことで美保は今後もDOUBTから狙われること懸念し、コブラの手によりheavenに匿われることになった。KIZZYとKAITOがSWORD地区に呼び戻されたのもそれの対抗策とDOUBTのやり方を知り尽くしていたためだった。
KIZZYとKAITOがかつてDOUBTのメンバーだった頃・ROCKYがスカウトマンとして単独で活動していた頃に一度対決をしている。ROCKYが圧倒していたが、KIZZYが女であると知った途端に戦うことを放棄したという。だが2人は逆にそれをきっかけにDOUBTの悪事から足を洗い、ROCKYと3人で行動するようになった。その手始めにDOUBTが特に女達の売買を行っている店が多く点在する風俗街を中心に女達を救い出してきた。そして、White Rascalsを結成したのだ。
それでもチームのNO.2KOOコウには未だ解明されない不可解な謎が残されていた。ROCKYは何故自分の身を危険に晒してまで女性を救おうとするのか。それはROCKYの幼少期、家族に暴力を振るう父親の手による母親と姉が自殺に追い込まれた知られざる過去があったことが理由だった。自分が強ければ母も姉も死ぬこともなかったと後悔しており、それをきっかけに女を守ることを自分の生きる糧としてきたのだ。
鬼邪高校 定時制VS全日制(Season2 7〜8話)
鬼邪高校初代番長にして定時制に通う一生徒村山良樹は山王連合会との抗争・コブラとのタイマンに敗れてから番長としての在り方・これからの目標を完全に見失い、毎日を気怠げに過ごしてした。古くから頭の存在しない無法地帯として有名だった鬼邪高校に転入してSWORDの一角になるべく鬼邪高校の番長となる荒行に挑み、そして今の地位を勝ち取った。それから来る日も来る日も喧嘩ばかりの毎日だったが、これからは何を糧に喧嘩をすればいいのか路頭に迷っている状態だ。
"SWORDの一角の頭になれば、何かが変わると思ってた...。毎日喧嘩の繰り返しだ。拳で俺は何を手に入れた...?"。
ある日のこと、轟洋介とどろきようすけという転校生が現れ鬼邪高校全日制を仕切っていたつじしばマンの2人を倒し、全日制を制圧することで全日制による下克上を宣言する。
轟は早速村山率いる定時制に乗り込み、番長の座を賭けてタイマン勝負を申し出るが、村山本人はその気はおろか喧嘩すらやる気が起こらなくなっており、轟は今の村山は戦うに値しないと判断して撤収する。その村山の態度を見た定時制は込み上げてきたこれまでの村山の番長としての不信感が爆発し、古屋ふるや達は村山に怒りの矛先を向け、挙句の果てに村山を慕っていたせきにまで"番長失格"と愛想を尽かされてしまう。
番長の座を目指し勢いに乗る轟と全日制。番長としての在り方を見失った村山と、彼に着いて行くか行かないかで逡巡する定時制。
そして血気盛んな全日制は村山の失われた闘志を呼び覚ますべく遂に行動を起こし、番長の座を賭けて村山不在の定時制を襲撃する。
自分を番長と慕う仲間をやられたことに怒り震える村山は鬼邪高校番長としての覚悟を決め、轟とのタイマン勝負に挑む。
勝負の結果は、僅差で村山が勝利した。そして村山は敗者・轟に語りかけた。"お前は俺より強い。でも拳が強いだけじゃ番長にはなれねえ。番長の座は1人ではなく、仲間と勝ち取るものだった。拳が強いだけじゃダメだ。"と。
苺美瑠狂(Season2 7〜8話)
山王街を本拠地とするレディースチーム苺美瑠狂いちごミルクのツインタワーの1人押上おしあげはバッティングセンターにいた鬼邪高校の番長・村山良樹を一目惚れしてしまった。勿論苺美瑠狂のメンバー達からの意見はまちまち。おまけに本人は恋愛経験がなくそういうことも疎かったので、総長純子じゅんこに相談した。そこで純子は"恋愛とはハートとハートのぶつかり合うタイマンだ"とアドバイスした。そして押上は、行動を開始。手始めに告白するために鬼邪高校に侵入して村山のロッカーに手紙を入れて校舎裏に呼び出す。そこでタイマンと称してプレゼントを渡す。だが、プレゼントの中身は武器ばかりで押上はタイマンを本当にタイマンを張るのと勘違いしてしまったのだ。村山もこれに拍子抜けしてしまい、いらないと言いプレゼントを返すが逆上した押上がプレゼントを更に投げ返し泣き出してしまった。
さらに日時が立ち、バッティングセンターで意気消沈している村山を発見する。鬼邪高校での全日制との揉め事が外にまで広まっており、その噂を聞いた押上は"今のあんたは私が惚れたあんたじゃない"と発破を掛ける。
全日制との内紛後に村山に呼び出され、押上のプレゼントの中にあった手作りの御守りを大事に持っていたことと"ありがとう"と礼を言われたことで、2人の距離は縮まった様だった。
勿論話はここで終わるわけもなく、親友しばも押上を応援していく中で徐々に押上と村山の関係を見て嫉妬心が生まれて、弟に鬼邪高校内の男を紹介する様恐喝を掛けていたのであった。
RUDE BOYS/達磨一家(Season2 9話)
RUDE BOYSのメンバーのタケシピー、スモーキーの妹ララ達は病を抱えるスモーキーと彼の病を治すために悪事を働き街から出ていった仲間シオンのことを思いながらも皆お互いを家族として支え合っていた。
一方、SWORD全チームに抗争を仕掛けた達磨一家の頭日向紀久は山王連合会との抗争直後に兄達の復讐に戦いに身を投じることに迷いが生まれ謎の失踪を遂げており、達磨一家は再びなりを潜めていた。かつてムゲンを破門されムゲンを憎んでいた極悪コンビ饕餮とうてつ兄弟右京うきょう左京さきょうも、ムゲンに恨みを持ち日向の後継人として達磨一家に加わった加藤鷲かとうしゅうも、自分たちの復讐に対する意思が薄まったことと、他のチームと同じ様に守りたいものがあることを感じ取っていた。
"復讐したところで何になる?俺たちは俺たちの守りたいものを守るために戦いたい"。
これまでのように復讐に身をまかせるような無駄な戦いをしないことを決める。
MIGHTY WARRIORS(Season2 1〜9話)
SWORDが誕生する数年前、SWORD地区の隣町の湾岸地区では、音楽とファッションをリスペクトし金を原動力とし自分達の理想郷設立を夢見て戦う戦闘のプロフェッショナルである少数精鋭の傭兵集団MIGHTY WARRIORSマイティ ウォーリアーズが水面下で活動していた。
ある日、MIGHTY WARRIORSが襲撃した一隻の船で囚われていた謎の美女セイラを発見。MIGHTY WARRIORSのリーダーICEアイスはチームの元へ連れて行くことを決める。
"音楽とファッションがどん底から俺たちを救ってくれた"、"人生を変えるために金が必要だ"、"自分達のスタイルを貫くことで、夢や希望がない人達に夢と希望を与える"、"音楽だけでは人は救えない"、"自分達で自分達の住みやすい世界・理想郷を創る"。
お互いの自らの悲惨な過去と境遇・想いを曝け出す内にお互いの想いに惹かれ始める。
その後も彼らはギャングなどから汚い金を強奪することで生計を立て、資金源としていた。そしてその資金源は自分たちの理想郷創設のためだけに使うことを決めていた。チームは窃盗などギャング達を襲撃といった主に傭兵業を生業とし、ICEは賭けボクシング・参謀役のリュウは商取引やギャンブル、ムードメーカーのパールは運び屋などそれぞれのメンバー達が金を稼ぐために動いていたある時、リーという謎のスポンサーからある大きな仕事を受け取ったメンバーたちは仕事を引き受ける条件の1つである多額の前金を使って理想郷の一環でクラブFUNK JUNGLEファンク ジャングルを設立した。ICEやセイラを含めたメンバーたちの夢が遂に実現の一歩手前まで迫っていた。
SWORD(Season2 5〜10話)
達磨一家が起こしたSWORD狩りにおいてSWORD全チームの頭が顔を合わせ、そして抗争が終結してから各チームではそれぞれ変化が起きていた。そんな折、ノボルの復帰と共に解散させた山王連合会を復活させ、新たに仲間のために戦う決意を固めるメンバーたち。
山王連合会だけでなく、White Rascalsも女達の未来を守るため、鬼邪高校も仲間達のため、RUDE BOYSも家族を守るため、達磨一家も自分達の居場所を守るためそれぞれの決意を固め始めた。
だが、SWORDのメンバーたちに闇の勢力からの牙が向かれることとなる。そしてそれは、巨大な陰謀と壮大な抗争の氷山の一角に過ぎなかった。
九龍グループ・家村会(Season2 1〜10話)
九龍グループをバックに活動していた湾岸地区のDOUBTが自分たちの街を守るために暴れているムゲンというチームに叩き潰されたと話を聞かされた家村会会長家村龍美いえむらたつみと幹部たちは傘下組織の日向会を使いムゲンを潰すことを企む。しかし、日向会はムゲンに敗れ、その制裁として弱体化した日向会を破門にした。
時は流れて現在。今回の達磨一家によるSWORD狩り騒動をノボルを事故と見せかけて殺しかけることで事態を一件落着させていた。しかし、首謀者である達磨一家の日向が突如失踪し、達磨一家も再び動かなくなったことも含め、シノギの1つ・レッドラムの製造工場も破壊されるなど、失敗続きで思う様にSWORD統括がうまくいかないことに家村会はいよいよ焦りの色を露わにし始める。
そして、SWORD地区全体に及ぶ壮大な都市再開発計画をお題目にSWORD地区の土地買収を開始する。更に彼らはSWORD統括のためにある男に接触する。遂にSWORDを混乱に陥れるために家村会は行動を開始した。
不穏な動き(Season2 9〜10話)
ノボルは無事に生命の危機から脱し、退院を迎えることとなった。だが自分の事故が1年前ムゲンが解散する一因となった龍也と九十九の事故と状況が一致しすぎていることに違和感を覚えていた。それだけでなくノボルは家村会から脱退した直後に起きた轢き逃げ事故から家村会からの見せしめ・制裁によるものかと考えていたが、山王連合会に恨みを持つ何者かがノボルを見せしめで轢き逃げしたという警察の判断に違和感を覚えた。さらには、商店街から次々と馴染みの店が閉店と共に住人達が立ち退きに追いやられているとの話を聞き、複雑な思いを隠しきれなくなる。
SWORD地区全体の不穏な動きはこれだけで終わらず、ITOKANに何者かにブロックを投げ込まる、コブラとヤマトが車に轢かれかる、鬼邪高校では村山ら定時制生徒たちの不在中に全日制が何者かの襲撃にあう、達磨一家の本拠地の荒れ寺が放火される、クラブheaveが破壊・店の女たちが襲われる...といった不可解な事件が相次いでいた。
琥珀/九十九(Season2 5〜10話)
交通事故により親友・龍也が死に、相棒・九十九が昏睡状態に陥ってしまったショックで街から姿を消した琥珀。一方、九十九は突如1年にも渡る昏睡状態から目覚め、生命の危機から脱する。九十九は生前の龍也のアドバイス通り琥珀に着いて行く決意を固め、コブラとヤマトの前から姿を消す。
琥珀は龍也の墓参り以降、家村会に顔を出す様になっていた。だが琥珀にはある目的があった。
ムゲンを解散させ、行方を絡ませたと時同じ頃謎の外国人リーとある取引をしていた。親友を失くして、仲間を危険に晒してしまったショックで無気力になっていて当初李の話に一切耳を貸す気も起きなかったが、李は琥珀にある情報を流す。"龍也を殺した本当の犯人を知りたくないか?"。その話を聞いた琥珀は死んだ闘志を再燃させ、ある目的のために動き出す。
果たして李とは何者なのか?琥珀の目的とは?
そしてSWORDにも誰とも知れない謎の勢力の牙がゆっくりではあるが確実に向かれることとなる。そしてそれぞれの思惑と共に事態は動いてゆく。

HiGH&LOW THE MOVIE (映画第1作) (2016年)編集

共に闘い、共に悲しみ、共に強くなる。

SWORD地区。だが突如無名街が爆破・炎上するという非常事態が起こる。

時同じくして、DOUBTダウトが山王街を、MIGHTY WARRIORSが二手に分かれてクラブheaven・鬼邪高校を、そして琥珀九十九は2人で達磨一家を、それぞれ各チームへの襲撃を開始した。今までとはレベルが違う抗争にSWORD地区はパニックに陥った。

また、雨宮兄弟もある目的のためSWORD地区にやってきていた。

SWORDがこれからの自分たちの状況で逡巡する中、死傷者多数という無名街に壊滅的被害を受けたRUDE BOYSはSWORD地区に侵攻して来た相手が、湾岸地区MIGHTY WARRIORSマイティ ウォーリアーズであることを知り、家族を殺された怒りから湾岸地区へ攻め込む。

"お前らのせいで無名街の家族が何人も死んだんだ。償ってもらうぞ?"。

しかしそれはMIGHTY WARRIORSのリュウの仕掛けた罠であり、劉の支配下として凶器を構えて待ち構えたDOUBTのメンバー達、湾岸連合軍相手に撤退を余儀なくされる。スモーキーも劉との対決で負傷しさらには持病の発作のより絶体絶命のピンチに陥るが、突如抗争の場に乱入してきた雨宮広斗により窮地を脱する。

山王連合会は山王街に侵攻してきたDOUBTの迎撃に成功したが山王街は破壊されてしまった。しかも圧倒的な勢力を誇るDOUBTは何度も山王街へと侵攻して来て攻撃の手を緩めようとしない。自分達での自衛行為では満足に街を守ることも難しくなりバリケードを設置することでしか敵の妨害を防げなかった。街の復興中、ムゲン解散後に消息を絶っていた琥珀に突然呼び出されたコブラとヤマトは再会を喜んだが、今回のSWORD襲撃を仕組んだ主犯格が琥珀であることを知り激昂する。

"SWORDは俺が獲る"。

2人を返り討ちにした琥珀は、今後山王連合会は自分の指示で動くよう言い残し去っていく。

White Rascalsでは、MIGHTY WARRIORSに襲撃後に本拠地・クラブheavenの女たちが手薄になった隙を突かれDOUBTに連れ去られてしまう。定時制・全日制を含め創設史上初めて壊滅的な大敗北を喫した鬼邪高校では、これ以上の危険に仲間たちを巻き込むまいと村山を含む主要メンバーらが退学。達磨一家では行方不明になっていた日向を探し出し、半壊したチームの再建を試みる。何とか湾岸地区から撤退して負傷したスモーキーと共に逃げ延びたRUDE BOYSだったが、スモーキーの妹・ララがDOUBTらに連れ去られてしまう。SWORDの各チームが同時に襲撃され、被害も甚大であった。

"あんな琥珀さんの顔見たことねえ..." "何があったんだ?"。

今回の敵が自分達の尊敬してきた琥珀であることにショックをうけるコブラとヤマトだったが、そんな2人の元に退院後消息を絶っていた九十九が突如現れ、2日後に今度は少数精鋭のMIGHTY WARRIORSと大人数のDOUBTを合わせた総勢500人の勢力を誇る湾岸連合軍を率いて琥珀が再びSWORD地区を強襲することを警告する。そして、龍也を殺した黒幕が九龍グループであることと彼の仇を取るためにコリアンマフィア張城チャンソンリーと手を組み九龍グループの武力壊滅を目論んでいることを告げた。かつて、ムゲンが解散する原因となった龍也の事故死は、勢力拡大時のムゲンに送り込まれた九龍グループの末端構成員が起こした事故で、琥珀を逆恨みして琥珀を轢き殺そうとしたところを龍也が庇ったものと言われていたが、ムゲンを解散させる見せしめとして龍也を交通事故に見せかけて暗殺したというのが事故の真相だった。李達張城も九龍グループを敵対視しており、敵対勢力壊滅の糸口として龍也を殺された琥珀を利用することを考え、さらにSWORD地区を制圧することを条件に琥珀支配下の兵隊として動く、MIGHTY WARRIORSとDOUBTを金の力で買収し、琥珀・MIGHTY WARRIORS・DOUBTの超巨大勢力を使って九龍グループへ戦いを挑もうとしていたのだ。琥珀自身も九龍グループが自分に目線をいかせるべく、敢えて家村会に顔を出すことで自分に牙を剥かせる様煽っていたのだ。

さらに、ノボルの調査により、龍也の死には山王街一帯にも深刻な影響が出ているSWORD地区都市再開発計画とカジノ建設計画の一切の利権を手中に収めるべく当時一帯を支配していたムゲンを解散に追い込むべく龍也を暗殺したであろう九龍グループの情報を掴んでいた。琥珀の目的がSWORD地区とSWORDを制圧し九龍グループと張城の裏社会の日韓戦争を勃発させることで九龍グループに復讐することで、琥珀や李の目論見通り九龍グループが壊滅しようがいずれ琥珀は切り捨てられ、九龍グループに取って代わり、張城がSWORD地区を支配する=即ちSWORD地区は再び闇の勢力の支配下に堕ちることを意味していた。

コブラとヤマトは、これ以上仲間達を巻き込むまいと2人で過去の因縁に決着をつけようとしたが、ダン・テッツ・チハルに諭され山王連合会として湾岸地区に攻め込みを開始する。

"お願いだから琥珀さんを止めて。兄貴は復讐することなんか望んでない" "俺たちは女を守らなきゃならねえんだよ" "やられたらケジメはつける" "ララは必ず取り戻す" "他人のシマだと思って好き勝手やりやがって"。

かつての仲間を止めるため、女を取り戻すため、仲間の仇を討つため、家族を取り戻すため、そしてSWORD地区を守るため、今まで対立し合っていた、山王連合会・White Rascals・鬼邪高校・RUDE BOYS・達磨一家らが、SWORD連合軍として団結した。

そしてSWORDの湾岸地区進行を察知した琥珀はICEらにSWORD襲撃の手始めにSWORD連合軍への迎撃を指示する。湾岸地区のコンテナ街で対峙し合った両者、MIGHTY WARRIORSのICEとパール、そしてコブラ達の雄叫びにより戦いの火蓋が切られ、かつて廃墟同然であってコンテナ街はSWORD地区VS湾岸地区の戦場と化した。SWORD連合軍100人VS湾岸連合軍500人の戦いは圧倒的勢力差で苦戦するが、ララを助けるために突如雨宮兄弟が戦場に乱入したことで形勢がさらに逆転。山王連合会もパールバーニーを相手に、広斗もICEとのタイマン勝負に挑む。

その頃琥珀の真の目的が復讐ではなく、九龍グループと刺し違えることを知った九十九が琥珀を止めようと説得を試みるが、既に琥珀は精神崩壊を起こし復讐の鬼と化しており九十九に牙を剥く。コブラとヤマトも合流し遂にかつてのムゲンのメンバー同士の戦いが始まってしまった。それでも琥珀自身も完全に復讐に身を堕とした訳ではなかった。

"俺がムゲンを続けていた所為で龍也が死んだ。俺が龍也を殺したんだ"。

龍也が死んでからずっと自分自身を責め続けていたのだ。だが彼らは龍也から琥珀へのメッセージを預かっていた。それを生前龍也から預かっていた琥珀が自身と九十九の入院費の代わりとして売り払ったバイクとそのキーだった。琥珀が以前の琥珀に戻った時に渡してくれと伝えられていたのだ。ただ今その時ではない。そのうち分かる時が来る筈だからそれまで待っててくれと伝言を受け取っていたのだ。

"何にも縛られなくていい。俺たちはいつでも自由に走っていける。それを教えてくれたのがムゲンだ"。

"俺たちは琥珀さんが俺たちの元に帰ってくるのを待ってます!!" "琥珀さん言ったじゃないスか!!明日が来なきゃやり直すことも出来ないじゃないスか!!" "命大事にしろって言ったのあんたじゃねえか!!"

九十九とコブラ・ヤマトらの必死の呼び掛けと、皮肉にも親友の死によりその想いを知った琥珀は遂に復讐の呪縛と過去の苦しみから解かれ泣き崩れ、琥珀は復讐の鬼から痛みと優しさを知る本来の琥珀へと戻っていった。

"龍也ごめんな。俺やっと分かったよ。ムゲンがなくたって、俺にはこんなバカな仲間がいてくれる"。

琥珀が戦いを放棄したことでコンテナ街の戦いはSWORDが勝利した。SWORDの勝利を喜ぶと同時に、自分達の次の敵は九龍グループと張城であることを知り、お互いを認め合う形でSWORD各チームは各々の守るべき場所へと帰っていった。琥珀と九十九も無事に和解し、SWORD地区を後にした。

その頃、九龍グループ構成員として九つの龍の会合の場に姿を現した劉がSWORD地区を狙う外部の勢力がいることを九龍グループの会長たちに警告する。

HiGH&LOW THE RED RAIN(映画第2作/スピンオフ) (2016年)編集

強く生きろ。
この絆、永遠。謎に包まれた雨宮兄弟の過去が今明らかになる。

ムゲンの永遠のライバルで最強の兄弟、雨宮兄弟を主人公とした物語。

"雨宮兄弟を倒して名を上げようとする奴なんて五万といるんだよ。でも全員返り討ちに遭ってる" "あの2人だけじゃねえ、一番上の兄貴はもっと強いぞ。ただここ最近兄貴の話聞かなくなったよな?" "ハンパねえよ、雨宮兄弟は" "このままじゃ終わらせねえ、奴らとは決着が着くまで続ける" "雨宮兄弟...あいつら一体何者なんだよ...?"

国双こくそう地区に住まう雨宮兄弟お茶目な次男雅貴まさきクールな三男広斗ひろとは、全くの正反対な性格ながらも互いに深い信頼と絆で結ばれていた。彼らは隣町の旧SWORD地区一帯を牛耳っていたムゲンとひょんな事から対立することになった1年前に突如自分達の前から姿を消し消息を絶った長男雨宮尊龍たけるを探していた。そもそもSWORD地区で雅貴と広斗がお互いバラバラで目撃されていたのは、尊龍の情報を掴んで別々に分かれて尊龍を探していたからだ。SWORDが湾岸連合軍に襲撃されたと同じ頃に2人はSWORD地区にやって来た。尊龍が無名街で目撃された情報を掴み急行したのだが、結局尊龍は既に無名街から出た後で再会は果たすことは出来ず、それどころか無名街が爆破され、先の戦いで負傷し満足に動くことのできないスモーキーの懇願によりララを助けるためにコンテナ街の戦いに巻き込まれる結果となった。スモーキーから尊龍の新たな情報を得た2人は、SWORD地区を後にした。それでも必死の思いで得た情報も古く、尊龍の行方は現状分からずじまいだった。

コンテナ街の戦いから数ヶ月経った4月1日。雨宮兄弟にとってこの日は1年に一度の恒例行事。幼少期に亡くなった両親の命日だった。毎年、尊龍・雅貴・広斗の3人で墓参りするのだが今年は尊龍がいないことを両親に謝った。そこで白ずくめの集団に追われていた少女成瀬愛華なるせあいかを助ける。そこで雅貴と広斗は愛華を追っていた白ずくめの男達が九龍グループの一角であり、世間からは異端の新勢力と畏怖されている上園かみぞのであることを知る。

九龍グループ内部では本家の跡目争いが勃発しており、SWORD統括に失敗した家村会に取って代わり家村会と同じく新参者のライバル勢力・上園会が頭角を現しつつあったのだ。

愛華は父親が九龍グループが隠す機密データの入ったUSBメモリを託され放浪していたところを、上園会構成員として潜り込んでいた尊龍に救われたのだと語った。彼女は尊龍と共に過ごした日々と、USBを持って消えた尊龍を探していたところで雅貴と広斗に偶然出くわしたいうことらしい。

その最中、尊龍にUSBのデータ解読を依頼されたというハッカーの女・古野ふるのから、身の危険を感じたため手を引きたいと電話がかかる。しかし彼女も愛華 の必死の説得により"1人では出来ないからもう1人優秀な人間と仕事をする"と称しUSBを解読するためにSWORD地区へ向かう。そこで山王街にいるハッカーとしての顔見知りで、知り合った当時家村会構成員だった山王連合会の現メンバー・ノボルにUSBの解析を依頼する。その一方でヤマトはかつての宿敵であった雅貴と広斗を敵対視し、他の山王連合会のメンバーも警戒するが、コブラはコンテナ街の戦いでの借りを返すために協力を引き受ける。そして、古野とノボルの尽力によりUSBの解析が完了したことで九龍グループがカジノ建設やSWORD地区都市再開発絡みの闇データを隠していることが判明。それは国家規模の禁忌とも言える、そしてこの国の命取りとも言える内容だった。それだけでなく、盗聴などの手段を使って尊龍がどこにいるのかも判明し、再び尊龍を探しに行く。

雅貴・広斗・愛華は3人で行動を共にするうちにお互いの過去やこれまでに経緯を知る。そこで愛華は雨宮兄弟の"本当の兄弟"として絆を深めたという言葉で3人の絆が誰よりも強いことを知る。実は雨宮兄弟の3人は義兄弟であり、本来尊龍・雅貴兄弟で、2人の母親が病死し父親が再婚した際の新しい母親と共にやって来た子供が広斗だった。末っ子として育ったが突然弟が出来た雅貴や一人っ子として育ったが突然兄達が出来た広斗は葛藤しながらも尊龍の手により絆を深めていった。しかし自分達を残して両親は自宅の工場で自ら命を絶ってしまう。広斗は"こんなとこに来なければ良かった。犯人を殺して俺も死んでやる"と自暴自棄になり、尊龍も広斗を殴り飛ばして"俺はもうこれ以上家族を失いたくないんだ"と今まで見せたことがないくらいに涙を流し、雅貴も2人の姿を見て両親を失った悲しみが爆発してしまう。皮肉にも両親の死により3人で最強で最高の兄弟になったという。

その最中、上園会会長上園龍臣かみぞのたつおみが両親を死に追いやった仇敵であることを知り、尊龍が上園に復讐することを目論んでいると悟った2人は尊龍の元へと走った。"拳は大事なものを守るために使え"。尊龍の教えを胸に、雅貴と広斗は上園会に戦いを挑む。

"親父とお袋は、上園の手で殺された。俺たち以外にも上園だけじゃなく九龍グループに苦しめられている人たちが大勢いる。上園1人殺したところで何も変わらない。"

戦いの最中でようやく2人は尊龍と再会し"両親の死"は上園会に借金が返せなくなったことで実家の工場の閉鎖と共に自殺に追い込まれたことと"2人の元から去った理由"が上園会に苦しめられているのが自分達や愛華だけではないことを知り上園への復讐ではなく九龍グループ壊滅の為単独行動していたという全ての真相を知るが、尊龍は上園会との銃撃戦で弟達を守る盾となり命を落としてしまう。駆けつけて涙を流す愛華に尊龍と同じ言葉を掛ける広斗の横で雅貴は雨空へ向かって悲憤の叫びを上げた。上園会ではUSBのファイルが一つも無いと聞いてデータが破損したと思い込み情報漏洩の危険性が無くなったと安心した上園であったが、これで終わる雨宮兄弟ではなかった。怒りが限界を超えた雅貴と広斗はその超人的な強さを存分に振るい上園会本拠地を襲撃し構成員を全滅させ、上園を追い詰めていく。両親を失った日から今まで抱えていた怒りをぶつけるように拳を叩き込み続け、咆哮と共に最後の一撃を振り下ろそうとする雅貴だったが、誰も復讐など望んでいないと悟り、広斗からも諌められ、とどめを刺すことはなかった。

その後、カジノ法案の裏側の真相は表沙汰になることなく、結果的にカジノ法案が正式に可決され.SWORD地区がカジノ法案の建設地として正式に決定する。

九龍グループでは総裁の命を受けた劉が、USBも奪回出来ず構成員も組織も壊滅、挙げ句の果てに重傷を負わされ自分1人のうのうと生き残り逃げ帰ったため用無しと見なされた上園を暗殺し、新たな九つの龍の一角となって動くことを宣言する。それでも暴力団対策法の影響により一大勢力を築いていた九龍グループも経済的に活動困難に陥り、さらにはUSBの行方も分からず、組織壊滅のピンチの状態は続いていた。

事件終結後、愛華は弁護士を目指して旅立ち、雅貴と広斗は両親と尊龍の墓参りを済ませ、再びバイクを走らせながら久しぶりに訪れた平穏な時間を過ごす。そして愛華の父親から愛華、尊龍、古野、雅貴と広斗、ノボルの手に渡ったUSBは、雅貴が一番信頼できる男の手に握られていた。

HiGH&LOW THE MOVIE2/END OF SKY(映画第3作) (2017年)編集

さらば、SWORD。
この空の下願う希望。その想いが、俺たちをひとつにした。

数ヶ月後。

コンテナ街の戦いに勝利してから、SWORD地区は束の間の平和を取り戻していた。だが、カジノ建設計画の影響で街の外から来た余所者達に各々が手を焼いていた。

そこでコブラはSWORDの各チームのリーダー達を緊急招集し、極道組織九龍グループ・海外マフィア張城を含めた外部勢力からSWORD地区を守るべくSWORD同士で協力し合うために、SWORD協定を結ぶことを提案する。それだけではなく、コブラはSWORD協定を結ぶ1つの理由として九龍グループがもうすぐ崩壊することを口にして各チームで動揺が走る。しかし、スモーキーを病気で欠いたRUDE BOYSは"SWORD協定よりも俺たちは明日を生きる方が重要だ"と判断を保留。達磨一家の日向は"九龍グループ崩壊は話を聞いただけでは信用できない。そもそも山王連合会とつるむ気はない"と拒否。White RascalsのROCKYも"余所者の話はうちは関係ない。女を守れればそれでいい"と協定を拒否し、SWORD協定は実現せす、交渉は決裂した。

山王連合会内部でも九龍グループと戦う姿勢を見せるコブラ・ヤマト達徹底抗戦派とカジノ建設による経済効果によって寂れていく街が救われるかもしれないと考えていたダン・テッツ達開発賛成派に意見が割れていた。徹底抗戦派は"九龍グループを受け入れたら俺たち諸共飲み込まれる"と主張するだけでなくこれまでの悪事から九龍グループを完全に否定する構えだが、開発賛成派は"経済効果があることだけではなく九龍グループに仲間や街を潰されるのは見たくない、いや九龍グループにはもう関わりたくない"と経済効果の町の復興の期待だけではなく、九龍グループそのものを恐れていた。 それでも、意見は1つになることはなかった。

コブラはSWORD協定のことだけでなくSWORDとしてチームのことを気にかけてクラブheavenに何度も出向くがそこでWhite RascalsのメンバーがROCKYに追放される場面に遭遇してしまう。そこでKIZZYは当初SWORD協定に肯定寄りの考えだったがROCKYは何があってもSWORD協定として協力し合う気は無い真実を語り出した。 ROCKYがSWORD協定を断ったのは、White Rascalsと敵対する黒ずくめのスカウト集団・DOUBTの創始者林蘭丸はやしらんまるが羅千刑務所から釈放されるとの情報を掴んでいたからだった。数年前巨大抗争を巻き起こしてチーム同士だけでなく抗争を止めに入った警察・巻き込まれた一般人のことや蘭丸自体の誰もが躊躇する境界線を簡単に踏み越える正常とは言えない狂気じみた人格を考慮し過去による闘いが再燃して仮にSWORD協定を結ぶことになった際に他のチームやSWORD地区全体に被害が及ぶことを何よりも恐れていたのだ。その懸念は的中し、蘭丸の出所直後にDOUBTはWhite Rascalsを襲撃する。それだけではなく蘭丸はSWORD地区近郊の治安悪化地区である外人街リトルアジア地区ジェシーを筆頭とする羅千刑務所の元囚人達で構成された極悪集団プリズンギャングを金で呼び寄せ、暴力と恐怖・力と金によるSWORD地区支配を目論んでいた。それだけでなく表向きはバックに付いている九龍グループの壊滅も目論んでおり、SWORDと九龍グループの武力壊滅を目論んでいたかつて刑務所内で知り合った達磨一家の日向に手を組むよう要請した。九龍グループに復讐の念を持っていた日向も満更ではない態度を見せていた。

SWORD地区を付け狙う九龍グループでは、上園会がデータ破損により情報漏洩の危険性はないと報告を受けていた組織崩壊の鍵となる機密データの入ったUSBが完全に死んでいなかったことを知り、その行方を掴んでおりそのことの対策会議を兼ねた定例会合が開かれていた。 情報公開されることを焦る会長達だが、何故か所持者が判明しているのにも関わらず動こうとしないという不気味な牽制状態だった。それだけではなく、九龍グループも現状一枚岩という訳ではなく内部では跡目争いを巡る覇権争いが続いている状況だった。

雨宮兄弟の雅貴と広斗は死んだ尊龍が命と引き換えに奪い取った九龍グループ崩壊の鍵となる機密データの入ったUSBをかつてのライバル・琥珀に託していた。上園会に尊龍が殺された後・上園会を襲撃する前に一度琥珀と九十九がいたムゲンのアジトに来て、かつて九龍グループに復讐を目論んでいた琥珀に敢えて託したのだ。

"どうして俺なんだ?" "ムゲンとやり合った時からの付き合いだろ?"。

ライバルだった自分を信じた雅貴のためにも、自分を復讐の念から救ってくれた九十九、そしてコブラとヤマトのためにも琥珀はもう二度と間違えを犯したくないと決意を固め、九十九と共に告発の準備を始める。そして告発自体は"お前らの兄貴が命懸けでお前らに託したものだ。お前らが公表するんだ"と雅貴に託して自分はサポートに回ることにする。しかし九龍グループ側も告発を阻止・USBを強奪もしくは破壊すべく遂に行動を開始し、九龍グループの一角黒崎くろさき会長黒崎君龍くろさききみたつは部下であり屈指の暗殺者でもある黒崎会若頭九鬼源治くきげんじを、九龍グループ本家も源龍海みなもとりゅうかい率いる暗殺者集団を送り込む。源治の猛攻を振り切り、USBのデータは各報道機関へと送信され、九龍グループ総裁九世龍心くぜりゅうしんが逮捕されるまでに追い詰めた。琥珀は龍也のケジメをつけることができたことをナオミに報告し、全てカタがついたと喜ぶ琥珀・九十九・雨宮兄弟。

だが事は良い結果だけでは終わらなかった。皮肉にもこれが山王連合会の仲間割れの決定打となり、周囲のどっちつかずな意見も加わってダンを筆頭とする再開発賛成派とコブラ達九龍グループとの徹底抗戦派の意見がぶつかり合う形でチームが分裂してしまう。

"今は苦しくても九龍グループを受け入れたら弱みを付け込まれて飲み込まれる。今はきつくても未来を見据えて動くべきだ。俺を信じろ"。

ダン達の心中を察しつつも、九龍グループの有害性を考慮していることと龍也の死の恨みから目先の利益に捉われないよう心を鬼にして必死に諭すコブラだったが、SWORD協定も実現していない・衰退の一途を辿る街の現状という根本的な問題に向き合わずに何一つ打開策も立てられていないだけでなく、何を聞かれてもその場しのぎの返答しか出来ず抗争のことしか考えていないコブラの態度に不安と我慢が限界に達している上に、今を生きることに気持ちをすり減らしている彼らに理屈が通じるはずもなかった。

"今がなければ未来もないだろう。もう限界だ。コブラ、お前には着いてけない"。

ダンを筆頭に多くの仲間がチームから離れていってしまう。

White RascalsとDOUBTの因縁の地・羅千らせん地区黒白堂こくはくどう駅跡地では、White RascalsとDOUBT・プリズンギャング連合軍がこれ以上の膠着状態が続くことを良しとせず、決着を付けるべく結集・対峙していた。

"女は金を生むための道具に過ぎない" "女は守る為のものだ。お前は女を分かってない"。

White Rascalsは圧倒的な戦力差を前に窮地に立たされるが、彼らのピンチに現れたのは仲間のために、街のために覚悟を決めたSWORDの仲間達だった。山王連合会は分裂し少数だがROCKY達のピンチに駆けつけ、鬼邪高校もSWORDのために、RUDE BOYSもWhite Rascalsの元メンバーたちからの救援要請で駆けつけ、さらに日向も仲間を仲間とせず平気で見捨てるような蘭丸を信用するに値しないとし達磨一家と共に全員がSWORDとしてDOUBTに宣戦布告する。SWORD協定は実現はしないかと思われたが山王連合会を始め、White Rascalsや鬼邪高校・RUDE BOYS・達磨一家らの心の中に何らかの変化をもたらしていたのだろう。これで形勢はSWORDに傾くように見えたが、ジェシーのピンチにコンテナ街の戦いの後行方を絡ませていたジェシーの盟友・ICE率いるMIGHTY WARRIORSが援軍として突如襲来し、無情なまでの圧倒的実力差・戦力差でSWORDを追い詰める。

黒白堂駅の戦いは、ROCKYが蘭丸を破ったことで一時収束するがその最中、プリズンギャング・MIGHTY WARRIORSが戦いを放棄して逃げ出した。状況が全く飲み込めないSWORDとDOUBTの前に、突如九龍グループ最大勢力を誇る善信ぜんしんを率いて、会長善信吉龍ぜんしんよしたつが抗争の場に乱入してきた。

"九龍グループは全勢力を以ってSWORDを潰す。この場から逃げ出すのか、九龍グループに屈するのか、どちらか選べ"。

善信はSWORDとDOUBTを相手に高圧的に攻め立てる。だがDOUBTは誰1人として九龍グループと戦う意思も覚悟もなく、SWORDよりも遥かに数が多いDOUBTは1人残らず抗争の場から逃亡を始めた中、コブラが善信を蹴り飛ばす。

"これがSWORDおれたちの答えだ"。

SWORDは、九龍グループに徹底抗戦・宣戦布告の構えを見せつけたのだった。


HiGH&LOW THE MIGHTY WARRIORS/story of MIGHTY WARRIORS(スピンオフ) (2017年)編集

SWORDの宿敵でありながらも、絶大な人気を誇る音楽とファッションによる理想郷設立を夢見る傭兵チームMIGHTY WARRIORSを主役とした物語。リーダーのICE、メンバーのセイラ・パール・9・バーニー・劉・ディディー・ディクシー、そしてジェシーとフォー達の生い立ちや出会いの物語が明らかとなる。

ICEアイス
"音楽とファッションがドン底から俺たちを救ってくれた"。
チームトップクラスの戦闘力を誇り、常に冷静沈着に物事を判断し、見るものを魅了するカリスマであるMIGHTY WARRIORSのリーダーICEは荒廃したリトルアジア地区で生まれ育った。湾岸地区、周辺にある海軍のベースキャンプ、さらには地元住民らによる犯罪や武器の横流しなどの横行が多発する犯罪多発地帯で夢も希望もなくただ喧嘩に明け暮れて気怠げに日々を過ごしていた。そんなある時、道端に捨てられていたアナログのドーナツ盤レコードを拾った。試しに聞いてみるとスピーカーから流れてくる音楽はこれまでの荒んだ心を浄化し、どんどん気分が高まっていく。ICEはそれを神様からのプレゼントだと感じた。それからまだ自分の知らない音楽のことを知りたくなり、様々な世界の音楽に興味を持ち始めたのを切っ掛けに自身のストリートで勝ち取った強さを生かして多国籍軍として傭兵になる道を選ぶ。そこで出会った仲間達の影響で音楽だけでなく、ファッションにも力を注ぎ始める。そして音楽とファッションに共通の趣味を持つ仲間達とそれらを主軸とした自分達の住まう世界"理想郷"を目指し、戦うことを選んだ。傭兵として戦い、音楽を愛し、そして仲間と共に生きる。今日に至るまで沢山の仲間とも巡り会えた。
"生まれ変わるか、それとも死ぬかChange or Die"。これが自分の生き方だ。もう昔のような荒れた自分に戻りたくない。
SARAHセイラ
"音楽だけじゃ人は救えない。音楽で人が救えるならあたしみたいな女はとっくに救われてる"。
セイラは幼少期貧しい家庭、特に父親が酒やギャンブルに狂い母親に暴力を振るうという荒れた家庭環境で育ち、心に深い闇を抱え込んでしまった。大人になってもその影は消えず、男達に人身売買されようとしていた。しかし、突然男達が何者かに襲撃され、その襲撃者達はセイラを自分達の元へ連れて行くことを選んだ。セイラは男達に誰なのかを尋ねると、リーダー格らしき男はこう言った。
"We are MIGHTY WARRIORS俺たちは、MIGHTY WARRIORSだ"。
PEARLパール & 9ナイン
リトルアジア地区で幼い頃から共に行動していたパール9は大の音楽好きだった。音楽の新しい機材を手に入れるために手っ取り早く金を稼げる方法として、ストリート育ちで会得したストリートファイトを武器に多国籍軍の傭兵になる道を選ぶ。そんな時、2人は同じ部隊に同じリトルアジア出身で大の音楽好きとして当時名を馳せていたICEと接触。交流を深めた3人は意気投合。同じ戦地で修羅場を駆け巡り、同じ趣味で毎晩毎晩音楽のことを語り合った。
ある日、ICEは傭兵としての兵役終了後、リトルアジア地区に戻ったらやりたいことがあるからまた集まらないかと2人に話した。当然2人もYesと答えた。
BERNIEバーニー
時は今のようにデジタルな方法で手軽に簡単に音楽が手に入らない時代だ。リトルアジア地区の貸しレコード店でバーニーは働きながら、コンピュータ関連の腕を上げて自身の夢であるハッカーになるために金を稼いでいた。最近では最新鋭のコンピュータを買ってトラック作りも行なっている。地元の仲間であるパールや9とも談笑をしていたが近頃2人の姿を見なくなったかと思ったらなんと金欲しさに傭兵になるために数年間地元を離れた2人は今度はふらりと戻り、バーニーを誘い、ある仲間へ紹介する。
PHOフォー
リトルアジア地区の片隅の街で、フォーは幼い子供達を守るために毎日毎日働いていた。
ある日のこと、家へと帰ってきたフォーは人身売買業者に子供達が拐われる現場に遭遇。男達を惨殺し、羅千刑務所へと収監されてしまった。その羅千刑務所ではプリズンギャングと呼ばれるいくつもの派閥が存在し、いずれかの派閥に加わり自分の身を守るというルールがあった。そして、フォーは同じリトルアジア出身であり、当時羅千刑務所内で最強の戦闘力を誇り最強派閥であったジェシー達の派閥に加わることを選んだ。ジェシー達も同じ地元出身者の彼を拒否する理由もなく、そのままフォーは仲間として出迎えられた。出所後ジェシーに誘われて"FUNK JUNGLEファンク ジャングル"というクラブに出向く。そこでジェシーはMIGHTY WARRIORSの新しいメンバーとしてフォーを迎え入れたいという話をするためにフォーを紹介したのだ。ICEは"OK"と答え、フォーはこれを機にMIGHTY WARRIORSのメンバーとなった。
JESSEジェシー
音楽とファッションをリスペクトするMIGHTY WARRIORSにて、音楽がICEならファッション担当はジェシーだ。ジェシーはICEの盟友でファッションをチームメイト達に教えた間柄だった。理想郷創設の一環でオープンさせたクラブFUNK JUNGLEやMIGHTY WARRIORSの基本理念ともなっているこのFUNK JUNGLEという言葉は、ジェシーがチームメイト達に授けたものだった。ジェシーはリトルアジアで犯罪を犯し羅千刑務所へ収監されてしまっただけでなく、罪までも重くなり凶悪な囚人達が集まったサン・キングス刑務所に収監されてしまった。そしてジェシーはある仕事を引き受けることを条件に刑務所を出所。プリズンメイト達を集めて、仕事を開始する。
MIGHTY WARRIORSマイティ ウォーリアーズ
リーダー・ICE、クールな紅一点・セイラ、参謀役・劉、陽気なムードメーカー・パール、ハッカー・バーニー、ラッパー・9。音楽とファッションをリスペクトし、自分達の理想郷創設に向けて、傭兵業・ギャンブル・運び屋などそれぞれが大金を稼ぐために動き出す。そんな彼らを人々はMIGHTY WARRIORSと呼んだ。
そんなある日、湾岸地区にあるアジトをレンタルしてくれたリーというスポンサーから"湾岸地区の隣町で鎮座するSWORDという勢力を潰してそのSWORD地区を制圧する仕事に協力して欲しい。まずは前金で多額の援助金を出す。仕事が成功した暁には臨がままの報酬を与える"。今まで地道にやってきた仕事とは桁外れのレベルの大仕事。しかも仕事を引き受けただけで礼金として多額の前金も貰える。それだけで巨大クラブを作ることが出来る。勿論こんなに美味しい仕事に乗らない面々ではなかった。
まずは仕事の面々の顔合わせだ。李から紹介されたのはかつてSWORD地区で最強のチームを率いていた男・琥珀。それからDOUBT。自分達とDOUBTは琥珀の指揮下で動くことになり、手始めにSWORD地区にあるクラブheavenと鬼邪高校を二手に分かれて襲撃。それでもMIGHTY WARRIORSは傭兵業も含め音楽活動も一切の手を抜かない。するとどうだろう?SWORDは自分達に宣戦布告してきたのだ。相手は100人でこちら側は500人。勢力差は圧倒的に有利だ。ICEは界隈で有名な兄弟として名を馳せていた雨宮広斗と。パールとバーニーも山王連合会というチームを相手に対峙する。
ところが事態は急変してしまう。何と自分達を率いていた琥珀が戦いを放棄したのだという。戦いは逆転負けという最悪の結果だった。SWORDに勝利できなかったということは多額の報酬も貰えない。クラブも放棄しなくてはならなくなった。しかもICEは広斗とのタイマン勝負に決着が付かなかった。MIGHTY WARRIORSとして最悪の大敗北だった。理想郷を目指す計画は完全に降り出しに戻ってしまう。チームとしてはコンテナ街での噂が広まってしまい傭兵業も一時的に止めざるを得ないと状況となってしまった。音楽業だけは何とか湾岸地区の空き地を陣取り仮設クラブを作ることで現状音楽活動だけで成り立っていた。そして新たにICEの弟ディディーと恋人ディクシーも加わりチームは新たに活動を始める。そして、FUNK JUNGLEでのライブパフォーマンス中に現れた男を目の前に、ICEが駆け寄った。
"Wellcome Back Broおかえり"。
ICEの盟友・ジェシーが再びMIGHTY WARRIORSのメンバーとして迎えられた瞬間だった。

HiGH&LOW THE MOVIE3/FINAL MISSION(映画第4作) (2017年)編集

この世界は絶望か。
この世界を絶対に守り抜く。

九龍グループに徹底抗戦の構えを見せた SWORDだったが、九龍グループの力は予想を超えて遥かに強大なものだった。九龍グループ総裁・九世龍心は逮捕されたのだが、証拠不十分によりすぐに釈放されてしまう。善信会会長・善信はギャングガキ極道おとなの戦いの違いは、何をしても隠蔽出来る。何も起きなかったことに出来ると脅し、機密情報や告発自体をうやむやにし闇へと葬り去ったのだ。追い打ちを掛ける形で、釈放された龍心はSWORDの頭は発見次第潰せSWORD地区を制圧せよ、その方法は強硬手段も辞さないと命じる。善信の宣言と共に九龍グループ全勢力の手によるSWORD地区壊滅行動が始まった。遂に九龍グループが本気でSWORDに牙を剥いたのだ。

無名街に重機が入り無名街の住人達を次々と連れ去り、容赦なく街を破壊して行く。九龍グループが日本政府による無名街からの強制退去をお題目に街を破壊・住人達を拉致しているのだ。家族に危険が及ぶと判断したスモーキーは、プライドを捨て遂に無名街から出る決意を固め、RUDE BOYSと無名街の家族を守るために殿として残る覚悟を決めた。

"RUDE BOYSのリーダー・スモーキーは見つけ次第、殺せ"。

九龍グループの構成員を引き連れた家村会の幹部二階堂にかいどうがスモーキーと対峙する。二階堂の正体は無名街の元住人でかつてシオンの兄貴分でもあった男だった。九龍グループ絡みの悪事に家族を巻き込んだことで怒るスモーキーと上からの命令だから自分の最大の汚点である無名街を破壊するのだと開き直る。

"何故無名街にそこまでこだわる?" "故郷を壊そうとするお前には分からないだろう"。

スモーキーはこれまでの自分と無名街で仲間や家族と出会い、彼らを守れることを何よりも誇りに思い最高の人生だったと語り、九龍グループの構成員達相手にたった1人対峙する。

山王連合会も僅かな数ではあったが機能しており、九龍グループ相手に得意のゲリラ戦を展開。その最中対立していたダン・テッツ・チハル達が傷だらけで姿を現し、九龍グループと全面抗争になったことで山王街が襲撃されたと怒りを向け、コブラ・ヤマト・ノボル達と完全に決別する判断を下した。

"俺たちはだから九龍グループと揉めるなってあれだけ言ったんだ。九龍グループと揉めた結果、お前の判断の所為で俺たち全員がやられたんだ"。

山王連合会をはじめとする若者達は破壊された山王街に見せしめとして吊るし上げられてしまったのだ。

"たとえ間違っていたとしても、自分を信じて着いてくる仲間がいることを忘れるな"。

ダンが山王連合会脱退の意思を伝えた後に嘆いた言葉によりコブラは焦りと怒りで自棄になり、SWORD地区郊外で九龍グループの一角克也かつなりの会長克也龍一郎かつなりりゅういちろうを単身で闇討ちを仕掛ける。だが相手は九龍グループの中でも特に少数精鋭の武闘派にして修羅場をくぐり抜けている猛者の集まり。たった1人での襲撃が成功するはずもなく拉致監禁され、激しい拷問を受けることになってしまう。

White Rascalsも本拠地・クラブheavenを金の力で追い立てられ、鬼邪高校も達磨一家の本拠地も襲撃・破壊されてしまう。

"こんなはずじゃない" "俺たち、間違ってねえよな...?" "立ち上がるにも限度がある..." "こんな終わり方聞いてねえよ..." "これが九龍グループか..."。

SWORDそれぞれの思いや今までの戦いも虚しく、SWORD地区は着実に破壊されていった。

襲撃を受けたのはSWORD各チームやSWORD地区だけでは留まらず、機密情報告発後に黒双地区で潜伏していた琥珀・九十九・雨宮兄弟までもが九龍グループに命を狙われる。広斗も狙撃の的になるが、予想だにしない人物に庇われる形で救われた。それは山王連合会や雨宮兄弟たちから忌み嫌われ、九龍グループの協力者の中にいた裏切り者モグラとしてマークされていた刑事西郷さいごうであった。これまでの到底自分達の味方とは思えない行動を繰り返してきた西郷が突然自分達を助け出す行為に4人は動揺するも命からがら逃げ出しだ。そこで4人は九龍グループの完全なる組織崩壊の鍵となる日本政府との癒着の真実を知った。

数十年前、日本政府主導により今は無名街となっている場所で行われた薬品製造の不正・それによる公害を隠蔽するために、日本政府と九龍グループは秘密裏に通じており、不正の証拠が地下で眠っている無名街そのものを完全に消し去り、その跡地にカジノ建設をすることで国家規模の不正そのものを闇に葬ることを目論んでいたのだ。さらに日本政府・九龍グループ主導により、カジノ建設のために無名街を見せしめ・カジノ法案スタートの名目で無名街爆破セレモニーと称して、無名街を破壊することを決断する。

ところが九龍グループでは、龍心がこれまでの無理が祟り遂に容体が急変してしまう。九龍グループが時間がないと焦っていたのはこのことだったのだ。さらには同時期にカジノ計画に関わっていたある人物が今回の一件の一切から手を引くこととなったことにより、善信を筆頭に善信に同調する植野龍平うえのりゅうへい藤森龍生ふじもりたつおらも自身らの組織の安全と九龍グループの未来を考え作戦の離脱を宣言、更に総裁権限代行にして龍心の妻梨花子りかこに身を案じられた劉も梨花子の進言により席を立った。いよいよ九龍グループ内での分裂が始まってしまった。残された会長達の中で、黒崎はコブラとの邂逅・龍心の残したメッセージに関して深く考えるようになっていた。

"俺たち極道には生きづらい時代になった。このままだといずれ九龍グループは滅びるだろう。いつからだろう?俺たちが九龍グループが弱い者を守る存在から弱い者から奪う脅威になってしまったのは...。何もかもが変わっちまった"。

黒崎は今回の一件を最後まで見届けると梨花子に告げ、克也・源・家村も黒崎と同意見であると告げた。

琥珀と九十九はSWORD地区VS九龍グループの全面戦争が起こった最中にコブラが消息不明になってることを知り、コブラが拷問されていた九龍グループの隠しアジトに乗り込みコブラを救出するが、スモーキーの命が狙われていることを知りすぐに無名街へと走る。だが一足遅く、スモーキーはRUDE BOYSや無名街の家族達に囲まれて既に息を引き取っていた。コブラは次々と九龍グループの手により破壊されていくSWORD地区と九龍グループと対峙する自分達の現状、そして自分のこれまでの判断が甘かったことを悟り、今までの拳でのやり合いというやり方では九龍グループには勝てないと無力感に打ちのめされ絶望してしまう。そんなコブラのもとへ駆けつけたのはヤマト・ノボル・他のSWORDのリーダー達、そして袂を分かっていたダン達だった。

琥珀・九十九・雨宮兄弟そしてSWORDの各チームは一挙にして集い、九龍グループと政府上層部の野望に完全に終止符を打つべく、隠蔽を暴くための不正・公害の証拠となる極秘資料不正・公害の真実を知る者公害に被害に遭った公害犠牲者を探し出す最期の戦いファイナル ミッションに挑む。死んだスモーキーは公害犠牲者だったことで九龍グループからの殺害対象となっていたのだ。だがもう1人の公害犠牲者で無名街の少女エリが九龍グループに命を狙われていることを知り、コブラはエリを探しに行き、琥珀と雨宮兄弟達は公害の真実を知る当時の製造工場責任者馬場元ばばはじめを探し出す。そして九龍グループの猛攻を阻止すべく、White Rascals・鬼邪高校が九龍グループの迎撃を開始する。再び刺客として現れた源治も雨宮兄弟の連携の前に敗れ、エリもコブラの手で無事救出された。だが爆破セレモニー会場の近辺でもさらに九龍グループの構成員達が配備されており、琥珀・雨宮兄弟・コブラ達だけでは突破出来なかったが達磨一家が捨て身の特攻を開始し道が開かれた。

無名街の爆破セレモニーの会場に琥珀・雨宮兄弟、そしてエリと馬場が現れたことに加えて証拠資料の公開で爆破セレモニーは一気に日本政府の癒着と国民に隠された真実を暴かれる暴露の場へと変わっていく。SWORDの勝利・九龍グループ敗北の瞬間であった。コブラは黒崎たち九龍グループの前に立ち塞がった。

"大人の喧嘩は勝ち負けじゃねえ、生きるか死ぬかなんだろ?俺たちは生きてる。お前らの負けだ"

これを見て黒崎は"再生には破壊が付き物だ"と述べて潔く九龍グループの敗北を認め、自分に属する会長達と共に去っていった。大臣を含む政治家達は公害を隠そうとしたことで非難の的となってしまう。"カジノ計画は公害の隠蔽工作じゃない!!この国の未来のために..."。どこまでも往生際の悪い態度に琥珀や雨宮兄弟たちには最早怒りを通り越して呆れ・侮蔑・哀れみの目線しかなかった。黒崎・克也・源・家村らが一斉検挙。善信・植野・藤森・劉らが離脱。完全に崩壊した九龍グループを恐れる者はもうこの国にはいなかった。警察が九龍グループ一斉検挙・家宅捜査のため本家を尋ねると哀しげな表情の劉が応対した。"話ならいくらでもする。ただ今は家族だけにして下さい"と言い警察を追い払う。本家の一室には冷たくなって横たわる龍心、枕下で夫を見守る梨花子、そして息子の劉。3人は家族だったのだ。

全てを見届けて役目は終わったと言うように琥珀・九十九・雨宮兄弟は表舞台から姿を消し、SWORDのメンバーたちも次なるステージに向けて進むために動き出した。

一方その頃、黒白堂から消息を絶っていたMIGHTY WARRIORSのメンバー達はジェシーから黒白堂の戦いの報酬を受け取ったがICEとセイラはジェシーから不穏な雰囲気を察した。そしてジェシーは"バルジ"という謎のスポンサーからサンキングス刑務所出所条件として"SWORDを潰すこと"と"九龍グループと協力して裏切り者"モグラ"を探し出せ"と言われていたことを明かした。ICEはバルジという存在に興味を持ち始める。

"Where is Bulge?" "He's next stage"。

MIGHTY WARRIORSはバルジに会うため新たなるステージに向けてFUNK JUNGLEを後にした。

日本政府と九龍グループによるSWORD地区再開発とカジノ建設計画に中枢として関わり、ジェシーをも操っていた巨大で謎に包まれた存在"バルジ"。次なる計画が始まっていることを仄めかす謎のメッセージを残して、物語は幕を閉じる。


HiGH&LOW HISTORY OF KOHAKU (2018年)編集

HiGH&LOWのストーリーの軸となり、世間にインパクトを与えた主要人物・琥珀の視点からなるスペシャルムービー。

琥珀は親友・龍也と共にチームを作った。"2人で無限に走って行きたい"という2人の想いから自分達をムゲンと名乗った。それからライバルだった太田・古西、今では最高の相棒である九十九、龍也の後輩であるコブラ・ヤマトが加わりムゲンは最高の7人となった。この時が永遠に続く。そう思っていた。

だが自分達は変わらないといけなかった。龍也が洋食屋経営のためにムゲンを脱退し太田と古西も夢を追いかけるためチームから離れることとなった。特に龍也がムゲンを抜けたことを琥珀は現実として認めることも受け入れることもできなかった。説得しに来た九十九の話も聞かず、自棄になり九龍グループ傘下のチームとの抗争・ムゲンの勢力の拡大により琥珀の暴走は加速する。そして、伝説となった雨宮兄弟との最初で最後の抗争劇もその暴走からなった一件だった。

龍也達のことも口先では応援している素振りをして見せていたがやはり本心は受け入れなかった。自棄にも似たその苛立ちは遂に仲間達の前で本心語ることになった。 "龍也達は自分でムゲンを抜けたんだろ?"・"龍也達はムゲンを捨てた"。 それでも龍也は必死で琥珀を説得する。 "皆が同じ時間で動いてる訳じゃねえ。変わっていくこととムゲンを捨てることは違う。今の琥珀は変わることを極端に恐れているだけだ"。 だがその説得が琥珀と龍也の仲を切り裂く決定打となってしまった。挙げ句の果てに怒りからムゲンを辞めるなら死んだ方がマシだとまで口走ってしまった。だかここに来てようやく自分が間違っていたことに気づきムゲンの仲間達に自らの過ちを詫びようとした時だった。龍也と九十九に悲劇が襲った。九十九は助かったが龍也は即死だった。しかも龍也は琥珀がムゲンを解散させるべく九龍グループからの人柱として殺された。

自らの過ちを謝罪することもできず、更には親友が殺されたことに琥珀の暴走は加速してムゲンを解散して遂に龍也の仇を取るべく九龍グループに復讐する覚悟を決める。復讐の鬼と化しかつての仲間達や自らの街に牙を剥く琥珀。

しかしそこで琥珀は思い知ることになる。自分のことを止めに来る仲間達がいることと自分の元から居なくなって初めて知った龍也の琥珀への親友としての想いと願いを。 "何にも縛られなくていい。俺たちはいつでも走れる。それを教えてくれたのがムゲンだ。ムゲンがなくたって、俺たちにはこんなバカな仲間がいてくれる"。 全てを悟った琥珀は復讐の鬼から本来の琥珀としてのあり方を取り戻したのだった。

SWORD地区に九十九と共に戻った琥珀は、九龍グループを崩壊すべくかつての宿敵・雨宮兄弟と共闘する道を選ぶ。襲い来る九龍グループからの刺客。だが琥珀にはかつてのような迷いは存在しなかった。自分を信じてくれる仲間である九十九・コブラ・ヤマト、そして雨宮兄弟。

"俺は正しく生きたい。もう2度と間違いたくない"という想いを胸に抱いて…。


DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW (映画第5作/スピンオフ) (2018年)編集

アクションなし、笑い80、感動20。

山王連合会のムードメーカートリオ・DTC(ダン・テッツ・チハル)の3人の物語。

SWORDによる最期の戦いファイナル ミッションから数ヶ月後。

SWORDや湾岸地区との喧嘩やさらには日本政府の隠蔽工作まで暴いてしまい、刺激的な日々からそれぞれの仕事や生活に精を出す平和な日常がそれぞれに訪れていた。だがその平和な時間がダンテッツチハルの3人を満たしてくれる訳ではなく、寧ろ謎の違和感の様な心を満たす何か物足りないものモヤモヤ感を感じていた。ある時偶然聞いた会話が3人に深く刻まれたことも一因だった。

"若い頃は金がない。歳を取ったら金はあるけど時間がない。年寄りになったら金も時間もあるけど体が動かない"。

ある日同じ山王街の伊集院甲いじゅういんかぶとたて笛尾沢おざわからなるたて笛兄弟が尾沢の父親が計画したコンサートを敢行することになったが自信が持てず応援メンバーとしてDTCに助けを求めてきたが3人は取り合わなかった。しかしそんな2人が一生懸命で楽しそうであると気づいた3人は今だからできることは何かを考えに考え、高鳴る鼓動と青春(と女子)を求めて行く先も決めずにバイク旅に出ることにする。

山王街を後にした3人の旅は自分たちの知らない場所で写真を撮ったりラーメンやソフトクリームを食べたり野宿しながらカップヌードルを食べたり楽しいものになっていったが現実が甘いはずはなく、山王街出立から数日で軍資金が底をつきガソリン補給も手が回らない状態に陥ってしまう。そこで訪れた上下かみしも温泉街で日雇いかつ泊まり込みのバイトを探すべく周辺の旅館から虱潰しで当たっていくがなかなか見つからない。偶然訪れたスナックのオーナーの目が止まり、オーナーからの紹介で旅館森田屋の客室係として働くことになる。さらに珍客として"たて笛兄弟"がコンサートを敢行すべく森田屋の余興の一環でやって来ていた。結果的に応援メンバーとして歌と踊りとリコーダーで乗り切ったがそれだけではなく、慰安旅行で偶然森田屋に訪れたWhite Rascalsの若手メンバーSMGに加え出張のため上下温泉街に屋台営業でやってきた達磨一家の若手メンバー達磨ベイビーズに出会い、結局旅は珍道中となってしまう。

慣れない旅館業に苦戦する中、森田屋の若女将マリと一人娘のメグミと出会う。夫と死別し娘を育てながら切り盛りするマリに一目惚れし恋心を募らせる必死で気を引こうとするチハルだが、マリと旅館の番頭宮崎みやざきが互いに惹かれあっていることを知ってしまう。マリと宮崎がお互いが両想いの関係を築いているにも関わらず娘を気遣い再婚に踏み切れないでいたのだ。メグミも母と宮崎が両想いであることを知っていたが結婚したことで母が亡くなった父のことを忘れてしまうのではないかと考え、複雑な気持ちを隠せなくなっていた。それを知ったダンは自分とメグミが父親が突然いなくなり母親に育てられたという同じ境遇から親しく話をする関係になっていき、3人の関係をなんとか出来ないのか考えるようになっていた。

3人はマリ・宮崎そしてメグミを幸せにすべく、たて笛兄弟に加えSMGと達磨ベイビーズに協力を要請。SWORDとしてライバル関係であったが今回は別。SMGが今回の企画の演出とメインとなる宮崎達をプロデュースし、達磨ベイビーズが企画会場となる旅館街近郊のイベントホールで設置・飾り付けを開始、そしてDTCは今回の企画の全面プロデュースを開始する。女子供を幸せにする為、プロポーズという祭を盛り上げる為、そしてマリ・宮崎・メグミのプロポーズを成功させる為。DTCが考えた3人を幸せにする企画とは、宮崎がマリに想いを伝える場所を提供するサプライズ企画だったのだ。

そしていよいよ本番当日。宮崎とDTCが中心となりマリとメグミを招き準備も万端。しかしメグミは心に閉じ込めていた想いが爆発して会場からいなくなってしまう。DTCと宮崎達はメグミを探すべく帆走したがなんとかダンがメグミを見つけるに至った。メグミはダンに亡くなった父がよく乗せてくれた車のことを話し2人はドライブに出かけた。そんな中ダンは車の中であるカセットテープを見つけセットするとそこから今は亡きメグミの父の声が流れ始める。

"愛と書いてメグミ。名前を呼ばれる度に愛されているということを感じて欲しい"。 父の想いを知ったメグミは会場に戻ることを決意し、ドレスアップしたDTCと共に会場へ向かう。

そして遂にミュージカルショーが始まり、DTCと宮崎が自分達の気持ちと想いを歌にし、宮崎はマリとメグミの元へと歩み寄っていく。すると宮崎はメグミに寄り添いメグミにプロポーズした。 "僕の娘になってください"。 今回のショーは宮崎とマリのプロポーズではなく3人を幸せにすると同時にメグミを喜ばせることが本当の目的だったのだ。 "僕は君のパパには勝てない。でも君のパパに負けないように頑張る。僕たちもパパのことを忘れない。メグミちゃんもパパのことを忘れないで"。 そしてメグミは"私のパパになってください"と自分の想いを伝えて無事にサプライズは成功する。3人が幸せになるためのサプライズパーティー・ドキドキプロポーズ大作戦DPDは成功したのだった。

1週間後。無事に軍資金も貯まったDTCはマリと宮崎に挨拶して森田屋を後にする。旅立つ前メグミが現れダンに別れを告げる。

"またね。一八かずや"。 "下の名前で呼ぶなよ。惚れてまうやろ"。

ダンは少し照れていたが嬉しそうでもあった。そして3人はたて笛兄弟の2人と合流して、たて笛兄弟のコンサートに同行するための新たな旅が始まったのであった。

しかし、物語は終わらない。 DTCが旅の道順を決める時にある街を通ろうとしたが元・余所者のチハルがこの街だけは避けて迂回するべきだと警戒していた。ダンとテッツが理由を尋ねるとそこは戸亜留市という街で、そこでは鳳仙ほうせんと呼ばれる鬼邪高校の様な高校生の集団が名を馳せていたからだ。そしてその鳳仙なる集団がSWORD地区に再び喧嘩の嵐を呼び寄せることになる...。


HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O (2019年)編集

鬼邪高校に入学した花岡楓士雄と高城司の物語。HiGH&LOW THE WORSTの前日談となるストーリーである。

物語は数年前。

鳴り物入りで鬼邪高校全日制に入学した花岡楓士雄はなおか ふじお高城司たかじょう つかさ。ところが入学してから早々に楓士雄の転校が決まってしまう。楓士雄が去った鬼邪高校ではこれまでの均衡が崩れて数々の勢力が争う"鬼邪高校戦国時代"へと突入していた。

祖父の実家である田舎に越した楓士雄も何か物足りない生活を送っていた。その後の楓士雄に大きな影響を与える祖父・哲二との日々。"強さ"とは何か..."仲間"とは何か...。

HiGH&LOW THE WORST(映画第6弾/スピンオフ) (2019年)編集

鬼邪高校、戦国時代。

SWORDの一角・鬼邪高校をメインとした物語。

SWORDによる最期の戦いファイナル ミッションから時は流れた。

SWORDの"O"にあたる鬼邪高校では定時制と全日制に分かれ定時制の村山良樹が鬼邪高校初代番長として君臨しているのだが、定時制の頭・村山良樹と全日制の頭・轟洋介とどろきようすけらにより均衡が保たれていたのだが、全日制ではかつてないほどの血気盛んな男達が集ったことでこれまで鬼邪高校のパワーバランスが崩壊した状態となっていた。実力的にはトップの強さを誇る轟・芝マンらの"轟一派"と全日制1・2年を仕切っている中越・中岡らの"中・中一派"、狂った戦い方でのし上がる泰志・清史らの"泰・清一派"、楓士雄とかつて同じ団地に住んでいた高城司たかじょう つかさとその手下のジャム男らが仕切る"司一派"といった新世代の各派閥が覇権を争う一大戦国時代を迎えていた。

そんな鬼邪高校全日制に転入した花岡楓士雄はなおか ふじおはいつか村山にタイマンを挑むために全日制の天下を取る野望を持っていた。

SWORD地区の隣町の"戸亜留市とあるし"では、幹部以外全員スキンヘッドの最強の殺し屋軍団"鳳仙学園ほうせんがくえん"が勢力を強めていた。過去最強と謳われる鳳仙学園では、リーダー・上田佐智雄うえださちおを筆頭に、鳳仙四天王の小田島有剣・沢村正次・仁川英明・志田健三、幹部のサバカンら最強の布陣を揃えていた。

そんな中鳳仙学園の生徒が鬼邪高校を名乗る者たちに襲撃され、時同じく鬼邪高校の生徒も鳳仙学園を名乗る者たちに襲撃される事件が発生。仲間を襲撃されたことで両校は互いに敵対心を抱き殺気立っていく。

楓士雄を筆頭に個性派揃いだが圧倒的力を持つ鬼邪高校と佐智雄を筆頭に一枚岩に組織化された鳳仙学園がぶつかり合う頂上決戦の幕を上ける。


登場人物編集

以下は、HiGH&LOWシリーズの主要な登場人物。

ムゲン編集

琥珀
演 - AKIRAEXILE/EXILE THE SECOND)、横山歩(幼少期)
九十九
演 - 青柳翔劇団EXILE

雨宮兄弟編集

雨宮雅貴
演 - TAKAHIRO(EXILE/ACE OF SPADES)、小野寺晃良(少年期)
雨宮広斗
演 - 登坂広臣三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、吉澤太陽(少年期)

山王連合会編集

コブラ
演 - 岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
ヤマト
演 - 鈴木伸之(劇団EXILE)
ノボル
演 - 町田啓太(劇団EXILE)
ダン
演 - 山下健二郎(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
テッツ
演 - 佐藤寛太(劇団EXILE)
チハル
演 - 佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE

White Rascals編集

ROCKY
演 - 黒木啓司(EXILE/EXILE THE SECOND)

鬼邪高校編集

鬼邪高校 定時制編集

村山 良樹
演 - 山田裕貴

鬼邪高校 全日制編集

轟洋介
演 - 前田公輝
花岡 楓士雄
演 - 川村壱馬
高城 司
演 - 吉野北人

RUDE BOYS編集

スモーキー
演 - 窪田正孝荒木飛羽(幼少期)

達磨一家編集

日向紀久
演 - 林遣都

用語・世界観編集

本作における年表編集

テレビドラマ編集

HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜編集

2015年10月22日から2016年6月26日まで2期に渡って放送された日本テレビ系列のテレビドラマ

HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O編集

2016年4月期にHiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜シーズン2が放送されて以来、3年半ぶりの新作ドラマ。

映画編集

ROAD TO HiGH&LOW編集

ROAD TO HiGH&LOW
監督 久保茂昭
脚本 Team HI-AX
出演者 岩田剛典
鈴木伸之
町田啓太
配給  松竹
公開 2016年5月7日
上映時間 95分
製作国   日本
言語 日本語
興行収入 3億600万円[6]
テンプレートを表示

ROAD TO HiGH&LOW』は、2016年5月7日から2週間限定で公開したドラマシーズン1の総集編。配給は松竹。この映画はテレビドラマ第1シーズンの未公開シーンやコブラ、ヤマト、ノボルの三人の視線から描かれている。

HiGH&LOW THE MOVIE編集

HiGH&LOWシリーズ映画第1弾。

HiGH&LOW THE RED RAIN編集

HiGH&LOWシリーズ映画第2弾で、雨宮兄弟を主役としたスピンオフ作品。 主演はTAKAHIRO、登坂広臣。

HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY編集

HiGH&LOWシリーズ映画第3弾。2017年2部作構成の前編である。

HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION編集

HiGH&LOWシリーズ映画第4弾。2017年2部作構成の後編である。

DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW編集

HiGH&LOWシリーズ映画第5弾で、DTCを主役としたスピンオフ作品。主演は山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹。

HiGH&LOW THE WORST編集

HiGH&LOW THE WORST
監督 久保茂昭
脚本 高橋ヒロシ平沼紀久増本庄一郎渡辺啓
出演者 川村壱馬
吉野北人
福山康平
鈴木昂秀

佐藤流司
うえきやサトシ
神尾楓珠
中島健
前田公輝
山田裕貴
鈴木貴之
一ノ瀬ワタル
青木健
清原翔
陳内将
志尊淳
塩野瑛久
葵揚
小柳心
荒井敦史
坂口涼太郎
佐藤寛太
佐藤大樹
中務裕太
小森隼
主題歌 SWAG & PRIDE / THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
制作会社 イメージフィールド
製作会社 「HiGH&LOW」製作委員会
配給  松竹
公開  2019年10月4日
製作国   日本
言語 日本語
前作 DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW
テンプレートを表示

HiGH&LOW THE WORST』は、2019年10月4日公開の映画。主演は川村壱馬。HiGH&LOWシリーズ映画第6弾で、鬼邪高校を主役としたスピンオフ作品。

スタッフ


ネット配信編集

Hulu特別連続ドラマ
テレビドラマ放送後に動画配信サイトHuluではディレクターズカットを加えた特別版を全話独占配信[7]
特別長編予告
2016年3月5日から7月16日までの毎週土曜日午前6:00に20週連続でYouTubeにて特別映像を公開[8]

HiGH&LOW THE DTC編集

Huluで2017年8月11日から3週連続で9月10日までの期間限定にて配信されたショート・コメディである[9]

放送リスト編集

話数 配信開始日 サブタイトル
Episode1 2017年8月11日 俺たちDTC
Episode2 お湯
Episode3 DTCのテーマ曲
Episode4 2017年8月18日 ユーチューバーになろう
Episode5 ニックネーム
Episode6 チーズインハンバーグ
Episode7 クイズ
Episode8 2017年8月25日 ユーチューバーへの扉
Episode9 チハル先生のケーキ占い
Episode10 苺談義
Episode11 てぶえきょうだい

音楽作品編集

アルバム編集

シングル編集

配信シングル編集

  • Valentine feat. Rui & Afrojack「Break into the Dark」(2017年8月16日)
  • HONEST BOYZ「要!」(2017年11月7日)
  • HONEST BOYZ「BEPPING SOUND feat. HIROOMI TOSAKA」(2018年6月16日)

映像作品編集

  • HiGH&LOW THE LIVE(2017年3月15日)
  • HiGH&LOW THE MIGHTY WARRIORS(2017年10月25日)

ライブ編集

  • HiGH&LOW THE LIVE(2016年)[10]
    • 7月22日、7月23日、7月24日:京セラドーム大阪
    • 8月19日、8月20日、8月21日:福岡ヤフオク!ドーム
    • 8月26日、8月27日、8月28日:京セラドーム大阪
    • 9月03日、9月04日:ナゴヤドーム
    • 9月07日、9月08日、9月14日、9月15日:東京ドーム
    • 10月1日、10月2日、10月3日:京セラドーム大阪

イベント編集

  • HiGH&LOW THE BASE(2016年)
  • 日テレ×LIVE in SUMMER YOKOHAMA PKCZ×HiGH&LOW PREMIUM LIVE SHOW(2016年)
  • HiGH&LOW THE LAND / HiGH&LOW THE MUSEUM(2017年)
  • PKCZ×HiGH&LOW 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW(2017年)
  • PKCZ×HiGH&LOW 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW(2018年)
    • 8月21日:幕張メッセ国際展示場・ホール1、2、3

漫画編集

HiGH&LOW
ジャンル 不良
漫画:HiGH&LOW THE STORY OF S.W.O.R.D.
原作・原案など Team HI-AX
作画 細川雅巳
出版社 秋田書店
掲載誌 別冊少年チャンピオン
レーベル 少年チャンピオン・コミックス・エクストラ
発表号 2015年11月号 - 2016年10月号
巻数 全3巻
漫画:HiGH&LOW g-sword
原作・原案など HI-AX
作画 CLAMP
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジン
レーベル ワイドKC
発表号 2017年16号 - 36・37合併号
巻数 全1巻
テンプレート - ノート
HiGH&LOW THE STORY OF S.W.O.R.D.
細川雅巳によるコミカライズが、『別冊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、2015年11月号から2016年10月号まで連載。
HiGH&LOW g-sword
CLAMPによるコミカライズが、『週刊少年マガジン』(講談社)にて2017年16号から36・37合併号まで連載。
『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』の公開を記念して、DTC主役のストーリーにて週刊少年マガジン2018年43号に掲載される。
「DTC」オリジナルアナザーストーリー
平本アキラによるコミック版「DTC」オリジナルアナザーストーリーが、『週刊少年マガジン』(講談社)にて2018年9月26日発売号、10月3日発売号の2週間にわたって掲載される[11]


書誌情報


アニメ編集

「HiGH&LOW g-sword」のフラッシュアニメ作品。 日本テレビ系列の「スッキリ!!」にて、2017年3月27日から31日までオンエア、漫画 「HiGH&LOW g-sword」特装版には実写版キャスト本人が声を担当したフラッシュアニメDVDが付属している、2017年10月17日発売[12]

【 『HiGH&LOW g-sword』アニメーションDVD付き特装版 フラッシュアニメDVD収録内容】(総尺20分)

  1. 「スッキリ!!」放送【雨宮兄弟編】5分
  2. HiGH&LOW THE LAND上映【山王連合会編】 5分
  3. 完全新作オリジナルアニメ【SWORD+MIGHTY編】 5分
  4. 映画「END OF SKY」公開記念NO MORE映画泥棒コラボアニメ 5分
スタッフ
  • 脚本・キャラクター原案:CLAMP
  • 監督:作田ハズム、竹谷和真
  • 作画:CLAMP、松村理恵子
  • アニメーション:佐藤ゆう、鷹の葡萄園、ポエ山、古性史織、井上美弦、山中一也
  • 音響効果:吉村広幸、伊藤信仁
  • アニメーションプロデューサー:坪井大輔、藤田周文
  • アニメーション制作:BigFace
  • アニメーション制作協力:シュガーレスファクトリー

登場人物編集

ゲーム編集

ゲームタイトル:『HiGH&LOW THE GAME ANOTHER WORLD』

対応機種:iOS、Android

配信予定日:2019年秋

ジャンル:アクションRPG

その他編集

書籍編集

  • ローリングストーン日本版スペシャルエディション 完全保存版『HiGH&LOW』の世界~EXILE TRIBEの飽くなき挑戦~(2016年7月5日)ISBN 978-4860084837
  • 月刊EXILE 別冊『HiGH&LOW THE BOOK』(2016年7月19日)

受賞編集

脚注編集

  1. ^ “EXILE TRIBE新ドラマ「HiGH&LOW」豪華追加キャスト発表”. モデルプレス. (2015年9月23日). http://mdpr.jp/news/detail/1525701 2015年12月29日閲覧。 
  2. ^ “EXILE・HIRO、"全員主役"の『HiGH&LOW』始動に「みんな気合が入ってる」”. マイナビニュース. (2015年10月21日). http://news.mynavi.jp/news/2015/10/21/310/ 2017年3月23日閲覧。 
  3. ^ “日本テレビ×LDHによる“世界初の総合エンタテインメント・プロジェクト”始動!!”. EXILE Official Website (rhythm zone). (2015年5月28日). https://exile.jp/news/detail.php?id=1022380 2019年7月18日閲覧。 
  4. ^ “TAKAHIRO、登坂広臣に台湾1,000人が熱狂!インターナショナルプレミアで『HiGH&LOW THE RED RAIN』が世界へ&韓国配給も決定”. SPICE (イープラス). (2016年10月1日). https://spice.eplus.jp/articles/80350 2019年7月18日閲覧。 
  5. ^ “「HiGH&LOW」韓国上映会、TAKAHIROと登坂広臣のジャンプに現地ファン大歓声”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年10月20日). https://natalie.mu/music/news/206114 2019年7月18日閲覧。 
  6. ^ キネマ旬報』2017年3月下旬号、42頁
  7. ^ “EXILE、三代目JSBら、EXILE TRIBE総出演ドラマ「HiGH&LOW」今夜放送開始!放送後には、ディレクターズカットが加わった特別版の配信も”. E-TALENTBANK. (2015年10月21日). http://e-talentbank.co.jp/news/11801/ 2016年3月15日閲覧。 
  8. ^ “【特別映像20週連続公開 第1弾】 HiGH&LOW Special Trailer ♯1「山王連合会」解禁!!”. LDH. (2016年3月5日). https://www.ldh.co.jp/news/detail.php?lang=jpn&site=Egirls&newsid=0000010424 2016年3月14日閲覧。 
  9. ^ “【『HiGH&LOW』最新シリーズ『HiGH&LOW THE DTC』が全11話で配信へ ダン、テッツ、チハルがユーチューバーを目指す?”. スパイス. (2017年8月1日). https://spice.eplus.jp/articles/138762 2017年8月14日閲覧。 
  10. ^ “HiGH&LOW THE LIVE ツアー・スケジュール発表!!”. (2016年5月7日). http://high-low.jp/news/?p=273 2016年5月9日閲覧。 
  11. ^ “HiGH&LOW「DTC」平本アキラによるコミック版が登場、4DX上映の特典も決定”. 映画ナタリー. (2018年8月17日). https://natalie.mu/eiga/news/295706 2018年9月1日閲覧。 
  12. ^ “【HiGH&LOW g-sword フラッシュアニメ一部公開!】「HiGH&LOW g-sword」単行本発売中!”. EXILE mobile. (2017年10月17日). https://m.ex-m.jp/news/detail?news_id=14489 2018年9月1日閲覧。 
  13. ^ どう見ても「HiGH & LOW」カップヌードル新CMがネットでお祭り騒ぎに
  14. ^ “ジャパンアクションアワード「HiGH&LOW」3冠、男優賞は「極道大戦争」KAERUくん”. 映画ナタリー. (2016年4月29日). http://natalie.mu/eiga/news/185479 2016年10月1日閲覧。 
  15. ^ “第6回ジャパンアクションアワード「HiGH&LOW」が2冠、最優秀男優賞は佐藤健”. 映画ナタリー. (2018年3月17日). https://natalie.mu/eiga/news/273997 2018年9月1日閲覧。 

外部リンク編集

SNS