メインメニューを開く

経歴・概要編集

自動車整備工場を営む両親のもと、3人兄弟の長男として育つ。奈良育英高等学校卒業。高校時代から本に触れだし、映画では相米慎二、小説では中上健次に憧れる[1]

高校卒業後、フリーターをしながら脚本を学ぶ。1987年、第1回フジテレビヤングシナリオ大賞を19歳で受賞しデビュー。同時期にディレクターズ・カンパニーが行っていた脚本募集にも応募していたが、そちらでは採用されなかったためテレビの道に進んだ[1]。上京し、テレビ局のアシスタントをしながら脚本の腕を磨いた。

1991年、『東京ラブストーリー』が大ヒットし、最高視聴率は32%。「月曜日の夜9時は街から女性(もしくはOL)たちが消えた」と言われるほどの社会現象となる。ラブストーリーの脚本の依頼が次々舞い込むようになり、20代の若さで後の北川悦吏子などの源流となるトレンディドラマの旗手として、脚光を浴びた。『世界の中心で愛を叫ぶ』などの脚本に関わり後の世のシリアス系ラブロマンスの定跡にも影響を与えている。また、織田裕二松たか子小室哲哉などの楽曲の作詞も手掛けた。

「明らかにテレビが嫌で逃亡した」との理由で脚本家休養を宣言し、一度テレビ界から離れる。当初は飯野賢治率いる株式会社ワープでゲーム関連の仕事に携わるが、1998年に同社を退社。小説家への転向を試みるが、3年間一つの小説をずっと書き続け原稿用紙2000枚ほどの分量になるも未完成のままに終わり、発表には至っていない[1]。『きらきらひかる』のドラマ版(脚本は井上由美子)を見たことで再びテレビ界への興味がわき脚本家に復帰した[1]。この休養期間中に、森口瑤子との結婚や、長女の誕生を経験した。妻は女優業を続けていたため、家で執筆をしながら育児を担当する主夫生活を送るようになったことが転機となった。テレビ復帰作となったのは2002年の『恋愛偏差値』第3章「彼女の嫌いな彼女」から。

復帰後はフジテレビ以外でも執筆するようになり、児童虐待をテーマとした『Mother』、シングルマザー生活保護を扱った『Woman』、男性社会におけるパワハラセクハラを取り上げた『問題のあるレストラン』、犯罪被害者家族と加害者家族の交流を描いた『それでも、生きてゆく』など、かつてのトレンディドラマのイメージを大きく転換させたシリアスな社会問題を題材としたオリジナル脚本ドラマを次々と発表し、注目を集め、『Mother』や『Woman』は国外でリメイク作品が制作[2]された。

トレンディドラマ時代は「自分が書きたいのはこういうものじゃないという気持ちがずっと常にあった」とも語るが[3]、メインから少し外れた道を歩いているという意識はあるものの実験的なものを書きたいとまでは考えておらず、「テレビという器にちょっとこぼれているものを書きたい」と思っている点はトレンディドラマをやっていた頃から変わらないとも語っている[1]。また、10元気な人が100元気になる為の作品はたくさんあるので、マイナスにいる人がゼロになったりプラスになるような脚本作りを目指しているとも語っている[4]


2016年4月、東京芸術大学大学院映像研究科映画表現技術脚本領域教授に就任。

2018年3月、連続ドラマ『anone』最終回後に、Instagramで同作品を最後にしばらくの間連続ドラマの脚本執筆を休み、舞台や映画など他の形態での仕事に挑戦することを宣言した。この件については4年前から決めており、周囲に説明した上で4年間、1月期に各1本の連続ドラマ執筆を手掛けていた。テレビ脚本の休業発表後、国内で賛否両論が多かったオリジナル脚本ドラマanoneは10月16日(火)にフランスのカンヌで開催された世界最大のコンテンツ見本市「MIPCOM2018」において、日本のドラマの中で「ぜひ買いたい作品」「自国で放送したい作品」として『Woman』以来2度目である「MIPCOM BUYERS' AWARD for Japanese Drama」のグランプリを受賞した[5][6]。ただ絶対に連ドラをやりたくないわけではなく「テレビの世界では、仮に、もしいま仕事が決まったとしても、それは早くて2年後の放送分。いま何も決めていないということは、しばらく休むことになるんです」として、あくまでスケジュールの関係で連ドラを休むことになったと語っている[1]

2018年9月、初の戯曲である『またここか』(豊原功補演出)を書き下ろし、第63回岸田國士戯曲賞の最終候補にあがる。

受賞歴編集

作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

  • スタンド・バイ・ミー(1991年8月) - 演出:永山耕三
  • 恋と革命(1992年 ※作・演出)、(2009年:再演、演出:松浦徹
  • 朗読劇 不帰の初恋、海老名SA(2012年)※脚本・演出
  • 朗読劇 不帰の初恋、海老名SA /カラシニコフ不倫海峡(2014年)※脚本・演出
  • またここか (2018年)※脚本

ゲーム編集

テレビアニメ編集

漫画編集

書籍編集

※その他、脚本を手がけた各テレビドラマ・映画が書籍化されている。

作詞提供アーティスト編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 「テレビからこぼれているものを書きたい」――人気脚本家・坂元裕二が語る連ドラの役割 - Yahoo!Japanニュース・2018年9月23日
  2. ^ 「日本のドラマはどこに向かっているのか」脚本家・坂元裕二氏、海外展開に希望 マイナビニュース 2019年4月24日、2019年11月4日閲覧
  3. ^ プロフェッショナル 仕事の流儀』2018年11月13日放送分。
  4. ^ プロフェッショナル 仕事の流儀』2018年11月13日放送分。
  5. ^ この段落の出典。坂元裕二 / SAKAMOTO YUJIさん(@skmtyj)のInstagramアカウント”. Instagram. 2018年3月22日閲覧。
  6. ^ この段落の出典。「これにてちょっと連ドラはお休みします」脚本家・坂元裕二氏「anone」でひと区切り”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2018年3月22日). 2018年3月22日閲覧。
  7. ^ “第39回「放送文化基金賞」表彰対象について” (PDF) (プレスリリース), 放送文化基金, (2013年5月31日), http://www.hbf.or.jp/awards/pdf/39kisha.pdf 2013年5月31日閲覧。 
  8. ^ 第50回ギャラクシー賞受賞作品放送批評懇談会、2013年6月3日閲覧。
  9. ^ 日本民間放送連盟賞/2013年(平成25年)入選作品・事績日本民間放送連盟、2013年9月20日閲覧。
  10. ^ 『あまちゃん』7冠! 東京ドラマアウォード2013授賞式”. オリコンスタイル. オリコン (2013年10月22日). 2013年10月22日閲覧。
  11. ^ “【コンフィデンスアワード】ドラマ作品賞は『いつ恋』 最終回15分の長回しが絶賛”. ORICON STYLE. (2016年4月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2070493/full/ 2016年4月22日閲覧。 
  12. ^ 17年1月期“最も質の高いドラマ”は『カルテット』〜「第7回コンフィデンスドラマ賞」で最多5部門受賞(2017年4月28日)、オリコンニュース、2017年4月28日閲覧。
  13. ^ “【2017年間ドラマ賞】脚本賞は『カルテット』坂元裕二氏「そろそろ出所した巻さんが、みんなと再会を果たす頃でしょうか」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2106373/full/ 2018年2月26日閲覧。 
  14. ^ 【特集】第92回ドラマアカデミー賞 結果発表 | ザテレビジョンザテレビジョンKADOKAWA、2017年5月10日閲覧。
  15. ^ “松たか子、5年ぶり連ドラ主演 満島ひかりと初共演で“弦楽四重奏”挑戦”. ORICON STYLE. (2016年11月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2082246/full/ 2016年11月30日閲覧。 
  16. ^ “有村架純&菅田将暉、坂元裕二ワールドへ! 映画「花束みたいな恋をした」製作決定”. 映画.com. (2019年10月30日). https://eiga.com/news/20191030/3/ 2019年10月30日閲覧。 
  17. ^ 開発者インタビュー「Creators Note」 #12 ササキトモコ

外部リンク編集