メインメニューを開く

埼玉県第12区(さいたまけんだい12く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗埼玉県第12区
衆議院小選挙区 埼玉県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 熊谷市(旧江南町域を除く)、行田市加須市羽生市鴻巣市(旧川里町域)
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 野中厚
有権者数 375,293人
1.58 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

区域編集

歴史編集

1994年公職選挙法改正により、旧埼玉3区旧埼玉4区から分割される形で設置された。全有権者数の4割を占める熊谷市を中心にし、中選挙区時代に埼玉県下で最も自民党が強いとされた旧3区(県北部)と旧4区(県東部)から分割された選挙区とあって、浮動票や無党派層が比較的少なく、保守層の支持が非常に強固な選挙区である。

元熊谷市長でもあり、一時新進党に所属した増田俊男の自民党復党により、第42回衆議院議員総選挙以後は2人の「としお」がコスタリカ方式で交互に当選してきたが、増田が小選挙区で出馬する番だった第44回衆議院議員総選挙の直前をもって引退。 第45回衆議院議員総選挙は、本来比例代表単独上位で出馬するはずだった小島敏男が連続で出馬するも、民主党躍進の流れを受け本多平直に敗れた。

第46回衆議院議員総選挙では自民党で加須市出身の野中厚が議席を奪還し、第47回衆議院議員総選挙では再選を果たした。1996年小選挙区制施行以来一貫して熊谷市在住の者が議席を維持してきており、加須市在住の者が当選するのは野中が初めてだった。

野中が自民党の公認を得たことに、熊谷市の主に保守系の政治・経済など各種団体(いわゆる「熊谷党」)が反発し、野中との公認争いで敗れた熊谷市在住で自民党の元埼玉県議会議員・森田俊和が、第46回では自民党を離党し無所属で出馬。約1万票差で野中が勝利した。

第47回では、森田は維新の党に公認を申請したものの、野党間の選挙協力(民主党の本多がいるため)により公認は見送られ、次世代の党公認で出馬した。その結果、熊谷市では野中を大きく引き離し、全有効票数の過半数の得票を得るに至ったが他の市での得票が伸び悩み、前回同様に野中に敗れた。重複立候補した次世代の党の比例北関東ブロックでは惜敗率第1位だったものの、北関東ブロックにおける次世代の党への議席配分が「0」だったため、落選となった。この選挙で森田が本多より善戦したことから、民主党は2015年に森田を入党させ、選挙区支部長を本多から差し替えた[1]

第48回では民進党で公認が内定していた森田が希望の党から出馬したが、僅差で野中に敗れた(森田は重複立候補していた希望の党の比例北関東ブロックで復活し初当選、惜敗率は第1位)。前回まで民主党から出馬していた本多は北海道4区に転出し立憲民主党から出馬した(結果は次点で比例復活当選)。

前述のように、中選挙区の時代から揺るぎない自民党の地盤として知られてきたが、第46回の保守分裂以降、野中(加須)と森田(熊谷)との激戦区になり、総選挙では必ず内閣総理大臣や党首が応援に入る熾烈な選挙戦が繰り広げられている。第48回では同じ日である2017年10月18日に安倍晋三(内閣総理大臣、自民党総裁)と小池百合子(東京都知事、希望の党代表)が、時間を変えてJR熊谷駅北口で応援演説を行った。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:376,359人 最終投票率:52.28%(前回比:+0.27ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
野中厚40自由民主党86,499票
45.0%
――公明党
比当森田俊和43希望の党86,007票
44.7%
99.4%
林秀洋43日本共産党19,878票
10.3%
23.0%

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:371,546人 最終投票率:52.01%(前回比:-5.03ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
野中厚38自由民主党72,422票
38.6%
――公明党
森田俊和40次世代の党57,299票
30.5%
79.1%
本多平直50民主党41,407票
22.1%
57.2%
鈴木千賀子59日本共産党16,570票
8.8%
22.9%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日 最終投票率:57.04%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
野中厚36自由民主党65,989票
32.0%
――公明党
森田俊和38無所属55,663票
27.0%
84.4%×
本多平直48民主党36,500票
17.7%
55.3%国民新党
永沼宏之44みんなの党35,500票
17.2%
53.8%日本維新の会新党改革
大野辰男59日本共産党10,470票
5.1%
15.9%
川島良吉94無所属2,169票
1.1%
3.3%×
  • 川島は94歳という高齢での出馬で話題となった。

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
本多平直44民主党138,727票
57.2%
――
小島敏男69自由民主党99,256票
40.9%
71.5%
清水鉄男55幸福実現党4,752票
2.0%
3.4%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小島敏男65自由民主党129,783票
56.0%
――
本多平直40民主党84,705票
36.5%
65.3%
鈴木千賀子50日本共産党17,270票
7.5%
13.3%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
増田俊男74自由民主党95,889票
51.7%
――
比繰本多平直38民主党75,439票
40.7%
78.7%
鈴木千賀子48日本共産党14,106票
7.6%
14.7%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小島敏男60自由民主党101,809票
48.8%
――
比当田並胤明67民主党85,764票
41.1%
84.2%
荻原初男46日本共産党20,845票
10.0%
20.5%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
増田俊男67新進党76,105票
40.4%
――
小島敏男56自由民主党72,827票
38.6%
95.7%
丸井八千代40日本共産党20,241票
10.7%
26.6%
門田俊夫48自由連合19,369票
10.3%
25.5%

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 【選挙 夏決戦へ】(上)漂流する非自民 埼玉”. 毎日新聞 (2016年3月31日). 2019年5月18日閲覧。

関連項目編集