大橋卓弥

日本のシンガーソングライター (1978-)

大橋 卓弥(おおはし たくや、1978年5月9日 - )は、日本歌手 シンガーソングライターボーカリストスキマスイッチボーカルギターハーモニカを担当。通称「タクヤ」「スター」「ヤサ」など。愛知県東海市出身。既婚。血液型AB型

大橋卓弥
別名 大橋卓弥 with Drunk Monkeys
生誕 (1978-05-09) 1978年5月9日(44歳)
出身地 日本の旗 日本 愛知県 東海市
学歴 愛知県立知多高等学校
ジャンル J-POP
ロック
職業 歌手
ミュージシャン
シンガーソングライター
ボーカリスト
作詞家
作曲家
編曲家
担当楽器 ボーカル
ギター
ハーモニカ
活動期間 1999年 -
レーベル オーガスタレコードユニバーサルミュージック
事務所 オフィスオーガスタ
共同作業者 常田真太郎
Drunk Monkeys
公式サイト オフィスオーガスタ 公式サイト
著名使用楽器

gibson J-50 beffnick provision stratocaster

gibson es330

来歴編集

1978年

1991年

1992年

  • 先生からの提案で、上野中学校の学園祭のイメージソングとなる「流れゆく時のなかで」の作曲を担当。人生で初めての作曲となる[3][2]

1994年

1996年

  • 夏、中学時代の先輩だったヨツヤタカヒロ.の誘いで見に行ったライブで、常田真太郎と出会う(その時の印象について大橋は「何でこんなにピアノが下手なのに人前に出られるんだろう?お客さんを入れてお金取ってやってるのに」と、非常に悪かったことを明かしている)。

1997年

  • 高校卒業と同時に上京し、音楽専門学校に入学(ただし、2週間で行かなくなり親に内緒で自主退学している)。

1999年

  • 常田に自身の曲のアレンジを依頼したことがきっかけとなり、常田主導でスキマスイッチ結成[4]

2003年

  • 7月9日、『view』でメジャーデビュー。

2007年

  • 9月29日、一般女性との入籍を発表[5]
  • 12月14日、公式ホームページにてソロ・プロジェクトを発表。

2008年

  • 2月6日、ソロデビューシングル[『はじまりの歌』を発売。
  • 7月2日、自身初のオリジナルアルバム『Drunk Monkeys』を発売。

2009年

  • 3月25日、全国ツアーの最終公演を収めた自身初のライブDVD「Drunk Monkeys“TOUR 2008”and“+α”」発売。
  • 11月、第1子が誕生[6]

2017年

2019年

2020年

  • 4月8日、NexTone Award 2020において「奏(かなで)」で著作者としてGold Medalを受賞(常田と連名での受賞)[9]

人物編集

  • 幼少期からクラシック音楽を好んでいた。
  • 小学生の頃、友人宅の電話の保留音に心を打たれ、後にそれがThe Beatlesの「Yesterday」だと知り、ビートルズに傾倒する[10]
  • 小学生の頃からピアノを習っており、ピアニストになる事を夢見ていた[1]。しかし、中学2年生の時、指導者の薦めで見学したリサイタルで、プロの演奏に衝撃を受け自身の能力に限界を感じたため、ピアノをやめてしまう。
  • 中学校では、生徒会の書記を務めた。朝礼で漫才をするなど人前に出る楽しさに目覚める。
  • 中学校・高校ではバレーボール部に所属。高校ではキャプテン兼エースアタッカーとして活躍。戦績は県大会ベスト8。
  • 競艇選手池田浩二とは高校の同級生で、今でも親交がある。池田曰く「自分はそうじゃなかったけど、大橋はモテてた」とのこと。[11]
  • カラオケに初めて行った際に「歌がうまい」と褒められた事がきっかけで、ミュージシャンになる事を意識し始める。
  • 高校卒業後に上京し、常田と同じ音楽専門学校に進学。当時は、知り合いが近くにいた方が安心するということで、常田の住んでいたアパートの近くに大橋もアパートを借りて住んでいた。
  • スキマスイッチの結成前には、ヨツヤタカヒロ.らと4人組バンド"Dear Friends"を組んでいたが、音楽活動より麻雀に熱中してしまったため自然消滅した。
  • "Dear Friends"の解散後は1人で路上ライブを中心に活動していた。
  • 初めて買ったCDは光GENJIの「パラダイス銀河」。小学4年生の時に、父親から「卓弥が欲しいCDを1枚、お父さんが欲しいものを1枚、それから2人で一緒に聴けるものを1枚買おう。」と提案を受けて選んだもの(残り2枚は、父用が井上陽水の『リバーサイドホテル』、2人共通用が中村あゆみの「ともだち」であった)[12]

音楽性編集

ボーカル編集

  • レコーディングにおいては、「歌の流れを崩したくない」という考えから、10本程度テイクを取り、その中から良いものを選ぶという手法を取ることが多い[14]
  • レコーディングでは、マイクとの実際の距離による声の大きさを重視しており、コンプレッサーは使っていない[14]

スキマスイッチ編集

ソロ活動編集

  • 2008年限定で本格的にソロ活動を展開。活動の狙いとタイミングについては「オリジナル・アルバム3枚出してベスト出して、スキマスイッチとしてやりたいことはとりあえず形になったので。今のタイミングで一回、個人のスキルを上げるためにも、武者修行じゃないですけどもうひと段階上がれるように」「得た成果をまたスキマスイッチに持ち帰って、さらに大きくなれれば」と語っている[10]
  • ソロ活動の目標として「スキマスイッチではできないことをソロとしてやる」「ひとりの歌い手として「声」を生かした事をやる」ことを掲げ、Drunk Monkeysを結成するに至ったと語っている[10]
  • ソロ活動期間中は、「素直な気持ちを書き綴ってパーソナルな部分を歌う」「レコーディングにおいてはダビングをしない」という縛りを設けていた[10]
  • 2009年以降は、スキマスイッチとしての活動に重きを置いており個人作品のリリースはないものの、単独でのライブ出演や不定期ライブ「SEN-NAGE」の企画など精力的にソロ活動を続けている。

楽器・機材編集

マイク編集

作品編集

インディーズ編集

ミニアルバム編集

リリース日 タイトル
1st 1999年12月8日 休日

メジャー編集

シングル編集

リリース日 タイトル
1st 2008年2月6日 はじまりの歌
2nd 2008年4月2日 ありがとう
3rd 2008年6月11日 SKY

オリジナルアルバム編集

リリース日 タイトル
1st 2008年7月2日 Drunk Monkeys

ライブDVD編集

リリース日 タイトル
1st 2009年3月25日 Drunk Monkeys"TOUR 2008"and"+α"

未音源化曲編集

  • バトン
    • 「大橋卓弥 with Drunk Monkeys TOUR 2008+α」の日本武道館公演で初披露。
  • Who am I?
    • 「大橋卓弥 with Drunk Monkeys Live “Reprise II”」で初披露。
  • EASY
    • 「大橋卓弥 with Drunk Monkeys Live “Reprise II”」で初披露。

他アーティストと共演した楽曲編集

  • PLUS ONE - カオ上げて(2007年3月28日
    • 小田和正佐藤竹善の二人によるユニットの楽曲にコーラスとして参加。佐藤のシングル「FOUR WORLDS」収録。
  • スピッツ - 群青(2007年8月1日
    • スピッツのシングル。
    • 植村花菜と共にバッキング・ボーカルとして参加。
  • 岡本真夜 - 明日ハレルヤ!
  • Fairlife - by bicycle feat. 大橋卓弥 from スキマスイッチ(2010年2月3日
    • Fairlifeのアルバム『みちくさ日和』収録。
  • 植村花菜 - キセキ(2010年9月15日
  • RADIO BLOSSOMS - 春のせい
    • FM802ACCESSキャンペーン2011年度キャンペーンソング。自身が作詞作曲、Drunk Brothers(Mummy-D+大橋卓弥)としてMummy-Dとともにプロデュースした楽曲にRADIO BLOSSOMSの一員として参加。
  • 小田和正 - hello hello(2011年4月20日
    • 小田のアルバム『どーも』収録。佐藤竹善と共にバッキング・ボーカルとして参加。
  • 小田和正 - グッバイ(2011年11月17日
    • 小田和正のシングル。
    • 佐藤竹善と共にバッキング・ボーカルとして参加。
  • 清水翔太 - 夏の終わりのハーモニー(2012年11月28日
    • 清水のカバーアルバム『MELODY』収録。ゲストボーカルとして参加。
  • 小田和正 - そんなことより 幸せになろう・この街・彼方・mata-ne(2014年7月2日
    • 小田のアルバム『小田日和』収録。コーラスとして参加。
  • SPICY CHOCOLATE - ミスキャスト feat. 大橋卓弥(スキマスイッチ) & 奇妙礼太郎(2015年11月25日
    • SPICY CHOCOLATEの配信シングル。SPICY CHOCOLATEのアルバム『渋谷純愛物語2』にも収録。作詞、ゲストボーカルとして参加。共同で作曲にも参加。
  • ザ・プールサイド - Hello radio
    • FM802のACCESSキャンペーン2016年度キャンペーンソング。ザ・プールサイドの一員としてボーカルで参加。
  • 矢野まきと大橋卓弥(スキマスイッチ) - ポートレイト(2019年7月17日
    • 矢野のアルバム『矢野まき ALL TIME BEST』に収録。ボーカルとして参加。共同で作曲、プロデュースとしても参加[16]
  • 卓弥と政哉 - たくやとせいやはどうですか?
    • 自身の監修ライブPremium meets Premium TAKUYA OHASHI presents “卓弥と政哉”でのユニットでライブのテーマソングとして作成。
    • 事務所の後輩松室政哉との共作。
    • 未音源化曲。
  • 山崎まさよし - Updraft(Power of Sound ver.)(2020年12月18日
    • 山崎の配信企画アルバム『山崎×CM』に収録。秦基博とともにコーラスとして参加[17]
    • 同曲が起用されたオーディオテクニカ「Power of Sound Project」企業ブランドCMにはスキマスイッチとして秦基博とともに出演[18]
  • 小田和正 - 風を待って(2021年1月1日)
    • 小田の配信シングル。コーラスとして参加[19]

他のアーティストに提供した楽曲編集

  • 小坂忠 - Runway (2009年3月18日
    • 小坂忠のデビュー42周年、60thのアニヴァーサリー作品「Connected」収録。"大橋卓弥 from スキマスイッチ"の名義で提供している。松たか子もコーラスで参加している。
  • 20th Century - スタートライン (2009年6月17日
    • V6の35thシングル「スピリット」、初回生産限定 MUSIC盤 DISC2収録。"大橋卓弥 from スキマスイッチ"の名義で提供している。

参加したオムニバスアルバム編集

タイアップ一覧編集

楽曲 タイアップ
はじまりの歌 ユーキャン2008キャンペーンソング
ありがとう NHK土曜ドラマ『刑事の現場』主題歌
母の日花キューピットコラボレーションキャンペーンソング
JB本四高速 CMソング
SKY 角川映画DIVE!!』主題歌

出演編集

CM編集

  • ユーキャン「通信講座」(2008年)
    • 「新・ユーキャン篇」
    • 「郵便篇」
    • 「バスの中篇」

TV編集

映画編集

吹き替え編集

ライブ編集

2008年編集

大橋卓弥 with Drunk Monkeys TOUR 2008編集

  • 2008/09/29 - 30 横浜BLITZ
  • 2008/10/06 - 07 Zepp Fukuoka
  • 2008/10/15 - 16 広島CLUB QUATTRO
  • 2008/10/21 - 22 なんばhatch
  • 2008/10/24 - 25 高知BAY5SQUARE
  • 2008/10/30 - 31 Zepp Nagoya
  • 2008/11/07 - Zepp Sendai
  • 2008/11/15 - 16 新潟LOTS
  • 2008/11/18 - 19 Zepp Sapporo
  • 2008/12/11 Zepp Sapporo(延期公演)

大橋卓弥 with Drunk Monkeys TOUR 2008 +α(追加公演)編集

2010年編集

大橋卓弥 with Drunk Monkeys Live “Reprise”編集

  • 2010/08/31 代官山UNIT

2011年編集

大橋卓弥 with Drunk Monkeys Live “Reprise II”at LIQUIDROOM編集

  • 2011/12/18 恵比寿・LIQUIDROOM

2012年編集

大橋卓弥 with Drunk Monkeys Live “Reprise III”編集

  • 2012/09/20 Shibuya O-East
  • 2012/09/27 BIGCAT

2018年編集

TAKUYA OHASHI presents "SEN-NAGE"編集

自身初の投げ銭ライブ。 友人であるLife-Likeのアツシとギタリスト新井ラーメン健と開催。 12/26公演ではパーカッション松本智也とギタリストの外園一馬が飛び入り参加[24]

  • 2018/11/16 MORIHICO.STAY&COFFEE
  • 2018/11/17 Tune HAKODATE
  • 2018/12/26 CHUM APARTMENT

2019年編集

TAKUYA OHASHI presents "SEN-NAGE"編集

自身企画の投げ銭ライブ。 オリジナルメンバー(Life-Likeのアツシ、新井ラーメン健)に加え、9/18,19公演にはドラマー橋谷田真が参加[25]。 9/19公演では杏子が飛び入り参加[26]

  • 2019/8/6 渋谷7th FLOOR
  • 2019/9/18 カフェモーツアルトアトリエ
  • 2019/9/19 高根沢ちょっ蔵ホール

2020年編集

Premium meets Premium TAKUYA OHASHI presents “卓弥と政哉”編集

事務所の後輩である松室政哉とのコラボライブ。 クラシック専用ホールである浜離宮朝日ホールにて「クラシック音楽の巨匠たちが名演を重ねてきたステージで繰り広げるJ-POPSの祭典」として2020年2月14日から2月23日まで開催されたイベント「Premium meets Premium 2020」の一環として開催された[27]。 本公演のテーマソングとして「たくやとせいやはどうですか?」を初披露した。

  • 2020/2/19 浜離宮朝日ホール

TAKUYA OHASHI presents "SEN-NAGE vol.7 on line "編集

自身企画の投げ銭ライブ。初のオンラインライブ。 ライブ会場であるライブハウス「月見ル君想フ」の動画配信サイトMoonromantic Channelにて配信[28]。 アンコールでは元ゲントウキの伊藤健太が飛び入り参加[29]

  • 2020/9/1 月見ル君想フ

2021年編集

Office Augusta 30th MUSIC BATON Vol.2 大橋卓弥(スキマスイッチ)編集

オフィスオーガスタの30周年企画である『Office Augusta 30th MUSIC BATON』の一環として開催[30]

  • 2021/12/27 BLUE NOTE TOKYO

2022年編集

TAKUYA OHASHI presents "SEN-NAGE"編集

自身企画の投げ銭ライブ。 オリジナルメンバーに加え、8/16公演にはゲストで矢野まきが参加[31]

  • 2022/8/12 渋谷7th Floor
  • 2022/8/22 高松SUMUS cafe

ポテキ44Anniversary Special Live大石成正卓弥 in Potato kid編集

ギタリスト石成正人とのライブ[32]

  • 2022/8/24 大阪Potato kid

参加ユニット編集

  • RADIO BLOSSOMS (2011年)
FM802のACCESSキャンペーン2011年度のスペシャルユニット。ボーカルとして参加した他、作詞・作曲、「Drunk Brothers」としてプロデュースも担当した。
  • Drunk Brothers (2011年)
Mummy-Dとのユニット。FM802のACCESSキャンペーン2011年度のキャンペーンソング「春のせい」のプロデュースを担当。
  • ザ・プールサイド (2016年)
FM802のACCESSキャンペーン2016年度のスペシャルユニット。ボーカルとして参加。
  • 矢野まきと大橋卓弥(スキマスイッチ) (2019年)
シンガーソングライター矢野まきとのユニット。「ポートレイト」を発表。
  • 卓弥と政哉 (2020年)
自身の監修ライブ「Premium meets Premium TAKUYA OHASHI presents “卓弥と政哉”」にて事務所の後輩である松室政哉とのユニット。
ライブのテーマソングとして「たくやとせいやはどうですか?」を作成。
  • 大石成正卓弥 (2022年)
ギタリストの石成正人とのユニット[33]
ライブ「大石成正卓弥」を開催。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Profile”. オフィスオーガスタ. 2022年8月13日閲覧。
  2. ^ a b 「上中卒業生のスキマスイッチ大橋卓弥さん来校!」東海市立上野中学校ブログ、2017年7月20日
  3. ^ ザ・プラチナチケット 〜君のために歌いたい〜日本テレビ、2009年11月30日
  4. ^ スキマスイッチ「メッセージや表現を感じて」と語る新作を2枚同時発売”. anan web (2021年11月27日). 2021年11月27日閲覧。
  5. ^ “スキマスイッチ・大橋卓弥、入籍をオフィシャルサイト報告”. oricon. (2007年9月30日). https://www.oricon.co.jp/news/48466/full/ 2007年9月30日閲覧。 
  6. ^ “スキマスイッチ 大橋卓弥に第1子、誕生”. oricon. (2009年11月17日). https://www.oricon.co.jp/news/70746/full/ 2009年11月17日閲覧。 
  7. ^ a b “長澤まさみ、大橋卓弥、トレエン斎藤、大地真央ら10名が「SING」吹替版に参加”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年1月30日). http://natalie.mu/eiga/news/218662 2017年1月30日閲覧。 
  8. ^ “今年の「日本レコード大賞」候補はリトグリやFoorin、最優秀アルバム賞はイエモン”. 音楽ナタリー. (2019年11月16日). https://natalie.mu/music/news/355691 2019年11月16日閲覧。 
  9. ^ “NexTone Awardについて”. NexTone. (2020年4月8日). https://www.nex-tone.co.jp/award2020/ 2020年4月8日閲覧。 
  10. ^ a b c d Interview大橋卓弥”. @ぴあ. 2022年8月13日閲覧。
  11. ^ (日本語) 常滑の大スター池田浩二と豪華すぎるゲスト!2022年10月23日ハートビートおかわり, https://www.youtube.com/watch?v=rKuaa-1GBK4 2022年10月25日閲覧。 
  12. ^ スキマスイッチ大橋卓弥「ローラースケートに憧れて…」小学生のときに大ブームだった“アイドル”とは?”. Tokyo fm+ (2022年7月29日). 2022年7月29日閲覧。
  13. ^ 奥田民生は「ふざけた神様」 生き様を含めた魅力を、スキマスイッチ×マカロニえんぴつ・はっとりが語り合う”. J-wave (2021年6月28日). 2021年6月28日閲覧。
  14. ^ a b c 【単独インタビュー】スキマスイッチ大橋卓弥が語るニュー・AL、ヴォーカリストとしてのビジョンと“届く歌”の核心”. vocalmagazine web (2021年12月1日). 2021年12月1日閲覧。
  15. ^ 岡本真夜デビュー20周年ベスト発売、「アララの呪文」セルフカバーや新曲も”. 音楽ナタリー (2015年7月10日). 2015年7月10日閲覧。
  16. ^ 矢野まきと大橋卓弥(スキマスイッチ)コラボレーションの新曲、ラジオオンエア解禁決定!”. popscene (2019年6月21日). 2019年6月21日閲覧。
  17. ^ 山崎まさよしがCMソング集リリース、大橋卓弥と秦基博招いた「Updraft」スペシャルVer.も収録”. 音楽ナタリー (2020年12月14日). 2020年12月14日閲覧。
  18. ^ 山崎まさよし、オーディオテクニカ「Power of Soundプロジェクト」に立ち上がる!スキマスイッチ、秦 基博もゲスト出演!”. popscene (2020年12月14日). 2020年12月14日閲覧。
  19. ^ 小田和正、初の配信限定シングル「風を待って」を1/1にリリース”. BARKS (2020年12月23日). 2020年12月23日閲覧。
  20. ^ 映画『SING/シング』長澤まさみ、大橋卓弥、アイナ・ジ・エンドらの吹替楽曲がサントラ盤に収録決定”. THE FIRST TIMES (2022年3月8日). 2022年3月8日閲覧。
  21. ^ めざましテレビ on Twitter”. Twitter (2022年3月23日). 2022年3月23日閲覧。
  22. ^ 2分の1の魔法”. ふきカエル大作戦!!. 2020年8月27日閲覧。
  23. ^ “映画「SING」続編にMISIA、スキマスイッチ大橋卓弥、蔦谷好位置ら再集結”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2021年11月23日). https://natalie.mu/music/news/454637 2021年11月23日閲覧。 
  24. ^ 松本智也 on Twitter”. Twitter (2018年12月30日). 2018年12月30日閲覧。
  25. ^ 橋谷田真 on Twitter”. Twitter (2019年9月17日). 2019年9月17日閲覧。
  26. ^ 杏子マネージャー on Twitter”. Twitter (2019年9月20日). 2019年9月20日閲覧。
  27. ^ Premium meets Premiumのコンサート情報・チケット受付”. イープラス. 2020年11月7日閲覧。
  28. ^ Schedule”. 月見ル君想フ (2020年8月28日). 2020年8月28日閲覧。
  29. ^ 新井ラーメン健 on Twitter”. Twitter (2020年9月1日). 2020年9月1日閲覧。
  30. ^ MUSIC BATON”. オフィスオーガスタ. 2021年11月2日閲覧。
  31. ^ SEN-NAGE!!”. Life-Like (2022年8月12日). 2022年8月12日閲覧。
  32. ^ ポテキ44Anniversary Special Live大石成正卓弥 in Potato kid”. オフィスオーガスタ (2022年8月20日). 2022年8月20日閲覧。
  33. ^ スキマスイッチ on Twitter”. Twitter (2022年8月24日). 2022年8月24日閲覧。

外部リンク編集