大阪教育大学附属天王寺中学校

大阪教育大学附属天王寺中学校(おおさかきょういくだいがくふぞくてんのうじちゅうがっこう)は、大阪府大阪市天王寺区にある国立中学校

大阪教育大学附属天王寺中学校
Osaka Kyoiku University Tennoji junior high school.JPG
過去の名称 大阪第一師範学校附属天王寺中学校
大阪学芸大学附属天王寺中学校
大阪教育大学教育学部附属天王寺中学校
国公私立 国立学校
設置者 国立大学法人大阪教育大学
設立年月日 1947年
共学・別学 男女共学
所在地 543-0054
公式サイト 大阪教育大学附属天王寺中学校
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

目次

概要編集

大阪教育大学附属の中学校として、教育基本法および学校教育法に基づき、様々な学習活動や活動に参加・活躍する機会を展開している。基礎的な学びだけでなく、発表・体験・グループなどによる学習を伴う活動が多く設けられている。

通常の学校でいうところの「校則」を本校では「規律規定」と呼び、生徒が定めることで、生徒会と自分たちで守っていくことが取り組みとして行われている。

同敷地内には附属高等学校天王寺校舎が所在し、附属高校天王寺校舎にはほぼ全員が連絡進学している。

2008年に ビオトープ「天王寺学びのもり」と「道草館」が校内に建設され(2006年の附高創立50周年、附中創立60周年記念事業)、地域の防災だけでなく屋外での読書のあり方というユニークな取り組みが行われている。

使命編集

中学校としての一般普通教育を行うとともに、大阪教育大学附属学校として教育に関する実践的な研究や大阪教育大学の学生の教育実習受け入れなどを行う。

校内編集

なお、附属天王寺小学校は数百メートル離れた阿倍野区松崎町に所在する。

教科活動編集

  • 理科の授業
高校と併用ながら、物理・化学・生物・地学それぞれに特別教室がある。光学顕微鏡の最新型のものを1クラス分所有し、中学校3年間にわたり利用している。高校の内容を一部取り入れ、中高一貫カリキュラムを開発している。
  • 自由研究
全員が自由研究に取り組む。6月にそれぞれが研究したいテーマに応じた指導教官の元へ相談に行き、7月上旬にはテーマを決定する。夏休みの間にフィールドワークなど研究活動を行う。それぞれの研究成果を「自由研究ノート」にまとめ、9月始業式の翌日からクラス内で発表が行われ、代表2名を学年発表会で再度発表する。優秀作品はまとめの冊子に掲載されたり、コンクールに出展されたりしている。
  • 読書タイム(国語科)
国語の授業の最初の10分間に行われている。その読書生活の成果を活かして、中3生対象に、中1生への読書の旅プレゼンテーションを行っている。グループが挙げた本は各クラスの学級文庫に設置されている。
  • 英語暗唱大会(中1・中2)
  • 英語弁論大会(中3)
各学年の優秀者は、外部の各種コンテストや暗唱・弁論大会に出場している。

学校行事編集

体育大会、学芸会、音楽会は三大行事といわれる。

  • 合宿訓練(中1、4月)
  • 遠足 - 文字通り、かなりの道のりを歩く。
  • 修学旅行(中3、5月)
  • 三附中交歓会(中2、5月)
  • 富士登山(中2、7月) - 昭和25年から行われている。
  • 体育大会(10月)- 学級対抗で得点を競う。2チームに分けて全員が走る総力リレーなどもある。
  • 学芸会(11月)
各クラス毎に、シナリオの書き下ろしから大道具・小道具に至るまで、全て手作りの劇を上演する。監督・助監督も生徒が行う。
  • マラソン大会(2月)- 男子は7キロ、女子は4キロを走る。
  • 音楽会(3月)

沿革編集

  • 1947年 - 大阪第一師範学校男子部附属中学校として開校。
  • 1949年 - 大学の学制改革に伴い、大阪学芸大学附属中学校に校名変更。
  • 1967年 - 大学の名称変更に伴い、大阪教育大学教育学部附属天王寺中学校に校名変更。
  • 2004年 - 独立行政法人化に伴い、大阪教育大学附属天王寺中学校に校名変更。

校区編集

交通編集

関連項目編集

外部リンク編集