アンタッチャブル (映画)

アンタッチャブル』(The Untouchables)は、1987年アメリカ映画禁酒法時代のアメリカ・シカゴを舞台に、正義のためにギャングのボスであるアル・カポネを逮捕しようとするアメリカ合衆国財務省捜査官たちのチーム「アンタッチャブル」の戦いの日々を描いた実録映画。捜査チームの主任捜査官だったエリオット・ネス の自伝を基にしている。なお自伝はテレビドラマ化され大ヒットしている。

アンタッチャブル
The Untouchables
監督 ブライアン・デ・パルマ
脚本 デヴィッド・マメット
原作 オスカー・フレイリー
製作 アート・リンソン
出演者 ケビン・コスナー
ショーン・コネリー
ロバート・デ・ニーロ
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 スティーヴン・H・ブラム
編集 ジェラルド・B・グリーンバーグ
ビル・パンコウ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年6月5日
日本の旗 1987年10月3日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000 (概算)
興行収入 $76,270,454[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
配給収入 18億円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

主人公を助ける老警官役のショーン・コネリー第60回アカデミー賞助演男優賞、第45回ゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞した。また、日本でも第30回ブルーリボン賞外国作品賞を受賞した。

主役のエリオット・ネス役に抜擢されたケヴィン・コスナーは、この作品での好演により、ハリウッド・スターの仲間入りを果たした。また、ジョージ・ストーン役のアンディ・ガルシアは、大階段でのアクションで注目を集め、そのキャリアスタートとなった。

目次

ストーリー編集

1920年代から30年代初期の禁酒法は闇酒場を横行させ、犯罪組織は酒の密造とカナダからの密輸により莫大な利益をあげていた。地元の警察や裁判所を買収しているギャングたちが市民への殺人も厭わない状況に、政府はアメリカ第三の大都会であるシカゴへ財務省のエリオット・ネスを派遣する。大張りきりで自信満々のネスは、赴任早々、シカゴ市警の警官たちを引き連れて密造酒摘発で手柄を立てようとするが、ギャングに買収されていた警官が情報を漏らしていたため失敗。さらに新聞記者に失敗した場面の写真を撮られて世間の失笑を買い意気消沈するが、帰り道で会った初老の警官ジム・マローンに「警官の仕事は手柄を立てる事ではなく、無事に家に帰る事だ」と教えられる。

翌日、屈辱に耐えながら出勤したネスに、抗争の巻き添えになって死んだ少女の母親が面会に訪れる。改めてその悲しみを訴えられ、諦めないでと励まされたネスは、新たな決意を胸にマローンを呼び出す。ネスはシカゴを牛耳るアル・カポネを逮捕する決意をマローンへ打ち明け、信頼できる仲間と班を編成するために協力してほしいと頼む。カポネの実力を知るゆえに躊躇うマローンだが、警官としての生き方を貫くことを決意する。警察学校の生徒だった新米のジョージ・ストーン、財務省から応援にきた簿記係のオスカー・ウォーレスと四人が揃ったところで、マローンが全員に銃を持たせて密造酒の摘発に向かう。実績を挙げたネスの元にギャングから賄賂が贈られてくるが、彼は賄賂を拒否したため家族の身に危険が迫り、妻子と離れて暮らすことになる。

家族と別れたネスは、ウォーレスのアドバイスでカポネを脱税の罪で起訴する方針を固める。ネス一行はマローンの情報を元に、カナダ警察と協力してカポネ・ファミリーの密造酒密輸の現場を押さえることとなった。銃撃戦の末にギャングたちを殺すことになったが、ファミリーの帳簿係と帳簿という証拠が手に入った。しかし、カポネは報復としてウォーレスと帳簿係を殺害し、さらに部下のフランクに命じてマローンも殺害する。証人を失った検察は及び腰となり起訴を取り下げようとするが、ネスとストーンはマローンの死に際のメッセージを頼りに、逃亡を図るファミリーの会計係を確保するためシカゴ・ユニオン駅に向かう。列車の発車時刻寸前に現れたカポネ・ファミリーとの銃撃戦を経て会計係を確保したネスとストーンは予定通りにカポネを起訴するように働きかけ、カポネの予備審問が開始される。

予備審問で会計係がカポネの脱税を認めるが、カポネが余裕の表情を見せたため、ネスは疑問に感じる。ネスは、フランクがカポネにメモを渡したことを不審に思い、彼が銃を携帯していることを理由に法廷から追い出し身体検査をさせる。フランクの所持品の中からマローンの自宅の住所が書かれたメモが見つかり、彼がマローンを殺したことを確信するが、フランクは廷吏に発砲して逃走する。ネスはフランクを裁判所の屋上に追い詰め拘束するが、フランクがマローンを侮辱したことに激怒し、彼を屋上から突き落とす。屋上から戻ったネスは、ストーンから「フランクがカポネに渡したメモは買収された陪審員のリストだ」と聞かされ、ネスは陪審員を入れ替えるように判事に要求する。判事はメモの信憑性を疑問視して拒否するが、ネスは「カポネの帳簿に判事の名前がある」と脅迫し、陪審員の入れ替えを認めさせる。追い詰められたカポネの弁護士は有罪を認め、激怒したカポネは弁護士に殴りかかる。カポネに有罪判決が下った記事を読み終えたネスは、ストーンと別れの言葉を交わしてシカゴ市警を後にする。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ テレビ朝日 テレビ東京
エリオット・ネス ケヴィン・コスナー 大塚芳忠 根津甚八 山寺宏一 津嘉山正種
ジム・マローン ショーン・コネリー 坂口芳貞 若山弦蔵 有川博 若山弦蔵
ジョージ・ストーン アンディ・ガルシア 山野井仁 江原正士 佐久田修 平田広明
オスカー・ウォーレス チャールズ・マーティン・スミス 牛山茂 富山敬 牛山茂
アル・カポネ ロバート・デ・ニーロ 池田勝 小林清志 池田勝 小川真司
フランク・ニッティ ビリー・ドラゴ 中多和宏 小島敏彦 中多和宏 西凜太朗
マイク・ドーセット署長 リチャード・ブラッドフォード 藤本譲 今西正男 藤本譲 大塚周夫
ウォルター・ペイン ジャック・キーホー 北村弘一
ジョージ ブラッド・サリヴァン 立木文彦 谷口節 立木文彦 小島敏彦
キャサリン・ネス パトリシア・クラークソン 佐藤しのぶ 安達忍 佐藤しのぶ
蝶ネクタイの男 ヴィトー・ダンブロシオ 池田勝
スクープ スティーブン・ゴールドステイン 檀臣幸 立木文彦 檀臣幸
アンダーソン警部補 ピーター・エイルワード 大塚明夫
地方検事 クリフトン・ジェームズ 辻親八 滝口順平 大木民夫 滝口順平
隊長 ロバート・スワン 中庸助
市会議員 デル・クローズ 島香裕
ブラックマー夫人 コリーン・ベイド 鈴木れい子
ネスの娘 ケイトリン・モンゴメリー 坂本真綾
判事 アンソニー・モッカス・Sr 槐柳二
母親 メロディ・レイ さとうあい
翻訳:佐藤一公、演出:小林守夫、調整:西村善雄、効果:リレーション、制作:東北新社、担当:別所孝治、宮澤徹
注・若山
翻訳:たかしまちせこ 演出:伊達康将 調整:荒井孝
  • ソフト版
演出:伊達康将 翻訳:村治佳子 調整:オムニバス・ジャパン 制作:東北新社
翻訳:杉田朋子、演出:佐藤敏夫、調整:高久孝雄、効果:リレーション、制作・配給:東北新社

スタッフ編集

その他編集

  • フランク・ニッティは映画中では死ぬことになっているが、実際は逮捕・収監されたカポネの跡を継いでボスになり、1943年に逮捕される恐怖から自殺している[3]
  • シカゴ・ユニオン駅でのカポネ一派との銃撃戦において、『戦艦ポチョムキン』の有名なオデッサの階段のシーンが引用されており、公開当時から話題になった。なお、デ・パルマによるともともと引用する気はなく、列車を舞台にした大がかりなアクションシーンを撮ろうとしたが、予算がなくなったので仕方なく「階段落ち」を思いついたとのこと。
  • ロバート・デ・ニーロは頭髪を剃りアル・カポネを演じた。体重は直後に別の映画出演が決まっていたので太るわけにいかず、ボディスーツを着用したが、顔だけは太らせて撮影に挑んだ。

アカデミー賞受賞編集

受賞 人物
助演男優賞 ショーン・コネリー
ノミネート
美術賞 パトリシア・フォン・ブランデンスタイン
ハル・ゴーズマン
衣装デザイン賞 マリリン・ヴァンス・ストレイカー
作曲賞 エンニオ・モリコーネ

脚注編集

  1. ^ The Untouchables (1987)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月9日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)460頁
  3. ^ 「映画になった奇跡の実話」 鉄人ノンフィクション編集部

参考文献編集

  • 鉄人ノンフィクション編集部『映画になった奇跡の実話』、2013年

外部リンク編集