この記事の項目名には分野により以下のような表記揺れがあります。 日本の歴史人物名の漢字表記
  • 小磯国昭
  • 小磯國昭

小磯 國昭(こいそ くにあき、1880年明治13年)3月22日 - 1950年昭和25年)11月3日)は、日本陸軍軍人政治家階級陸軍大将位階従二位勲等勲一等功級功二級

小磯 國昭
こいそ くにあき
Kuniaki koiso.jpg
陸軍正装に勲一等瑞宝章を佩用した小磯國昭
生年月日 1880年3月22日
出生地 日本の旗 日本 栃木県宇都宮市
没年月日 (1950-11-03) 1950年11月3日(70歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都豊島区
出身校 陸軍大学校卒業
前職 朝鮮総督
所属政党 大政翼賛会
称号 陸軍大将
従二位
勲一等旭日大綬章
功二級金鵄勲章
サイン KoisoK kao.png

内閣 小磯内閣
在任期間 1944年(昭和19年)7月22日 - 1945年(昭和20年)4月7日
天皇 昭和天皇

日本の旗 第9代 朝鮮総督
在任期間 1942年(昭和17年)5月29日 - 1944年(昭和19年)7月21日

日本の旗 第17代 拓務大臣
内閣 米内内閣
在任期間 1940年(昭和15年)1月16日 - 1940年(昭和15年)7月22日

日本の旗 第15代 拓務大臣
内閣 平沼内閣
在任期間 1939年(昭和14年)4月7日 - 1939年(昭和14年)8月30日
テンプレートを表示

陸軍次官、関東軍参謀長、朝鮮軍司令官を歴任後、予備役入りした。その後拓務大臣(第1517代)、朝鮮総督(第9代)を務め、太平洋戦争大東亜戦争)中にサイパン失陥を受け辞職した東條英機の後継として1944年(昭和19年)に内閣総理大臣第41代)に就任した。悪化の一途をたどる戦局の挽回を果たせず、中華民国との単独和平交渉も頓挫し、小磯は1945年(昭和20年)4月に辞任し鈴木貫太郎に後を譲った。戦後GHQによりA級戦犯容疑で起訴され東京裁判終身刑の判決を受け服役中に死去した。

目次

生涯編集

栃木県宇都宮山形県士族(旧新庄藩士)で警察署警部であった小磯進の長男として生まれた。山形県中学校陸軍士官学校(12期)、陸軍大学校(22期)卒業。

小磯は陸大での成績が同期55人中33番であり、20番以下の成績の者で小磯ほど出世した者は他にはいない。若い頃はエリートコースを歩んでおらず、陸軍内の派閥にも属していなかった。このような事情により小磯の陸軍内での人気は高くなかった。しかし陸軍屈指の実力者であった宇垣一成にその能力を買われ、陸士同期の杉山元二宮治重らとともに側近として重用される。畑俊六とあわせたこの四人は、陸士、陸大の同期で、かつ仲違いもせず昇進していく。

1930年(昭和5年)、杉山の後任として軍務局長に抜擢されると、人付き合いの良さや耳学問と読書で吸収した知識を活かし頭角を現した。その演説は理論構成もしっかりし、表現力も豊かで一級品といわれた。1931年(昭和6年)には宇垣を首班とする軍事政権樹立を図る三月事件に中心人物として関与。結局この計画は中止されるが、その後の小磯の軍歴に大きな影響を及ぼす。

三月事件、十月事件等の責任問題を背景に同年11月、荒木貞夫が陸相となり、いわゆる皇道派が陸軍内の実権を握ると、彼等は宇垣閥の排除を開始。小磯は1932年(昭和5年)2月に陸軍次官に昇進するものの、半年で中央を追われ関東軍参謀長となる。後任次官には陸士同期の皇道派、柳川平助が就いた。その後は皇道派と永田鉄山東條英機統制派の角逐が続くが、1936年(昭和11年)に二・二六事件が勃発、翌年までの粛軍人事で皇道派は壊滅した。朝鮮軍司令官であった小磯は大将に昇進するが、寺内寿一梅津美治郎ら陸軍首脳部とは疎遠となっており、予備役間近と考えられていた。

1937年(昭和12年)、廣田弘毅の後継として宇垣に組閣の大命が降下する。嘗て陸軍の首魁であった宇垣の掣肘を嫌う石原莞爾ら省部中堅層の策動があり、陸軍首脳部は三月事件の責任や派閥色を名目に陸相を推薦せず、、軍部大臣現役武官制を利用して宇垣内閣の成立を拒否する決定を下していた。宇垣は小磯に陸相就任を直接要請するが、小磯は「三長官の同意は得ましたか」と躱し要請を拒否、結局宇垣内閣は組閣流産となった。「受諾しても東京に着くまでに予備役にされてしまう。」と宇垣に伝えていたともされている。宇垣は「小磯の台頭が炎となり小磯の軽挙が招来したる三月事件が其の口実に利用せらるる(中略)。彼の捨身的奮起を促し見たりしが、彼も凡庸儕輩と等しく明哲保身以外に立ち得ざりしは可憐なり矣。」(宇垣日記)と憤りを露わにしている。

1938年(昭和13年)に予備役編入。1939年(昭和14年)、平沼内閣において拓務大臣として初入閣した。翌年には米内内閣でも拓務大臣として再入閣を果たした。

太平洋戦争開戦後の1942年(昭和17年)に朝鮮総督に就任し、「内鮮一体」をスローガンに前任者の南次郎総督が行った皇民化政策をよりいっそう押し進めた。小磯は朝鮮人官吏の登用、朝鮮人企業の推進、朝鮮人の政治関与の実現などを掲げ、1943年(昭和18年)8月1日には朝鮮にも徴兵制度を施行した。また朝鮮独立について小磯は「今更、朝鮮の独立を夢みるのは九州や、北海道が独立を企図すると同じで馬鹿げた意味のないこと」と否定的な発言を行っている。

1922年(大正11年)の欧州航空兵力視察の経験から、空軍力の充実を持論としていた。

首相就任編集

 
1944年(昭和19年)7月22日小磯内閣の閣僚らと
 
1945年(昭和20年)1月、第86帝国議会にて施政方針演説

アメリカ軍の反攻が本格化すると重臣らによって東條内閣の倒閣運動が発生し、サイパン失陥によって東條は辞任を余儀なくされた。後任を決める重臣会議では、南方軍総司令官寺内寿一、朝鮮総督の小磯、支那派遣軍司令官の畑俊六の3人に候補が絞られるが、前線指揮官の寺内を呼び戻すことに東条が反対、畑についても重臣の多くが反対し、米内光政平沼騏一郎らの推す小磯に落ち着いた[1][注釈 1][注釈 2]

当初は小磯単独の予定だったが近衛の発案で、元首相で海軍の重鎮である米内と連立させることになった。昭和天皇は重臣とも話した上で、小磯・米内の両名に「協力して内閣の組織を命ずる。」と大命降下した[1][注釈 3]

米内の副首相海相就任に伴う現役復帰について、海軍省内では野村直邦海相、岡敬純次官以下反対の空気があり、7月18日の首脳会議にて激論が交わされた。小磯は米内起用が昭和天皇の意思である事などを述べたが、野村海相はその真偽を確かめようと、同21日武官長内大臣を通さずに単身参内し、米内起用の件に関して直接昭和天皇に問い質した。海軍省内の混乱等、既に聞き及んでいた昭和天皇は、その場ではっきりと米内起用の方針を伝え、米内の現役復帰が決まった[1]

陸相に関しても、前首相の東條が当初陸相留任の姿勢を見せるなど波乱含みの展開となる。小磯は自身も米内と同様に現役復帰する事で陸相を兼任する事を考えたが、陸軍内部や重臣(近衛文麿木戸幸一ら)の間に反対が強く断念。小磯は山下奉文阿南惟幾いずれかの起用を望んだが容れられず、結局は東條、梅津美治郎参謀総長、杉山元教育総監による三長官会議で、杉山が陸相に回ることとなった[2][注釈 4]

同22日、小磯内閣発足。小磯は首相就任時には予備役となってから6年も経っており、「日本はこんなに負けているのか。」と発言するほど戦況に疎かった。また予備役のまま首相に就任した事で、戦局を検討する大本営の会議にも規則により出席できなかった。

小磯は陸海軍の指揮系統を一本化し和平を促進するため、陸軍参謀総長海軍軍令部総長の上に最高幕僚長を設置する案を推進したが、事実上陸軍に吸収されるとして海軍が猛反発。陸軍側は最高幕僚長に海軍軍人を就任させる事を提案し、昭和天皇も米内に最高幕僚長就任を打診するが、結局この案は不成立となった[注釈 5]。代わりに最高戦争指導会議を設立し、首相が陸海軍を統制する事で決着した[3][注釈 6]

小磯は米軍に一撃を加えた上で対米講和を図ることを意図し、レイテ決戦へと向かっていく。しかし現地の山下奉文第14方面軍司令官と寺内南方軍総司令官の対立、陸海軍の意見不一致で作戦がまとまらず[4]、10月23-25日のレイテ沖海戦では空母4隻、戦艦3隻を失うなどの手痛い打撃を受けレイテ決戦は断念、持久戦方針へと転換された[注釈 7]

小磯は蒋介石政権との単独和平工作を企図し、緒方竹虎情報局総裁と共に、同政権国防部長何応欽と繋がっているとされた繆斌に接触した(繆斌工作[5]。陸海軍首脳部も一時はこの工作に賛同したが、重光葵外相が猛反対する。重光は「繆斌に蒋介石との繋がりはなく、日本の機密情報を持ち帰って寝返ろうとしているだけの和平ブローカー」としてそれを示す資料を軍首脳に提示、杉山陸相・米内海相も重光に同意し、一転して同工作に反対した[6]。木戸内大臣、梅津参謀総長、昭和天皇も同工作に反対し[注釈 8]、小磯は繆斌工作を断念せざるを得なくなった。

いよいよ進退窮まった小磯は再び自身の現役復帰と陸相兼務を画策するが、杉山陸相に拒絶される。その後、杉山陸相が本土決戦に向けて新設された第1総軍司令官として転出することになったため、小磯はあらためて自身の現役復帰と陸相兼務を試みたが、三長官会議にて阿南惟幾が後任の陸相に選ばれる。八方塞がりとなった小磯内閣は、1945年(昭和20年)4月7日内閣総辞職。発足から約8ヵ月半だった。

猶、在任中の1944年(昭和19年)9月7日には、インドネシアの独立を認容する「小磯声明」を発表している。

戦後編集

敗戦後の1945年(昭和20年)11月19日に小磯を含め大物戦犯11人のリストがGHQにより発表され小磯は逮捕された。小磯には「朝鮮の虎」とのアダ名が付けられていた。予審検事による尋問の中で検事が「将軍は、朝鮮のトラと呼ばれている。トラは侵略的ないきものである。その理由をお答え願いたい。」と質問した。これに対し小磯は「たぶん、歴代の朝鮮総督のうち、ご覧のとおり私が一番の醜男だ。この顔がトラに似ているからでは」と答えた。その場で速記を取っていた女性速記者が笑い出し、検事も「よく分かった」と了解した[7]

1948年(昭和23年)に極東国際軍事裁判で終身禁錮刑となり、1950年(昭和25年)に巣鴨拘置所内で食道癌により死去した。

人物編集

小磯は大変な美声の持ち主で、「河鹿」というあだ名があった。満州事変の頃、東京花柳界では白頭山節が流行ったが、これを歌わせて小磯の右に出る者はなく、小磯が歌うと芸者三味線のバチを投げ出すほどだった。

ナチス・ドイツ宣伝省大臣のヨーゼフ・ゲッベルスはその日記で、「小磯内閣には戦争を続ける力がない。」と記し、日本がドイツより先に降伏して、ドイツが単独で戦争を続けなければならなくなると懸念を示していた。実際にはドイツは5月に降伏したが日本の降伏は8月であり、ドイツの方が降伏は早かった。

家族編集

  • 妻・馨子(新潟県士族牧口義方五女)
  • 長男・昭一
  • 長女・美智子

年譜編集

栄典編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『昭和天皇独白録』p.114
  2. ^ 吉松安弘『東條英機暗殺の夏』1984年(新潮社
  3. ^ 『昭和天皇独白録』p.127
  4. ^ 『昭和天皇独白録』p.117
  5. ^ 『昭和天皇独白録』p.126
  6. ^ 伊藤隆・渡邊行男編『重光葵手記』p.464-467
  7. ^ 児島襄 『東京裁判 (上)』 中公新書、1971年
  8. ^ 『官報』第2176号「叙任及辞令」1934年4月6日。
  9. ^ 『官報』第3495号「叙任及辞令」1938年8月26日。
  10. ^ 『官報』第4555号「叙任及辞令」 1942年3月18日。
  11. ^ 『官報』第5329号「叙任及辞令」 1944年10月18日。

注釈編集

  1. ^ 小磯について昭和天皇は「三月事件にも関係があったといわれているし、また神がかりの傾向もあり、且つ経済の事も知らない。」「米内・平沼が薦めるので不本意ながら大命降下したが、案の定小磯内閣は良くなかった。」「小磯は側から言われるとすぐぐらつき言う事が信用できない、腹もなく自信もなく米内を煩わせていた。」と低く評価している(寺崎英成昭和天皇独白録文藝春秋1995年ISBN 4167198037
  2. ^ 東条内閣倒閣工作に関与していた重臣たちも後任までは詳細に検討しておらず、元首相若槻禮次郎は「陸軍大将を任官年次の古い順に見ていって適当な人物を捜すという総理大臣を推薦するのか何を推薦するのかわからんようなことをやって小磯が選ばれた。」と回想している。
  3. ^ 官制上は小磯が首相、副首相の米内が海相であり、話を受けた米内は「首班はどちらなのか。」と確認して「それはやはり小磯さんです。」との回答を得ると「それなら小磯君がやりたいようにやればいい。」とほとんど小磯に任せきりだった。
  4. ^ 小磯と杉山は既に往時の親密な関係ではなく、戦局の円滑な情報交換に不安を残す結果となった。
  5. ^ (仮に最高幕僚が設置されたとしても)「体の良い"オブザーバー(お飾り)"になっていただろう」と昭和天皇は回想している。(『昭和天皇独白録』p.127)
  6. ^ しかし小磯が最高戦争指導会議で発言しても、秦彦三郎陸軍参謀次長に「近代的作戦用兵を知らない首相は口出しするな。」とたしなめられたりするなど、とても指導力を発揮しているとは言えない状況だった。陸軍省内でも「この内閣は2ヶ月で潰す」という放言がまかり通っていた。
  7. ^ しかし小磯は決戦方針の転換を聞かされておらず「レイテ決戦は天王山」と呼号し、昭和天皇から作戦中止を知らされて大恥をかいた。
  8. ^ 昭和天皇は繆斌工作に関し、「繆斌は汪精衛を見捨てた男である。元来重慶工作は南京政府に一任しているのだから日本が直接乗り出すのは不信な行為であるし、いやしくも一国の首相ともある者が蒋介石の親書も持って居ない一介の男である繆斌如き者の力によって日支全面和平を図ろうと考えるのは、頗る見識の無い事である。たとえ成功しても国際信義を失うし、失敗すれば物笑いとなる。」と自身の見解を述べている。『昭和天皇独白録』p.124-125

関連項目編集

外部リンク編集