平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会

平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会(へいせい30ねんどてんのうはいこうごうはいぜんにほんバレーボールせんしゅけんたいかい)は、2018年4月30日から12月23日にかけて行われた12回目の天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会である。

平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会
公式サイト
開催国  日本の旗 日本
期間  2018年4月30日 - 12月23日
チーム数  男子:24 女子:24
(ファイナルラウンド出場チーム数)
女子優勝  久光製薬スプリングス (7回目)
男子優勝  JTサンダーズ (3回目)
前回
次回

概要編集

出典:大会概要”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。

試合方式編集

都道府県ラウンド、ブロックラウンド、ファイナルラウンドの3段階方式である。

都道府県ラウンド

各都道府県ごとにブロックラウンド進出チームを決める大会を行う[1]

ブロックラウンド

9地区に分かれてファイナルラウンド進出を決める大会を行う[2]

2017/18V・チャレンジリーグI2017/18V・チャレンジリーグII所属チーム、大学・高校の上位校、都道府県ラウンドを勝ち抜いたチームなどが出場する。

ファイナルラウンド進出枠
ブロック 男子 女子
北海道 1 1
東北 1 1
関東 4 3
北信越 1 2
東海 2 2
近畿 3 2
中国 1 1
四国 1 1
九州 2 3
合計 16 16
ファイナルラウンド

男女とも、2017/18V・プレミアリーグ所属8チームとブロックラウンドを勝ち抜いた16チームの計24チームが出場しトーナメント方式で優勝を争う[3]

ファイナルラウンド編集

男子編集

出場チーム編集

チーム 備考
パナソニックパンサーズ 2017/18V・プレミアリーグ優勝
豊田合成トレフェルサ 2017/18V・プレミアリーグ準優勝
JTサンダーズ 2017/18V・プレミアリーグ3位
東レアローズ 2017/18V・プレミアリーグ4位
ジェイテクトSTINGS 2017/18V・プレミアリーグ5位
サントリーサンバーズ 2017/18V・プレミアリーグ6位
堺ブレイザーズ 2017/18V・プレミアリーグ7位
FC東京 2017/18V・プレミアリーグ8位
ヴォレアス北海道 北海道ブロック勝者[4]
仙台大学 東北ブロック勝者[5]
早稲田大学 関東ブロック勝者[6]
筑波大学 関東ブロック勝者
中央大学 関東ブロック勝者
順天堂大学 関東ブロック勝者
VC長野トライデンツ 北信越ブロック勝者[7]2017/18V・チャレンジリーグI5位。
愛知学院大学 東海ブロック勝者[8]
大同特殊鋼レッドスター 東海ブロック勝者、2017/18V・チャレンジリーグI4位。
洛南高等学校 近畿ブロック勝者[9]
天理大学 近畿ブロック勝者
大塚高等学校 近畿ブロック勝者
福山平成大学 中国ブロック勝者[10]
高知高等学校 四国ブロック勝者[11]
東福岡高等学校 九州ブロック勝者[12]
大分三好ヴァイセアドラー 九州ブロック勝者、2017/18V・チャレンジリーグI準優勝。

結果編集

  1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝 決勝
                                   
 パナソニックパンサーズ 3  
 筑波大学 3  
 筑波大学 2  
 大同特殊鋼レッドスター 0  
   パナソニックパンサーズ 3  
   FC東京 0  
 大塚高等学校 3  
 大塚高等学校 0
 仙台大学 2  
 FC東京 3  
   パナソニックパンサーズ 2  
   東レアローズ 3  
 ジェイテクトSTINGS 3  
 洛南高等学校 2  
 福山平成大学 0  
 福山平成大学 3  
   ジェイテクトSTINGS 0
   東レアローズ 3  
 大分三好ヴァイセアドラー 0  
 中央大学 1
 中央大学 3  
 東レアローズ 3  
   東レアローズ 0
   JTサンダーズ 3
 JTサンダーズ 3  
 順天堂大学 1  
 ヴォレアス北海道 0  
 ヴォレアス北海道 3  
   JTサンダーズ 3  
   サントリーサンバーズ 0  
 愛知学院大学 3  
 愛知学院大学 0
 高知高等学校 0  
 サントリーサンバーズ 3  
   JTサンダーズ 3
   豊田合成トレフェルサ 0  
 堺ブレイザーズ 3  
 VC長野トライデンツ 0  
 早稲田大学 0  
 早稲田大学 3  
   堺ブレイザーズ 0
   豊田合成トレフェルサ 3  
 天理大学 2  
 東福岡高等学校 0
 東福岡高等学校 3  
 豊田合成トレフェルサ 3  

出典:ファイナルラウンド試合結果(男子)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。

1回戦
日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 R
12月14日   筑波大学 3–0 大同特殊鋼レッドスター 25–19 25–16 26–24     76–59  
12月14日   洛南高等学校 2–3 福山平成大学 25–19 25–21 23–25 26–28 10–15 109–108  
12月14日   順天堂大学 1–3 ヴォレアス北海道 25–22 14–25 20–25 19–25   78–97  
12月14日   VC長野トライデンツ 0–3 早稲田大学 17–25 24–26 17–25     58–76  
12月14日   大塚高等学校 3–2 仙台大学 25–23 25–20 23–25 23–25 15–9 111–102  
12月14日   大分三好ヴァイセアドラー 0–3 中央大学 19–25 20–25 21–25     60–75  
12月14日   愛知学院大学 3–0 高知高等学校 25–18 25–20 25–17     75–55  
12月14日   天理大学 2–3 東福岡高等学校 25–20 31–29 18–25 21–25 8–15 103–114  
2回戦
日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 R
12月15日   パナソニックパンサーズ 3–2 筑波大学 25–19 24–26 25–18 20–25 15–12 109–100  
12月15日   ジェイテクトSTINGS 3–0 福山平成大学 25–20 25–21 25–20     75–61  
12月15日   JTサンダーズ 3–0 ヴォレアス北海道 25–17 25–20 25–22     75–59  
12月15日   堺ブレイザーズ 3–0 早稲田大学 25–21 25–20 25–15     75–56  
12月15日   大塚高等学校 0–3 FC東京 18–25 21–25 11–25     50–75  
12月15日   中央大学 1–3 東レアローズ 23–25 25–23 19–25 22–25   89–98  
12月15日   愛知学院大学 0–3 サントリーサンバーズ 18–25 18–25 17–25     53–75  
12月15日   東福岡高等学校 0–3 豊田合成トレフェルサ 18–25 21–25 11–25     50–75  
準々決勝
日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 R
12月16日   パナソニックパンサーズ 3–0 FC東京 25–13 25–17 25–18     75–48  
12月16日   ジェイテクトSTINGS 0–3 東レアローズ 24–26 20–25 16–25     60–76  
12月16日   JTサンダーズ 3–0 サントリーサンバーズ 25–18 25–22 25–23     75–63  
12月16日   堺ブレイザーズ 0–3 豊田合成トレフェルサ 21–25 18–25 22–25     61–75  
準決勝
日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 R
12月22日 11:00 パナソニックパンサーズ 2–3 東レアローズ 25–22 31–29 21–25 20–25 9–15 106–116 A B
12月22日 13:50 JTサンダーズ 3–0 豊田合成トレフェルサ 25–18 29–27 25–16     79–61 A B
決勝
日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 R
12月23日 11:08 東レアローズ 0–3 JTサンダーズ 24–26 22–25 23–25     69–76 A B

女子編集

出場チーム編集

チーム 備考
久光製薬スプリングス 2017/18V・プレミアリーグ優勝
JTマーヴェラス 2017/18V・プレミアリーグ準優勝
トヨタ車体クインシーズ 2017/18V・プレミアリーグ3位
デンソーエアリービーズ 2017/18V・プレミアリーグ4位
NECレッドロケッツ 2017/18V・プレミアリーグ5位
東レアローズ 2017/18V・プレミアリーグ6位
埼玉上尾メディックス 2017/18V・プレミアリーグ7位
日立リヴァーレ 2017/18V・プレミアリーグ8位
北翔大学 北海道ブロック勝者[13]
古川学園高等学校 東北ブロック勝者[14]
日本女子体育大学 関東ブロック勝者[15]
順天堂大学 関東ブロック勝者
筑波大学 関東ブロック勝者
PFUブルーキャッツ 北信越ブロック勝者[16]2017/18V・チャレンジリーグI準優勝。
KUROBEアクアフェアリーズ 北信越ブロック勝者、2017/18V・チャレンジリーグI3位。
中京大学 東海ブロック勝者[17]
JAぎふリオレーナ 東海ブロック勝者、2017/18V・チャレンジリーグI5位。
ヴィクトリーナ姫路 近畿ブロック勝者[18]2018年よりV.LEAGUE Division2参戦。
金蘭会高等学校 近畿ブロック勝者
岡山シーガルズ 中国ブロック勝者[19]、2017/18V・チャレンジリーグI優勝。
松山東雲短期大学 四国ブロック勝者[20]
鹿屋体育大学 九州ブロック勝者[21]
九州文化学園高等学校 九州ブロック勝者
東九州龍谷高等学校 九州ブロック勝者

結果編集

  1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝 決勝
                                   
 久光製薬スプリングス 3  
 日本女子体育大学 2  
 金蘭会高等学校 0  
 金蘭会高等学校 3  
   久光製薬スプリングス 3  
   日立リヴァーレ 1  
 KUROBEアクアフェアリーズ 3  
 KUROBEアクアフェアリーズ 0
 鹿屋体育大学 2  
 日立リヴァーレ 3  
   久光製薬スプリングス 3  
   NECレッドロケッツ 1  
 NECレッドロケッツ 3  
 松山東雲短期大学 0  
 JAぎふリオレーナ 0  
 JAぎふリオレーナ 3  
   NECレッドロケッツ 3
   デンソーエアリービーズ 1  
 九州文化学園高等学校 0  
 順天堂大学 0
 順天堂大学 3  
 デンソーエアリービーズ 3  
   久光製薬スプリングス 3
   トヨタ車体クインシーズ 1
 トヨタ車体クインシーズ 3  
 筑波大学 0  
 ヴィクトリーナ姫路 0  
 ヴィクトリーナ姫路 3  
   トヨタ車体クインシーズ 3  
   東レアローズ 2  
 PFUブルーキャッツ 3  
 PFUブルーキャッツ 0
 古川学園高等学校 0  
 東レアローズ 3  
   トヨタ車体クインシーズ 3
   埼玉上尾メディックス 1  
 埼玉上尾メディックス 3  
 東九州龍谷高等学校 3  
 東九州龍谷高等学校 0  
 北翔大学 0  
   埼玉上尾メディックス 3
   JTマーヴェラス 1  
 岡山シーガルズ 3  
 岡山シーガルズ 2
 中京大学 1  
 JTマーヴェラス 3  

出典:ファイナルラウンド試合結果(女子)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。

1回戦
日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 R
12月14日   日本女子体育大学 2–3 金蘭会高等学校 25–22 25–19 23–25 18–25 6–15 97–106  
12月14日   松山東雲短期大学 0–3 JAぎふリオレーナ 15–25 17–25 20–25     52–75  
12月14日   筑波大学 0–3 ヴィクトリーナ姫路 19–25 18–25 16–25     53–75  
12月14日   東九州龍谷高等学校 3–0 北翔大学 25–10 25–16 25–10     75–36  
12月14日   KUROBEアクアフェアリーズ 3–2 鹿屋体育大学 25–22 22–25 21–25 25–23 17–15 110–110  
12月14日   九州文化学園高等学校 0–3 順天堂大学 25–27 22–25 15–25     62–77  
12月14日   PFUブルーキャッツ 3–0 古川学園高等学校 25–12 25–22 29–27     79–61  
12月14日   岡山シーガルズ 3–1 中京大学 19–25 26–14 25–13 25–16   95–68  
2回戦
日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 R
12月15日   久光製薬スプリングス 3–0 金蘭会高等学校 26–24 25–13 25–23     76–60  
12月15日   NECレッドロケッツ 3–0 JAぎふリオレーナ 25–18 25–21 25–11     75–50  
12月15日   トヨタ車体クインシーズ 3–0 ヴィクトリーナ姫路 25–19 25–22 25–19     75–60  
12月15日   埼玉上尾メディックス 3–0 東九州龍谷高等学校 25–11 25–18 25–19     75–48  
12月15日   KUROBEアクアフェアリーズ 0–3 日立リヴァーレ 20–25 15–25 22–25     57–75  
12月15日   順天堂大学 0–3 デンソーエアリービーズ 18–25 17–25 15–25     50–75  
12月15日   PFUブルーキャッツ 0–3 東レアローズ 17–25 18–25 22–25     57–75  
12月15日   岡山シーガルズ 2–3 JTマーヴェラス 18–25 23–25 26–24 25–18 13–15 105–107  
準々決勝
日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 R
12月16日   久光製薬スプリングス 3–1 日立リヴァーレ 25–17 24–26 25–22 25–16   99–81  
12月16日   NECレッドロケッツ 3–1 デンソーエアリービーズ 22–25 25–22 25–21 28–26   100–94  
12月16日   トヨタ車体クインシーズ 3–2 東レアローズ 19–25 25–21 17–25 25–23 15–9 101–103  
12月16日   埼玉上尾メディックス 3–1 JTマーヴェラス 22–25 25–20 25–14 25–15   97–74  
準決勝
日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 R
12月22日 16:05 久光製薬スプリングス 3–1 NECレッドロケッツ 25–22 23–25 25–21 25–21   98–89 A B
12月22日 18:35 トヨタ車体クインシーズ 3–1 埼玉上尾メディックス 13–25 25–18 25–23 25–21   88–87 A B
決勝
日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 R
12月23日 16:08 久光製薬スプリングス 3–1 トヨタ車体クインシーズ 35–33 20–25 25–23 26–24   106–105 A B

脚注編集

  1. ^ 都道府県ラウンド”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  2. ^ ブロックラウンド”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  3. ^ ファイナルラウンド”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  4. ^ 平成30年度 天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会北海道ブロックラウンド 【男子】 競技結果 (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  5. ^ 平成30年度 天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会東北ブロックラウンド男子 (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  6. ^ 関東ブロックラウンド(男子) (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  7. ^ 北信越ブロックラウンド(男子) (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  8. ^ 東海ブロックラウンド(男子) (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  9. ^ 近畿ブロックラウンド(男子) (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  10. ^ 平成30年度 天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会中国ブロックラウンド 男子 (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  11. ^ 四国ブロックラウンド(男子) (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  12. ^ 平成30年度 天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会 九州ブロックラウンド (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  13. ^ 平成30年度 天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会北海道ブロックラウンド 【女子】 競技結果 (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  14. ^ 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会東北ブロックラウンド女子 (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  15. ^ 関東ブロックラウンド(女子) (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  16. ^ 北信越ブロックラウンド(女子) (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  17. ^ 東海ブロックラウンド(女子) (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  18. ^ 近畿ブロックラウンド(女子) (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  19. ^ 平成30年度 天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会中国ブロックラウンド女子 (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  20. ^ 四国ブロックラウンド(女子) (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。
  21. ^ 平成30年度 天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会 九州ブロックラウンド (PDF)”. 平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会. 日本バレーボール協会. 2020年7月27日閲覧。

外部リンク編集