メインメニューを開く

松山東雲短期大学(まつやましののめたんきだいがく、英語: Matsuyama Shinonome Junior College)は、愛媛県松山市桑原三丁目2番1号に本部を置く日本私立大学である。1964年に設置された。大学の略称はしのたん。

松山東雲短期大学
画像募集中
画像募集中
大学設置 1964年
創立 1886年
学校種別 私立
設置者 学校法人松山東雲学園
本部所在地 愛媛県松山市桑原三丁目2番1号
学部 食物栄養学科
保育科
現代ビジネス学科
研究科 なし
ウェブサイト 松山東雲短期大学公式サイト
テンプレートを表示

概観編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 松山東雲短期大学における建学の精神は「信仰・希望・愛」となっている。

教育および研究編集

学風および特色編集

沿革編集

  • 1886年 - 二宮邦次郎により松山女学校が創設される。
  • 1932年 - 松山東雲高等女学校に改組される。
  • 1952年 - 松山東雲カレッジが創設される。
  • 1957年 - 松山東雲栄養学院を併設する。
  • 1964年 - 松山東雲短期大学開学。食物科を置く。
  • 1966年 - 学科を増設する。(家政科[1]・英文科[2]・保育科[3]
  • 1984年 - 秘書科を増設する。
  • 1987年 - 学科を改組する。
    • 生活科学科
      • 生活文化専攻(旧・家政科): 1999年 生活文化学科に改組
      • 食物栄養専攻(旧・食物科)
      • 生活環境専攻(新設): 後に生活デザイン専攻に改組
  • 2002年 - 専攻科福祉専攻を設置する。
  • 2009年  専攻科福祉専攻を廃止。
  • 2011年 - 生活科学科生活デザイン専攻を廃止。
  • 2014年 - 秘書科を現代ビジネス学科に名称変更。
  • 2017年 - 生活科学科食物栄養専攻を食物栄養学科に名称変更。

基礎データ編集

所在地編集

  • 本部キャンパス(愛媛県松山市桑原三丁目2番1号)

交通アクセス編集

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 保育科
  • 現代ビジネス学科
  • 食物栄養学科
学科の変遷編集
  • 食物科→生活科学科食物栄養専攻→食物栄養学科
  • 家政科→生活科学科生活文化専攻→生活文化学科→生活科学科生活福祉専攻
    • 生活科学科生活環境専攻→生活デザイン専攻
  • 英文科: 募集は1998年度まで
  • 秘書科→現代ビジネス学科

専攻科編集

  • なし

過去にあった専攻科編集

別科編集

  • なし
取得資格について編集
資格
  • 栄養士資格: 食物栄養学科
  • 保育士資格: 保育科
  • 介護福祉士資格:かつての生活科学科生活福祉専攻・福祉専攻科にて取得できた。
教職課程

附属機関編集

  • 図書館
  • 国際交流センター
  • ボランティアセンター
  • 生涯学習エクステンションセンター

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 松山東雲短期大学の学園祭は「東雲祭」と呼ばれ、例年概ね11月に行われている。2008年度は、タレントの二宮優樹が訪問している。

スポーツ編集

  • ソフトテニスが、「第57回四国地区大学総合体育大会」で団体優勝した実績をもつ。
  • バレーボールが、「四国大学バレーボール春季リーグ戦大会」で2部3位の実績をもつ。
  • 少林寺拳法が、「第57回四国地区大学総合体育大会」にて単独演武最優秀の実績をもつ。

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

  • 松山東雲短期大学には、「松山東雲学園同窓会」組織がある。

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

  • 二宮源兵: 初代学長
  • 磯村滋宏: 現学長

主な出身著名人編集

  • 越智志帆 (Superfly) - 歌手
  • 森恵 - シンガーソングライター

施設編集

キャンパス編集

  • A館
  • B館
  • D館: 1Fにカフェテリアがある。1,500人収容のチャペルがある。
  • E館
  • 愛真館: 1Fに図書館がある(所蔵数はおよそ190,000冊)
  • 本館北
  • 本館南

対外関係編集

社会との関わり編集

  • 1991年度より生涯学習として、学園の教育、研究活動の成果を社会に開放すべく松山東雲オープンカレッジを開設している。
  • 松山市ひろば型地域子育て支援事業の委託を受け、桑原キャンパス内にしののめ広場「たんぽぽ」を開設している。

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

附属学校編集

短期大学関連書物編集

  • 『松山東雲短期大学の歩み-松山東雲学園創立九十周年記念-』(松山東雲学園創立九十年誌編集委員会。1976年
  • 『松山東雲短期大学研究論集』シリーズ[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 当初の在籍者数は183人。
  2. ^ 当初の在籍者数は82人。
  3. ^ 当初の在籍者数は82人。
  4. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内
  5. ^ 以上、愛媛県立図書館ほか所蔵。

参考文献編集

関連項目編集

公式サイト編集