日本人のへそ』(にほんじんのへそ)は、井上ひさし原作による戯曲演劇映画である。劇団テアトル・エコー第34回公演のため書き下ろされ、1969年2月に初演された。2幕構成。井上の本格的な戯曲デビュー作としても知られる。2010年の公演にて読売演劇大賞選考委員特別賞を受賞。1977年映画化された。

日本人のへそ
作者 井上ひさし
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 戯曲
幕数 2幕
発表年 1969年
初演情報
公演名 テアトル・エコー第34回公演
場所 エコー屋根裏劇場
初演公開日 1969年2月
劇団 テアトル・エコー
演出 熊倉一雄
主演 熊倉一雄
平井道子
山田康雄
Portal.svg ポータル 文学 Portal.svg ポータル 舞台芸術
テンプレートを表示

概要編集

とある大学教授の提案から、吃音症治療として浅草ストリッパーの半生を劇中劇で描き、そこから物語は二転三転する。言葉遊びを駆使した喜劇でありながら、日本の社会と精神を風刺し、ミステリー音楽劇の要素も含む作品である。また、井上自身の経歴や体験が内容に多く反映されている[1]

NHKの人形劇『ひょっこりひょうたん島』で井上の脚本に感銘を受けた出演者の熊倉一雄が、1967年2月に自身の劇団テアトル・エコーのため井上へ書き下ろし脚本を依頼。完成したのが本作品である。熊倉が当時自ら演出と主演を務め、「日本人のへそ」という題も熊倉が命名している[2]

1969年2月の初演で成功を収め、しばらく熊倉と井上のコンビによる作品は演劇界の話題となった[3]。また、自分に戯曲の才能はないと思っていた井上はこの成功から、劇作家を一生の仕事にしようと決意したという[4]

テアトル・エコーでは2度再演されている。2010年の3度目の公演は「目が黒いうちに再演したい」と熊倉の意向で井上本人の快諾の上で企画されたものの、公演前に井上が死去したことから追悼公演となった。また、井上主宰によるこまつ座でも、1985年以降公演が行われている。

初演に出演した山田康雄は本作について、後に「既成の新劇の演技術では処しきれない井上ひさしさんのデビュー作に、役者も演出家も悪戦苦闘していた」と述懐している。なお、山田は役作りの際『ルパン三世』の原作を大きな参考にしたといい、それが縁で代表作となるルパン三世声優に抜擢されることとなった[5]

あらすじ編集

公演編集

テアトル・エコー公演編集

  • 第34回公演(1969年2月)
  • 第43回公演(1972年10月)
  • 第140回公演(2010年9月 - 10月)※井上ひさし追悼公演

こまつ座公演編集

  • 第2回公演(1985年1月)
  • 第27回公演(1992年11月 - 12月)
  • 第93回公演(2011年3月)※井上ひさし追悼公演
  • 第135回公演(2021年3月)

その他の公演編集

  • 虚構の劇団第15回公演(2020年) ※新型コロナウイルスにより中止となり2022年に上演となった[6]

主な出演編集

ヘレン天津役以外の出演者は、基本的に複数の役を演じる。

テアトル・エコー公演編集

熊倉一雄は全公演に教授役で出演。

第34回・第43回公演
第140回公演

こまつ座公演編集

第2回公演
第27回公演
第93回公演
第135回公演

その他の公演編集

虚構の劇団公演

主なスタッフ編集

テアトル・エコー公演編集

こまつ座公演編集

その他の公演編集

虚構の劇団

書誌情報編集

映画編集

日本人のへそ
監督 須川栄三
脚本 白坂依志夫
原作 井上ひさし
製作 須川栄三
藤井浩明
西村隆平
音楽 服部公一
撮影 逢沢譲
編集 黒岩義民
配給 ATG
公開   1977年3月15日
上映時間 101分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1977年公開。テアトル・エコー公演を基にしており、熊倉も舞台とは別役ながら出演している。

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ 井上芳雄 (2021年3月6日). “『日本人のへそ』必死で探す「役の声」”. 井上芳雄 エンタメ通信 (日本経済新聞). https://style.nikkei.com/article/DGXMZO69603250T00C21A3000000/ 2022年3月16日閲覧。 
  2. ^ 「東京裁判三部作」新国立スペシャル・トーク ─ 井上ひさしの現場 ─”. 新国立劇場 (2010年5月12日). 2022年3月16日閲覧。
  3. ^ 「文藝春秋」写真資料部 (2016年4月11日). “声優の草分け・熊倉一雄と井上ひさしのコンビが名舞台を生んだ”. 文春写真館 (文藝春秋). https://books.bunshun.jp/articles/-/1320 2022年3月16日閲覧。 
  4. ^ 中本千晶 (2021年3月13日). “劇作家・井上ひさしのデビュー作再び、こまつ座『日本人のへそ』”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/nakamotochiaki/20210313-00227235 2022年3月17日閲覧。 
  5. ^ モンキー・パンチ 『ルパン三世 (1)』中央公論新社〈中公文庫〉、1998年。ISBN 4-12-203054-4 
  6. ^ “虚構の劇団が解散、最終公演「日本人のへそ」で盛大な花火を打ち上げる”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年7月30日). https://natalie.mu/stage/news/487607 2022年10月22日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集