二見忠男

日本の俳優、男性声優 (1931-1994)

二見 忠男(ふたみ ただお、1931年7月21日[2][3][4] - 1994年8月1日[3])は日本俳優声優。本名同じ[2]

ふたみ ただお
二見 忠男
本名 二見 忠男
生年月日 (1931-07-21) 1931年7月21日
没年月日 (1994-08-01) 1994年8月1日(63歳没)
出身地 日本の旗 日本東京都中野区中野
身長 163 cm[1]
職業 俳優声優
ジャンル テレビドラマ映画舞台アニメ吹き替え
活動期間 1950年 - 1994年
テンプレートを表示

東京都出身[2][3][4]早稲田大学卒業[2][3][4]テアトル・エコーに所属していた[2]

来歴・人物 編集

大学卒業後、1957年2月、グループかささぎに所属[5]。1958年3月にテアトル・エコーに入団[3][4][5]。味わい深い脇役としてテレビドラマ舞台映画アニメ等で活躍。特に『仮面の忍者 赤影』では飄逸な忍者を一人二役で演じた。

1970年代1980年代には『太陽にほえろ!』をはじめ、東宝NTV系のアクションドラマの悪役としてもお馴染みの存在だった。

テアトル・エコー退団後はオールススタッフへ移籍[3]。舞台『いずみたくミュージカル・俺たちは天使じゃない』を最後に、1994年8月1日肺癌のため死去。63歳没。

後任 編集

二見の死後、持ち役を引き継いだのは以下の通り。

出演作品(俳優) 編集

テレビドラマ 編集

  • 第28話「国士無双」(1961年、KTV
  • 忍者部隊月光CX
    • 第21話「謀報尾行作戦 前篇」
    • 第22話「諜報尾行作戦 後篇」(1964年)- セルパン(ブラック団工作員)
    • 第43話「地獄鍋作戦 前篇」
    • 第44話「地獄鍋作戦 後篇」(1964年)- ベアード(ブラック団隊長)
    • 第102話「大島ライン作戦 前篇」(1965年)- 連絡船内の男
  • 特別機動捜査隊 第166話「善意の街」(1964年、NET
  • 氷点(1966年、NET)
  • 泣いてたまるか 第2話「やじろべえ夫婦」(1966年、TBS
  • 三匹の侍(CX)
    • 第4シリーズ 第13話「抜け忍非情」(1966年)- 小一郎
    • 第5シリーズ 第21話「助三郎覚書」(1968年)- 金次
    • 第6シリーズ 第12話「土は哭いていた」(1968年)- 伝次
  • これが青春だ 第14話「とんだ拾いもの」(1967年、NTV
  • マグマ大使 第35話「危うしマグマ基地」(1967年、CX)- ゴアの部下・阿部峠の猟師
  • 快獣ブースカ(1967年、NTV)- ガマ尾八九郎(日の出町町長)
    • 第32話「すてきな怪獣の日」
    • 第39話「百トン旋風ワッショイ!」
  • 仮面の忍者 赤影KTV
    • 第35話「梟怪獣ガッポ」(1967年)- 伊賀忍者・ホオジロの鼻
    • 第42話「忍法はがね鞭」- 第47話「魔風堂の怪獣」(1968年)- 雲間猿彦 / 雲間犬彦
  • 素浪人 月影兵庫 第2シリーズ 第71話「おらは死んじまった筈だった」(1968年、NET)- 居酒屋の親父
  • コメットさん 第1期(1968年、TBS)
  • 河童の三平 妖怪大作戦 第3話「吸血自動車」(1968年、NET)- 妖怪血なめ
  • 男はつらいよ 第1話(1969年)- 寅次郎の仲間
  • バンパイヤ 第18話「憎しみを越えて」(1969年、CX)- トラック運転手
  • 東京バイパス指令 第21話「イヌは誰だ」(1969年、NTV)
  • 無用ノ介 第9話「やってきた無用ノ介」(1969年、NTV)- 地獄虫
  • プレイガール 第26話「女が野生に帰るとき」(1969年、12ch
  • フラワーアクション009ノ1 第12話「バカンスは危険がいっぱい」(1969年、フジテレビ / 東映)
  • 木下恵介・人間の歌シリーズ 俄-浪花遊侠伝(1970年、TBS)
  • 鬼平犯科帳 第1シリーズ(1969年 ‐ 1970年、NET / 東宝)
    • 第6話「本所・桜屋敷」 ‐ 丑五郎
    • 第52話「乞食坊主」‐ 三造
    • 第64話「女の一念」- 草加の仙蔵
  • 素浪人 花山大吉(NET)
    • 第40話「目玉が火事でもてていた」(1969年)- 伍作
    • 第53話「ドカンと一発春がきた」(1970年) - 小ボケ
  • ゴールドアイ 第7話「姿なき殺人者」(1970年、NTV / 東映)
  • 時間ですよ(1970年、TBS)
  • おひかえあそばせ 第1話「勢揃い花の六人衆」(1971年、NTV / ユニオン映画) - 紙芝居屋
  • 人形佐七捕物帳 第11話「怪談 捕物三つ巴」(1971年、NET / 東宝) - 宅助
  • 遠山の金さん捕物帳(NET)
    • 第54話「握られた女」(1971年)- 京太
    • 第154話「熊さんを泣かせた女」(1973年)
  • ターゲットメン 第6話「東京タワー大爆発」(1971年、NET / 東映)
  • おれは男だ! 第39話「弘二さんあなたの赤ちゃんです!」(1972年、NTV)
  • 怪人オヨヨ(1972年、NHK)- 張念天
  • 雑居時代(1973年、NTV) - 週刊ドリーム編集長
  • 太陽にほえろ! (NTV / 東宝)
    • 第35話「愛するものの叫び」(1973年) - 情報屋
    • 第157話「対決! 6対6」(1975年)- 書店店主
    • 第213話「正当防衛」(1976年)- パークサイド店主
    • 第284話「正月の家」(1978年)- 定食屋店主
    • 第354話「交番爆破」(1979年)- 酔っ払い
    • 第424話「拳銃を追え!」(1980年)- 青木
    • 第478話「汚れた警察」(1981年)- 井上耕三(丸商たばこ店店主)
  • ワイルド7 第18話「赤い星を狙え」(1973年、NTV / 国際放映)- 丸石商事社長
  • 子連れ狼 第1部 第21話「残菊の宿」(1973年、NTV) - 晴吉
  • ウルトラマンレオ(1974年、TBS) - 梅田兄妹の父親
    • 第3話「涙よさよなら…」
    • 第5話「泣くな! おまえは男の子」
  • 大盗賊 第5話「用心棒で稼げ!」(1974年、CX)
  • 寺内貫太郎一家 第33話(1974年、TBS)
  • 傷だらけの天使 第4話「港町に男涙のブルースを」(1974年、NTV)- 殺し屋
  • 水もれ甲介 第18話「受験シーズンの幽霊」(1975年、NTV)- 喫茶サントスの主人
  • 伝七捕物帳 第80話「むすぶ情の夫婦そば」(1975年、NTV)- 喜八
  • 鬼平犯科帳'75 第9話「流星」(1975年、NET / 東宝) 丹波哲郎
  • コンドールマン 第9話「恐怖の吐かせ屋!」 - 第11話「ゼニクレージー大反撃」(1975年、NET) - コインマー
  • 俺たちの勲章 第12話「海を撃った日」(1975年、NTV)- 密造組織の男
  • 隠し目付参上 第8話「穴のむこうは極楽か」(1976年、MBS) - 吾助
  • いろはの"い" 第11話「あて逃げ」(1976年、NTV)- 小林
  • 俺たちの朝 第3話「白い帆と風と俺」(1976年、NTV)- 乗客
  • 気まぐれ天使 第25話「花の命はみじかくて」(1977年、NTV)- 医師
  • 気まぐれ本格派 (1977年、NTV)
    • 第13話「一寛の恋も一巻の終り」
    • 第14話「しゃあんめェ、霧子」
  • 大河ドラマ(NHK)
  • 俺たちの祭 第18話「幸福の時」(1978年、NTV)
  • 円盤戦争バンキッド(1976年、NTV)
    • 第3話「ハマキ型母船出現の謎」 - ロクさん
    • 第12話「おヘソを狙う宇宙人」 - テロン博士
  • 大追跡 第15話「黒い影」(1978年、NTV) - 森崎刑事(足柄東署)
  • 熱中時代(NTV)
    • 教師編
      • 第1シリーズ 第7話「熱中先生二ヶ月目のピンチ」(1978年) - 医師
      • 第2シリーズ 第17話「祖父母会とボートレース」(1980年) - 文房具店主人
    • 刑事編 第13話「新婚旅行で大手柄」(1979年)- 漁師
  • 同心部屋御用帳 江戸の旋風IV 第7話「剣と千羽鶴」(1978年、CX) - 常松
  • 江戸の激斗 第13話「名もない男達の詩」(1979年、CX) - 勘助
  • 半七捕物帳 第1話「異人の首」(1979年、ANB)
  • 鬼平犯科帳 第1シリーズ 第13話「蛇の眼」(1980年、ANB)按摩の彦の市
  • 大江戸捜査網 第512話「稲妻お竜の旅立ち」(1981年、12ch) - 源次
  • 峠の群像(1982年、NHK) - 銀平
  • 火曜サスペンス劇場 / 松本清張の指(1982年、NTV)
  • 銀河テレビ小説 / 青春前後不覚(1983年、NHK)
  • 事件記者チャボ! 第1話「チャボが大騒ぎでやってきた」(1983年)- ボーイ
  • 宮本武蔵(1984年、NHK) - 佐助
  • 刑事物語'85 第1話「殺意のいたずら電話」(1985年、NTV)
  • 必殺まっしぐら! 第3話「相手は壇ノ浦の亡霊」(1986年、ABC) - 法師
  • じゃあまん探偵団 魔隣組 第20話「バリカン軍団、現わる!」(1988年、CX)- 校長先生
  • 野望の国(1989年、NTV)
  • 世にも奇妙な物語(1991年、CX)
    • 「夢」
    • 「死神」
  • 君の名は(1991年 - 1992年、NHK)
  • 旅情サスペンス / 花梨 みちのく誘惑の甘い罠(1992年、KTV)

映画 編集

オリジナルビデオ 編集

舞台 編集

  • 男の中の男(1958年) - 支配人[4]
  • 11ぴきのネコ(1971年[7]、1973年) - にゃん蔵※阪脩とのダブルキャスト[8]
  • マックザナイフ(1986年) - すみす警部[9]
  • 純情雪景色
  • いずみたくミュージカル・俺たちは天使じゃない
  • 歌麿
  • 小林一茶

出演作品(声優) 編集

テレビアニメ 編集

劇場アニメ 編集

吹き替え 編集

洋画 編集

海外アニメ 編集

人形劇 編集

特撮 編集

ラジオ 編集

その他のコンテンツ 編集

脚注 編集

出典 編集

  1. ^ 『日本タレント名鑑(1994年版)』VIPタイムズ社、1994年、306頁。 
  2. ^ a b c d e 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、176頁。全国書誌番号:83045303 
  3. ^ a b c d e f 仮面ライダー怪人大画報 2016, p. 204, 「仮面ライダー スタッフ・キャスト人名録 2016年版」
  4. ^ a b c d e 「新劇俳優名鑑」『新劇便覧』テアトロ、1965年、308頁。 
  5. ^ a b 『タレント名鑑NO2』芸能春秋社、1963年、84頁。 
  6. ^ 多田野は顔が二見に似ているため、古い芝居をする際は舞台でも二見の役を受け継いでいる。故・山田康雄さん演じたイーストウッドの代役務めた多田野曜平「山田さんの吹き替え魂は継承したい」!”. シネマトゥデイ. 2019年5月19日閲覧。
  7. ^ 『芸能』6月号、芸能学会、1971年、53頁。 
  8. ^ 『芸能』8月号、芸能学会、1973年、53頁。 
  9. ^ 芸能学会(編)『芸能』1月号、芸能発行所、1986年、43頁。 

参考文献 編集

  • ホビージャパンMOOK『宇宙船別冊 仮面ライダー怪人大画報』2007年12月18日発行

外部リンク 編集