メインメニューを開く

木曽三川分流工事

明治治水から転送)
海津市南端の木曽三川公園。川は上から木曽川、長良川、揖斐川。三川分流工事によってこのように完全に3つの川が分離された。

木曽三川分流工事(きそさんせんぶんりゅうこうじ)とは、1887年明治20年)から1912年(明治45年)に行われた木曽三川完全分流工事。オランダ人技師ヨハニス・デ・レーケが作成した計画に基づいて施工された。単に「三川分流工事」、あるいは宝暦治水と区別する意味で「明治治水」とも呼ばれる。

目次

工事以前編集

三川の流域は古くから洪水による水害が多く、三川も大洪水によって分流・合流を繰り返していた。1754年宝暦4年)の宝暦治水以降、輪中地帯の洪水は放置されたままであり、1871年(明治4年)岐阜、愛知両県の堤防取締役らが三川分流を明治新政府に上申したが聞き入られなかった。

分流工事前の時点では木曽川と長良川は現在の東海大橋のやや上流で合流し、国営木曽三川公園の付近で揖斐川とも合流し、直後に現在の揖斐川と木曽川に分岐していた。三川の東岸は木曽川とその派川である佐屋川に挟まれた細長い立田輪中(現在の稲沢市から愛西市の西部域が相当)となっており、高須輪中(長良川と揖斐川に挟まれた地域、現在の海津市輪之内町など)は3つの派川によって小さな輪中に分断されていた。

分流工事編集

輪中地帯を中心にした愛知県岐阜県三重県の三県一体の陳情により、明治政府によって招かれた10人のお雇い外国人のオランダ人技師のうち、ヨハニス・デ・レーケ1877年(明治10年)に派遣された。翌1878年(明治11年)に三川と周辺の地形を調査し、1885年(明治18年)に分流計画書を作成、1887年(明治20年)に着工された。

木曽三川の完全分流工事の主な目的は以下の3つ。

  1. 洪水対策
  2. 輪中堤防内の排水改良
  3. 堀田の改善

まずオランダから運ばれた浚渫船木曽川丸での木曽川河口の川底掘り下げから始まった。工事中には土地を失う地主の土地買取拒否や、大雨や台風によるたびたびの堤防の決壊(明治三大水害)などで難航し、一応の完成は1899年(明治32年)、全工程完了は1912年(明治45年)となった。

木曽川と長良川は高須輪中の東部(東海大橋上流から現在の海津市海津町外浜付近まで)を新長良川とし、立田輪中の西部(現在の愛西市葛木町から立田町まで)を新木曽川とし、間にケレップ水制の技術を用いた堤を築いた。現在の国営木曽三川公園付近は油島千本松締切堤で揖斐川と長良川が完全に分流され、新木曽川と新長良川に挟まれた福原(現在の愛西市立田町福原)には船の往来を可能とする船頭平閘門が建設された。

三川の東岸では佐屋川が廃川となり、高須輪中では3つの派川が堤防で締切られた。また、木曽川と揖斐川の河口には伊勢湾への流れを制御するための導流堤が設けられた。

工事以後編集

一応の完了を祝って行われた1900年(明治33年)4月22日の成工式は当時の山縣有朋総理、西郷従道内務大臣らが参列する盛大なものだった。

陳情から28年、着工から12年の年月を要し、当時の最新技術に基づいた完全分流工事は著しい効果を挙げ、旧海津郡などの1899年の10年前後を比較した資料によると、水害による死者は306人→10人、全壊家屋または流失家屋は15,436軒→304軒、堤防の決壊箇所は1821箇所→226箇所であり、明治改修の効果のほどを物語っている。

関連項目編集

外部リンク編集