松紳』(まつしん)は、2000年10月5日から2006年3月30日まで日本テレビ系列で放送されたトーク番組。出演は、島田紳助ダウンタウン松本人志

松本紳助

松紳
Panasonic center.jpg
ジャンル トーク番組
出演者 島田紳助
松本人志ダウンタウン
ほか
制作 広島テレビ
日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2000年10月6日 - 2006年3月31日
放送時間 金曜 0:50 - 1:20(木曜深夜)
放送分 30分
テンプレートを表示

当初は広島テレビ制作の『松本紳助』(まつもとしんすけ)としてスタートし、「ZZZ」枠などで放送された。2003年4月より日本テレビ制作に移行された(その後も広島テレビや読売テレビのスタッフも一部関わった)。

概要編集

紳助と松本のアドリブトークや、スタッフや視聴者から出されたお題・悩み相談に基づいたトークが中心。女性アイドルオーディションなどトークから発展した企画も行った。

2003年頃からは30分間トークを番組の基本形態としながらも、番組初のロケを実施してイカ釣りをしたり、視聴者から募った「メルヘンチックな話」をVTR形式で紹介、それをもとにトークするという変則的な形態で番組を行うことが多かった。また、「メルヘンチックな話コーナー」ではVTRの内容をそのまま受け取る松本に対し、紳助がVTR中の人物の言動の裏に秘められた意味を解説する事が多かった。

2006年3月23日には初のゴールデン特番「松本紳助ゴールデン!」(21:15 - 23:09)が放送された。また、番組は2006年3月いっぱいをもって終了すると同年3月3日の放送(関東)で発表された。

スタジオセットは何度かマイナーチェンジはしているものの、一貫してレストランの窓側の席をイメージしたセットとなっている。

番組初期からアイスコーヒーなどを飲みながら収録している。初期の頃はセット前方に飲み物が置いてあり、オープニングで自分たちで準備している様子が見られた。また同じように初期の頃は喫煙していたが、番組後期では本人たちが禁煙につとめたことなどもあるせいか喫煙はほとんど見られない。

出演者編集

エピソード編集

  • 何度か番組内で、沖縄県宮古島産の完熟マンゴーが紹介され、それがきっかけで一時的なマンゴーブームも巻き起こした。また、ルタオの「ドゥーブル・フロマージュ」も、あまり好んで洋菓子を食することのない紳助が「これは美味い!」と絶賛、人気に火がついた(放送後、紳助がもう一度買おうと注文したところ2週間待ちと言われた)。後日、「時間が時間だけに美味そうに見えるしな」と冗談交じりに語っていた。
  • 番組開始当初から紳助・松本とスタッフによる打ち合わせはほとんど行われておらず、ほぼぶっつけ本番で収録されていた。特に食べ物の企画の際は、知らずに食事を済ませたり、友人と食事の約束をした後の収録において企画内容を説明されるので、「おいしく食べられない」と嘆く2人の姿があった。「松本紳助ゴールデン!」でさえ、本番が始まってから急遽打ち合わせを始めるほどであった。最終的には、紳助から「この番組は(スタジオに)来るのが仕事や」と言われたこともあった。
  • 打ち合わせをしていないのでトークテーマ等が出てくる背景のスライドが出るタイミングが2人のトークにかぶることがある。紳助は出てくるスライドにぶつかったり、話している最中にスライドが引っ込んだことがあり、「スタッフ、俺たちの話聞いてへん!」と食ってかかったことがある。また収録終了の音楽が鳴るタイミングもスタッフが判断しているため、何度か2人の抗議で音楽を止めてトークを続けたことがある。
  • 初期から収録体系は1収録2本撮りを一貫しており、音楽が流れて1度退場した場合は一応上着等を替えているがよく見るとズボン等はそのままである。場合によっては1本目で退場せずにそのまま2本目として放送されていることもあり、その場合は番組冒頭に入場がなく2人は始めからセットに座っている。以前に松本がこのことをネタにして収録2本目と思われる番組内でお茶を指差し「これ多分さっきのお茶ですよ」と言ったことがある。
  • 番組で明かされた中では1度だけ松本が急病で収録そのものを延期し、その収録に参加予定だったお客さんを次回の収録時に呼び、通常の2倍の客数で収録したことがある。

M-1グランプリ編集

番組でディナーショーのセットを組み、島田紳助と松本が客となって豪華料理を前に、ただ芸人のネタを鑑賞するという企画が行われていた。この企画のはじめの頃は、個人的には面白いと思うけど表に出てこれない芸人を推薦してディナーショーを開催していたが(このとき笑い飯が推薦されている)、番組の通常回での二人の会話の中で、芸歴が長くて芸人の中では高い地位を確立してはいるのだが一般ウケしないネタをやっている芸人を観ようという話になり、シベリア文太リットン調査団が推薦されディナーショーが開催された。

このディナーショーの後の回で島田紳助が、芸歴が長く芸人の中では高い地位を確立している芸人たちがお笑いを辞めていかないために、そういった地位の高い芸人たちがTVの前座や端折役を占めていて、力のある若手が表に出るチャンスすら与えらていない現状がある。芸人内での地位が高いヤツらがTVの前座や端折役を占めるのは仕方ないけど、それとは別に力のある若手に表に出るチャンスを与えてやりたいと述べていた。

それから、すぐに後、番組内で紳助が、スポンサーと番組枠を獲得したのでお笑いコンテストをやるから松本に審査員として参加して欲しいと打診をすることになる。

M-1グランプリが数回行われた時に、笑い飯が最終決戦に残り、あと一歩で優勝するのではないかというような状況になった時に、松本が笑い飯に投票しなかったことで彼らは優勝を逃すことになった。その後の番組の放送で紳助が松本に笑い飯に入れなくて、ありがとうと述べている。

フットボールアワーアンタッチャブルブラックマヨネーズという優勝者を出していたが、チュートリアルが優勝した翌年頃までは、これら優勝者の売れ方はかなり微妙な状態にあった。この頃、番組内で紳助はM-1を今年で辞めようと松本に提案している。

ジングル編集

オープニングではイントロの一部を使用。エンディングテーマ前のトーク終了の合図としては1コーラス目の途中でフェードアウトされていた。

エンディングテーマ編集

「松本紳助」時代

「松紳」に名義変更

エンディング前 募集告知時のテーマ編集

放送時間編集

日本テレビでは金曜(木曜深夜)0:50 - 1:20だが、地域によって放送時間が異なる。(※)は非NNS加盟局。(←なお、四国放送などの一部地域(主に非マストバイ局)では編成上の理由等でZZZ枠打ち切りをもって番組自体、ネット打ち切りとなった)

スタッフ編集

松本紳助時代編集

  • 企画 : 吉本興業
  • 総合演出 : 白岩久弥(ワイズビジョン)
  • ディレクター : 金城聖門、西田修、中村崇(中村→以前はワイズビジョンで一時離脱)
  • 構成 : 倉本美津留
  • ブレーン : 川野将一、本田久就
  • 技術 : 長瀧淳子
  • SW(スイッチャー) : 河西純
  • CAM : 小林正人
  • VE : 塚本修
  • 音声 : 奈良岡純一
  • 照明 : 長川博
  • 編集 : 本田吉孝
  • MA : 渡部香
  • 音効 : 中村康治
  • 美術 : 高田保
  • デザイン : 石附千秋
  • イラスト : 長谷恭三
  • タイトルデザイン : 堀内肇
  • スタイリスト : 高堂のりこ(松本人志担当)、波多野としこ(島田紳助担当)
  • ヘアメイク : 竹内美紀代
  • 美術協力 : 日本テレビアート
  • 技術協力 : CRAZY TV、Avid Symphony、ニユーテレスFLTサウンドエフェクト有明スタジオ
  • 協力 : ウッドオフィス
  • 演出 : 西田二郎(読売テレビ、以前はワイズビジョンでディレクター→プロデューサー)
  • プロデューサー : 伊藤公樹(吉本興業、以前はAP)、石田結子(ウッドオフィス)
  • チーフプロデューサー : 杉浦正昭(広島テレビ)
  • 制作協力 : 吉本興業
  • 制作著作 : 広島テレビ

過去のスタッフ(松本紳助時代)編集

  • ディレクター : 山下浩史(広島テレビ)、竹谷和樹、加藤伸一 / 堀家寛之
  • 技術 : 森野憲俊
  • SW(スイッチャー) : 遠山康之
  • CAM : 澤田浩
  • 音声 : 篠良一
  • 編集 : 大野大、瀬田直史、斎田秀幸
  • MA : 稲葉喜大
  • 技術協力 : 有栖川スタジオ、TMCレモンスタジオ
  • AP : 乾純・斉藤勅之(吉本興業)
  • プロデューサー : 岡本昭彦(吉本興業)、武野一起(ワイズビジョン)
  • 企画・制作協力 : ワイズビジョン

松紳時代編集

  • 企画 : 吉本興業
  • ディレクター : 西田修、中村崇(中村→ビンゴ、以前はワイズビジョンで一時離脱)、吉田昌平
  • 構成 : 倉本美津留
  • ブレーン : 川野将一、本田久就、下田雄大
  • 技術 : 長瀧淳子
  • SW(スイッチャー) : 遠山康之
  • CAM : 吉川和彦
  • VE : 佐野雅彦
  • 音声 : 篠良一
  • 照明 : 木下茂幸
  • 編集 : 菊池孝夫、本田吉孝
  • MA : 渡辺貴代司
  • 音効 : 中村康治、八木賢二郎
  • 美術 : 林健一
  • デザイン : 大倉聡明
  • イラスト : 長谷恭三
  • タイトルデザイン : 堀内肇
  • スタイリスト : 高堂のりこ(松本人志担当)、波多野としこ(島田紳助担当)
  • ヘアメイク : 竹内美紀代、柳美保、根本真奈実
  • 美術協力 : 日本テレビアート
  • 技術協力 : CRAZY TV、Avid Symphony、ニューテレス、FLT、サウンドエフェクト、テイクスタジオ
  • 協力 : ウッドオフィス
  • 演出 : 西田二郎(読売テレビ、以前はワイズビジョンでディレクター→プロデューサー)
  • プロデューサー : 鈴木雅人(日本テレビ)、岡本昭彦・森口尚(吉本興業)、石田結子(ウッドオフィス)
  • チーフプロデューサー : 梅原幹(日本テレビ)
  • 制作協力 : 吉本興業
  • 制作著作 : 日本テレビ

過去のスタッフ(松紳時代)編集

  • ディレクター : 金城聖門
  • CAM : 小林正人
  • VE : 塚本修
  • 音声 : 奈良岡純一
  • 照明 : 長川博
  • 編集 : 大野大、青木正幸
  • MA : 渡部香、稲葉喜大
  • 美術 : 高田保
  • デザイン : 石附千秋、本田恵子
  • 技術協力 : 有明スタジオ
  • プロデューサー : 中西太(日本テレビ)、杉浦正昭(広島テレビ)、伊藤公樹(吉本興業)
  • チーフプロデューサー : 城朋子桜田和之(日本テレビ)

書籍編集

  • 松本紳助(2001年12月)
  • 裏松本紳助(2002年10月)
  • 松紳(2004年6月) - 以上ワニブックスから発売。番組のトーク等をまとめたもの。
  • 哲学(2002年3月、幻冬舎) - 2人による書き下ろしエッセイ


日本テレビ系列 ZZZ広島テレビ制作枠
前番組 番組名 次番組
あけすけ
(2000年4月 - 9月)
松本紳助
(2000年10月 - 2003年3月)
(ZZZ枠廃止のため終了)
「松紳」と改め日本テレビ制作へ変更