柏村武昭

かしむら たけあき
柏村 武昭
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 広島県三次市
生年月日 (1944-01-01) 1944年1月1日(73歳)
最終学歴 早稲田大学第一文学部
職歴 中国放送アナウンサー
活動期間 1966年 - 2001年
2009年 -
ジャンル バラエティ、情報
配偶者 林竹洋子
出演番組・活動
現在 『柏村武昭のだんRUNラジオ』
『お好み焼きのある風景』
『みよし観光研究所』
過去 サテライトNo.1
お笑いマンガ道場
柏村武昭のテレビ宣言』など
日本の旗 日本の政治家
柏村武昭
かしむら たけあき
生年月日 (1944-01-01) 1944年1月1日(73歳)
出生地 広島県三次市
出身校 早稲田大学第一文学部
現職 フリーアナウンサータレント
所属政党 無所属→)
自由民主党
公式サイト 柏村武昭の年中夢求

選挙区 広島県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2001年7月29日 - 2007年3月25日
テンプレートを表示

柏村 武昭(かしむら たけあき、1944年1月1日 - )は、日本フリーアナウンサータレント政治家自由民主党所属の元参議院議員(1期)。

木へんにホワイト、柏村武昭です」のキャッチフレーズで知られている。夫人は、元「はしだのりひことエンドレス」のヴォーカルで『サテライトNo.1』でアシスタントをしていた広島ローカルタレント林竹洋子。娘の柏村星良はタレント。

目次

略歴編集

広島県三次市出身。広島県立三次高等学校(演劇部に所属)を経て、早稲田大学第一文学部演劇学科に在学中、当時露木茂(のちフジテレビアナ)なども所属していた早稲田大学放送研究会に所属。ナレオハワイアンズの司会などで活動。大学卒業後、1966年4月に中国放送(RCC)にアナウンサーとして入社した。

1975年、『飛び出せ!全国DJ諸君』(地方民間放送共同制作協議会制作)でグランプリを獲得。同時にニッポン放送系『オールナイトニッポン』のパーソナリティをローカル局のアナウンサーとしてはじめて担当。これをきっかけに同年8月RCCを退社し、土居まさるの個人事務所に所属[1]TBSのクイズ番組『あいうえゲーム 7つの文字』(同年10月 - 1976年3月)を皮切りにフリー活動を開始し、『クイズ!家族ドレミファ大賞』(『クイズ・ドレミファドン!』の前身)(フジテレビ)の司会者もつとめた。若い頃は「木ヘンにホワイト」あるいは広島の中条きよしとして広島では人気者であった。

代表的な番組としてはRCC局アナ時代からの『サテライトNo.1』や、フリーになってからの『お笑いマンガ道場』(中京テレビ放送)、『柏村武昭のテレビ宣言』(広島テレビ)などがある。

RCCラジオの『サテライトNo.1』は最高聴取率28%、平均聴取率20%超を記録[2]。その後広島テレビの『柏村武昭のテレビ宣言』は「共感」をモットーに分かりやすく製作した番組として、また広島の夕方の顔として、平均視聴率が20%強を記録。占拠率も最高54%という人気番組に成長した。この広島テレビの夕方のワイド番組の成功は、全国のローカル各局も注目。併せて各局のプロジェクトチーム33局が見学に来たという[3]

2000年、『柏村武昭のテレビ宣言』を自主降板。翌2001年7月の参議院議員通常選挙に広島県選挙区から無所属で立候補し、当選。当選後は自由民主党に入党し、江藤・亀井派に所属した。

2005年8月8日郵政民営化法案の参議院本会議では反対票を投じるために、防衛庁長官政務官の辞表を自ら提出したが、辞表は受け取られず、罷免。

その後、1年経って参議院外交防衛委員長に就任。以前からの持論であった『防衛庁を防衛省に!』外交防衛委員会で議決。

2007年4月8日実施の広島市選挙に、自民党の推薦を受け無所属で出馬するも落選(得票順3位)。

2009年7月から古巣RCCの『お好み焼きのある風景』でラジオ番組に復帰。

発言録編集

  • 2004年4月26日の参議院決算委員会で、イラク日本人人質事件の人質救出に関する支出について、「人質の中には自衛隊のイラク派遣に公然と反対していた人もいるらしい。そんな反政府、反日的分子のために血税を用いることは強烈な違和感、不快感を持たざるを得ない。」と発言した[4]。これに対して自由民主党の福田康夫官房長官・民主党野田佳彦国会対策委員長(いずれも当時の肩書)は4月27日にこの発言を批判した[5]。これについて柏村は4月28日テレビ朝日系『スーパーモーニング』に出演。「私は、こういう不幸な人質事件が二度と起こってはいけない。また彼らが色々な人のお陰で何とか解放されたのに、『ありがとう』とか『すいません』こういった言葉も出ない。しかも、さらに『まだイラクに残って活動したい』。さすがに小泉首相も『まだこんなことを言っているのか』とあきれ返っていたが、『私は今はイラクには渡航しないでくれという外務省の勧告を無視して出国したということは、やはり彼らは日本の方針に反している人たちではないか、という意味で反日という言葉を使いました。」と反論している[6]。その後、柏村は委員長にこの発言の訂正を申し立て[4]、5月31日に「反日的」「反日」の部分が国会会議録から削除された[7]
    • 同じ4月26日の委員会では他にも、外国人犯罪についての質疑の中で中華人民共和国に言及し、「刑務所の内にも外にも人権なんてものは恐らくないんでしょう。それに比べれば日本の刑務所は楽園だ。」と述べた[4]
  • 2007年3月16日の広島市長選挙討論会での発言。「親戚縁者被爆している。平和でなきゃいけないのは当たり前。広島の市民は世界に平和を発信する恒久的な義務を負っている。しかしながら近隣諸国に常識はずれの国が出てきた場合テポドンが飛んできた場合に我々の生命財産がどうなる? それへの備えを考えねばいけない。平和を発信しなけりゃいけない。世界から核を無くさなければいけない。一生懸命頑張るが同時に座して死を待つ状態はいけない。核保有は広島市民である以上、議論もしてはいけない。」と表明した[8]

年譜編集

担当番組編集

現在の担当番組編集

ラジオ
テレビ

過去の担当番組編集

テレビ
ラジオ
  • オールナイトニッポン火曜第2部(ニッポン放送・1975年4月 - 1975年9月)
  • 柏村武昭と田畑達志のがんばるワイド(ニッポン放送・1976年10月 - 1977年3月)※ナイターオフ番組として月曜日 - 金曜日の18:10 - 19:00に放送
  • サンスイ ベスト・リクエスト(FM東京
  • 柏やんノンノン夜のジョッキー
  • サテライトNo.1中国放送・1972年5月 - 1988年3月)
  • つないでサン局山陽路(中国放送・1989年4月 - 1990年3月)
  • 柏村武昭の55ふるさと中国路(中国放送・1990年4月 - 1992年9月)
  • 柏村武昭のサンデートライアングル(中国放送・1992年10月 - 1994年3月)
  • ドカンと一発!ダイナマイトステーション(中国放送・1994年4月 - 1995年9月)
  • 柏村・やすべえのサテライトNo.1(中国放送・1995年 - 1996年)

著書編集

  • 『広島味どころ』1984年、保育社 - 表紙のイラストはお笑いマンガ道場解答者、富永一朗が担当。
  • 『柏村武昭のグルメ宣言』1994年、ガリバープロダクツ

ディスコグラフィー編集

関連項目編集

脚註編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『中国放送の50年 その時、いつもそばにいた』 - 240ページ
  2. ^ 月刊ラジオパラダイス 1988年6月号 67ページ「ラジパラタイムス『さよならサテライトNo.1』」
  3. ^ 柏村武昭のホームページ - 柏村武昭の年中夢求より。
  4. ^ a b c “【自衛隊イラク派遣】 人質の邦人は「反日的分子」 柏村参院議員が相次ぎ放言”. 朝日新聞デジタル. (2004年4月26日). http://www.asahi.com/special/jieitai/TKY200404260246.html 2015年3月26日閲覧。 
  5. ^ 毎日新聞 2004年4月28日5面記事「福田官房長官:柏村議員の反日分子発言「不適切」
  6. ^ 『放送界』2004年7月 26~30ページ「特別インタビュー 柏村武昭・参院総務委理事に聞く テレビも政治もホンネでいこう!」より。
  7. ^ “【自衛隊イラク派遣】 議事録から2カ所を削除 自民・柏村氏の反日的分子発言”. 朝日新聞デジタル. (2004年5月31日). http://www.asahi.com/special/jieitai/TKY200405310265.html 2015年3月26日閲覧。 
  8. ^ 中国新聞 2007年3月17日社会面記事
  9. ^ みよし観光研究所 - 広テレ!Web

外部リンク編集