メインメニューを開く

獣たちの熱い眠り』(けものたちのあついねむり)は、勝目梓による1978年に出版された日本小説、およびこれを原作として1981年に製作された日本映画

目次

概要編集

脅迫組織の罠によって選手生活から追放されたテニスプレイヤーの壮絶な復讐を描くハードボイルドエロス小説。1978年12月にトクマ・ノベルズより出版、1981年5月に文庫版発売。1999年には講談社文庫より発売された。

劇場映画編集

獣たちの熱い眠り
監督 村川透
脚本 永原秀一
原作 勝目梓
出演者 三浦友和
風吹ジュン
なつきれい
石橋蓮司
成田三樹夫
音楽 速水清司
主題歌 来栖ANNA「行かないで」
撮影 仙元誠三
編集 祖田富三夫
製作会社 徳間文庫
東映東京撮影所
配給 東映
公開   1981年9月12日
上映時間 111分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

東映=徳間文庫提携作品。1981年9月12日、全国東映系公開。ビスタサイズ、カラー111分。同時上映:『ガキ帝国 悪たれ戦争[1]。未ソフト化作品。2016年日本映画専門チャンネルにてハイビジョン放送された。

あらすじ編集

今を時めく人気テニスプレイヤーの三村浩司は、営業先の長崎で出会った外人ホステスとの情事の現場写真を脅迫組織に握られてしまう。世間から強姦魔のレッテルを張られ、プロ資格停止処分を受けた三村は名誉回復のため独自調査に乗り出すが、組織の卑劣な罠によって殺人の濡れ衣を着せられ、さらにその毒牙は妹の真紀の身にも伸びる。全てを失った三村の心に、眠れる獣の血が覚醒する。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 公開中止により途中から単発公開に変更。

製作編集

企画編集

1981年の初めに徳間康快徳間書店社長から岡田茂東映社長に映画提携の申し入れがあり[1]、東映=徳間文庫提携作品として製作が決まった[2]。徳間社長は文庫フェアに絡め、勝目梓を売り出すという相乗効果を狙った[1][3]。岡田東映社長は1981年の東映ラインナップとして、原作ものの連打を決め、4月に池波正太郎原作・萬屋錦之介主演で『仕掛人梅安』、夏に伊藤左千夫原作・松田聖子主演で『野菊の墓』、秋に本作と1981年初めに既に研究準備中だった宮尾登美子原作・五社英雄監督の『鬼龍院花子の生涯』を並べたいというプランを立てていた[1]

監督・キャスティング編集

村川透の監督が先に決まり[1][2]、主演は松田優作が最初に挙がったが[2]、「善良な男が突然の事件で獣化してゆく。善良性から次第に不良性を帯びてゆく」というコンセプトでは「できあがってしまっている」という理由で、意外性も考え三浦友和がキャスティングされた[2]。「東映の高倉健を継承する役者に育てたい」という出演オファーに[4]、三浦は自身も村川透のファンであり[2]、原作に多いポルノ部分を、かなり削って欲しいと注文をした上で[5]、出演を承諾した[2][5]。三浦は1982年の正月映画を予定していた同じ東映の大作『大日本帝国』へ出演が決まっており[5]、『大日本帝国』の撮影が1981年の4月にワンシーンだけあったため、頭を角刈りにしていた[2]。三浦は1970年代後半に山口百恵とのゴールデンコンビで大人気を博し、好青年イメージが定着したが[6]、本来は萩原健一や松田優作のような反体制を引きずる役者に憧れを持っており[7]、うってつけの役といえた[2]。三浦の気合に岡田も売り出し号令をかけ[8]、青春スター・三浦友和からハードボイルドアクションスターへの転換を図るというコンセプトが打ち出された[6][9][10]東宝イメージの三浦から"東映の三浦友和"が誕生!?などと報道するマスメディアもあった[3]。三浦は「この作品が、ひとつのターニング・ポイントだと思っています」と決意を述べ[2]、ハードな暴力シーンやベッドシーンにも挑戦[6]。関根忠郎作成による宣伝惹句は「ウェイク・アップ友和! 今度は俺が攻める番だ。」であった[8]

三浦の脇を固める俳優は、怪演が目を惹く石橋蓮司他、阿藤海成田三樹夫安岡力也草薙幸二郎中丸忠雄中尾彬など、癖の強い役者で固められた[8]。喰うか、喰われるかの状態に追い込んで、友和の生の部分を引っ張り出そうという考えであった[8]

撮影編集

1981年5月上旬、長崎ロケからクランクイン[2]長崎港眼鏡橋などでロケを行い、全体の三分の二がロケ[2]。スタジオ撮影は東映東京撮影所で、第5スタジオに珍しいカジノの豪華かつ大掛かりなセットが組まれた[2]。三浦の二枚目的な甘さは無理に消すことはないと、美術セット他、画作りにはロマンチック、かつファッショナブルなものを狙い、松田優作主演ものとは意識して差異を出した[2]。村川組としてはゆったりとした撮影スケジュールが組まれ、撮影日数は正味30日。三浦は山口百恵との結婚後の初主演映画で激しいセックスシーンを演じると報道されたため、マスメディアが取材に殺到した[2]。山口百恵との結婚でマスメディアにもみくちゃにされて間もないにも関わらず、女性誌が「セックスシーンに対して奥さんの反応は?」のような山口百恵に絡めた質問が多く、三浦が辟易し憮然となる状態であった[2]。村川は「その苛立ちを画に出せれば」と話していた[2]

ベッドシーン編集

三浦は宇佐美恵子とアメリカのトップモデルと伝えられたダーラン・フリューゲルと、日米のトップモデルとのベッドシーンを演じた[3][4][11]。ダーラン・フリューゲルは身長174cm、B82、W59、H84[4]。宇佐美とのベッドシーンでは監督の村川が「役の気持ちになっていける」と両方に全裸になることを要望した[11]。宇佐美は「理解できる」と納得し「演じる以上はそのくらいまで演りたい」と全裸になったが、三浦が拒否[11]。片方が下を着けていると映り込んだときに不自然なため[11]、結局二人ともパンツは着けて撮影した[11]

宣伝編集

徳間ブックフェアと同時に公開された[8]。徳間書店が文庫をスタートさせたのは1980年10月で[3]小説はあまり売れておらず[3]、徳間文庫全体のPRを狙ったフェアに絡め、勝目梓を売り出すという相乗効果を狙った[1]

公開編集

この年夏の角川=東映提携作『魔界転生』とのバッティングを避け、秋の公開が決まった[3]

評価編集

山口百恵とのコンビ作品でない三浦友和の主演作は『黄金のパートナー』『遠い明日』など、全て興行は惨敗しており不安視された[10]。『キネマ旬報』は「三浦には歌手を取り巻くファン層のような熱狂的ファンが少ない。ヤング層が映画観客の中心になっている現映画界は、たのきんトリオ松田聖子のようなスター歌手の人気度に再び注目しなくてはならない状況が出てきており、その点でも三浦の起用は疑問視される。徳間書店が文庫本に手を出したのは最近のことで、東映との提携は書籍と映像のジョイントという角川方式を踏襲しているが、この後押しがどのくらい宣伝面に開花してくるかとなるが、前述のハンデを考えると空回りに終わる公算が大なのではないか」などと評した[10]。岡田社長は三浦友和主演映画のシリーズ化を構想していたが[3][8]、三浦は東映ではスターになれなかった[8]

リバイバル上映編集

お蔵出し映画祭2015の特別上映作品としてシネマ尾道にて上映された[12]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 文化通信社編『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』ヤマハミュージックメディア、2012年6月15日、149-150頁。ISBN 978-4-636-88519-4
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 八森稔「撮影現場訪問記『獣たちの熱い眠り』」『キネマ旬報』、キネマ旬報社、1981年7月下旬号、 138-143頁。
  3. ^ a b c d e f g 「雑談えいが情報 友和がイメ・チェン『獣たちの熱い眠り』で大胆な演技を!」『映画情報』、国際情報社、1981年7月号、 36頁。
  4. ^ a b c 「宇佐美恵子と三浦友和"猛烈ファック"への百恵の反応」『週刊ポスト』1981年7月10日号、小学館、 44頁。
  5. ^ a b c 「洋画ファンのための邦画コーナー製作ニュース」『近代映画』1981年7月号、近代映画社、 140頁。
  6. ^ a b c ぴあ映画チラシ 『獣たちの熱い眠り』
  7. ^ 三浦友和『相性』小学館、2011年、70-71頁。ISBN 978-4093882125
  8. ^ a b c d e f g 山田宏一山根貞男「関根忠郎 噫(ああ)、映画惹句術 第四十五回」『キネマ旬報』、キネマ旬報社、1983年11月上旬号、 127頁。
  9. ^ 獣たちの熱い眠り”. 日本映画製作者連盟. 2018年4月11日閲覧。第77回 元プロテニス選手の復讐劇 - 新・黒色映画図鑑|日映シネマガ
  10. ^ a b c 立川健二郎「興行価値 "提携"がどうでるか!?」『キネマ旬報』、キネマ旬報社、1981年9月下旬号、 178-179頁。
  11. ^ a b c d e 「爆笑シリーズ カネやんの秘球くい込みインタビュー ゲスト・宇佐美恵子」『週刊ポスト』1981年8月7日号、小学館、 76頁。
  12. ^ レア作集めたお蔵出し映画祭が広島で開催、三浦友和の未DVD化作品も - 映画ナタリー

外部リンク編集