メインメニューを開く

たのきんトリオとは、田原俊彦(トシちゃん)、近藤真彦(マッチ)、野村義男(ヨッちゃん)の3人のジャニーズアイドルによるグループ名で、1980年代前半に短い期間活躍した(1983年8月28日に解散)。ただしトリオの名称を用いていた期間中も3人は、ソロ活動が中心だった。また正式なユニット名ではないものの、一時期、アイドル雑誌で、スーパースリーとの名称が用いられたこともある。3人のいずれも『3年B組金八先生』の第1シリーズに生徒役で出演した。

名称の由来は、殿さまキングスの愛称「とのきん」をもじったもので、田原の「田(た)」、野村の「野(の)」、近藤の「近(きん)」のそれぞれの文字より抜粋している。

メンバー編集

プロフィール 愛称 イメージカラー
田原俊彦 (リーダー)
(たはら としひこ)
(1961-02-28) 1961年2月28日(58歳)、B型山梨県出身  トシちゃん 
レッド
野村義男
(のむら よしお)
(1964-10-26) 1964年10月26日(55歳)、A型東京都出身  ヨッちゃん 
ブルー
近藤真彦
(こんどう まさひこ)
(1964-07-19) 1964年7月19日(55歳)、O型神奈川県出身  マッチ 
イエロー

概要編集

1970年代ジャニーズ事務所は、郷ひろみの移籍に始まり、フォーリーブスの解散、VIPの主要メンバーの脱退及び退所や解散、豊川誕の退所、新人や新ユニットの不発が重なっていた。当時エース格の扱いを受けていた川崎麻世は、ブロマイド売上NO.1にもかかわらず、ヒット曲には恵まれなかった。

こうしたジャニーズ事務所の低迷期に、自転車で各テレビ局間を移動して、自社タレントを売り込む毎日だった、ジャニーズ事務所副社長のメリー喜多川が獲得した仕事が、1979年10月~1980年3月に放映されたTBS系ドラマ『3年B組金八先生』であった。この3人は生徒役で出演し注目され、テレビや雑誌などメディアにおけるプッシュ及び、マスコミやファンからの注目や人気の対象が一斉に「たのきんトリオ」に切り替った。1970年代のトップアイドルの新御三家に例えると、田原俊彦が郷ひろみ、近藤真彦が西城秀樹、野村義男が野口五郎の路線をそれぞれ受け継いでいる(ジャニーズ事務所出身は、郷ひろみだけ)。1980年5月12日付・日刊スポーツによると、この3人の愛称には公募が行われ、約28,000通のハガキが寄せられたと報告されている[1]。そして“たのきん”の名はジャニー喜多川が発案した。これ以前は、元々この3人をグループとして選抜したわけではなかったことから最初はグループ名も一定せず、集英社の雑誌「セブンティーン」では「悪ガキトリオ」の呼称を使っていた[注釈 1]他、「新々御三家」「金八トリオ」「太陽っ子トリオ」「三Bトリオ」など、新聞や雑誌によって様々な呼称があった[1]

1980年4月1日にジャニーズ事務所が当時よく利用していた六本木フォンティーヌ地下で、3人の初イベント『金八トリオ・ファンの集い』を開催する予定だったが、会場より六本木の駅までファンで埋め尽くされるほど、予想をはるかに上回るファンが来場したため、イベントは中止となった。続いて1980年5月26日に放映を開始したフジテレビ系ドラマ『ただいま放課後』でますます人気は過熱していき、放映回数も当初の予定より延長された。

1980年5月11日、『ただいま放課後』のロケ地だった神奈川県厚木市東京工芸大学厚木キャンパスのグラウンドで行われた同番組のイベント『放課後青空カーニバル』にて、3人に対する愛称「たのきん」と、そのファンを表すネーミング「たのきん族」が発表された。しかしこの時は、ファンから「かっこ悪い」などと戸惑いや不満、落胆の声が上がっていた[1]。メンバーのうち、田原は自伝『職業=田原俊彦』(2009年6月刊)で「どこかおっちょこちょいなイメージがして、僕個人はあまりうれしくなかった」といったことを述べていた他、ジャニー自身も“たのきんトリオ”の案については、記者会見にて「ジャニーさん、これ冗談じゃないよね。誰が考えたの」など一番無茶苦茶に言われ、自分が発案したとも言えず「ホント、誰でしょうね」ととぼけていたと話している[1]

その後ジャニーズ事務所所属のアイドルグループとして結成され、相次いで歌手デビューする。俳優として映画でも共演し、次々と大ヒット作を連発した。「たのきんトリオ」として正式な音楽ユニットを編成していた訳ではない。3人が揃ってレコーディングに参加した楽曲は、映画『グッドラックLOVE』の挿入歌「ときめきはテレパシー」と田原俊彦の「哀愁でいと」のB面曲「君に贈る言葉(アフター・スクール)」のみである。

松田聖子と共に賞レースでも活躍し、新たなる時代への幕開けの象徴であった。たのきんの3人それぞれが、デビューした年の『日本レコード大賞』などの音楽賞最優秀新人賞を受賞している。以後のジャニーズ事務所は急成長を遂げ、ジャニーズJr.が人気アイドルのバックでの顔見せを経てデビューするという一時期途絶えていたシステムも復活。後続するシブがき隊少年隊などが次々とデビューした。

日本雑誌協会主催の『ゴールデン・アロー賞』では、トリオとして第18回(1980年度)話題賞、第20回(1982年度)20周年記念特別表彰スーパーアイドル賞を受賞している。

1983年8月28日大阪スタヂアムコンサートをもって解散した。

2018年2月現在は、近藤のみがジャニーズ事務所の所属だが、野村については、田原と異なり、ジャニーズ事務所を円満に退社したことと、近藤と仲が良いことで現在も両者が共演することがある。一方、田原については1990年代後半以降、近藤や野村との共演はなくなっている(2012年11月12日の『SMAP×SMAP』には田原のみ出演していない)。

主な出演作品編集

テレビ編集

バラエティ編集

映画編集

東宝映画たのきんスーパーヒットシリーズ
監督:河崎義祐、出演:岡田奈々里見奈保川﨑麻世おりも政夫財津一郎伴淳三郎、他
監督:河崎義祐、出演:小松政夫ミヤコ蝶々司葉子宍戸錠ラビット関根なべおさみ三木のり平、他
監督:河崎義祐、出演:真野響子寺泉哲章松尾嘉代高橋幸治桜井センリ柳家小さん、ヒューマン・ラブ・スニーカー、他
※以上の三作はコバルト文庫にてノベライズもされた
監督:舛田利雄、出演:武田久美子三原順子佐藤オリエ加茂さくら、おりも政夫、ガッツ石松小林桂樹、他
牧野和子原作の同名コミックを映画化
監督:河崎義祐、出演:ヒロコ・グレース生田智子、津島恵子、檀ふみ長谷直美山村聰、他
【同時上映】「三等高校生」主演:野村義男
監督:渡邊祐介、出演:田中邦衛、岡田奈々、樹木希林、川﨑麻世、早見優シブがき隊鈴木ヒロミツ荒井注西村晃、他
  • 嵐を呼ぶ男」(シリーズ第6弾・1983年)主演:近藤真彦
監督:井上梅次、出演:坂口良子相田寿美緒白川由美植草克秀、おりも政夫、あおい輝彦中尾彬フランキー堺、他
石原裕次郎主演の同名映画を近藤主演でリメイク
【同時上映】「Love Forever」主演:田原俊彦
監督:井上梅次、友情出演:近藤真彦、野村義男

ステージ編集

編集

  • 君に贈る言葉 (アフター・スクール)(田原俊彦の「哀愁でいと」のB面)
  • ときめきはテレパシー(映画『グッドラックLOVE』挿入曲)

ビデオ編集

カセットテープ&写真集編集

  • たのきんライブ'81(1981年7月8日、集英社)
    • side A
      • 哀愁メドレー(哀愁でいと~レッツゴー・ダンシング~ファンキー・モンキー・ベイビー~ルイジアナママ~哀愁トゥ・ナイト~哀愁でいと)
      • スニーカーぶる~す
      • 月の灯り
      • ある日曜日の出来事
      • Rockn Rollメドレー(恋のゴーカート~悲しき雨音~ハッピーバースデースウィート16~ダイアナ)
    • side B
      • コール・ミー
      • 雨が降ってきた
      • ラストダンスは私と
      • しらけちまうぜ
      • ハッとして Good!
      • ヨコハマ・チーク
      • 恋はDo!
      • 君にこのうたを

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 『週刊セブンティーン』1980年2月5日号では、同じ『金八先生』の生徒役で出演した近藤、田原、野村に鶴見辰吾を合わせた4人で「悪ガキ4人組」と掲載されていた。この後は鶴見を除く3人の特集にシフトし、「悪ガキトリオ」となった[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e ジャニー氏の独創的な命名、「たのきん」が浸透していった軌跡”. NEWSポストセブン. 小学館 (2019年9月8日). 2019年9月12日閲覧。

関連項目編集