メインメニューを開く

玉川学園女子短期大学(たまがわがくえんじょしたんきだいがく、英語: Tamagawa Gakuen Junior College for Women[1])は、東京都町田市玉川学園6-1-1に本部を置いていた日本私立大学である。1965年に設置され、2004年に廃止された。大学の略称は玉川短大。学生募集は2002年度まで。翌年度より短大の教養科は文学部のリベラルアーツ学科、幼児教育科を乳幼児発達学科にそれぞれ改組され短期大学は学生募集を停止し、2004年11月30日で正式廃止[2]

玉川学園女子短期大学
玉川学園女子短期大学は、かつてこの大学キャンパス内にあった。
玉川学園女子短期大学は、かつてこの大学キャンパス内にあった。
大学設置/創立 1965年
廃止 2004年
学校種別 私立
設置者 学校法人玉川学園
本部所在地 東京都町田市玉川学園6-1-1
学部 教養科
幼児教育科
研究科 教養専攻
テンプレートを表示

目次

概要編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 玉川学園女子短期大学の教育理念は「全人教育」

教育および研究編集

  • 当初より設けられていた教養科は、多彩な専攻分野いわゆるメジャー制度というものがあり、学生自らが自分の関心や進路に応じたカリキュラムを組み合わることになっていた。また、社会人として必要な技術を重視し、コンピューターの基礎からインターネットやプログラミングまで修得するための科目もあった[3]アメリカの大学編入や留学のためのプログラムや、知識や教養・人間性を高めるための科目も豊富に用意されていた。「社会・教育」・「児童教育」・「心理・人間関係」などの多彩なメジャーがあった[3]
  • 幼児教育科は、幼稚園教員の養成を執り行う学科で当初より幼稚園への採用実績は常に全国でもトップクラスだったといわれている[3]。玉川学園幼稚園での教育実習があった。

学風および特色編集

  • 教養科・幼児教育科とも授業は50分単位で行なわれ、昼休みをはじめとした休憩時間は学生自らが設定することになっていた[3]
  • オーストラリア地域研修」や「英語コミュニケーションメジャー留学」など多彩な研修が実施されていた[3]

沿革編集

  • 1965年 玉川学園女子短期大学開学。教養科を置く:在学者数は233[4]
  • 1967年 保育科を増設する:在学者数は134[5]
  • 1984年 保育科を幼児教育科と改称。
  • 1994年 専攻科教養専攻を設置。
  • 2002年度をもって学生募集を終了。
  • 2004年11月30日 正式廃止[2]

基礎データ編集

所在地編集

  • 東京都町田市玉川学園6-1-1

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 教養科
  • 幼児教育科

専攻科編集

別科編集

  • なし

取得資格について編集

  • 幼稚園教諭二種免許状:幼児教育科。卒業所要単位には含まれていなかったが、大半の学生は取得していたものとみられる[3]

研究編集

  • 『玉川学園女子短期大学紀要』[6]

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

  • 玉川学園女子短期大学で活動していたクラブ活動:玉川大学と混合。

学園祭編集

  • 玉川学園女子短期大学の学園祭は「コスモス祭」と呼ばれていた[3]

スポーツ編集

  • 陸上競技部が、第17回「全日本大学女子駅伝大会」にて初出場している[3]

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

  • 玉川学園女子短期大学は「玉川学園同窓会」組織に所属している。

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

出身者編集

施設編集

キャンパス編集

学生食堂編集

  • 「りんどう食堂」:玉川大学と共同

編集

  • 特になし。

対外関係編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ CiNiiより
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』265頁より。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『2001 大学案内 玉川学園女子短期大学』より。
  4. ^ 昭和42年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)30頁より。
  5. ^ 昭和43年度版『総覧』31頁より。
  6. ^ CiNiiより

関連項目編集

関連サイト編集