メインメニューを開く

田中俊介

日本の俳優・タレント

田中 俊介(たなか しゅんすけ、1990年1月28日 - )は、日本俳優タレント。男性グループBOYS AND MENの元メンバーである。

たなかしゅんすけ
田中 俊介
生年月日 (1990-01-28) 1990年1月28日(29歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県
身長 175 cm
血液型 B型
職業 俳優歌手タレント
ジャンル テレビ番組映画舞台
事務所 フリーランス
主な作品
映画
ダブルミンツ
デッドエンドの思い出
テンプレートを表示

愛知県出身。モデルとして芸能の仕事をはじめ、セントラルジャパンに所属。2010年にBOYS AND MENに加入して、その後フォーチュンエンターテイメントへ移籍。BOYS AND MENの派生ユニットのYanKee5NO IDEAのメンバーであった。2019年にBOYS AND MENを脱退。フォーチュンエンターテイメントを退所してフリーランスとなる[1][2]。愛称はしゅんくん[3][4]

略歴編集

愛知県小牧市生まれ[5]。3人兄妹の次兄であり[6]、実家はカフェを営む[7][8]。幼少期はプロ野球選手に憧れて、小学3年生から高校まで野球を続けた[9][10]。大学へ進んで心理学を専攻していたが[11]、野球をやめた後の目標を持てずに、自身曰く「チャラチャラした」学生として過ごしていた[12]。街頭でのスカウトをきっかけに名古屋でモデルの仕事を始め、それとは別に通っていた美容室のPR動画に出演することになり、その際にモデル事務所を紹介されて所属した[9][13]。かつてはセントラルジャパン所属であったが[14]、BOYS AND MEN加入後にその運営事務所であるフォーチュンエンターテイメントへ移籍をしている。

2010年4月、当時同じセントラルジャパン所属であった平松賢人清水天規平野紫耀・沖津壮太郎らとともにBOYS AND MENの前身プロジェクト「IKEMEN☆NAGOYA」の第1回公開オーディションに参加し、6月にその始動時のメンバーとなった[5]。BOYS AND MENとして活動を始めた当初から、田中は俳優志望であることを打ち出していた[15][16]。第1弾公演『ストレートドライブ!』において、プロデューサーの谷口誠治の指名により小林豊とのダブル主演に抜擢された[17]。2011年、第2弾公演『ホワイト☆タイツ』でメインキャスト「ヤンキー5人組」の一人・安藤芳樹の役に就き[18]、派生ユニット・YanKee5のメンバーとなる。2013年2月に開催されたBOYS AND MENの人気投票「『ホワイト☆タイツII 名古屋本公演』人気投票」において2位を獲得して、1位の田村侑久と2人組ユニット・NO IDEAが結成される。10月に田村と舞台『鍵』の主演を務めた[19]。2014年夏期に開催されたBOYS AND MEN人気投票において、田村、小林に次ぐ3位にランクインした[20]

田中はBOYS AND MEN結成以来の中心メンバーではあったが、個人では長らくグループの外で活動する場を持っていなかった。BOYS AND MENが知名度や人気を上げていく中で、田中もテレビドラマや映画出演など俳優として活動する機会を得ていく。2014年に『金とくドラマ「喜劇 娘が嫁ぐ日」』、2015年に『全力離婚相談』で、単独でテレビドラマに出演[21]。2017年、中村明日美子原作によるボーイズラブ漫画の実写映画『ダブルミンツ』で初めて外部作品で主演を務めた[15][注 1]。その他に、『ダブルミンツ』とレギュラー番組『映画MANIA』をきっかけに製作された白石晃士による短編映画『恋のクレイジーロード』(2018年)[16][22][注 2]吉本ばなな原作の日韓合作映画『デッドエンドの思い出』(2019年)[23][注 3]、などの主演作品がある。

2019年3月14日に、体調不良を理由にBOYS AND MENの活動を一部休止することを発表した[24]。歌手活動やグループのレギュラー番組出演などを休止して、映画や本広克行演出の舞台『転校生』出演など、個人での俳優業にシフトする。また、ミニシアターで自身の出演作品を上映する『田中俊介映画祭』を開催するなど、休止以前から注力していたミニシアターに携わる活動を続ける[25][26][27]

2019年11月30日、適応障害を理由にBOYS AND MENの脱退および所属事務所のフォーチュンエンターテイメントの退所を発表、今後はフリーランスで役者として活動していくことを明らかにした[28][29]

人物編集

身長は175cm、血液型はB型、特技は野球、趣味は映画観賞・筋トレ。幼少期に憧れていた野球選手は荒木雅博[6]。子供の頃に『ジュマンジ』を見たことをきっかけに映画好きになったが、俳優志望でありながらあまり映画を見てこなかったとことを省みて、俳優としての活動が増え始めた頃に多くの映画を見る習慣をつけた[16][30]。監督ではデヴィッド・フィンチャークエンティン・タランティーノの作品を好む[6]

BOYS AND MENでのメンバーカラーは銀色[3]。キャッチフレーズは「白銀のギャップ野郎」。平松と、同じく初期メンバーである土田拓海は、田中の印象を「最初から目立っていた」・「この人はすごく上に行きそうだなって思った」などと語っている[31]。谷口誠治の田中の第一印象は「チャラ男、いわゆる“若者”で、いちばん嫌いなタイプ」・「いきがっている田舎のヤンキーかよ」といった良いものではなかったが、面接で話をしたことで印象が変わり、旗揚げ公演の主演に起用したと明かしている[12]。グループ内では兄貴分というポジションであり[32][33]水野勝がリーダーになる以前からグループのまとめ役を買って出ていた[34][35]。田中は本来の自分はいわゆる体育会系の性分であるが、『ホワイト☆タイツ』で演じた役がクールなキャラクターであったため、そこから田中自身も「クール」というイメージに寄せられていった、と分析している[13]

出演編集

テレビドラマ編集

その他のテレビ番組編集

映画編集

配信ドラマ編集

  • 学園のクローバー(2013年)[21]
  • キスのカタチ「ワンシーン」(2016年)優斗 役[46]
  • すじぼり(2019年)アヤノ 役

舞台編集

  • ストレートドライブ!(2010年 - 2011年)主演・渋谷徹男 役[31]
  • ホワイト☆タイツ(2011年 - 2012年)安藤芳樹 役
  • ストレートドライブR(2012年)渋谷徹男 役[47]
  • ホワイト☆タイツII(2012年 - 2013年)安藤芳樹/アルフォンゾ 役[48]
  • 東京奇人博覧会(2013年)[21]
  • 鍵(2013年)秋山 役[49]
  • RETURNER(2013年 - 2014年)近藤勇/坂本龍馬[49]
  • ダークアリス(2019年)[50]
  • 転校生(2019年)[51][52]

ラジオドラマ編集

その他編集

作品編集

電子書籍

  • 写真集『NO LIMIT: TANAKA』(2015年、中京テレビ放送)[57]
  • CanCam デジタルフォトブック『田中俊介 COLOR-02 “SILVER”』(2018年、小学館)[58]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 淵上泰史とのダブル主演。
  2. ^ 宇野祥平芦那すみれとのトリプル主演。
  3. ^ スヨン(少女時代)とのダブル主演。

出典編集

  1. ^ 田中俊介についてのご報告” (2019年11月30日). 2019年11月30日閲覧。
  2. ^ ファンの皆様、関係者の皆様へ” (2019年11月30日). 2019年11月30日閲覧。
  3. ^ a b メンバー:田中俊介”. ボイメン☆騎士. 中京テレビ (2014年4月). 2018年3月23日閲覧。
  4. ^ 「BOYS AND MEN 『ラン、ボーイズ、ラン』:田中俊介×勇翔」『Audition blue 2019年2月号』、白夜書房、2018年12月、 30-31頁。
  5. ^ a b 「ボイメンと妄想デートしない? - 田中俊介」 『中日スポーツ』 2014年4月16日、第4版 22面、Weeklyエンタメ。
  6. ^ a b c 「BOYS AND MEN “丸裸”スペシャルインタビュー 2017」『KELLY 2月号』、株式会社ゲイン、2016年12月、 80-81頁。
  7. ^ 「1. 水野勝presents『俺の豊かな夜食生活!』」 『ボイメン☆MAGIC 〜夜の魔法をキミに〜 vol.03』 Fortune Records、2016年。
  8. ^ 『デッドエンドの思い出』田中俊介さん&チェ・ヒョンヨン監督インタビュー 現場に起こった運命的なこととは?”. SWAMP (2019年2月28日). 2019年3月23日閲覧。
  9. ^ a b 長いよ!覚悟してな《しゅん》”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2012年12月1日). 2019年9月20日閲覧。
  10. ^ あいスポ:BOYS AND MENスポーツインタビュー 田中俊介. 第1回, 第2回, 第3回. 愛知県振興部スポーツ振興課. 愛知県. 2018年3月12日閲覧。
  11. ^ 俊介くん《しゅん》”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2013-02-19 が). 2019年9月20日閲覧。
  12. ^ a b 谷口誠治, pp. 120-121, 160-161.
  13. ^ a b 「田中俊介[BOYS AND MEN]『Night crowler』」『Audition blue 2018年7月号』、白夜書房、2018年6月。
  14. ^ 2011年5月19日の投稿”. セントラルジャパン. Twitter (2011年5月19日). 2015年8月9日閲覧。
  15. ^ a b ボイメン田中俊介:14キロ減量で挑んだ映画初主演作 「役者への第一歩」と手応え”. まんたんウェブ (2017年6月8日). 2019年3月23日閲覧。
  16. ^ a b c d 「田中俊介VS白石晃士」『映画秘宝 2018年11月号』、洋泉社、2018年9月、 22-23頁。
  17. ^ 谷口誠治, p. 160-161.
  18. ^ “名古屋のイケメン集団ミュージカル!! ヤンキーがバレエに挑戦!?”. 東海ウォーカー. (2011年8月14日). http://news.walkerplus.com/article/23882/ 2015年8月9日閲覧。 
  19. ^ “テレピアホールで25周年記念舞台「鍵」 -名古屋ゆかりのエンターテイナー結集”. サカエ経済新聞. (2013年7月18日). http://sakae.keizai.biz/headline/1939/ 2015年8月9日閲覧。 
  20. ^ STAFFよりBOYS AND MEN人気投票の結果をお知らせいたします。”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2014年9月24日). 2018年3月12日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h ボイメンWalker, p. 74-83, 「ボイメン年表」.
  22. ^ 滝口アキラ (2018年8月11日). “傑作『恋のクレイジーロード』こそ、正に第二の『カメラを止めるな!』だ!”. シネマズby松竹. 2019年3月23日閲覧。
  23. ^ ボイメン田中俊介が語る主演映画『デッドエンドの思い出』の魅力”. CREA (2019年1月27日). 2019年3月23日閲覧。
  24. ^ “ボイメン田中俊介、体調不良で一部活動休止「何度も葛藤しました」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年3月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2131536/full/ 2019年3月14日閲覧。 
  25. ^ ゆうばり、名古屋の“奇抜な映画館”特集上映に沸く!白石和彌、ボイメン田中俊介も来場”. シネマトゥデイ (2019年3月11日). 2019年6月19日閲覧。
  26. ^ 田中俊介映画祭@tsff2019 - Twitter. 2019年7月12日閲覧。
  27. ^ 日韓映画で好演のボイメン・田中俊介、「人見知りの俺、頑張れ!」”. 週刊女性PRIME (2019年8月24日). 2019年9月20日閲覧。
  28. ^ BOYS AND MEN田中俊介が本日付けでグループ脱退、所属事務所からも退所” (2019年11月30日). 2019年11月30日閲覧。
  29. ^ ボイメン田中俊介、脱退&事務所退所 適応障害を公表「申し訳ない気持ちでいっぱい」” (2019年11月30日). 2019年11月30日閲覧。
  30. ^ 「ニューカマーが選ぶ!2018年度ベスト映画!!:田中俊介」『映画秘宝 2019年3月号』、洋泉社、2019年1月、 18-19頁。
  31. ^ a b ボイメンWalker, p. 48-58, 「5th Anniversary Interview」.
  32. ^ アイドルじゃない! 名古屋発の男版・宝塚“BOYS AND MEN”とは”. ORICON NEWS (2015年8月12日). 2017年2月22日閲覧。
  33. ^ 名古屋発のエンターテインメント集団 メンバーを代表して7名に直撃インタビュー - BOYS AND MEN”. Deview-デビュー (2016年8月17日). 2017年2月22日閲覧。
  34. ^ 【連載】“ボイメン”しりとり〜“ん”まで続くよどこまでも〜〈第3回目〉田中俊介×勇翔”. ランキングBOX (2016年7月1日). 2017年2月23日閲覧。
  35. ^ 「水野勝[BOYS AND MEN]『後悔しないために』」『Audition blue 2018年10月号』、白夜書房、2018年9月。
  36. ^ ボイメンとSKEがコラボした3夜連続ドラマが放送!”. ザテレビジョン (2017年3月27日). 2017年6月15日閲覧。
  37. ^ BOYS&MEN(ボイ☆メン)の愛知きしめん家族”. テレビ愛知. 2015年10月29日閲覧。
  38. ^ a b ボイメンWalker2, p. 76-81, 「ボイメンビジュアルヒストリー 2015〜2017」.
  39. ^ “BOYS AND MEN:メンバーに聞く〈5〉 田中俊介「自分役に妥協しなかった」”. まんたんウェブ. (2016年10月23日). http://mantan-web.jp/2016/10/23/20161023dog00m200019000c.html 2017年2月23日閲覧。 
  40. ^ BOYS AND MEN田中俊介:ヤミ金映画に出演も自身は「昔からちゃんと貯金」”. まんたんウェブ (2018年5月26日). 2019年3月23日閲覧。
  41. ^ 映画「最強殺し屋伝説国岡」田中俊介出演のお知らせ”. BOYS AND MEN OFFICIAL SITE (2018年12月22日). 2019年3月23日閲覧。
  42. ^ 柳英里紗映画祭、3年連続で開催!三浦貴大や田中俊介出演の監督作も上映”. 映画ナタリー (2019年7月3日). 2019年7月12日閲覧。
  43. ^ カランコエの花/mama”. あいち国際女性映画祭2019. 2019年9月20日閲覧。
  44. ^ 山田佳奈「タイトル、拒絶」で描くのは“生き様”、伊藤沙莉は「誰にも譲りたくない」”. 映画ナタリー (2019年11月4日). 2019年11月4日閲覧。
  45. ^ “平成最後の日”に監督11人が撮影したオムニバスの上映決定、加藤綾佳が企画”. 映画ナタリー (2019年9月14日). 2019年9月20日閲覧。
  46. ^ STORY - 『ワンシーン』田中俊介”. 「キスのカタチ 11VARIATIONS OF LOVE」公式サイト. 2016年5月8日閲覧。
  47. ^ 渋谷徹男《しゅん》”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2012年6月6日). 2017年2月23日閲覧。
  48. ^ 千秋楽《しゅん》”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2013年2月11日). 2017年2月23日閲覧。
  49. ^ a b 即完!《しゅん》”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2014年6月18日). 2015年8月9日閲覧。
  50. ^ 毛利亘宏「ダークアリス」石川界人ら出演者14名と組み合わせを発表”. ステージナタリー (2019年5月9日). 2019年7月12日閲覧。
  51. ^ 本広克行演出「転校生」キャスト決定、オーディションで選ばれた男女42人が出演”. ステージナタリー (2019年5月22日). 2019年7月12日閲覧。
  52. ^ “平田オリザ×本広克行の舞台『転校生』 男子校版&女子校版、オーディションで若き才能42名を選出”. イープラス. (2019年5月22日). https://spice.eplus.jp/articles/238729 2019年8月8日閲覧。 
  53. ^ 夜叉ヶ池で見つけた命 - NHK オーディオドラマ”. NHK. 2015年8月9日閲覧。
  54. ^ 夜叉ヶ池で見つけた命《しゅん》”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2015年3月23日). 2015年8月9日閲覧。
  55. ^ BOYS AND MEN田中俊介が大垣共立銀行の広告キャラクターに!”. BOYS AND MEN OFFICIAL SITE (2017年11月29日). 2018年3月12日閲覧。
  56. ^ ゲスの極み乙女。ドラマ主題歌配信スタート、MVにボイメン田中俊介”. 音楽ナタリー (2018年11月22日). 2019年3月23日閲覧。
  57. ^ 美ボディー写真集プロジェクト - ボイメン☆MAGIC”. 中京テレビ. 2016年3月9日閲覧。
  58. ^ 田中 俊介 COLOR-02 “SILVER””. 小学館. 2018年3月12日閲覧。

参考文献編集

  • 『ボイメンWalker』KADOKAWA、2015年9月29日。ISBN 978-4-04-894711-4
  • 谷口誠治『夢は叶えるもの! -ボイメンを創った男-』Sweet Thick Omelet、2017年1月7日。ISBN 978-4-90-706125-8
  • 『ボイメンWalker2』KADOKAWA、2017年3月29日。ISBN 978-4-04-895927-8

外部リンク編集