メインメニューを開く

空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ』(そらとぶタイヤ)は池井戸潤の社会派小説である。『月刊J-novel』に2005年4月号、2005年6月号から2006年9月号に連載され、2006年9月16日単行本が、2008年8月1日にはジョイ・ノベルスコレクション版実業之日本社より刊行された。第28回吉川英治文学新人賞、第136回直木三十五賞候補作。

空飛ぶタイヤ
著者 池井戸潤
発行日 2006年9月16日
発行元 実業之日本社
ジャンル 経済小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製
ページ数 492
公式サイト www.j-n.co.jp
コード ISBN 4408534986
ISBN 9784408535357B6判変型
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

2009年9月に、上下に分冊して講談社文庫版が刊行された。2010年には朝鮮語版が刊行された。2016年1月には実業之日本社文庫版が刊行された。

2009年WOWOWの『ドラマW』でテレビドラマ化された。

2018年長瀬智也主演で映画[1]。池井戸にとって初の映画化作品となる[2]

目次

概要編集

  • タイヤ脱落事故と大手自動車メーカーのリコール隠しをテーマにした作品。事故を起こした運送会社の社長である主人公が、自社の無実を証明すべく巨大企業の闇に挑む経済小説であり、2002年に発生した三菱自動車製大型トラックの脱輪による死傷事故、三菱自動車によるリコール隠し事件などを物語の下敷きとしている[3]。本作の前にも経済をテーマにした作品を発表してきた池井戸潤だが、「まともに経済小説を書こうと思って書いたのは、これがはじめて」とのこと[4]
  • 2009年には、WOWOW連続ドラマW枠でテレビドラマ化された。自動車会社が有力スポンサーの地上波では、作品の性質上、制作は難しいと思われたが、有料放送のWOWOWでは、地上波のようにスポンサーの影響を受けることなく番組制作を行えるため、ドラマ化が実現する運びとなった[5]
  • 主人公が敵対する巨大企業はかつて実在した企業と同名だが一切無関係である。

あらすじ編集

父親の後を継ぎ運送会社を経営する赤松徳郎は、ある日、自社のトラックがタイヤ脱落事故を起こし、死傷者を出してしまったことを知る。事故原因を一方的に整備不良とされ、「容疑者」と決め付けられた赤松は警察からの執拗な追及を受ける。さらには会社も信用を失い、倒産寸前の状態に追い込まれてしまう。

しかし赤松は、事故原因は整備不良ではなく、事故を起こした車両自体に欠陥があったのではないかと考える。自社の無実を信じる赤松は家族や社員たちのために、トラックの販売元である巨大企業の自動車会社に潜む闇に戦いを挑む。

登場人物編集

赤松運送編集

赤松 徳郎(あかまつ とくろう)
赤松運送の二代目社長。尾崎西小学校PTA会長。大学時代は柔道部。短気だが人の良い性格。ずんぐりとした体格。自社のトラックがタイヤ脱落事故を起こして死傷者を出す事態となり、整備不良の汚名を着せられる。
宮代 直吉(みやしろ なおきち)
赤松運送 専務。運行管理者兼務。
門田 駿一(かどた しゅんいち)
赤松運送 自動車整備士。入社して3年。髪は金色メッシュ入りで耳にはピアスをしている。
安友 研介(やすとも けんすけ)
赤松運送に入社して半年の新参運転手。
高嶋 泰典(たかしま やすのり)
赤松運送 ドライバー兼総務課長。
谷山 次郎(たにやま じろう)
定年退職間近の赤松運送 整備課長。整備管理者兼務。

赤松家編集

赤松 史絵(あかまつ ふみえ)
赤松徳郎の妻。夫の会社のトラックが死傷事故を起こしたことを知り困惑する。
赤松 拓郎(あかまつ たくろう)
赤松徳郎の長男。尾崎西小学校5年生。死傷事故がきっかけでいじめの標的にされる。
赤松 萌(あかまつ もえ)
赤松徳郎の長女。尾崎西小学校4年生。
赤松 哲郎(あかまつ てつろう)
赤松徳郎の次男。尾崎西小学校2年生。

被害者とその家族編集

柚木 雅史(ゆぎ まさふみ)
被害者の夫。
柚木 妙子(ゆぎ たえこ)
被害者。
柚木 貴史(ゆぎ たかし)
被害者の息子。

東京ホープ銀行編集

井崎 一亮(いざき かずあき)
東京ホープ銀行 本店営業本部。週刊潮流記者の榎本崇とは大学時代の友人。
巻田 三郎(まきた さぶろう)
東京ホープ銀行 専務。
濱中 譲二(はまなか じょうじ)
東京ホープ銀行 本店営業本部長。井崎一亮の直属の上司。

ホープ自動車編集

沢田 悠太(さわだ ゆうた)
ホープ自動車 販売部カスタマー戦略課長。リコール隠蔽「T会議」の存在を知る。
小牧 重道(こまき しげみち)
ホープ自動車 車両製造部課長。
室井 秀夫(むろい ひでお)
ホープ自動車 品質保証部課長。
杉本 元(すぎもと はじめ)
ホープ自動車 品質保証部。品質保証部ネットワーク管理者兼務。
三浦 成夫(みうら しげお)
ホープ自動車 財務部係長。
狩野 威(かのう たけし)
ホープ自動車 常務取締役。

その他編集

榎本 崇(えのもと たかし)
週刊潮流記者。東京ホープ銀行の井崎一亮とは大学時代の友人。
テレビドラマ版では水野美紀、映画版では小池栄子が演じることもあって、いずれも「井崎とは親友以上恋人未満の女性」の設定となっている。
小諸 直文(こもろ なおふみ)
赤松運送 担当弁護士。
児玉 征治(こだま まさはる)
児玉通運社長。
相沢寛久(あいざわ ひろひさ)
大手運送会社 北陸ロジスティックス 総務課長。
中村 桂子(なかむら けいこ)
はるな銀行蒲田支店長。
進藤 治男(しんどう はるお)
はるな銀行蒲田支店 融資課長。
沢田 英里子(さわだ えりこ)
沢田悠太の妻。地域FM放送局 看板パーソナリティ。
高幡 真治(たかはた しんじ)
港北警察署刑事。

書籍情報編集

テレビドラマ編集

空飛ぶタイヤ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 毎週日曜 22:00 - 23:00(60分)
放送期間 2009年3月29日 - 4月26日(5回)
放送国   日本
制作局 WOWOW
監督 麻生学鈴木浩介
原作 池井戸潤
脚本 前川洋一
出演者 仲村トオル
田辺誠一
萩原聖人
音声 ステレオ放送
エンディングテネシー・ワルツ
ホリー・コール
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

2009年3月29日から4月26日まで毎週日曜日22時 - 23時に、WOWOW連続ドラマWで放送された。主演は仲村トオル[6]。放送時間60分(初回のみ70分)、全5話。有料放送ではあるものの、初回のみ本放送・再放送共に無料で放送された。連続ドラマW枠での放送作品としては、『パンドラ』、『プリズナー』に引き続き第3作目となる[6]

2002年三菱自動車工業三菱ふそうトラック・バス)製大型トラックの脱輪による死傷事故、三菱自動車によるリコール隠しなどを物語の下敷きとしている[7]

2009年日本民間放送連盟賞において番組部門テレビドラマ番組最優秀賞、東京ドラマアウォード2009において連続ドラマ部門優秀賞、第26回ATP賞テレビグランプリ2009においてグランプリおよびドラマ部門最優秀賞を受賞した。

キャスト編集

スタッフ編集

放送日程編集

放送回 放送日 各話
第1回 2009年3月29日 初回拡大版スペシャル
第2回 4月5日 第2話
第3回 4月12日 第3話
第4回 4月19日 第4話
最終回 4月26日 第5話

ソフト化編集

WOWOW 連続ドラマW枠
前番組 番組名 次番組
プリズナー
(2008年11月16日 - 12月14日)
空飛ぶタイヤ
(2009年3月29日 - 4月26日)
ママは昔パパだった
(2009年8月23日 - 9月27日)

映画編集

空飛ぶタイヤ
監督 本木克英
脚本 林民夫
原作 池井戸潤「空飛ぶタイヤ」
製作 矢島孝
石田聡子
製作総指揮 大角正
吉田繁暁(エグゼクティブプロデューサー)
出演者 長瀬智也
ディーン・フジオカ
高橋一生
深田恭子
寺脇康文
小池栄子
阿部顕嵐Love-tune/ジャニーズJr.
ムロツヨシ
中村蒼
和田聰宏
木下ほうか
浅利陽介
谷村美月
近藤公園
村杉蝉之介
渡辺大
矢野聖人
田口浩正
斎藤歩
岡山天音
矢島健一
津嘉山正種
毎熊克哉
加藤満
筒井巧
中林大樹
井上肇
小久保丈二
高川裕也
池上紗理依
木下隆行
木本武宏
柄本明
佐々木蔵之介
六角精児
大倉孝二
津田寛治
升毅
笹野高史
岸部一徳
音楽 安川午朗
主題歌 サザンオールスターズ闘う戦士たちへ愛を込めて
撮影 藤澤順一
編集 川瀬功
制作会社 松竹撮影所
製作会社 「空飛ぶタイヤ」製作委員会
配給 松竹
公開   2018年6月15日
上映時間 120分
製作国   日本
言語 日本語
興行収入 16.7億円[8]
テンプレートを表示

2018年6月15日公開[2]。主演はTOKIO長瀬智也

キャスト (映画)編集

スタッフ (映画)編集

脚注編集

  1. ^ 池井戸潤×長瀬智也、日本一熱い男たちの初タッグ!『空飛ぶタイヤ』の映画化が決定!!”. rankingbox. グッドリダンス (2017年3月6日). 2017年3月19日閲覧。
  2. ^ a b 長瀬智也主演『空飛ぶタイヤ』2018年公開 池井戸潤作品が初の映画化”. ORICON NEWS. オリコン (2017年3月6日). 2017年3月19日閲覧。
  3. ^ リコール隠し事件モチーフ「空飛ぶタイヤ」ドラマ化”. asahi.com. 2009年1月16日閲覧。
  4. ^ 池井戸潤. “あくまで私的な紹介”. 2007年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月24日閲覧。
  5. ^ WOWOW、連続ドラマW第3弾『空飛ぶタイヤ』3月29日放送開始”. ONTV Japan. 2009年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月24日閲覧。
  6. ^ a b 仲村トオル、テンション高じて敵役・田辺誠一を「もっと罵倒すればよかった」?”. 最新ニュース. シネマカフェ (2009年3月18日). 2017年3月19日閲覧。
  7. ^ リコール隠し事件モチーフ「空飛ぶタイヤ」ドラマ化”. asahi.com. 2009年1月16日閲覧。
  8. ^ 【2018年間】映画・興行収入ランキング! 邦画、洋画”. 映画DONDON!. 2018年8月25日閲覧。
  9. ^ a b “ディーン・フジオカ、長瀬智也の“敵役”に!「もっと一緒に芝居したかった」『空飛ぶタイヤ』”. シネマカフェ (イード). (2017年5月17日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/05/17/49460.html 2017年5月17日閲覧。 
  10. ^ “サザン3年ぶり新曲、長瀬智也『空飛ぶタイヤ』主題歌に!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年4月18日). https://www.cinematoday.jp/news/N0100224 2018年4月18日閲覧。 
[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集