メインメニューを開く

竹田の子守唄(たけだのこもりうた)とは、京都府被差別部落に伝えられた民謡、およびそれを基にしたポピュラー音楽歌曲である。日本のフォークロック歌手達によって数多く演奏されている。

竹田の子守唄
赤い鳥シングル
B面翼をください
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル 民謡
フォークソング
レーベル リバティ(東芝音楽工業
作詞・作曲日本民謡
チャート最高順位
赤い鳥 シングル 年表
誰のために
1970年
竹田の子守唄
1971年
美しい朝
(1971年)
テンプレートを表示
みんなのうた
竹田の子守唄
歌手 ペドロ&カプリシャス
作詞者 京都竹田地方の子守唄
作曲者 同上
編曲者 ヘンリー広瀬
映像 実写
初放送月 1974年12月-1975年1月
再放送月 2015年10月-11月(ラジオのみ)
その他 1981年9月23日の『みんなのうた20年』で放送(4番は除く)。
テンプレートを表示

目次

概要編集

この曲は複数の被差別部落に伝わる子供の労働歌であり、題名に「子守唄」とあるが正しくは「守り子唄」であり、子供を寝かしつけるのではなく部落出身の学校へ通ったり遊ぶの余裕のない10歳前後の少女の心情が唄われている[1]明治時代中期の発祥とされるが題名にある竹田地区の住民が実際に唄っていた昭和初期に10代だった世代までである[2]

1974年12月 - 1975年1月には、NHKの『みんなのうた』でペドロ&カプリシャスによって唄われたこともある(編曲はヘンリー広瀬)。唄は大幅にアレンジされ、2番の歌詞とコーダ部分が省略された。同時期放送の『北風小僧の寒太郎』が何度も再放送され、また他の楽曲[* 1]も再放送されたが、本曲の再放送は1981年9月23日NHK総合テレビで放送された特別番組『みんなのうた20年』で放送された(4番以外)のみで、定時番組での放送は長期にわたって行われなかったものの、2015年平成27年)10月-11月にラジオのみで41年振りに再放送された)。

ロック・バンド「ソウル・フラワー・ユニオン」の別動チンドン楽団「ソウル・フラワー・モノノケ・サミット」も、震災被災地慰問ライヴの中、同曲をカバーしているが(アルバム『アジール・チンドン』に収録)、のちに彼らは、竹田地区の人々との交流により二つの元唄ヴァージョン(『竹田こいこい節』『竹田の子守唄(元唄)』)をレコーディングし、発表した(アルバム『デラシネ・チンドン』に収録)。

唄が広まる経緯編集

1965年1月、東京芸術座が公演した労演主催の舞台作品、住井すゑ原作の『橋のない川』で尾上和彦が多泉和人(おおいずみかずと)のペンネームで音楽を手掛けることになり[3]、被差別部落の一つである京都市伏見区竹田地区の部落解放同盟の合唱団「はだしの子」メンバーの1人の母から情緒たっぷりどころかカラっと明るく唄って教えてもらった民謡を編曲して使ったもので[4]、それが合唱団のレパートリーとなり、フォーク歌手達にも広まりその1人が後に赤い鳥の後藤悦治郎であった[5]。尾上が採集したのがたまたま竹田地区であったので、「竹田の子守唄」とされたがそれ以前は題名が付いていなかった[6]。きちんとした楽譜もなく一番と二番でテンポも違った唄は、子守り奉公で苦悩にある中に強く暖かい人間性を内在させていて、赤いサラファンに共通する部分も感じられ、聞かせてもらった女性の唄を尾上が解体してつくったのが今日に知られる旋律である[7]。唄の後半にロンドンデリーの歌のような非常に豊かな音の広がりも加えた四分の二拍子で書き上げたが、発表後に複数の関西の研究者がこの唄は自分で採譜したと主張したが、唄を聞かせた女性はその後人前で披露することはなく彼女の唄は発表されたものよりテンポが速い十六分音符でなければならないと尾上は否定している[8]

後藤悦治郎は関西フォークの定例コンサート「大阪労音例会」で大塚孝彦高田恭子のデュエットが歌唱しているのを聴いて本作を初めて知って感銘を受け、この1曲で英語の歌ばかりだったと不満が発散して後藤が率いていたフーツエミールは解散[9]。後藤は新結成した赤い鳥のスタート当初は持ち歌が他に『カム・アンド・ゴー・ウィズ・ミー』しかなかったが本作の練習には力を入れるほど心から惚れ込み、結成7か月後の1969年11月の第3回ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストで本作を歌唱、グランプを飾り、デビュー作としてシングルレコードを発売した[10]

唄を取り巻く状況編集

他のフォーク歌手が唄うのを聴き、赤い鳥も唄うようになった。フォークシンガーたちに広まる前に歌唱していた合唱団「麦」では唄が被差別部落のものであると紹介していたがフォーク界に広まるにつれて「竹田」の正しい読み方や唄の出所はわからなくなっていた[11]。赤い鳥側も暫く、この唄の由来や意味も理解しておらず、題名の竹田も大分県竹田市のことだと思っていた[12]。本作の替え歌である赤い鳥のメジャーデビュー曲『人生』をJASRACに登録する際には作者不詳で申請するように言われるも、既に他の人も歌っているのに無視することはできず作者がいるはずと後藤のクラスメイトの橋本正樹と起源に迫ることにした[13]。赤い鳥が本作を唄うたびに「竹田」とはどこか尋ねられても濁していたこともあり、1971年4月から発祥を捜し始め、歌詞に雪があるため大分県竹田市ではなく「よう泣く」と度々を意味する「よう」があるのは関西ではないかと伏見か氷上郡市島町の竹田かもしれないと見当をつけた[14]。捜し続けて2か月経過、ある女性から歌詞の「在所」は京都では未開放部落を指すと教えられ、橋本は「大きな楔を打ち込まれたように言動が止まった」と感じ、それから1970年出版の『京都の民謡』(音楽之友社)に本作が京都市伏見区竹田の唄だと明記されていることを知り、確信した[15]

橋本が捜し当てた事実を知らされた後藤は今まで知らなかった「久世の大根めし 吉祥(きっちょ)の菜めし またも竹田のもんば飯」の歌詞を入れて唄うことを決意、最初に歌唱したのは1971年9月の毎日放送の深夜番組だった[16]。1971年12月発売のアルバム『スタジオ・ライブ』で「久世の大根めし…」の歌詞を入れた本作を赤い鳥としては初めて収録した[17]

1971年2月5日にシングル・カットして3年間でミリオンセラーとするが、被差別部落絡みの楽曲であったために日本の放送局はこの楽曲を放送したがらなくなり[18]、いわゆる「放送禁止歌」として長い間聴く機会が減少することになったが、1990年代に緩和され、赤い鳥の解散後に結成された紙ふうせんを始め、多くの歌手によってカバーされている。B面曲は『翼をください』。

要注意歌謡曲指定制度においては指定されてはいなかったとされ[19]、2002年に大阪で開催された人権集会ではNHKの人権問題に熱心なベテラン局員は過去に同局で放送禁止に指定されたことはなく後藤もNHKからそういった扱いは受けなかったとしているが[20]森達也が入手した1986年のフジテレビ番組考査部の議事録とみられる文書には部落解放同盟の見解では作られ唄われた理由や背景をよく理解してくれるなら放送可能とされたが、実際に理解することは不可能なので現実的には放送できないことが書かれており[21]、放送禁止歌であるとの認識は既成事実なメディアもあった[22]。森は唄の意味を理解することはそう難しくないはずだがあっさりと不可能と結論付け、理解することとは何なのかすら思考していないことが文からは汲み取れ、理解するの主語を視聴者に置き換えても結論としてはあまりにも早計だと否定的である[23]

森達也はかつて教科書に本作を掲載していた複数の出版社に取材をすると、対応は慎重で匿名を条件に応じてもらい、部落問題も理由の一つだが他にも掲載されなくなった作品は多数あるため断定するのは差別をまた生み出してしまうとにかく非常にナイーブな問題だと話していることが各社共通しており、旋律のみを掲載しているある一社は歌詞がない理由を何度尋ねても旋律だけでも十分に素晴らしい曲だと判断したと要領を得ない答えしか返ってこなかった[24]

音楽評論家の藤田正は元の旋律と歌詞とは大きく違う唄として広まったことに竹田地区の住民はかなり困惑、赤い鳥メンバーもヒットしてから被差別部落の唄という事実を知ったことで動揺、同じく知ったメディアが慌てて自主規制していったとしている[25]

部落解放同盟の抗議があっため放送しなくなったとも囁かれたがそのようなことはなく、京都府連や竹田地区の解放同盟の人間は長らく放送禁止になったことすら知らず、かつては竹田地区の唄であることも知らない者もいた[26]

元唄には「もんば飯」とあり、もんばはオカラ、飯は精米の破片をかき集めた小米でそれを部落内で食べていること意味する歌詞で、尾上の前で歌った女性が竹田の恥をさらしたと後悔[27]、1972年1月に京都勤労会館で開催したフォークコンサートに赤い鳥が出演した際、橋本は先述の『京都の民謡』を編纂した日本音楽研究会メンバーでもあった尾上と知り合い、彼に唄を教えた女性を息子経由で連れてきてもらったが彼女に「久世の大根めし…」の箇所は歌わないでほしいと懇願され、周りで「あの唄は誰が教えたのか」と言っている人がいたことや、かつていつもああいった食事をしていたわけではないがどうして今になって部落の食生活を唄う必要があるのか、歌詞で竹田だけでなく他の部落の場所もわかってしまうと唄ったことを後悔、自分の生まれ晒すことを憚る世代の人間であり、後藤は伝承している人の名前でJASRACに登録したかったがそれも断られた[28]。後藤は女性の言葉で腰が引けた他の赤い鳥メンバーから非難され相手を苦しめるわけにはいかず彼女の息子たちと話し合った結果「勇気をもって唄っていってほしい。自分も応援する」と言われ今後も唄い続けることになったが、若さゆえ突っ張って生きていたことで人を苦しめてしまった自分に後藤は半分後悔した[29]。尾上も問題とされた歌詞の削除を求められたことがあり、また元唄と旋律が違うとしてJASRACに本作の補作者として登録してもらおうと申請するも却下されており、当時のJASRACは民謡を十把一絡げにしていて著作者として登録する考えがまだなかった[30]

歌詞編集

各地に色々な歌詞が伝わるが、大きく分けて、広く唄われる歌詞と、元唄の歌詞がある。広く知られた歌詞の「盆がきたとて なにうれしかろ 帷子はなし 帯はなし」は愛知県の子守唄からとられ、高石ともやが『日本の子守唄』(松永伍一紀伊國屋書店)で見つけた歌詞を入れて唄ったもの[31][32]。藤田正は愛知県の歌詞を入れたことで本作の特異性は際立ったが唄の多様性を見えにくくしてしまった面もあるとしている[33]

解釈編集

「はよもいきたや この在所越えて むこうに見えるは 親のうち」は少女が早く部落(在所)を越えて向こうに見える親の家、つまり一般地区に少女宅があり一般民である彼女が部落内で子守をしている時代背景的に不自然な歌詞に見える[34]。他地域の部落にも同じ唄が伝わっているが在所は一般地区を指すこともあり意味が逆転する説[35][20]、部落内の富裕層が貧しい家に守り子を頼む習慣があり、そういった少女が赤ん坊をあやしながら部落外に出て振り返ったときの心情とする説もあるが[36]、唄の持つ広がりや望郷の思いが狭まることや元唄にある病に臥せっている父親を案じるニュアンスも変わってしまうが[37]、歌詞の整合性を気にすることにどれだけの意味があり、それよりも浮かんでくる情景をそれぞれの心情風景を重ねることで十分だとする意見もある[38]。先のように被差別部落を意味する言葉があるため放送されなくなったがそれだけでも短絡的で論外だが在所が部落でも部落外を意味していてもいいが、仮に一般地区を指しているなら放送禁止の根拠の論外さすら意味を失ってしまい、文法的矛盾に気付くことは誰でも可能で難しい理屈でもないが誰も考察や見つめ直することがなくメディアも何をやってきたのかと森達也は批判している[39]。藤田正も「愛情をもって温かく検証されることなくメディアから締め出された」としている[40]

元唄で繰り返しある「どうしたいこりゃ、きこえたか」は竹田でしか見られない言葉遣いで暑さ寒さ関係なく子の世話をしないといけない守り子たちの社会や親に対する口説きや批判とされる[41]

広く唄われているもの編集

守りもいやがる 盆から先にゃ
雪もちらつくし 子も泣くし

盆がきたとて なにうれしかろ
帷子(かたびら)はなし 帯はなし

この子よう泣く 守りをばいじる
守りも一日 やせるやら

はよもいきたや この在所(ざいしょ)越えて
むこうに見えるは 親のうち

1番
子守も自分が子供の頃は、楽しいお盆休みがあったけど、それも無い。
お盆が過ぎると秋が深まり、雪がちらつき寒くなって、子供が泣きます。

2番
子供の頃楽しかったお盆休みが来ても、何もうれしくは無い。
きれいに着飾る服も無い。

3番
この子はよく泣いて、子守の私を苛めます。
奉公先の親から叱られないかと心配で、やせる思いです。

4番
早く奉公の期間が終えて、奉公しているこの場所から、親の住む家に帰りたい。
向こうに見えてるのは親の家なのに、こんなに近くても奉公だから帰れない。

元唄編集

出典は森達也『放送禁止歌』光文社知恵の森文庫、2003年 198-199頁

この子よう泣く守りをばいじる
守りも一日やせるやら
どしたいこりゃ きこえたか

ねんねしてくれ 背中の上で
守りも楽なし子も楽な
どうしたいこりゃ きこえたか

ねんねしてくれ おやすみなされ
親の御飯がすむまでは
どうしたいこりゃ きこえたか

ないてくれよな 背中の上で
守りがどんなと思われる
どうしたいこりゃ きこえたか

この子ようなく守りしょというたか
泣かぬ子でさえ 守りやいいや
どうしたいこりゃ きこえたか

寺の坊さん 根性が悪い
守り子いなして 門しめる
どうしたいこりゃ きこえたか

守りが憎いとて 破れ傘きせて
かわいがる子に 雨やかかる
どうしたいこりゃ きこえたか

来いよ来いよと こま物売りに
来たら身もする 買いもする
どうしたいこりゃ きこえたか

久世の大根めし 吉祥(きっちょ)の菜めし
またも竹田のもんば飯
どうしたいこりゃ きこえたか

足が冷たい 足袋買うておくれ
お父さん帰ったら買うてはかす
どうしたいこりゃ きこえたか

カラス鳴く声 わしゃ 気にかかる
お父さん病気で寝てござる
どうしたいこりゃ きこえたか

盆が来かて 正月が来たて
難儀な親もちゃうれしない
どうしたいこりゃ きこえたか

見ても見飽きぬ お月とお日と
立てた鏡とわが親と
どうしたいこりゃ きこえたか

早よもいにたい あの在所こえて
向こうに見える派 親のうち
どしたいこりゃ きこえたか

替え歌編集

赤い鳥のメジャーデビュー曲『人生』(山上路夫作詞、大野雄二編曲、アルバム版では『JINSEI』)は『竹田の子守唄』の歌詞を変更した替え歌であった[42]。替え歌になったのは旋律や新居潤子の声もよくコーラスも素朴だったが原唄の歌詞では時代に関係なく意味が分かりづらいという判断から山上に作詞を依頼[43]、後藤は『人生』の歌詞で歌うことに拒否感があったが結局それで発売することになるもヒットせず、自分でやりたいことをやらせてほしいと強く要望、『竹田の子守唄』と『翼をください』を制作した[13]東芝レコード新田和長ディレクターの判断で、原曲の歌詞のまま発売すると、ヒットした[44]。藤田正は『人生』の歌詞には「私には人生の見方が多少わかっている」というオゴリを後半に漂わせ、当時のフォークシンガーたちの青臭さや説教臭さを見抜いて批判して山上によるフォークパロディだが[43]、『人生』にはオーラがなく『竹田の子守唄』は歌詞の意味はわからくても圧倒的迫力があるのは誰でもわかり、旋律と歌詞は切っても切り離せない関係の唄だとしている[45]

1997年発売のCD版アルバムには『JINSEI』は「制作上の都合」とあるだけで理由が不明なまま未収録となったが、オリジナル版の制作に携わった村井邦彦は1997年版の制作に関わっていないため事情は知らないが過去にも複数回収録していて抗議を受けたことはないと話した[46]

中華圏では、世界の平和を願う内容の歌詞がつけられ『祈祷』というタイトルで歌われている。ジュディ・オングが父親による中国語詞で歌いはじめたのが最初で、のちにデイブ・ウォンら台湾人歌手によってカバーされ広く普及した。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『みんなのマーチ』・『鳩笛』・『なかよしファミリー』。なお同時期の『みんなのうた』は、「本放送4曲・再放送3曲」構成だったが、この時は特別に「本放送5曲・再放送2曲」だった。

出典編集

  1. ^ 森達也『放送禁止歌』光文社知恵の森文庫、2003年 196頁
  2. ^ 森達也『放送禁止歌』197頁
  3. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』解放出版社 2003年 7、9頁
  4. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』12頁
  5. ^ 森達也『放送禁止歌』184頁
  6. ^ 森達也『放送禁止歌』200-201頁
  7. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』14-15頁
  8. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』15-16頁
  9. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』19-20頁
  10. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』21頁
  11. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』29頁
  12. ^ 森達也『放送禁止歌』178頁
  13. ^ a b 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』28頁
  14. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』30-31頁
  15. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』32-33頁
  16. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』35頁
  17. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』37頁
  18. ^ “放送「封印」の背景探る なぜ消えた?名曲「竹田の子守唄」”. 朝日新聞・大阪朝刊. (2003年3月4日)  - 聞蔵iiビジュアルにて閲覧
  19. ^ 森達也『放送禁止歌』120頁
  20. ^ a b 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』49頁
  21. ^ 森達也『放送禁止歌』118-119頁
  22. ^ 森達也『放送禁止歌』120-121頁
  23. ^ 森達也『放送禁止歌』121頁
  24. ^ 森達也『放送禁止歌』122頁
  25. ^ 森達也『放送禁止歌』187-188頁
  26. ^ 森達也『放送禁止歌』194頁
  27. ^ 森達也『放送禁止歌』206-207頁
  28. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』37-38、41、44頁
  29. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』38-39頁
  30. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』42-43頁
  31. ^ 森達也『放送禁止歌』185頁
  32. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』69頁
  33. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』70頁
  34. ^ 森達也『放送禁止歌』190-191頁
  35. ^ 森達也『放送禁止歌』215頁
  36. ^ 森達也『放送禁止歌』216頁
  37. ^ 森達也『放送禁止歌』217頁
  38. ^ 森達也『放送禁止歌』217-218頁
  39. ^ 森達也『放送禁止歌』218頁
  40. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』50頁
  41. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』93頁
  42. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』24-25頁
  43. ^ a b 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』26頁
  44. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、118-119頁。ISBN 978-4-636-82548-0
  45. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』27頁
  46. ^ 藤田正『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』53-53頁

参考文献編集

関連書籍編集

  • 「竹田の子守唄」 橋本正樹 1973年 - 後藤悦治郎の友人である筆者が唄の起源を捜しまわった出来事をまとめたもの

関連項目編集