山本潤子

日本のシンガーソングライター (1949-)

山本 潤子(やまもと じゅんこ、1949年12月30日 - )は、日本シンガーソングライターである。旧姓新居

山本 潤子
出生名 新居 潤子
生誕 (1949-12-30) 1949年12月30日(71歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市
学歴 帝塚山大学卒業
ジャンル フォークソング
J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器
ギター
活動期間 1969年 - 2014年
レーベル ユニバーサルJ
ダブルネックレコーズ/プライエイド
東芝EMI
Sony Records
共同作業者 赤い鳥
ハイ・ファイ・セット
松任谷由実 ほか
公式サイト 山本潤子 オフィシャルWEBサイト

奈良県吉野郡天川村生まれ、大阪市阿倍野区出身。葱の花オフィス所属。性格は「一見クールだが、天然」。2人の娘の母親でもある。

代表曲に「翼をください」(作詞:山上路夫、作曲:村井邦彦)、「卒業写真」(作詞・作曲:荒井由実)などがある。「翼をください」は約30年以上にわたり小学校の音楽の教科書に採用され、現在でも合唱曲として有名。

来歴編集

4人姉妹の末っ子として生まれ、生後半年で父親の実家がある大阪市阿倍野区に転居。南大阪幼稚園、苗代小学校、阿倍野中学校を経て、帝塚山高校卒業、帝塚山大学卒業。

大阪市の阿倍野の歩道橋上で、当時すでにロック・キャンディーズで活動していた谷村新司に声をかけられ、「ヒルビリー・シンガーズ」のボーカルとなったが3ヶ月しか続かなかった。

高校2年生のとき、ピーター・ポール&マリーのコピーバンドを結成し、親衛隊があった[1]

  • 1969年、後藤悦治郎、平山泰代、山本俊彦、大川茂とともにフォークソンググループ「赤い鳥」を結成。同年、第3回「ヤマハ・ライト・ミュージックコンテスト」全国大会にて「竹田の子守唄」を歌いグランプリを獲得。第2位のオフコースなどを抑えての優勝。
  • 1970年6月、コロムビアレコードより『人生』にてメジャーデビュー。
  • 1971年アルファ・アンド・アソシエイツに移籍。シングルレコード「竹田の子守唄/翼をください」が大ヒットとなる。
  • 1973年
    • 4月、メンバーである山本俊彦と結婚。
  • 1974年
  • 1975年東芝EMIエキスプレスより「卒業写真」でデビュー。
  • 1977年、「フィーリングス」のカバー曲である「フィーリング」発表。大ヒットとなり、第28回NHK紅白歌合戦(紅組)に出場。その後も「冷たい雨」(作詞・作曲:荒井由実)、「忘れないわ」(作詞・作曲:小田和正)などがヒットする。
  • 1993年飛鳥涼、小田和正らとチャリティーグループ「USED TO BE A CHILD」に参加。
  • 1994年
    • 8月、「日本をすくえ'94」スーパーバンド(日本武道館)に参加。
    • 9月、「ハイ・ファイ・セット」解散。
    • 10月、アルバム「JUNKO YAMAMOTO」でソロデビュー。
  • 1995年 - 1996年、小田和正コンサートツアー『FUN MORE TIME』にメインコーラスとして参加。
  • 1995年
    • 8月「日本をすくえ'95」(神戸メリケンパーク)に参加。
  • 1996年
    • 8月13日から15日、荒井由実コンサートにゲスト参加(中野サンプラザ)
    • 9月14日から15日、「日本をすくえ'96」(神戸ワールド記念ホール)に参加
  • 1997年
    • 2月20日、伊勢正三コンサートにゲスト参加(渋谷公会堂)。その後、全国各地でジョイントコンサートを開催。
    • 11月21日、サッカーW杯予選で『翼をください』が話題になり「ニュースステーション(テレビ朝日)」出演
  • 1998年
    • 2月15日、長野オリンピック「スキー・ジャンプ/ラージヒル個人競技~表彰式前プレ・イベント」に参加、『翼をください』を歌唱。
    • 6月より『LOVE LOVEあいしてる』(フジテレビ)に準レギュラーとして出演(1999年11月まで)。
    • 7月30日、札幌プリンスホテル・ディナーショー。
  • 1999年伊勢正三と活動し、8月4日「もしかして二人は/青い夏」をリリース。
    • 2月27日から28日、山本潤子SpecialLive(池袋アムラックスホール)、鈴木康博・山本潤子・吉川忠英「PPMを歌う」が反響を呼ぶ。
    • 11月16日、「台湾大地震ハート・エイド」(東京国際フォーラム・ホールA)に参加。
  • 2000年4月、元オフコースの鈴木康博、元ふきのとう細坪基佳とのユニット「Song for Memories」結成。また、吉川忠英、高水健司、浜口茂外也、新川博とのユニット「nanan」にも参加。
    • 12月16日、新大阪ワシントンホテルにて「Song for memories」ディナーショー。
    • 12月31日、小田和正 横浜八景島カウントダウンライブにゲスト出演。
  • 2001年4月、鈴木康博、吉川忠英と「PPMを歌う」と題したコンサート開催。
  • 2001年森山良子白鳥英美子とともに「V3」結成。
    • 9月29日、森山良子・白鳥英美子・山本潤子 V3コンサート開催(シアターコクーン)。
    • 12月、ソロディナーショー(室蘭)、「Song for Memories」ディナーショー(大阪、千葉、東京)。
  • 2002年
    • 4月26日、韓国慶熙大学、4月30日、東京渋谷Bunkamuraオーチャードホールで行われた日韓フレンドシップ・コンサートに参加、出演は日本はV3(森山良子、山本潤子、白鳥英美子)、韓国はBig3(ユン・ヒョンジュ、ソン・チャンシク、キム・セファン)。
    • 5月22日、「虹の翼プロジェクト2002」に参加。
    • 5月からNHK BS2「フォーク大集合~アコースティック・サウンド倶楽部~」にレギュラー出演
  • 2003年6月、ショーン星野花木佐千子(1964年7月30日 - )、松谷麗王(れお)(1969年6月22日 - )とともにコーラスグループ「April」結成。
  • 2004年、『風のようにうたが流れていた』(TBS)にゲスト出演。
  • 2005年12月、8年ぶりのソロ・アルバム「small circle」を発表。ピュアな感覚を表現しようと、全14曲大半の作詞作曲を手がけるギターの井川恭一との共同プロデュースで、インディーズから出した。[1]
  • 2006年2月20日、『SMAP×SMAP』のリスペクト70'sのコーナーゲストとして出演。「翼をください」を歌唱。*2007年5月、『笑っていいとも!』(フジテレビ)の「本日限定プラチナランチショー〜アルタの花道〜」にゲスト出演、「翼をください」を歌唱。水曜レギュラーの南野陽子が山本の歌唱後に、思わず感極まって涙を流すシーンが有った。南野曰く「一番大好きな曲」だという。
  • 2007年9月、秋フェス、大山ミュージックリゾート in花回廊2007に出演。
  • 2008年11月、稲垣潤一男と女 -TWO HEARTS TWO VOICES-」に参加。(オフコース「秋の気配」)
  • 2009年6月18日長崎県大村のコンサートで、Song for Memoriesとしての活動は2009年いっぱいで終わることが明らかにされた。
  • 株式会社オーエムジーを離れ、個人事務所株式会社葱の花オフィス[2]を設立した。(「葱の花」は、ステージで歌う山本の姿を葱坊主のようと山本の実姉が評したことにちなむ。ファンクラブの名称に、そして新会社の社名に採られた。)
  • 2010年11月20日愛媛県松山市ひめぎんホールで開催された愛媛県民総合文化祭にゲスト出演し、松山少年少女合唱団翼をくださいを共演する。
  • 2014年2月23日、静岡県沼津でのライブで、同年5月から休養にはいることを、2月25日のブログ[3]でも、明らかにした。5月6日の名古屋のコンサートを最後に無期限休養にはいった[4]
  • 2015年5月29日 47年のキャリアにして初のCD-BOXの収録曲のリクエストを募る「みんなで選ぶ山本潤子 CD-BOX スペシャル・サイト」[5]がオープン ~9月30日までの受付。

ネーネーズのリーダー古謝美佐子、またはイルカなどともジョイント・コンサートをおこなっている。

自分の声は好きではなく、アレサ・フランクリンのようなガラガラ声になりたいという[2]。愛煙家であり、医者の勧めにもかかわらずやめられないと嘆いている[3]

音楽作品編集

他のアーティストとともに編集

瀬戸内市イメージソング編集

  • 邑久町豊原の市民が作詞、鈴木康博が作曲、山本が歌唱する。[8]

なとりりんくうタウンイメージソング編集

祐誠高等学校校歌「希望号はゆく」 Going with the Hope編集

シングル編集

  • 鍵があわない/セント・マーチンの夏 1994年10月1日 SRDL3917
  • いつでも夢に花束を/ジンクスなんて/いつでも夢に花束を(オリジナルカラオケ) 1995年5月1日 SRDL4007
    「いつでも夢に花束を」は、ジューン・ブライド (テレビドラマ)の主題歌。
  • 翼をください/I Would give you anything (翼をください-英語版)/TSUBASA WO KUDASAI(翼をください-オリジナルカラオケ) 1997年11月12日 TODT5071
  • 緑の季節/Wind Knot 1998年7月8日 TODT5166
    「緑の季節」は、ロッテグリーンガムCMソング。
  • もしかして二人は/青い夏(伊勢正三&山本潤子) 1999年8月4日 FLDF-1696
  • 童神(わらびがみ)〜天の子守唄 2002年2月20日 SRCL5295

アルバム編集

  • 『JUNKO YAMAMOTO』 1994年10月1日 SRCL2981
    鍵があわない/Cool/膝まで5センチ/Room #406/ヒヤシンス/ねぎの花/True Friend/セント・マーチンの夏/Woman/Tokyo Moon/ベジタリアンのライオン
  • 『Slow Down』 1995年9月1日 SRCL3303
    いつでも夢に花束を/悲しいペンギン/Too Hot Day/眠れぬ夜/合いたいな/ジンクスなんて/アカシアの雨がやむときさらば恋人/Slow Down Jam/卒業写真
  • 『OASIS』 1997年4月16日 TOCT9848
    Because of rain/オアシス/プラチナとダイヤモンド/Married Life/We are in love/冷たい女/アクセル/神様の前菜/自由/記憶の森
  • 『Fainy Tale』 1997年12月10日 TOCT10152
    ドロップ/忘れていた朝/窓に明りがともる時/青い果実/Wind Knot/風船/好き/翼を下さい
  • 『翼をください JUNKO BEST』 1998年12月9日 TOCT24034
    フィーリング/中央フリーウェイ/海を見ていた午後/卒業写真/小さな願い/スカイレストラン/緑の季節/赤い花 白い花/風船/翼をください
  • 『山本潤子 NEW BEST 1500』 2005年8月24日 TOCT11058
    翼をください/海を見ていた午後/緑の季節/風船/ドロップ/忘れていた朝/Wind Knot/オアシス/窓に明りがともる時/卒業写真
  • 『small circle』 2005年12月7日 DNCA2028
    INTRODUCTION〜Life goes on〜/スターライト・アゲイン/ジンセイいろいろ/特別な日/笑顔を見せて/愛の花/冬の記憶/たまにポカポカしてください/いつかこの径を/小さな家出のうた/おやすみ/あと100年もすれば/月の光浴びましょう/Life goes on
  • 『J's』 2006年5月10日 DNCA2029
    スカイレストラン/海を見ていた午後/フィーリング/あと100年もすれば/ジンクスなんて/中央フリーウェイ/愛の花/竹田の子守唄/おやすみ/卒業写真/童神〜天の子守唄〜/翼をください
  • 『SONGS』 2007年6月6日 UPCH1544
    サンキュ.CROSS ROAD恋の予感/Missing/ロビンソン桜坂空と君のあいだに最後の言い訳世界に一つだけの花/一本桜〜心根〜/翼をください/一本桜 ヴォーカリーズ・ヴァージョン
  • 『GOLDEN☆BEST 山本潤子(赤い鳥/ハイ・ファイ・セット)』 2009年7月15日 MHCL 1543-44
    竹田の子守唄/赤い花白い花/翼をください/忘れていた朝/美しい星/窓に明りがともる時/卒業写真/スカイレストラン/冷たい雨/幸せになるため/フィーリング/素直になりたい/水色のワゴン/星化粧ハレー/I feel Coke '87/忘れないわ/鍵があわない/いつでも夢に花束を/緑の季節/青い夏/童神〜天の子守唄〜/Cool/ねぎの花/True Friend/Woman/Tokyo Moon/ベジタリアンのライオン/Too Hot Day/会いたいな/ジンクスなんて/Slow Down Jam/卒業写真/プラチナとダイアモンド/スターライト・アゲイン/笑顔を見せて/愛の花
  • 『音楽に恋してる』 2009年10月7日 UPCH1755 [11]
    音楽に恋してる/きらりきら/Restaurant du ciel/金曜日の夜は…/ある晴れた日に/あったらいいなと思うもの/町はずれ/茜空/ふと気づけば/春の日/トゥインクル/そのまま
    「音楽に恋してる」は、ミューズの晩餐のエンディング曲。
  • 『山本潤子 ゴールデン☆ベスト』 2012年8月1日 TOCT-11286
    翼をください/窓に明りがともる時/中央フリーウェイ/オアシス/海を見ていた午後/緑の季節/忘れていた朝/フィーリング/Becase of rain/卒業写真/風船/Wind Knot/赤い花白い花/スカイレストラン/好き/翼をください(英語版)
  • 『Junko Yamamoto ALL TIME SONGS』 2016年5月30日 DQCL-3194

DVD編集

  • junko yamamoto Live in YEBISU BAR 2006年4月12日 DNBB1004
    ジンクスなんて/スカイレストラン/海を見ていた午後/Woman/歌を捧げて/卒業写真
  • Vivante 2011年6月1日 NEGI2001 [12]
    たまに逢う人/笑顔を見せて/なんとかなさい/人って不思議だ/日常/ある晴れた日に/思い出の町/ヒトイロ/あったらいいなと思うもの/Don Don Don/あと100年もすれば

nanan アルバム編集

  • C'est du nanan! 2000年4月21日 VICL69008
    Wave/Mona Lisa/蘇州夜曲/Misty/Palmtree/Save the Last dance for me/シェルブールの雨傘/In the wee small hours of the morning
  • nanan style 2000年10月21日 VICL69029
    Up Up and Away/MAS QUE NADA/A Bord of Affection/No More Blues/La Mer/This Guy's in Love with You/Over the Rainbow/A Distant Past
  • C'est du nanan!/nanan style 2004年5月21日 VICL69533 - 4
    Wave/Mona Lisa/蘇州夜曲/Misty/Palmtree/Save the Last dance for me/シェルブールの雨傘/In the wee small hours of the morning/Up Up and Away/MAS QUE NADA/A Bord of Affection/No More Blues/La Mer/This Guy's in Love with You/Over the Rainbow/A Distant Past

Song for Memories アルバム編集

  • Song for Memories ライブ盤(2000年4月7日東京都品川区五反田ゆうぽうと簡易保険ホールで収録) 2枚組 2000年9月20日 ENCM3001 - 2
    HELP!/今はもうだれも/春夏秋冬/でももう花はいらない/PUFF/DAYDREAM BELIEVER/地球はメリーゴーランド/心の旅/あの日にかえりたい//MRS.ROBINSON/CALIFORNIA/EVERY BREATH YOU TAKE/旧友/中央フリーウェイ/Dream Dream Dream/YESTERDAY ONCE MORE/白い冬/さよなら/翼をください
  • Song for Memories II 2001年8月18日 OMCA5007
    Those Were The Days/ルイジアナ/僕の好きな先生/Happy Together/愛と青春の旅立ち〜Up Where We Belong/輝いて…/愛はここに/Without You/青空、ひとりきり/好きだった人/どうしてこんなに悲しいんだろう/贈る言葉
  • Ellys Green 2006年10月4日 IOCD20117
    恋するカレン/魔法の黄色い靴/あの頃のまま/夢の中へ/ケンとメリー〜愛と風のように〜/セクシィ/夏休み/雨あがりの夜空に/Ya Ya〜あの時代を忘れない〜/八月の濡れた砂/IF/HEART OF GOLD/思い出の宝箱
  • 「イエスタデイ・ワンス・モア ~TRIBUTE TO THE CARPENTERS~」 2009年3月25日  UICZ-4193
    M-14. イエスタデイ・ワンス・モア (YESTERDAY ONCE MORE) 

Song for Memories DVD編集

  • Song for Memories コンサート 2009 渋谷 C.C.Lemonホール(2009年2月11日収録) 2009年6月3日 DNBB1007
    DREAM DREAM DREAM/中央フリーウェイ/旧友/魔法の黄色い靴/あの頃のまま/夢の中へ/ぼくの好きな先生/ルイジアンナ/春夏秋冬/あの日にかえりたい/初恋/好きだった人/IF/The Boxer/Happy Together/でももう花はいらない/白い冬/卒業写真/輝いて…/(ENCORE)/心の旅/風/翼をください/(特典映像)/Song for Memoriesインタビュー

April アルバム編集

  • 10cc of tears 2003年6月21日 VICL61153
    春のランチ/Moonlight Serenade/Before Rain Stops〜B.R.S./いとしのエリー〜Ellie,My Love〜/Finally/蜃気楼日記/透き通った風の朝/情熱と哀愁/輪舞曲/月を抱いて
  • APRIL SECOND 2010年10月1日 NEGI 1001
    It's All Right with Me/酒とバラの日々/Lullaby of Birdland/Ages of Rock and Roll/青いエアメイル/One Note Samba/Overjoyed/ラッツォの晩餐

親交のあるアーティスト編集

ラジオ番組編集

  • 「フィフティーンスアベニュー」 FMで放送 「潤子のマイコレクション」のコーナーでは、マンハッタントランスファー、ランバートヘンドリックスアンドロス、バーシア、など午前中の番組にはもったいないというほかない選曲であった。また、担当の女性ディレクターがアルバムの作詞を手がけるなどの企画もあった。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ テレビ東京系列ミューズの晩餐2010年1月30日放送分
  2. ^ 2010年1月30日『ミューズの晩餐 My Song, My Life
  3. ^ 本人ブログより

外部リンク編集

Please note that when translated to English, She is referred to as "He, His, etc. The gender does not translate properly to female designations from Google Translate method to English version.