メインメニューを開く

笠原 将弘(かさはら まさひろ、1972年9月3日 - )は、日本料理人である。『賛否両論』オーナー兼料理人。

かさはら まさひろ
笠原 将弘
生誕 (1972-09-03) 1972年9月3日(47歳)
日本の旗 日本東京都武蔵小山[1]
職業 料理人

経歴・人物編集

東京都出身。

実家は焼き鳥店『とり将』を営んでおり、高校1年の時に母がガンで死去した事をきっかけに料理への道を志し、高校卒業後は、日本料理の『正月屋吉兆』で9年間修行をする。その後、父までもガンで倒れた事を機に家業の焼き鳥屋を継ぐ決心をするが、継いだ事を確認するかのように父も死去する[2]

2004年、家業が30周年を迎えたことをきっかけに、自分自身の店である『賛否両論』を恵比寿に開店。「万人に好かれなくてもいい、自分の料理とやり方を認めてくれる人が来てくれれば…」との思いで店名を名付ける。そして、コース料理しか提供しないスタイルであったものの、独自の感性と味覚で作り上げた日本料理が評判となり、現在では押しも押されもせぬ人気店に成長し、予約が取れないことでも有名になる。しかし、笠原は「ライバルはディズニーランド」と公言し、自分の店を「まだまだ発展途上」ともコメントしている[3]

私生活では3人の子宝に恵まれている[1]が、2012年9月にエリカ夫人をガンで亡くした[4]

日本国内で、食品、レストラン、自動車などを手がける桝屋グループ(東京都福生市 代表取締役 加藤勤)と業務提携を行うレストラン運営会社 Exciting Japan Square Limited (吉祥廣場)社の誘致により、2018年3月21日に、香港の繁華街 コーズウェイベイ地区のVポイントビル 5階に、海外初出店となる賛否両論 香港支店をオープンするが、何者かにより営業資金を消失され、それに伴う資金繰りの悪化により、取引先に多額の負債を残したまま、同年7月末で営業停止に陥り撤退する。取引先とは、現在も係争中であり、この盗難事件は、今なお未解決のままである。

メディア出演編集

テレビ編集

ラジオ編集

書籍編集

脚注編集

外部リンク編集