メインメニューを開く

藤咲 彩音(ふじさき あやね、1995年[4]12月7日[2][3][5][6][† 1] - )は、日本の女性アイドルで、でんぱ組.inc、ニァピン、ピンキー!ノーラ&ペトラのメンバー。埼玉県出身[6][13][14]。愛称はピンキー![3][6]。でんぱ組.incでのキャッチフレーズは「踊ってみたら七変化!」[3][5]、担当色は青[3]。ファッションブランドPzzz(ピーゼット)を立ち上げ、ファッションショーにも自身が参加した。

ふじさき あやね
藤咲 彩音
Fujisaki Ayane (藤咲彩音).jpg
Indonesia Fashion Week 2013にて
(2013年、インドネシア ジャカルタ
プロフィール
愛称 ピンキー!
生年月日 1995年12月7日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本 埼玉県
血液型 O型[1][2]
公称サイズ(2013年[3]時点)
身長 / 体重 157 cm / kg
活動
デビュー 2011年
ジャンル アイドル
所属グループ でんぱ組.inc
ニァピン
ピンキー!ノーラ&ペトラ
活動期間 2011年12月 -
他の活動 ニコニコ動画
事務所 DEARSTAGE Inc.
レーベル MEME TOKYO
主な楽曲P and A
アイドル: テンプレート - カテゴリ

目次

略歴編集

生い立ち編集

オタクであった両親の影響により、1歳になる前[15]からコスプレイヤーとして活動[16]。当時から母親に対して「このキャラクターが好きだから(コスプレを)やりたい」と発言していたという[16]。人生最初の記憶は「東京ビッグサイト鉄拳凌暁雨のコスプレをして、多くの人に写真を撮られている」場面であるとしている[16][17]。コスプレ会場でのダンスパーティーにも参加し[16][18]、4歳くらいからステージ上で踊っていた[15][† 2]。小学校4年時に参加したダンスパーティーで、T.M.Revolutionの「HOT LIMIT」が流れた際に居ても立っても居られなくなり踊り始めたことから本格的にダンスが好きになり[20]、「この時点ででんぱ組.incとしてのストーリーは始まっていた」と後に述懐している[16]

コスプレ用のレプリカの武器や小道具を作るのが得意だった父親と[16]、コスプレやダンスをプロデューサーのように指導した母親[21][22]のもと小学校2年時に参加したコスプレ大会では上位の成績を収め、「単純に会場でコスプレをするだけではなく、大会に出て評価されると自分の価値が分かる」ということに気付いたという[20]。ダンスについては、特に好きだったアーティストとしてミニモニ。を挙げており、「辻ちゃん加護ちゃんは普段はモー娘。の『メンバー』だが、ミニモニ。になると『キャラクター』になる。その2次元っぽい立ち位置にすごく憧れた」[20]とした上で「このときからダンスをすることによって違う何かになれることに気付いた」[22]と述懐している。

踊ってみた編集

中学校2年時に、夜中にパソコンを見ていた母親からニコニコ動画の所謂「踊ってみた」を見せてもらい、「ダンスの上手さをアピールしているのではなく、単に曲を楽しんでいる感じ」に面白さを感じたことをきっかけに、自身も2010年8月に「ピンキー!」名義[3][6]で踊り手としてデビュー[22]。投稿後は良い評価から悪い評価まで様々なコメントを見て「いろんな人の意見を聞ける、ここは凄く良いところだ」「自分の踊りを評価してくれるところが嬉しい。評価があるからこそ良い所を伸ばし、悪い所を削ることができる」と思ったという[22]

踊り手デビュー後はソロ動画の他、愛川こずえ(当時DANCEROIDメンバー)や荻野沙織(後のA応Pリーダー)[23][24]らとのコラボ動画や、ニコニコ動画主催のダンスイベント「ニコニコダンスマスター」[4][25]にも参加。

デビュー編集

高校進学後4ヶ月が経過した8月[26]、その動画を閲覧したプロデューサーの福嶋麻衣子(もふくちゃん)からTwitterのダイレクトメッセージを通じて勧誘を受け、秋葉原ディアステージへ入店[19][27][28]。この勧誘を受けるまではディアステージの存在すら知らなかったが、当時アルバイト面接に10個以上落ちている時期であったため、「お店で働きたい」「(アイドルになりたいというよりは)接客のバイトがしたい」という目的で入店した[29][30]。福嶋によれば、当時跡部みぅが卒業するにあたり新メンバーを求めて「かわいい子」がいないか周囲に聞きまわっていた時期にディアガールから藤咲の動画を紹介され、「すごくイメージが合った」としてディアステージへ勧誘したと述べている[31]

後の2011年10月にでんぱ組.incへの加入を打診されるも[28][32]、「既存の5人で完成されている」「自分は学校がある」ことなどを理由として当初乗り気ではなかった[32]。母親も交えて話し合い、「学業に支障が無ければ良いのではないか」[28]「歌は微妙だが、人前で踊りたい」「自分を進ませる一歩」[32]であると感じ、加入を決意。同年12月25日に原宿アストロホールで開催された跡部みぅの卒業公演を兼ねたワンマンライブ「聖夜、宇宙に鳴り響く、でんぱ組.incの愛と勇気と少しの電波〜でんぱLIFEは終わらない〜」において、最上もがと共に新メンバーとして発表された[33][34]

加入当初は、コスプレや「踊ってみた」の活動を通して舞台慣れしていたことからある程度の自信はあったとする一方で、歌唱力については「壊滅的だった」と述懐している[35]。歌唱力以外にも、加入直後なかなか自身の人気が出なかったことから1年間ほどは葛藤が続いたとしているが、6thシングル「W.W.D」の収録時に作詞・作曲を務めた前山田健一より「もっと自分のキャラクター性を出してみよう」「子供っぽく歌ってみよう」などと言われたことをきっかけに、初めて「自分の個性を知り、今の歌声を作ることができた」「それまで地声で歌っていたが、これ以降ステージに立つと声が変わるようになり、無意識に自分の中で『ピンキー!』に切り替わる感じを習得することができた」と述べている[36]。この「W.W.D」リリースまで夢我夢中で活動するなかファンの増加になかなか実感が湧かなかったが、2013年あたりから徐々に自身の人気が出てきたことに安心感を覚え「自分は前に進むしかない」と思うようになったという[37]

2014年3月に高校を卒業[38][39]。同年8月8日には、横浜市横浜高速鉄道みなとみらい線みなとみらい駅」で一日駅長を務めた[13]

2015年8月29日に開催されたイベント「@JAM EXPO 2015」では、テーマソングを歌唱する選抜ユニット「@JAM ALL STARS 2015」のメンバーに選出された[40][41]。同年12月11日、7日に誕生日を迎えた自身のバースデーイベントとして「ピンキー生誕祭2015〜こどもじゃないもん!?ガオー!〜」をZepp DiverCity(TOKYO)にて開催した[8]

2016年1月1日妄想キャリブレーションの星野にぁと新ユニット『ニァピン』を結成、披露した[42][43]7月、ファッションブランド「Pzzz(ピーゼット)」を立ち上げ、デザイナーデビューが報じられた[44][45]。同年10月9日には出身県である埼玉の観光や特産物をPRする「埼玉特命観光大使」の第1号に任命された[14][46]

2017年6月フィンランド人アイドル「ノーラ&ペトラ」と共に新ユニット『ピンキー!ノーラ&ペトラ』を結成した[47]

人物編集

ニコニコ動画の「踊ってみた」での活動以降の「ピンキー!」という名義は、自身が好きなフィギュアピンキーストリート」に由来し[22][48]、でんぱ組.inc加入後も継続して公式のニックネームとして使用している。

でんぱ組.incにおける「妹的存在」と評されるが、藤咲本人はそう評されることが嫌であるとしている[19][27]。好きな食べ物として梅干しもんじゃ焼き漬物納豆巻きオムライスそぼろご飯などを挙げている[5][17]。前髪に拘りを持っており[49]、固定に花王のケープ(紫)を愛用している[50]

パンダ、およびドングリ好きである[51]。元々幼少期はが好きであり、後に小学生になってを飼うようになってから猫も好きになり、「熊猫」は中国語でパンダを意味することから自然にパンダ好きになったのではないかと本人は推測している[51]。でんぱ組.inc加入当初に自分だけキャラが薄いことに悩んでいた時期があり、その際に加入前のシングル「Future Diver」のジャケットでメンバーが動物の耳を身につけていることからヒントを得て、パンダ好きを押し出していくことに決めた旨を述べている[51][† 3]

幼少期から加入当初まで「プロデューサー」である母親の意向に従っていた影響によって「自分自身の意思が無いことに気付いた」「自分で考えるという行為を放棄していた」などと述懐している[21][52]。2013年1月のライブツアー「ワールドワイド☆でんぱツアー2013〜一富士、ニ鷹、三電波!〜」で実施されたメンバーそれぞれが自分の過去を語る「独白コーナー」について、そこで話す台詞が全く思い浮かばず振付師のYumikoから「自分の言葉が一つもない」「自分のことを話しているつもりでも、全て母親の意向を元に行動している」ことを指摘されたことが非常にショックで、初めて死にたいと感じる程の辛さを経験したという[53]。4thシングル「でんぱれーどJAPAN」、5thシングル「キラキラチューン」までは「果たしてこれで良いのか、自分が分からない」状態で活動していたが、前述の「W.W.D」のリリースをきっかけとして自分の殻を破り、母親からのアイデンティティの独立ができるようになったと述べている[54]

でんぱ組.incに加入するきっかけともなったダンスについては、長かった独学時代の「全部コピーすればオッケー、大丈夫でしょ」という認識を改め、振り付けの意味を意識化することや、長く踊れるように型をしっかり身につけようとしている途上にあると述べている[55]。また、「踊りが非常に上手になる必要性は無く、ダンスを見て気持ちいいと思ってくれればいい」という考え方を持ち、「自分の根本には『母親を笑わせたい』という気持ちが続いている。昔から人の為に何かしたいという気持ちが強く、私はダンスで人を喜ばせたいということをずっと思っている」とも述べている[56]。なお、古川未鈴と共にfripSideのバックダンサーとして活動していた時期があり、2015年3月1日に横浜アリーナで開催されたfripSideのライブにもダンサーとして出演した(この時は御坂美琴のコスチュームで参加)[57][58]

出演編集

ラジオ編集

イベント編集

書籍編集

写真集編集

電子写真集編集

インタビュー編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ かつては他のメンバーと同様に「年齢非公開」として扱われていたが[7]、2015年12月11日に開催された生誕祭(誕生日イベント)以降は積極的に現年齢を公表する動きが見られる[8][9][10][11]。また、2017年12月30日に新メンバー(鹿目凛根本凪)が兼任加入[12]するまではグループ最年少であった[2][3]
  2. ^ でんぱ組.incリーダーの相沢梨紗は、コスプレ会場で幼少期の藤咲に会ったことがあると述べている[15][19]
  3. ^ IDOL AND READ 005」のインタビューでは「1stアルバム『ねぇきいて?宇宙を救うのは、きっとお寿司…ではなく、でんぱ組.inc!』のビジュアルを見て、パッと思い出したのが幼少期から好きだった熊と猫で、それらが合わさってパンダになった」と回答している[38]

出典編集

  1. ^ 藤咲彩音. “藤咲彩音(ピンキー!)のプロフィール” (日本語). アメーバブログ. 2015年6月28日閲覧。
  2. ^ a b c IDOL AND READ 005, p.65
  3. ^ a b c d e f g 「自分の足で歩けるように」藤咲彩音” (日本語). cakes. ピースオブケイク (2013年2月12日). 2015年6月28日閲覧。
  4. ^ a b 藤咲彩音. “pinky!のプロフィール” (日本語). アメーバブログ. 2017年1月1日閲覧。
  5. ^ a b c DEMPA la mode, p.58
  6. ^ a b c d 藤咲彩音” (日本語). CDJournal. 音楽出版社. 2015年6月28日閲覧。
  7. ^ “でんぱ組・藤咲、"落ちこぼれ"ぶり明かす「通信簿にアヒル」” (日本語). サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2015年5月28日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150528/ido15052805000003-n1.html 2015年6月28日閲覧。 
  8. ^ a b “でんぱ組の藤咲彩音が20歳、目標「知恵をつける」” (日本語). 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年12月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1578213.html 2015年12月13日閲覧。 
  9. ^ 最上もが、でんぱ組.incメンバーの年齢解禁に積極的?” (日本語). シネマトゥデイ. シネマトゥデイ (2015年12月13日). 2015年12月15日閲覧。
  10. ^ "#183 祝20歳!メンバー発案ピンキー生誕祭 神神式のおもてなし攻撃に一同赤面!?". でんぱの神神. テレ朝動画. テレビ朝日. 2015年12月11日放送. 2015年12月15日閲覧。
  11. ^ 藤咲彩音(でんぱ組.inc)、"大人一周年記念イベント"ニコ生独占中継決定” (日本語). OTOTOY (2016年12月6日). 2016年12月21日閲覧。
  12. ^ “でんぱ組新メンバー鹿目、根本がステージで決意語る” (日本語). 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年12月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712300000502.html 2018年1月1日閲覧。 
  13. ^ a b “でんぱ組.inc藤咲彩音が一日駅長” (日本語). 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2014年8月8日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140808-1347717.html 2015年6月28日閲覧。 
  14. ^ a b “でんぱ組・藤咲さん、埼玉特命観光大使に アニ玉祭で「魅力伝える」” (日本語). 埼玉新聞 (埼玉新聞社). (2016年10月10日). オリジナル2016年10月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161018221448/http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/10/10/09.html 2017年7月17日閲覧。 
  15. ^ a b c アキバ発、アイドル界を変える6人の"オタク"たち” (日本語). ウレぴあ総研. ぴあ. p. 4 (2013年3月25日). 2015年6月28日閲覧。
  16. ^ a b c d e f IDOL AND READ 005, p.66
  17. ^ a b でんぱブック, p.88
  18. ^ でんぱブック, p.145
  19. ^ a b c でんぱブック, p.140
  20. ^ a b c IDOL AND READ 005, p.68
  21. ^ a b IDOL AND READ 005, p.67
  22. ^ a b c d e IDOL AND READ 005, p.69
  23. ^ ささ(荻野沙織) (2011年9月3日). “こずえΘささ】桃色スパークリング踊ってみた【くららピンキー!” (日本語). ニコニコ動画. ドワンゴ. 2017年1月1日閲覧。
  24. ^ 踊り手から人気アイドルへの道を駆け上がるA応P荻野沙織!” (日本語). トレタメ. ハートソリューション (2016年3月13日). 2017年7月17日閲覧。
  25. ^ 山田井ユウキ (2012年8月20日). “「ニコニコダンスマスター4」に15万人が熱狂ー若者にダンスブーム到来のワケ” (日本語). マイナビニュース. マイナビ. p. 3. 2017年1月1日閲覧。
  26. ^ IDOL AND READ 005, p.70
  27. ^ a b でんぱブック, p.86
  28. ^ a b c IDOL AND READ 005, p.71
  29. ^ でんぱブック, pp.86-87
  30. ^ IDOL AND READ 005, pp.70-71
  31. ^ でんぱブック, p.97
  32. ^ a b c でんぱブック, p.87
  33. ^ でんぱブック, pp.142-143
  34. ^ でんぱ組.inc、新メンバーのサプライズ発表で6人体制に” (日本語). BARKS音楽ニュース. ジャパンミュージックネットワーク (2011年12月26日). 2015年6月28日閲覧。
  35. ^ IDOL AND READ 005, p.72
  36. ^ IDOL AND READ 005, pp.72-73
  37. ^ IDOL AND READ 005, pp.75-76
  38. ^ a b IDOL AND READ 005, p.76
  39. ^ 藤咲彩音 (2014年3月14日). “3/12発売「サクラあっぱれーしょん」” (日本語). 藤咲彩音オフィシャルブログ「ピンキー!の七変化の巻」. アメーバブログ. 2016年10月13日閲覧。
  40. ^ @JAM ALLSTARS 2015メンバー「@JAM EXPO 2015」インタビュー” (日本語). 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年7月17日). 2015年7月20日閲覧。
  41. ^ 藤咲彩音が@JAM ALL STARS 2015のメンバーに選出されました!” (日本語). でんぱ組.inc公式サイト. 秋葉原ディアステージ (2015年7月13日). 2015年7月20日閲覧。
  42. ^ 藤咲彩音 (2016年1月2日). “2016年あけおめ!” (日本語). 藤咲彩音オフィシャルブログ「ピンキー!の七変化の巻」. アメーバブログ. 2017年8月7日閲覧。
  43. ^ 妄キャリ&でんぱ組メンバーがコラボユニット結成。新作c/wに参加” (日本語). BARKS. ジャパンミュージックネットワーク (2017年4月27日). 2017年8月7日閲覧。
  44. ^ でんぱ組.inc藤咲彩音がデザイナーデビュー、ファッションブランド「Pzzz」誕生” (日本語). 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年7月23日). 2016年8月1日閲覧。
  45. ^ でんぱ組.inc"ピンキー☆藤咲彩音"デザイナーデビュー!「Pzzz」誕生!!” (日本語). SPINNS. 2016年8月1日閲覧。
  46. ^ “特命観光大使 「埼玉のよさ届けたい」 「でんぱ組.inc」藤咲さん、県第1号/埼玉” (日本語). 毎日新聞(地方版) (毎日新聞社). (2016年10月12日). http://mainichi.jp/articles/20161012/ddl/k11/040/236000c 2016年10月13日閲覧。 
  47. ^ でんぱ組.inc 藤咲彩音の新グループ「ピンキー!ノーラ&ペトラ」がCDデビュー” (日本語). Real Sound. blueprint (2017年6月25日). 2017年8月7日閲覧。
  48. ^ 藤咲彩音 (2013年3月11日). “あいどるすたじあむ” (日本語). 藤咲彩音オフィシャルブログ「ピンキー!の七変化の巻」. アメーバブログ. 2015年7月2日閲覧。
  49. ^ 藤咲彩音 (2014年9月30日). “ピンキーの前髪講座” (日本語). 藤咲彩音オフィシャルブログ「ピンキー!の七変化の巻」. アメーバブログ. 2015年7月9日閲覧。
  50. ^ DEMPA la mode, p.51
  51. ^ a b c DEMPA la mode, p.68
  52. ^ IDOL AND READ 005, p.73
  53. ^ IDOL AND READ 005, pp.73-74
  54. ^ IDOL AND READ 005, p.74
  55. ^ MARQUEE Vol.107, p.27
  56. ^ IDOL AND READ 005, p.79
  57. ^ fripSide 3月1日開催 横浜アリーナ公演レポ” (日本語). アニメイトタイムズ. アニメイトラボ (2015年4月12日). 2015年9月22日閲覧。
  58. ^ “fripSide:「LIVE TOUR 2014−2015 FINAL in YOKOHAMA ARENA」 最終日の大舞台” (日本語). 毎日新聞 (毎日新聞社). オリジナル2015年9月22日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/LFVyp 2016年3月30日閲覧。 
  59. ^ ファンも参加OK「妄想大運動会」に妄キャリ、でんぱ組ピンキー、Pottyaら” (日本語). 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年9月5日). 2015年10月26日閲覧。
  60. ^ “妄想キャリブレーションがアイドル運動会で初代女王” (日本語). 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年10月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1548436.html 2015年10月26日閲覧。 
  61. ^ でんぱ組.incソロ写真集第3弾は藤咲彩音、自作詩添えた"森の妖精"写真詩集” (日本語). 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年1月24日). 2017年3月4日閲覧。
  62. ^ でんぱ組.incアートブックコレクション3 藤咲彩音×浅田政志「あやねいろ」” (日本語). 小学館 (2017年3月6日). 2017年3月4日閲覧。
  63. ^ 『IDOL AND READ』第5弾表紙はアンジュルム 和田彩花” (日本語). GirlsNews. レゾリューション/つくばテレビ (2015年11月7日). 2016年3月18日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集