ベースボールLive

全力闘球から転送)

ベースボールLive』(ベースボールライブ、Baseball Live)は、テレビ東京が制作・放送しているプロ野球中継のタイトルである(2016年から使用。厳密には、タイトルの後ろに西暦が付く)。テレビ東京率いるTXNネットワークや系列衛星放送のBSジャパンを通じて放送する場合もある。

本項では、過去にテレビ東京で放送されてきたプロ野球中継全般についても扱う。

目次

概要編集

局名が東京12チャンネルだった1967年の全日放送を再開した頃より、東京オリオンズサンケイアトムズのホームゲームを放送。この内、サンケイ戦についてはフジテレビとの提携により、技術面は12chが自社で担当しつつ、解説者や実況アナウンサーはフジテレビから派遣を受ける形式で放送していた(これは球団の当時の運営母体の関係によるもの。当時の東京12chはどの系列にも属さない独立局だった[1]) 。その後もロッテ戦やヤクルト戦を主に放送していた。

1980年代は主として月曜、金曜、土曜日のゴールデンタイムに放送され、川崎球場のベンチサイドの広告看板にもその宣伝が掲げられた。前述のロッテ・ヤクルトに加え横浜大洋ホエールズ日本ハムファイターズ、そして福岡県から埼玉県に移転して間もなかった西武ライオンズの試合を中心に中継していた。

開局からしばらくは系列局がなかった(1982年にテレビ大阪が、1983年にテレビ愛知が開局しメガTONネットワーク=現在のTXNが発足)ため、腸捻転時代にはNETテレビ(現:テレビ朝日)と12チャンネルとのクロスネットを結んでいた毎日放送からデーゲーム中継のネットを受けたり、独立UHF局の番組であるサンテレビ[2]の『サンテレビボックス席』や三重テレビの『三重テレビナイター[3]などを改題した上で同時ネットして放送したり、阪神タイガース読売ジャイアンツ戦を阪神甲子園球場から自社制作(ただし映像はサンテレビのものをそのままネットして、実況アナウンスだけを差し替え。[4])して放送したりしたこともあった。また、当時は本拠地の球団がなく、様々な球団の試合が行われていた福岡市平和台野球場からの中継をテレビ西日本フジテレビ系列)の技術協力で自社制作したこともあった。まれに『サンデースポーツアワー』→『ザ・スポーツ』の枠(14:00-15:30)、あるいは日曜の別の単発枠(12:30-14:00、または16:00か16:30-18:00)でもロッテ主管試合を中心としたパ・リーグのデーゲームを送ったことがある。

また、公式戦以外にも2-3月のオープン戦をゴールデンタイムに『ハロー球春』(ハローきゅうしゅん)と題した録画中継として、ロッテ対巨人(鹿児島県立鴨池野球場開催。南日本放送と共同製作)を初め数試合を放送した。中には日曜ビッグスペシャルを利用し、サンテレビ協力による阪急ブレーブス主管の対巨人戦(1978年・岡山県野球場で開催[4])や巨人主管の水戸市民球場での試合が放送された事例もある。

1990年代に入ると日本ハムの試合も中継を再開したが、2000年代に入ってからは長らく自社制作の中継を全国放送することはなかった(系列局の中継をネットしたケースはある)。ところが、2005年セ・パ交流戦が導入されたことにより、テレビ東京にも人気カードである巨人戦の放映権を取得するチャンスが増えたため、これらを中心に再び本格的なプロ野球中継に取り組むことになった。

しかし、2008年限りで巨人戦のホームゲーム中継から撤退し、それ以降はテレビ東京地上波での中継数は激減しており、系列局のローカル中継をBSジャパンで同時ネットするか、球団公式映像やそれに類するものを利用したBSジャパン独自制作形式での放送がほとんどである。2009・2010年はテレビ東京地上波ではロッテとソフトバンク戦の2試合のみ中継。2011年は1試合にまで縮小した[5]。2012年は2試合のみ中継し[6]、2013年も2試合中継した。タイトルも「(西暦) プロ野球」となっており「全力闘球」のタイトルを使用しなかった。2013年現在ではBSジャパンで使用されている(一部されない場合あり)。

一部の試合を除きハイビジョン制作だが、当初は機材不足の関係でスーパースローカメラに限り画面比4:3の標準画質となっていた。

日本シリーズについては、系列全体の放送対象地域が他の系列よりも狭いことなどから、例年放送量は少ない[7]また、系列外ながらネット地域以外の放送局への同時ネットを行うこともある[8]

クライマックスシリーズについては、2011年に地上波民放在京キー局として初の試みとなるマルチチャンネル編成による実況中継[9]が2試合予定されていた。これは20:54の時点で試合が続いている場合、071-073chで定時の番組を放送し、077chで野球中継の続きを行うというもので、11月5日2011年のセ・リーグCSファイナルステージ第4戦の中日対巨人 であった場合と、11月8日2011年のパ・リーグCSファイナルステージ第6戦のソフトバンク対西武戦に限り行う方針だった。しかし、前者は中日対ヤクルトに決定したため生中継自体行わず[10]、後者も第3戦でソフトバンクが4勝(実質3勝)で優勝を決定し、大会が終了となったため、それらは行われなかった。2013年10月21日月曜日)には、当初放送する予定だったレギュラー番組を休止する代わりに、テレビ東京の系列局がない宮城県クリネックススタジアム宮城からCSファイナルステージの楽天対ロッテ戦を試合開始直後の18:30から急遽生中継。楽天の監督、名誉監督を務めた野村克也をゲスト解説に迎えたうえで、同球団では初めてとなる日本シリーズ進出決定の瞬間を伝えた。

BGM編集

オープニングテーマ曲は、東京12チャンネル時代から1983年頃までは、同局スポーツ中継共通テーマ曲として『Purple Pageant March』(紫のページェント行進曲)を使用[11]1984年頃から1994年頃までは、三枝成彰作曲の同局スポーツ中継共通テーマ曲『Let's try "0012"』が使用された。

ハイライトは、現在、SURFACEの『samurai mania』(『ゴーイング my 上へ』のカップリング)を使用している。

歴代タイトル編集

  • ○曜ナイター』(○ようナイター)
○の中に放送曜日が入る。東京12チャンネル時代の1980年までの間に使用していた。また、この頃には、川崎球場のベンチ上部に広告看板を掲示しており、当時の映像で確認できる[12]
  • 戦国ナイター』(せんごくナイター)
正確な使用時期は不明だが、東京12チャンネル最終年の1981年にはこのタイトルを使用していた。なお、東京12チャンネル発行の番組表では上記の○曜ナイターの名残からか『○曜戦国ナイター』と表記されていた。
  • プロ野球中継』(プロやきゅうちゅうけい・デーゲーム)/『TXNスペシャルナイター』(ナイトゲーム)
使用時期:? - 2004年 末尾に西暦の数字を入れた時期もある。
  • professional BASEBALL』(プロフェッショナル・ベースボール)
使用時期:1995年頃
  • 全力闘球
2005年 - 2010年代。公式サイトには表示されていないが番宣スポット等では『全力闘球 BASEBALL(西暦)』と表記されていた。
  • ベースボールLive
2016年現在。番組内でのタイトルは英文で『Baseball Live』と表記されている(ただし、フジテレビ系列の同名中継番組(2005年 - 2006年、2012年)[13]とは無関係)。

放送時間編集

2017年現在。全て日本時間である。

ナイトゲーム

2011年までは基本的に19時00分 - 20時54分に放送されるが、2012年以降18時30分 - 20時54分に放送するのが基本になりつつある。[14][15]延長のオプションは原則としてないが、以前は展開によって最大30分(21時24分まで)延長を行うこともあった(2007年度は日曜日のみ)。主に火曜日と土曜日が多い(どちらもローカル編成枠のため系列局ごとに対応が分かれた)。2013年には2008年以来5年ぶりに月曜に全国ネットとして放送される。

なお、火曜日21時台の「開運!なんでも鑑定団」は系列各局同時ネットながら、スポンサーがローカルセールスになっているため、局によっては「鑑定団」を休止し別日時に放送を延期する、野球と「鑑定団」を2画面編成、ないしはマルチチャンネル(メインで「鑑定団」、サブで野球)の形で継続して放送する場合とパターンが異なる。

BSジャパンでは18時から先行して中継を開始し、最大延長は平日が22時54分まで[16][17][18][19]それまでは火曜日に限り、最大で24:00までとして中継を延長していた。

また、レギュラー番組のうち地上波でもスポンサー付きで放送されている番組については、先行、または遅れて振替放送が行われる。

デーゲーム

主に日曜日や祝日の開催分で、14時00分 - 15時55分に放送(16時00分まで放送される場合もある[20])。パ・リーグに在籍するロッテ、日本ハム(テレビ北海道との共同制作)の対戦が中心。

制作局及び担当球団編集

日本ハム戦は東京本拠地時代にテレビ東京が放送していた名残から、移転後もテレビ東京・BSジャパンで放送されることがある(現在は球団制作映像ベースによる系列局への制作協力が中心となる)。ロッテが暫定的に宮城県を本拠とした時代には宮城球場から放送した試合があり、楽天発足後は再び宮城球場から主催ゲームを中継することがある。

DeNA(旧大洋)戦は、1970年代前半は対巨人戦、1980年代 - 1999年頃まではTVO(横浜vs阪神)、TVA(横浜vs中日)と同時ネットで年1試合程度主催試合をそれぞれ放送していた。2000年以降は裏送りまたは系列局が直接派遣した場合の制作・技術協力となったが、2002年に東京放送(当時TBSテレビを運営していた会社。2009年4月より東京放送ホールディングス)がオーナーになったことや、それに伴いTBSテレビとネットワークを組んでいる毎日放送CBCテレビが優先的に放送できるようになったことから裏送り・制作協力自体も減ってきている。試合によってはテーク・ワンが制作協力に付くことがある。

TXN系列で唯一エリア内にプロ野球球団がない岡山県テレビせとうち(TSC)については、TVO制作の阪神戦中継を不定期でネットしている。主に阪神などの準フランチャイズである倉敷マスカットスタジアム(同県に所在)で開催される広島vs阪神がネットされる(ただしTSCは中継制作に絡まない年度が多い。協力がある時のみ「協力 テレビせとうち」クレジット表示がある)。

TXN系列の中継をBSジャパンでネットする場合、制作局にBSジャパンもクレジットされる。

その他のかつてのネット局・製作委託局(上記参照)[4]

出演者編集

解説者編集

ゲスト解説者編集

  • 佐野慈紀(フリー/本数契約)※MLB中継の解説者にも兼任として出演。
  • 中畑清(フリー/本数契約)
  • 野村克也 (フリー/本数契約)
  • 森本稀哲(在札各局にて解説) ※主にBSジャパンに出演。
  • 薮田安彦(2016年 - 。)
  • 里崎智也(2017年 - 。) ※主にTVQ九州放送・BSジャパンに出演。

※テレビ東京以外の系列局の解説者は、下記「テレビ東京系列局のローカル枠プロ野球中継」のリンク先記事を参照。

過去の解説者

実況アナウンサー・リポーター編集

過去の実況アナウンサー・リポーター

他多数(スポーツライターのAKI猪瀬もオープン戦副音声中継で実況担当として出演した事がある[32]

ゲスト解説者編集

2005年
2006年
2007年
  • 10月28日 - 日本シリーズ第2戦日本ハムvs中日 里崎智也(千葉ロッテマリーンズ捕手)
  • 11月1日 - 日本シリーズ第5戦中日vs日本ハム 三浦大輔(横浜ベイスターズ投手)
2013年
2015年
  • 10月25日 - 日本シリーズ第2戦ソフトバンクvsヤクルト戦 中畑清(前横浜DeNAベイスターズ監督)

その他の特記事項編集

CS放送での対応編集

テレビ東京はCS放送向けの専門チャンネルとして日経CNBCAT-Xを運営しているが、番組編成の特性によりプロ野球中継は行っていない。各対戦カードごとの放送を担当する局は以下の通り(主催球団を基準とした)。2000年代前半までは、地上波放映権を持つ局の専門チャンネルで放送していた時代があったが[33]、近年は中日、阪神、広島以外の主催試合の放映権は全試合一括販売なので、地上波中継局がどこかは関係なくなっている。

テレビ東京系で日本シリーズの全国放送があったときのCSでの放送はない。但し、2010年の中日対ロッテの第1戦がテレビ愛知・テレビ大阪のみ放送されたときにJ SPORTSがテレビ愛知協力(映像のみ)で放送したことはある。

関連番組編集

2005年の4月から9月には、『週刊!全力闘球キング』(しゅうかん!ぜんりょくとうきゅうキング)『全力闘球!フルスイングな男達』(ぜんりょくとうきゅう!フルスイングなおとこたち)というミニ番組が、毎週月曜日の20:54と22:54にそれぞれ6分枠で放送していた。前者は、NPB12球団から先発中継ぎ抑え(以上、各投手)・野手の四部門からベスト5(ないしはベスト3)で選ぶ番組[35]。後者は、インタビューを交えながらチームの日常を取り上げていく番組だった。MCは、美慧が担当した[36]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ MY BOOK 7岩佐徹
  2. ^ テレビ大阪開局前まではネット関係が深かった
  3. ^ 実際の製作は東海テレビが行い、12chでは東海テレビ単独制作扱いでクレジットされた。
  4. ^ a b c 『株式会社サンテレビジョン45年史』74 - 76ページ「阪神タイガース戦中継の歩み」参照。(74ページ75ページ76ページ
  5. ^ 2011年は8月16日の中日対巨人(ナゴヤドーム)でテレビ東京主導でテレビ愛知との2局ネット。
  6. ^ 2012年は当初6月5日のソフトバンク対巨人(福岡Yahoo!JAPANドーム)のみ放送予定だったが、9月18日の中日対巨人(ナゴヤドーム)もテレビ東京の単独放送(テレビ愛知は別制作。制作協力としてクレジットされた)した。
  7. ^ ただし、2003年に系列外の地方局向けに番組販売形式による録画中継が提供されたことがある。系列の衛星放送局であるBSジャパンでは放送されることはなかった。なお、地上波においてテレビ東京系列が中継する場合は、NHKBS1や海外向けのNHKワールド・プレミアムで自社制作で放送する(2006年まではBSハイビジョンも含む)。
  8. ^ >たとえば日本シリーズ・福岡ソフトバンクVS東京ヤクルトでは、テレビ大阪(TVO)の放送対象地域外で系列外でもある、関西地区の独立局の一部びわ湖放送(BBS)・奈良テレビ(TVN)でも同時ネットで中継される。
  9. ^ プロ野球クライマックスシリーズ中継に伴う「臨時サービス」の実施について
  10. ^ テレビ愛知のみ放映。マルチ編成行わず
  11. ^ 高知放送ラジオのプロ野球ナイター中継番組『RKCゴールデンナイター』でも使用されていた時期がある。
  12. ^ 参考として、1980年のオールスターゲーム第2戦で野村克也衣笠祥雄が写っている写真の背景に「金曜ナイター」の文字が見られる(2000年1月にベースボール・マガジン社が発行した『週刊ベースボール別冊 新年号 セ・パ誕生50年の歩み』に掲載)。
  13. ^ CS放送で中継するヤクルト戦西武戦も同様。
  14. ^ 過去に阪神対巨人戦や日本ハム対巨人戦が中継された時ではホーム側は(前者はテレビ大阪、後者はテレビ北海道)が18時30分から開始に対し、テレビ東京は19時から開始されていた。2012年6月5日のソフトバンク対巨人戦はTVQもテレビ東京もBSジャパンと同じく18時30分に開始される(地上波同時ネット局のテレビせとうちびわ湖放送でも18時30分開始だった)。
  15. ^ 特に2013年4月以降水曜日と木曜日と日曜日を除き18時30分からのフライングスタートを実施しているため。
  16. ^ 2006年6月19日放送分のみ、23時30分まで設定されていた。
  17. ^ 終了時刻については『ワールドビジネスサテライト』をテレビ東京と同時放送する関係によるものだったが、同番組は2010年10月より地上波から1時間遅れの時差ネットに移行したため、2011年の中継からは変化が生じる可能性がある。
  18. ^ 以前は地上波で延長が行われたときは、BSでも『ワールドビジネスサテライト』以降の番組は30分遅れとなっていた。『ワールドビジネスサテライト』が始まるまでは、フィラーとして紀行番組などを数本放送していた(30分以上延長の場合。時差放送となった2010年10月以降も地上波で『ワールドビジネスサテライト』の放送が続いている場合はその放送が終了するまで紀行番組を数本放送して空白時間帯の穴埋めを調整している)。
  19. ^ 土曜日や日曜日は試合終了まで放送。BSデジタル放送へ移転した後の2017年4月からは、火曜日のソフトバンクナイトゲームにマルチチャンネル編成を採用(プロ野球 日ハム×ソフトバンク 2017年4月、BSジャパン)。中継対象のカードが放送時間内(18:55 - 20:54)に終了しない場合は、最大で24:00まで、3つのチャンネルのうちサブチャンネル2(チャンネル番号172)にて中継を継続する
  20. ^ 2016年4月29日のオリックス対楽天戦は13時55分から16時まで放送された(ベースボールLive【オリックスVS東北楽天】 2016年4月、テレビ東京)。ただし『ジャパネットたかたテレビショッピング』を冒頭3分間放送した関係で13時58分から放送された。
  21. ^ この場合、フジテレビフジ・メディア・テクノロジー制作映像をベースに独自映像を挿入し、中継車から直接BSジャパン・TVO・TVAへ発信するため、テレビ東京の関与は現地での制作支援・独自映像差し替え業務が中心となる。
  22. ^ この場合、テレビ朝日テレテック制作の球団公式映像をベースに独自映像を挿入するため、前者の場合は中継車から直接TVQへ発信し、後者の場合はテレビ東京が実況を差し替える形式となる。
  23. ^ 2015年4月29日の対楽天戦(2016年も同日に同一カード)(オリックスバファローズ試合放映日程)テレビ大阪とBSジャパンでは放送がなかったが、両年とも1塁側ベンチリポーターをテレビ大阪アナウンサーが担当した。
  24. ^ 6月21日の対埼玉西武戦・9月27日の対北海道日本ハム戦
  25. ^ 6月1日の対巨人戦(セ・パ交流戦)
  26. ^ 1973年9月15日(土曜日)、朝日新聞(東京版)番組表より。南海対近鉄戦のデーゲームを放送した(解説:杉浦忠)。
  27. ^ 当時の中継スケジュール(テレビ東京公式HP内。インターネットアーカイブ2002年6月6日付保存キャッシュより)
  28. ^ 当時の中継スケジュール(テレビ東京公式HP内。インターネットアーカイブ2002年3月14日付保存キャッシュより)
  29. ^ [1]
  30. ^ プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、324ページ
  31. ^ 当時の放送スケジュール(テレビ東京公式HP内。インターネットアーカイブ2003年10月2日付保存キャッシュより)
  32. ^ 2003年3月24日のオープン戦中継当時の放送スケジュール(インターネットアーカイブ2003年4月18日付保存キャッシュ)
  33. ^ 例:ヤクルト戦の放映権をJ SPORTSが持っていた時代に、巨人戦のみフジテレビ739でトップ&リレー中継していたなど。
  34. ^ テレビ愛知が制作を担当する場合はJ SPORTSとの共同制作となり、2006年以前は実況・テロップも配信していたが、2014年現在は映像のみ配信する。まれにテレビ東京も「製作」の名義に含まれる場合がある。また、巨人戦の場合はJ SPORTS制作の体裁でフジテレビONEで放送されたことがある。
  35. ^ 株式会社スポーツレイティングス、テレビ東京『週刊!全力闘球キング』へデータ提供 株式会社アドミラルシステム News2u_net(ニュースリリースポータルサイト『News2u.net』2005年4月1日配信)
  36. ^ 参考:美慧 所属事務所【GOD PHOENIX】

関連項目編集

テレビ東京系列局が制作・放送しているローカル中継(放送局、放送される地元球団)

外部リンク編集