メインメニューを開く

鈴鹿アンリミテッドFC(すずかアンリミテッドエフシー、英語: SUZUKA Unlimited FOOTBALL CLUB、鈴鹿アンリミテッドフットボールクラブ)は、三重県鈴鹿市を本拠地とする社会人サッカークラブ。Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。

鈴鹿アンリミテッドFC
原語表記 鈴鹿アンリミテッドフットボールクラブ
呼称 鈴鹿アンリミテッドFC
クラブカラー     [1]
    [1]
創設年 1980年
所属リーグ 日本フットボールリーグ
ホームタウン 三重県鈴鹿市
ホームスタジアム Suzuka Garden 4.JPG
三重交通G スポーツの杜 鈴鹿サッカー・ラグビー場
Suzukakyougijyo.jpg
AGF鈴鹿陸上競技場
収容人数 12,500(三交鈴鹿)
1,450(AGF鈴鹿)
運営法人 株式会社アンリミテッド
代表者 日本の旗 山岡竜二
監督 スペインの旗 ミラグロス・マルティネス・ドミンゲス
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

2008年から2015年までのクラブ名はFC鈴鹿ランポーレ(エフシーすずかランポーレ、英語: FC Suzuka Rampole)であった。

目次

概要編集

株式会社アンリミテッド
種類 株式会社
本社所在地 513-0825
三重県鈴鹿市住吉4丁目21-13
設立 2014年1月
業種 サービス業
事業内容 サッカークラブ・サッカースクール・フットサルコートの運営
代表者 山岡竜二
資本金 9950万円
外部リンク http://suzuka-un.co.jp/
特記事項:2019年より「株式会社鈴鹿スポプレアンリミテッド」より商号変更
テンプレートを表示

三重県名張市を拠点としていた「三重FCランポーレ」と、三重県鈴鹿市を拠点としていた「鈴鹿クラブ」が合併して2009年に現在のクラブとなった[2]。名張時代の2006年平成18年)から2015年まで用いていたクラブの愛称「ランポーレ」は、同市が生んだミステリー作家江戸川乱歩に由来し、ランポーレ時代のエンブレムも江戸川乱歩の代表作「怪人二十面相」をチームの象徴とし、変幻自在な動きで相手を翻弄するチームという想いを込めたという[3]。なお、旧名称「三重FCランポーレ」のマーク「M.I.E.」は、三重県の「M」、伊賀地方の「I」、「みんなで応援しよう」・「だれでも参加できる」と言う意味を込めて英語の「Everyone」と「Everybody」の「E」であった[3]

2009年(平成21年)にホームタウンを名張市から鈴鹿市へ移転と同時にホームスタジアムも上野運動公園競技場から三重県営鈴鹿スポーツガーデンへと移った。法人名も「芝生のグラウンドを愛する会」から「三重からJリーグのチームを創る会」に変更された。

2013年(平成25年)Jリーグ準加盟を申請をするが継続審議となり準加盟資格は得られていない(2019年5月現在)。

「運営体制の変更に伴い商標権等の関係で現在のクラブ名を使い続けることに将来的にリスクが生じる可能性」があるとの理由から、2016年シーズンからのクラブ名変更を発表[4]、2016年1月28日に新クラブ名を「鈴鹿アンリミテッドFC」とすることが発表された[5][6]。新エンブレムは「守備の強固さ」と「地域への密着性」の意味を持たせた盾の中央に "Unlimited" の「U」と三重の「三」をデザインしたもので、周囲にはチェッカーフラッグを模したリボンを配した[1]

現在の運営法人は「株式会社アンリミテッド」(2019年、「株式会社鈴鹿スポプレアンリミテッド」から商号変更)で、本田技研工業鈴鹿製作所近くの自動車部品・用品製造会社工場跡地にクラブ事務所とフットサルコートを構える[7]

歴史編集

名張時代編集

1980年3月に名張市を拠点に設立、1982年4月に三重県サッカー協会に加盟し、1991年三重県サッカーリーグ1部に昇格[8]

2005年2月に「W.S.C.名張アドミラル(「W.S.C.」は「ウエストスポーツクラブ」の略[9])」に名称変更[8]、さらに2006年2月には「M.I.E.ランポーレFC」に名称変更[8]。2006年2月22日に公式ウェブサイト開設[8]。この年は三重県社会人選手権(天皇杯予選)ベスト8、三重県リーグ1部を2位で終え第41回東海社会人サッカートーナメント大会に進出[8]。Aブロック優勝となって東海リーグ参戦が決定[8]。同年11月1日には「三重FCランポーレ」に名称変更する[8]

鈴鹿時代編集

2008年 - 2018年(東海リーグ)編集

2008年5月21日、「鈴鹿クラブ」と合併を発表[2]9月1日には、2009年シーズンから本拠地を鈴鹿スポーツガーデンに移し、「FC鈴鹿ランポーレ」に改名することを発表[2]。また、クラブカラーもそれまでの濃紺(   )、スカイブルー(   )、オレンジ(   )から、青(   )と緑(   )に変更された[1]

2009年シーズンは三重県社会人サッカー選手権大会優勝[2]。東海リーグ2部を無敗で制し1部に昇格[2]

2010年シーズン、2011年シーズンは三重県社会人サッカー選手権大会を連覇[2]。2011年は三重県サッカー選手権大会(第91回天皇杯予選)を制し、天皇杯初出場[2]。1回戦で中京大学に競り勝つも、2回戦で名古屋グランパスエイトに敗戦[2]

2012年にはサッカー単独競技から総合型地域スポーツクラブを目指すため法人名が「三重すずかスポーツクラブ」に改名された[2]。三重県社会人サッカー選手権大会を四連覇し、三重県サッカー選手権(第92回天皇杯予選)も制して天皇杯に2年連続出場優勝(1回戦で浜松大学に勝利するも2回戦でジュビロ磐田に敗退)[2]。また、東海リーグ1部で初優勝し第36回地域決勝に初出場(グループリーグ敗退)[2]

2013年シーズンは三重県社会人サッカー選手権大会でヴィアティン桑名に敗れて五連覇ならず[2]。東海リーグも6位にとどまる[2]

2014年シーズンは三重県社会人サッカー選手権大会でヴィアティン桑名に雪辱を果たすも三重県サッカー選手権(第94回天皇杯予選)で桑名に敗れて天皇杯出場ならず[2]。東海リーグは2年ぶり2度目の優勝を果たすが、第38回地域決勝は1次ラウンド敗退[2]。この年限りで4シーズン監督を務めた髙木成太が退任し、強化部長に就任した[2]

2015年シーズンは、開幕直前に前監督で強化部長の髙木成太が「一身上の都合」で退団(後に鈴鹿市議会議員選挙に出馬)したのを皮切りに、取締役の西條一博や育成世代のコーチ陣が相次いで退団。白子駅前センター商店街に構えていたクラブ事務所を退去するなど経営環境が劇的に変化したことにより選手補強に大きく影響。最終的にはこの年監督に就任した元ヴォルカ鹿児島監督の小澤宏一の尽力である程度の戦力は整えたものの、三重県サッカー選手権でヴィアティン三重に敗れて全社、天皇杯への出場を逃し、東海リーグもリーグ戦序盤の連敗などもあってFC刈谷に勝ち点1及ばず連覇を逃し、JFL昇格の目標は叶わなかった[10]

2016年シーズン[11] は、小澤宏一と複数年契約を結んで体制の立て直しを図ったが、東海リーグでFC刈谷との直接対決の2敗が響き2位。三重県サッカー選手権大会でヴィアティン三重を下して4年振りに第96回天皇杯に出場。また、第52回全国社会人サッカー選手権大会で準優勝して全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016出場を決め、1次ラウンドで3連勝して初の決勝ラウンド進出を果たした。決勝ラウンドでは初日のFC今治戦に敗れるものの、2日目は三菱水島FCに勝利し悲願のJFL昇格に望みを繋ぐ。最終日はヴィアティン三重との同県対決で「勝った方がJFL昇格」という大一番となった[12] が、このシーズンそれまで一度も敗れていなかった三重相手に1-4と最後の最後で苦杯をなめる結果となり、大会を3位で終えJFL昇格を逃した。

小澤体制3年目の2017年シーズンは愛媛からGK曵地裕哉熊本からDF藏川洋平讃岐からMF藤田浩平ら、Jリーグ経験者を複数獲得。前年に引き続きヴィアティン三重を下して第97回天皇杯に出場、第53回全国社会人サッカー選手権大会への出場権も確保し、東海リーグではアウェイで刈谷と引き分けるなど首位をキープしていたが、2017年9月24日の東海リーグ・刈谷との直接対決に勝利もしくは引き分けでリーグ優勝という状況で敗れたことを受け、クラブは監督の小澤宏一を解任、藏川洋平が監督代行(プレイングマネージャー)をつとめることとなった[13]。その後、リーグ最終戦で勝利し3年ぶり3回目の優勝を決めた。 また、第53回全国社会人サッカー選手権大会でも優勝を決めた。しかし、東海リーグ代表として参加した全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017では、Aグループでサウルコス福井VONDS市原FCに連敗、最終戦を待たずに1次ラウンド敗退が決まった。

2018年シーズンは新監督にアルビレックス新潟レディース前監督で複数のJリーグ/JFLクラブでの監督経験のある辛島啓珠を招聘。ヴィアティン三重からGK高宮大輔・DF野口遼太・MF小澤司、元京都のMF和田篤紀などを獲得。東海リーグでFC刈谷とのマッチレースを得失点差無しで制し、2年連続4回目のリーグ制覇。第54回全国社会人サッカー選手権大会は2回戦で敗退したものの、リーグ覇者として出場した全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2018では、1次ラウンドを2勝1分で突破すると、決勝ラウンドではJ.FC MIYAZAKI・FC刈谷に連勝して、最終戦を待たずに悲願のJFL昇格基準となる同大会2位以内を確保[14]、最終戦で松江シティFCには敗れたものの、同大会2位となり、JFL昇格の権利を得た[15]。12月6日、JFL理事会で松江シティFCとともに第21回日本フットボールリーグへの参加が承認された[16]。シーズン終了後、辛島が監督を退任した[17]

2019年 - (JFL)編集

2019年編集

後任監督の選定は「女性監督で行く[18]」という方針の元、「サッカー 女性 監督」というワードでGoogle検索を行う段階からスタートした[18]。その後多くのスポーツエージェント・代理人への女性監督の調査依頼などを経た結果、最終的にスペイン人女性のミラグロス・マルティネス・ドミンゲスに白羽の矢を立て[19]2019年1月9日に監督就任を発表した[18]。なお、日本の全国リーグ(JFL、Jリーグ)所属の第1種男子チームに、女性監督を起用するのは史上初の事例となる[18]

成績編集

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 天皇杯 全社
2005 三重県1部 3位 26 13 8 3 2 41 11 30 県予選敗退 東海予選敗退
2006 2位 32 14 10 2 2 33 6 27
2007 東海2部 3位 24 14 7 3 4 24 13 11
2008 3位 25 14 7 4 3 21 13 8
2009 優勝 34 14 10 4 0 43 10 33 1回戦敗退
2010 東海1部 4位 27 16 7 6 3 24 15 9 東海予選敗退
2011 2位 23 14 7 2 5 22 21 1 2回戦敗退
2012 優勝 31 14 9 4 1 28 15 13 2回戦敗退 1回戦敗退
2013 6位 20 14 6 2 6 22 24 -2 県予選敗退 県予選敗退
2014 優勝 33 14 11 0 3 33 15 18 2回戦敗退
2015 2位 31 14 10 1 3 32 14 18 県予選敗退
2016 2位 32 14 10 2 2 38 17 21 2回戦敗退 準優勝
2017 優勝 34 14 11 1 2 35 11 24 1回戦敗退 優勝
2018 優勝 37 14 12 1 1 37 6 31 1回戦敗退 2回戦敗退
2019 JFL 30 -

所属選手・スタッフ編集

2019年

スタッフ編集

役職 氏名 前職 備考
監督   ミラグロス・マルティネス・ドミンゲス   CDアトレティコ・トメジョーソスペイン語版女子チーム 監督 新任
コーチ   岡山一成 関東学院大学サッカー部 アドバイザー 新任
コーチ兼フィジカルコーチ
フィジカルコーチ
アシスタントコーチ   小澤哲也   スポルティング・ウニベルシダ コーチ 新任
アシスタントコーチ兼通訳
通訳
GKコーチ   林一章 伊賀FCくノ一 コーチ(兼任)

選手編集

Pos No. 選手名 年齢 前所属 備考
GK 1   月成大輝 25歳 吉備国際大学
17   佐藤隼 22歳   藤枝MYFC 新加入
23   岩脇力哉 25歳   FCティアモ枚方 新加入
31   高宮大輔 29歳   ヴィアティン三重
DF 2   原広樹 28歳   Criacao
3   高野次郎 25歳   VONDS市原FC 新加入
4    キローラン木鈴 27歳   ヒラル・ベルクハイムドイツ語版
15   中村俊貴 26歳   ザスパクサツ群馬 2018年は期限付き移籍
20   小圷瑛士 22歳 仙台大学 新加入
22   芦田成利 25歳 立命館大学
24   高見力生斗 19歳 摂津高校
29   宮本和輝 25歳   FC今治 新加入
34   野口遼太 32歳   ヴィアティン三重
MF 6   藤田浩平 29歳   カマタマーレ讃岐
8   小西洋平 25歳 中京大学
10   堀河俊大 29歳   カマタマーレ讃岐
11   泉宗太郎 26歳   Y.S.C.C.横浜
14   田路大樹 25歳   FC大阪 新加入
18   佐藤和馬 29歳   奈良クラブ 新加入
19   海口彦太 22歳 関西学院大学 新加入
21   小野祐輔 30歳   FC今治 新加入
25   和田篤紀 26歳   ソウルイーランドFC
26   全山海 19歳   FC岐阜 新加入
期限付き移籍
28   小澤司 31歳   ヴィアティン三重
33   三浦俊太郎 25歳 桐蔭横浜大学
FW 7   エフライン・リンタロウ 27歳   ラインメール青森FC
9   藤沢ネット 24歳 FC岐阜SECOND
13   遠藤純輝 24歳   藤枝MYFC 新加入
16   小口大司 23歳   東京ユナイテッドFC 新加入

歴代所属選手編集

ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 青×黄緑
FP(2nd) 黄×グレー
GK(1st) ピンク ピンク ピンク
GK(2nd)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
 
GK 2nd

クラブカラー編集

  • - 2007年      濃紺[3]     スカイブルー[3]     オレンジ[3]
    • 濃紺は「三重の海、伊賀の豊かな森林」から「強い意思を持ったチーム」を、スカイブルーは「三重の澄み切った空」から「さわやかなチーム」を、オレンジは「団結、暖かな県民性」から「情熱あふれるチーム」をイメージしている[3]
  • 2008年 -     [1]    [1]

ユニフォームについて編集

2016年より(2018年は除く)、鈴鹿市の象徴であるモータースポーツからチェッカーフラッグ(チェック柄)を採用している。

  • 2017年モデル : 出場選手11名の結束力を表した11本のラインを中央部に配置。上下一杯に引き伸ばすことで「突き進む、勝ち進む」といったイメージも持たせている[20]
  • 2019年モデル : 鈴鹿市の象徴であり、チームのモチーフとしても定番となりつつあるチェッカーフラッグを、チームのメインカラーである青と緑を使用して全面にあしらう。そこへ差し込んだ白い二本の線で鈴鹿市を流れる二本の川(鈴鹿川安楽川)を、青い二本の線で伊勢湾と鈴鹿の山々の深い青色をあらわしている。2019シーズンより活躍の舞台が全国規模になるからこそ、今まで以上により深く地域を象徴したモチーフを使用することで、全国へ鈴鹿の名を届ける使命を背負って戦っていくという願いを込めている[21]


現在のユニフォームスポンサー編集

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
お嬢様聖水ジャパン お嬢様聖水 2018年 - 2016年 - 2017年は背中上部
2018年は
私の中の女神が目覚める
お嬢様聖水
   サワー」表記
2016年 - 2017年はリバランド名義
鎖骨 宝輪 HOWA 2019年 - 右側に表記
一般社団法人日本柔整外傷協会 JJTA 2019年 - 左側に表記
2018年は背中上部
2018年は
「entraîner
   エントレイナー」表記
背中上部 百五銀行 百五銀行
FRONTIER BANKING
2019年 - 2016年 - 2018年はパンツ
背中下部 イオンモール鈴鹿 ÆON MALL
イオンモール鈴鹿
2017年 -
住友電装 住友電装 2019年 -
パンツ 勢州建設 勢州建設 2019年 -

ユニフォームサプライヤー遍歴編集

歴代ユニフォームスポンサー年表編集

年度 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2006 ハートランド 解禁前 ISET 解禁前 SAIJYO 21
DINS
NIKE
2007
2008
2009 POKKA P ハートランド Mizuno
2010 ISET JA全農みえ ハートランドしぎさん ALMA DEPORTE
2011 三重中央開発 おおえのき接骨院 PACIFIC
ACE
2012 百五銀行
FRONTIER BANKING
2013
2014
2015 おおえのきトータルヘルスケア ATHLETA
2016 お嬢様聖水 - OHENOKI
Total Health Care
2017 ÆON MALL
イオンモール鈴鹿
2018 私の中の女神が目覚める
お嬢様聖水
サワー
- entraîner
エントレイナー
ÆON MALL
イオンモール鈴鹿
2019 お嬢様聖水 HOWA(右)
JJTA(左)
百五銀行
FRONTIER BANKING
住友電装 勢州建設

関連項目編集

脚注編集

出典

  1. ^ a b c d e f 新エンブレム決定のお知らせ”. 鈴鹿アンリミテッドFC. 2017年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 歴史・沿革”. 鈴鹿アンリミテッドFCサッカースクール. 2019年5月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f チームプロフィール”. 三重FCランポーレ. 2007年12月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年5月8日閲覧。
  4. ^ チーム名変更及び新チーム名公募のお知らせ”. FC鈴鹿ランポーレ. 2015年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月8日閲覧。
  5. ^ 新チーム名決定のお知らせ”. FC鈴鹿ランポーレ. 2015年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月8日閲覧。
  6. ^ 鈴鹿アンリミテッドFCに改名 社会人サッカー・ランポーレ”. 中日新聞(三重版). 2016年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月8日閲覧。
  7. ^ 所在地”. 鈴鹿アンリミテッド・フットサルコート. 2016年8月3日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g チーム経歴”. 三重FCランポーレ. 2007年12月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年5月8日閲覧。
  9. ^ W.S.C.名張アドミラルよりNPO法人(申請中)「芝生のグラウンドを愛する会」へ”. Jリーグを目指そう!!M.I.E.ランポーレFC (2005年12月7日). 2019年5月8日閲覧。
  10. ^ “2015年シーズン終了の御挨拶” (プレスリリース), FC鈴鹿ランポーレ(鈴鹿アンリミテッドFC), (2015年10月27日), http://suzuka-un.co.jp/news/6890/ 2016年2月10日閲覧。 
  11. ^ “全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016 決勝ラウンドに向けて” (プレスリリース), 鈴鹿アンリミテッドFC, (2016年11月24日), http://suzuka-un.co.jp/news/12914/ 2016年11月26日閲覧。 
  12. ^ “サッカー 全国地域CL 鈴鹿アンリミテッドFCとヴィアティン三重、きょう県勢対決 勝利チームがJFL昇格”. 毎日新聞三重版. (2016年11月27日). https://mainichi.jp/articles/20161127/ddl/k24/050/127000c 2017年6月25日閲覧。 
  13. ^ “小澤監督解任のお知らせ” (プレスリリース), 鈴鹿アンリミテッドFC, (2017年9月25日), http://suzuka-un.co.jp/news/16701/ 2017年9月25日閲覧。 
  14. ^ “鈴鹿アンリミテッドFCが悲願のJFL昇格!地域CL決勝ラウンド2連勝で2位以上が確定”. ゲキサカ (講談社). (2018年11月23日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?259899-259899-fl 2018年11月26日閲覧。 
  15. ^ 鈴鹿アンリミテッドFCが地域チャンピオンズリーグ JFL昇格へ!”. 三重県サッカー協会. JFA.jp (2018年11月25日). 2018年11月26日閲覧。
  16. ^ お知らせ「第21回日本フットボールリーグ 新入会チーム決定!”. 日本フットボールリーグオフィシャルWebサイト. 日本フットボールリーグ (2018年12月6日). 2018年12月6日閲覧。
  17. ^ “辛島啓珠監督 退任のお知らせ” (プレスリリース), 鈴鹿アンリミテッドFC, (2018年11月29日), http://suzuka-un.co.jp/news/23182/ 2019年1月9日閲覧。 
  18. ^ a b c d “スペイン人女性 ミラグロス・マルティネス・ドミンゲス氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 鈴鹿アンリミテッドFC, (2019年1月9日), http://suzuka-un.co.jp/news/23786/ 2019年1月9日閲覧。 
  19. ^ “鈴鹿 JFL史上初の外国人女性監督就任 「来季は女性監督で行く」ネット検索から始め…”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2019年1月9日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/01/09/kiji/20190109s00002000148000c.html 2019年1月9日閲覧。 
  20. ^ “2017シーズンユニフォームデザイン決定&WEB先行受付のお知らせ” (プレスリリース), 鈴鹿アンリミテッドFC, (2017年2月3日), http://suzuka-un.co.jp/news/13877/ 2017年2月4日閲覧。 
  21. ^ “2019シーズンユニフォーム決定のお知らせ” (プレスリリース), 鈴鹿アンリミテッドFC, (2017年2月15日), http://suzuka-un.co.jp/news/24154/ 2019年2月16日閲覧。 

外部リンク編集