メインメニューを開く

長野県北部地震 (2011年)

2011年3月12日(日本時間)に長野県北部で発生した地震

2011年平成23年)の長野県北部地震[1][2](ながのけんほくぶじしん)は、同年3月12日3時59分ごろ、長野県北部と新潟県中越地方に跨る地域、長野県下水内郡栄村と新潟県中魚沼郡津南町との県境付近で発生した地震[3]。逆断層型の内陸地殻内地震[3]マグニチュード (M) 6.7 (Mw6.4) 、最大震度6強。本震に続いてM5以上の2回の余震が2時間内に相次いで発生した[4]

長野県北部地震
長野県北部地震 (2011年)の位置(日本内)
長野県北部地震 (2011年)
地震の震央の位置を示した地図
本震
発生日 2011年平成23年)3月12日
発生時刻 3時59分15秒(JST
震央 日本の旗 日本 長野県北部
北緯36度59分6秒
東経138度35分48秒
震源の深さ 8 km
規模    気象庁マグニチュード(Mj)6.7・モーメントマグニチュード(Mw)6.4
最大震度    震度6強:長野県下水内郡栄村
地震の種類 大陸プレート内地震逆断層型)
余震
回数 21回(震度3以上、2011年3月12日7時20分現在)
最大余震 2011年3月12日4時31分55秒、M5.9、最大震度6弱
2011年3月12日5時42分19秒、M5.3、最大震度6弱
被害
死傷者数 死者 3人[N 1]
負傷者 46人
被害地域 長野県新潟県など
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

新潟・長野県境地震[N 2]信越地震[N 3]ともいう。最も大きな被害の出た長野県下水内郡栄村栄大地震栄村大震災と呼称している[5]。なお、顕著な災害を起こした自然現象に対しては気象庁が命名することになっているが、この地震は基準に達していないため命名はされていない。

目次

概要編集

発震機構は、北西 - 南東方向に圧力軸を持つ逆断層[6]で、地殻内の浅い大陸プレート内地震。3月12日9時までの余震分布域は、本震を中心として北北東方向 - 南南西方向に約17kmの距離と深さ4kmから10kmの地域に集中している。十日町断層帯信濃川断層帯の中間に位置する地域での変位が大きく、既知の活断層の活動ではない。なお、断層の方向を正断層と考える研究もある[7]。 また、4月12日には3月12日の震央から南に20km離れた地点でM5.6、震源の深さ0km、最大震度5弱の地震が発生した。この地震の発震機構解は北北西-南南東圧縮の横ずれ断層型で別の断層の活動と考えられる[8]

2004年平成16年)の新潟県中越地震1847年(弘化4年)の善光寺地震の震源域の中間付近に存在していた新潟-神戸歪集中帯空白域を埋めた地震で、東京大学地震研究所産業技術総合研究所の研究者らにより発生が予見されていた[9][10][11]

この他、本地震および一連の余震の特徴として、潮汐に関係するとみられる地震が全体の約50%と通常より高い相関がみられている[N 4]

地殻変動編集

新潟県松之山観測点が北東に39cmの地殻変動[3]。震動に伴う斜面の崩落や地滑りは規模の割に少なかったが、2~3mの積雪により地滑りが抑制されたと考えられる[12]

各地の震度編集

 
栄村大地震による最大震度を都道府県別に色付け

震度5弱以上以上の揺れを観測した地域は以下の通り[13]

震度 都道府県 観測点
6強 長野県 栄村北信
6弱 新潟県 十日町市上山 十日町市松之山(旧2) 十日町市松代 津南町下船渡
5強 群馬県 中之条町小雨
新潟県 上越市三和区井ノ口 十日町市水口沢
5弱 新潟県 上越市安塚区安塚 上越市牧区柳島 上越市頸城区百間町 上越市清里区荒牧 上越市大島区岡 長岡市小国町法坂 長岡市山古志竹沢 柏崎市高柳町岡野町 十日町市高山 十日町市千歳町 出雲崎町米田 湯沢町神立 刈羽村割町新田(旧4) 南魚沼市六日町 南魚沼市塩沢小学校 南魚沼市塩沢庁舎
長野県 野沢温泉村豊郷

新潟県と長野県では、2007年新潟県中越沖地震以来、4年ぶりに震度6弱以上を観測した。[14]

北は秋田県仙北市、西は兵庫県西宮市で震度1を観測するなど、東北地方から近畿地方にかけて震度4 - 震度1の揺れを観測した。また、気象庁の推計震度分布によると、長野県と新潟県の県境において、比較的広い範囲で震度7相当の揺れがあったとみられている[15]

余震編集

長野県北部の他には、新潟県中越地方の南部でも今回の地震による余震が発生している[16]。主な地震は以下の通り。

発生年 発生日 発生時刻 震央 震源の深さ 地震の規模 最大震度 最大震度観測地 備考
2011年 3月12日 午前3時59分 長野県北部 8km M6.7 震度6強 栄村 本震
午前4時31分 長野県北部 1km M5.9 震度6弱 栄村 最大余震
午前5時42分 長野県北部 4km M5.3 震度6弱 栄村 余震
午後11時34分 長野県北部 5km M3.7 震度5弱 栄村
4月12日 午前7時26分 長野県北部 0km M5.6 震度5弱 栄村・木島平村
4月17日 午前0時56分 新潟県中越地方 8km M4.9 震度5弱 津南町
6月2日 午前11時33分 新潟県中越地方 6km M4.7 震度5強 十日町市

他の地震との関連編集

本地震は東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の翌日(13時間後)に発生したもので、「活断層による内陸直下型が海溝型巨大地震に誘発されて起きた遠方誘発地震」と考えられている[17][18]。なお本地震から3日後の15日には、本地震と同様に誘発されたと考えられる静岡県東部地震が発生している(「東北地方太平洋沖地震の前震・本震・余震の記録」も参照)。

また、同年6月30日には長野県中部松本市付近)でM 5.4、最大震度5強の地震が発生しているが、長野県北部地震の余震ではなく、こちらも東北地方太平洋沖地震の遠方誘発地震と考えられている。

主な被害編集

長野県栄村の被害総額(住宅を除く)、55億円[19]。新潟県の公共土木施設の被害額、37億円[20]

被害の状況(2012年9月4日現在、新潟県・長野県・栄村による集計ほか)
地域 人的被害 住宅被害 非居住構築物
死亡 軽傷 重症 全壊 半壊 一部損壊 全半壊
新潟県 長岡市 0 0 0 0 0 21 1
柏崎市 0 2 0 0 0 2 2
十日町市 0 9 0 21 103 729 105
上越市 0 3 1 2 17 184 44
南魚沼市 0 3 0 0 0 9 5
津南町 0 37 0 6 45 628 206
長野県 栄村 3[N 1] 10 0 33 169 492 290
飯山市 0 0 0 1 0 14 0
野沢温泉村 0 1 0 0 0 1 0
長野市 0 1 0 0 0 0 0
合計 3 66 1 63 334 2080 653

交通機関編集

  • 飯山線
  • 国道117号 橋梁損傷・路面損傷 24箇所
    • 飯山市市川橋 - 新潟県境 通行止め
    • 百合居橋左岸清水河原スノーシェッド崩落により通行止め
    • 飯山市西大滝スノーシェッド路肩崩落
    • 津南町小下里地内雪崩により通行止め
    • 栄大橋で橋桁がずれて通行止め
  • 国道405号
    • 津南町見玉地籍 雪崩により通行止め
    • 津南町清水川原地籍 落石により通行止め
  • 国道353号
    • 豊原トンネル手前で、船繋川埋没
  • 栄村村内の県道(長野県)
    • 県道長瀬横倉停線、県道箕作飯山線、県道秋山郷森宮野原停線、県道奥志賀公園栄線で橋梁損傷・道路崩壊・路肩崩壊が計、38箇所。

人的被害編集

  • 死者は栄村で3名、いずれも地震後の避難生活中の災害関連死と認定されている[N 1]。怪我人は新潟県内31名、長野県内15名、ただし軽傷。
  • 秋山地区を除く栄村全域(804世帯2042人)に避難指示[21](村の総人口の90%)、一時約1700名余が避難[N 5]
  • 秋山地区(秋山郷)で道路寸断により約300名が一時孤立した。

その他編集

 
中条川崩落地形(2018年)
  • 地震動により雪崩が誘発され、33棟が全壊、152棟が半壊[N 6]
  • 栄村のほぼ全域で断水したが、3月19日までに復旧。ただし、森地区の「森簡易水道」は水源地での土砂崩落により、復旧は絶望的。
  • 中条川上流部・東入沢川沿で山崩れによる河道閉塞と土石流が発生。
  • 長野県県宝「阿部家住宅」損壊。
  • 大巻川流域で全層雪崩・斜面崩壊 3箇所。

対応編集

  • 3月12日
    • 6:00 栄村災害対策本部設置。
    • 11:00 京都市消防局より派遣された消防ヘリコプターにより被害調査。
    • 11:00 秋山地区を除く村内全域の804世帯 2042人に避難指示を発令。
  • 3月21日 栄村一部地域を除き、避難指示を解除。
  • 4月1日 長野県による栄村生活再建支援本部設置。
  • 4月6日 栄村全域の避難指示を解除。
  • 4月15日 栄村村内2箇所に計40戸の仮設住宅建設開始。後日、15戸追加。
  • 5月14日 栄村仮設住宅への入居開始。

支援活動編集

  • 義援金 1,010,482,317円 (2013年3月5日現在)
    • 栄村に直接寄せられた義援金 (13,761件) 869,199,341円
    • 日本赤十字社並びに中央共同募金会(長野県北部地震災害義援金配分委員会から)からの義援金 141,282,976円

法的措置編集

報道編集

ジェイ・キャストによれば、この地震の被害状況は首都圏では少ない頻度で伝えられた。みのもんたは『みのもんたの朝ズバッ!』で「これだけの被害が出ているとは、私たちも気づかなかった」と述べている[N 3]

鷲沢正一長野市長は2011年4月26日の定例記者会見で、風評被害と栄村のためを考えて地震の呼称に「長野県北部地震」を使わず「栄村地震」と表現する市の方針を発表し、マスコミや県に同様の対応を望む考えを示した。会見では、松代群発地震の気象庁の命名の際に風評被害の増加の恐れから「北信地震」から「松代地震」に範囲が限定されたことを前例として挙げた[22]

その他編集

この地震の震源付近では、2018年平成30年)5月25日の午後9時13分ごろに、M5.2の地震が発生し、栄村で震度5強の強い揺れを観測した。[23]

脚注編集

[ヘルプ]

出典(新聞・ニュース)編集

出典(その他)編集

  1. ^ 松本知佳ほか(2013): 2011年長野県北部地震における応急仮設住宅の居住環境に関する研究, 日本建築学会技術報告集 Vol. 19 (2013) No. 42 p. 715-718
  2. ^ 矢野裕吾ほか(2014): 2011年長野県北部地震における応急仮設住宅の居住環境に関する研究 -温熱環境調査-, 日本建築学会技術報告集 Vol. 20 (2014) No. 44 p. 177-180
  3. ^ a b c 2011年2月12日長野県・新潟県県境付近の地震の評価 地震調査研究推進本部 地震調査委員会、2011年3月13日付
  4. ^ 平成23年3月12日03時59分頃の長野県北部の地震について(第2報) 」、気象庁、2011年3月12日付、2014年11月25日閲覧
  5. ^ 過去のお知らせ:平成22年度版(10月~3月) - 栄村.2019年7月11日閲覧。
  6. ^ 平成23年3月12日03時59分頃の長野県北部の地震について」気象庁、2011年3月12日付、2011年3月16日閲覧
  7. ^ 野津厚:2011年3月12日長野県北部の地震に見られる余震分布とCMT解の矛盾、および、この地震が正断層の地震である可能性 日本地球惑星科学連合2013年資料 (PDF)
  8. ^ 2011年3月12日・4月12日 長野県北部の地震 防災科学技術研究所
  9. ^ 日本海東縁の活断層と地震テクトニクス 編集:大竹政和、平朝彦、太田陽子 出版:東京大学出版会 2002年 ISBN 978-4130607391
  10. ^ 新潟県中越地震の地質学的背景 (PDF) 宮下純夫、豊島剛志、小林健太 新潟大学理学部 新潟大学自然科学研究科
  11. ^ 地質構造形成史を考慮した3次元地質構造の簡便なモデル化 新潟県中越地方南部の地震空白域を例として 日本地震工学会論文集 Vol.6 (2006) No.4 P74-93
  12. ^ 2011年長野県北部地震による斜面災害の調査報告(速報)2011年4月4日 (PDF) 京都大学 防災研究所
  13. ^ 震度データベース(気象庁)
  14. ^ https://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/index.php
  15. ^ 推計震度分布図:2011年03月12日03時59分 新潟県中越地方 M6.6(気象庁)
  16. ^ 6月2日 新潟県中越地方の地震(地震調査研究推進本部)
  17. ^ 日本列島陸域における誘発地震活動について 名古屋大学大学院環境学研究科 - WayBack Machineによるアーカイブ
  18. ^ 理科年表 平成24年第85冊
  19. ^ もう一つの震災(長野県北部地震)発生から2年 長野県栄村の復興への取り組み 関東財務局 - WARPによるアーカイブ
  20. ^ 東日本大震災 被害と復旧 支援の状況 新潟県
  21. ^ 「3月12日地震」による県内への影響について (PDF) - 長野県危機管理部、2011年3月12日 - WARPによるアーカイブ
  22. ^ 平成23年4月26日定例記者会見 - 長野市 - WARPによるアーカイブ
  23. ^ https://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/Event.php?ID=9900704

関連項目編集

外部リンク編集