メインメニューを開く
関東鉄道 > 関東鉄道土浦営業所

関東鉄道土浦営業所(かんとうてつどうつちうらえいぎょうしょ)は、茨城県土浦市川口町2丁目に所在する関東鉄道バス営業所である。営業所略記はTsuChiuraのTC

土浦営業所

目次

現行路線編集

 
高架上の川口町(高架)バス停
 
本数の少ない福田系統(土浦駅)
 
エアポートライナーNATT'S

当営業所は関東鉄道のバス営業所の中でも路線規模が大きく、土浦市を中心に阿見町つくば市筑波研究学園都市)などで路線を運行する。特にJR3駅とつくば駅間を結ぶ各系統、筑波大学循環、阿見中央公民館方面が運行回数・利用共に多く関東鉄道バスの主力系統となっている。一方、本所担当の高速バスは運行回数は多くない。また、営業所最寄でありながら「土浦車庫」を発着する便は著しく少ないことが特徴。当営業所の発券機能は土浦駅前に出張っている。

一般路線バス編集

土浦駅発着編集

  • 土浦駅 - 土浦支店前 - 土浦三高下 - 茨大前 - 阿見中央公民館
    日中概ね30分おき(朝夕は15~25分おき)に運行されている。一部便は東京医大茨城医療センターを経由する。
    2016年(平成28年)7月1日より土浦駅 - 阿見坂下間でジェイアールバス関東と共通乗車化[1]
  • 土浦駅 - 阿見中央公民館 - 福田
    夕方2便のみ運行。学休日はいずれも阿見中央公民館止まり。なお、福田に到着したバスは折返しは回送になるので注意が必要である。
  • 土浦駅 - 若栗 - 阿見中央公民館 - 土浦駅 (若栗循環)
    朝1本のみの運行である。
  • 土浦駅 - 烏山団地
    2017年9月の改正で平日の半数以上の便が桜ヶ丘を経由するルートが新設された。休日は従来通りのままである。
  • 土浦駅 - 小岩田 - 土浦駅 (小岩田循環)
    平日早朝のみ運行
  • 土浦駅 - 桜ヶ丘 - 補給処 - 荒川沖駅東口
    「右籾」バス停までは県道48号線に沿う形で運行している。沿線のほとんどは住宅地の中を通過する。
  • 土浦駅 - 天川団地入口 - 桜ニュータウン
  • [10]土浦駅 - 学園竹園 - つくばセンター - 筑波大学中央
    日中概ね20分おき(朝夕は15分おき)に運行されている。土浦駅からつくば方面に向かうバスでは最も本数が多い。
    途中のつくばセンターはつくば駅にある停留所(以下同じ)。 朝と夜の一部便は[11]つくばセンター止まりとなっており、日中の一部便は関鉄パープルバスが運行を担当している。
  • [11B]土浦駅 - 土浦二高 - つくばセンター
    ほとんどの便は関鉄パープルバスが担当。平日には筑波大学中央発の便も存在する。
  • [11D]土浦駅 - 野田団地 - つくばセンター
    「竹園2丁目南」バス停までは旧・茨城観光自動車の路線(上郷線)と同じルートを走行する。途中で「イオンモール土浦」の近くを通過するがショッピングセンター内には乗り入れない。2019年4月の改正で増便され、平日8往復、休日6.5往復が運用されている。
  • 土浦駅 - 中並木 - (さん・あぴお) - 高岡
    つくば北営業所と共同運行。日中の便はさん・あぴお[2]に入る。
  • 土浦駅 - つくば国際大学 - 土浦駅 (つくば国際大学循環)
    6の字循環となっており、県南自動車学校→つくば国際大学→土浦工高というルートで運用されている。逆コースは運行されていない。
  • 土浦駅 - 中貫
    日中便は石岡線、柿岡線の区間便運用として関鉄グリーンバスが運行担当。当所担当便は夜の1便のみ。
  • 土浦駅 - 真鍋新町中央 - 協同病院
    朝の1便は真鍋新町中央止まり。関鉄観光バスと共同運行。
  • [18]土浦駅東口 - つくばセンター - つくばテクノパーク大穂
    ほとんどの便は[C8][C8A]つくばセンター - つくばテクノパーク大穂の運用。[C8A]の天久保3丁目経由便は平日午前1便のみ運行。2018年現在土浦高架道[3]つくば花室トンネルを経由する唯一の一般路線。

荒川沖駅発着編集

  • 荒川沖駅東口 - 県立医療大学
  • 荒川沖駅東口 - (直行) - あみプレミアム・アウトレット
    ジェイアールバス関東と共同運行。ただし、あみプレミアム・アウトレットが全館休業日の日は当路線も全便運休となる。
  • [20]荒川沖駅 - 学園並木 - つくばセンター - 筑波大学中央/筑波大学病院
    2003年の改正までは常磐線を越えて荒川沖駅東口から発着していたが、改正後は全便西口からの発着となった。ほとんどの便は[21A]つくばセンター止まりである。[22]筑波大学病院へは一部便のみ運行。
  • [26](荒川沖駅/研究学園駅 - )つくばセンター - 建築研究所
    ほとんどの便はつくばセンター発着であり、研究学園駅発着は平日夕方1往復のみ。荒川沖駅発着は荒川沖駅発の平日朝片道1便のみ。

つくば駅発着編集

  • [C6]研究学園駅 - つくばセンター - 建築研究所
  • [30]ひたち野うしく駅 - イオンモールつくば - つくばセンター - 筑波大学中央/筑波大学病院
    [31][31A]ひたち野うしく駅 - イオンモールつくば - つくばセンター間はJRバス関東と共同運行。両方向とも8時半までに発車する便はイオンモールつくばを経由しない。筑波大学病院行きは[32A]系統。
  • [C10]つくばセンター - 筑波大学中央 - つくばセンター (筑波大学循環)
    平日朝はつくば北営業所担当便も存在する。日中便は守谷営業所担当便も存在する。
  • [C20]つくばセンター - 並木2丁目住宅 - 桜ニュータウン
    この路線は、一部狭隘な箇所が存在するため、原則小型車で運行される。
  • [C22]つくばセンター - 学園並木
  • つくばセンター-学園竹園-土浦二高-土浦一高前-合同庁舎

スクール編集

一般乗合扱いの通学輸送便。

高速バス編集

コミュニティバスの受託運行編集

廃止路線編集

一般路線バス編集

  • [11C]土浦駅 - 中並木 - 栗原 - つくばセンター
  • 土浦駅 - 中並木 - 栗原
  • 土浦駅 - 下坂田 - 新治村役場
  • 土浦駅 - 下坂田
    桜川沿いの集落を結んだ路線。2001年廃止。最末期は休日運休だった。
  • 土浦駅 - 阿見坂下 - 三区 - 下小池
  • 土浦駅 - 桜ヶ丘 - 小岩田 - 補給処 - 摩利山 - 小岩田 - 土浦駅 (補給処循環)
  • 土浦駅 - 小岩田 - 摩利山 - 補給処 - 桜ヶ丘 - 土浦駅 (かつての摩利山循環)
  • 土浦駅 - 桜ヶ丘 - 摩利山 - 荒川沖駅東口
  • 小松坂下 - 土浦駅
  • 土浦駅 - 荒川沖駅 - 牛久駅
    1990年代までは荒川沖駅入らず。2003年9月末で荒川沖駅まで系統短縮。その後2013年3月末で全線が廃止された。
  • 土浦駅 - 中並木 - 関鉄ゴルフ場
  • 土浦駅 - 中並木 - 新治村役場
  • 土浦駅 - 中並木 - さん・あぴお
  • [10B]土浦駅 - (途中不停車) - 吾妻 - つくばセンター - 筑波大学中央
    2003年に運行開始したつくばセンターまでの直行系統。2005年のつくばエクスプレス開業時に[11C]つくばセンター止まりに系統短縮したが、2006年10月のダイヤ改正で廃止された。
  • 荒川沖駅 → 旧大房 → 原の前
  • [24]荒川沖駅 - 資源環境技研
  • [25]荒川沖駅 - 工業技術院
  • [C11]つくばセンター - 筑波実験植物園 - テクノパーク桜 - 筑波実験植物園 - つくばセンター (テクノパーク桜循環)
  • [27]阿見中央公民館 - つくばセンター※2013年3月31日廃止
  • 荒川沖駅東口 - 摩利山 - 荒川沖駅東口 (摩利山循環)※2013年3月31日廃止
  • 荒川沖駅西口 - 大房(だいぼう) - 土浦駅※2013年3月31日廃止
    廃止直前は休日の荒川沖駅発片道1便のみ
  • つくばセンター - 研究学園駅
  • みどりの駅-学園並木-土浦一高前-合同庁舎
  • 土浦駅 - 国立病院※2016年3月31日廃止
    ※国立病院とは現在の霞ヶ浦医療センター。2016年4月以降はキララちゃんBコースでアクセス可能
  • 竜ヶ崎駅 - あみプレミアム・アウトレット - 光と風の丘公園(稲敷エリア広域バス「美浦・龍ケ崎ルート」、2017年2月 - 2019年3月運行)

高速バス編集

  • 土浦 つくば - 大宮(さいたま市) (土浦・つくば - 大宮線
  • つくば 土浦 - 水戸 (TMライナー
    廃止日に関鉄観光バスが同じ愛称で開業(経路変更)。事実上同社に移管した路線。
  • 圏央道北東エリア連携交流協議会 高速バス実証実験
    • あみプレミアム・アウトレット - 稲敷美浦バスターミナル - 道の駅発酵の里こうざき - 成田空港第1ターミナル
    • JRバス関東と共同運行。2016年7月16日から2017年1月15日までの運行予定であった[4]が、利用不振のため2016年12月25日をもって運行終了[5]

コミュニティバス 編集

  • つくバス地域循環(つくば市)2011年4月の路線改変時に他営業所に移管
  • 新治バス〈試験運行〉(にいはりバス、土浦市新治地区) - 本格運行に至らず2014年4月終了

車両編集

関東鉄道最多の車両在籍数で、国内4メーカーすべての車両が配置され、大型車・中型車・小型車ともに在籍するが、特に終日等間隔で発車するつくばセンター、阿見中央公民館線などがあるため、大型車が多く配置されている。

大型車は、京成バスからの移籍車が中心で、IK→IBMボディ富士7Eボディいすゞ・LVを筆頭に、日野・ブルーリボン、また全国的に珍しい富士7Eボディの三菱ふそう・MPも移籍するなどシャシー、ボディメーカーを問わず移籍している。近年は、ノンステップバスワンステップバスも移籍しており、京成バスからは、関鉄では珍しい、トルコンAT仕様のノンステップバスも移籍している。更に、2017年(平成29年)には、グループ会社の東京ベイシティ交通からのエルガも移籍している。

京成バス以外では、横浜市営バス小田急バス東急バスなどの首都圏近郊のバス会社の他、尼崎市交通局からもノンステップバスが移籍しており、中古車ながら、大型車も低床化が進んでいる。

また、少数ながら大型自社発注車も在籍しており、2001年平成13年)にはいすゞエルガノンステップバスが新製配置され、以降2003年(平成15年)までは毎年2両ずつ配置された。2016年初頭には、関東鉄道では初めてとなるエルガハイブリッドバスが配置された。2018年(平成30年)には水戸営業所から三菱ふそう・エアロスターノンステップバスが当所に転属してきている。

珍しい車両では、廃業した茨城観光自動車から引き継いだ、元サンプルカーの三菱ふそう・ニューエアロスターの長尺車なども配置されている。

かつて、神奈川中央交通からの三菱ふそう・MPや、西武バスから、富士5E、7Eボディの日産ディーゼル・UA千葉内陸バス京阪バス千葉海浜交通から日野・ブルーリボンが大量導入され主力になっていたことがあるが、上述の移籍車に置き換えられて現在はすべて廃車になっている。

中型車は自社発注車が中心で、いすゞ・エルガミオ日野・レインボーⅡのノンステップ、ワンステップ車が多く配置され、近年大型車以上に急速に低床化が進んでいる。東急バスから、エアロミディ中型ロング車が移籍され、こちらは大型車と同じ運用についている。三菱ふそう・エアロミディMEが、土浦市コミュニティバスキララちゃん専用塗装車と、予備車兼用の一般路線塗装車がそれぞれ配置されている。


高速車の数は少なく[6]、土浦駅東口・つくばセンター⇔東京ディズニーリゾート・海浜幕張駅、「TMライナー」・「NATT'S」に使用されている。

2016年9月26日より、PASMO・Suica等の10社交通系ICカードの利用が可能となった[7]

脚注編集

  1. ^ 7月1日(金)より土浦駅西口~阿見坂下区間 関東鉄道(株)・JRバス関東(株)共通乗車開始のお知らせ (PDF) (関東鉄道 2016年6月21日)2016年7月2日閲覧。
  2. ^ 土浦市大畑にあるショッピングセンター
  3. ^ ただし、毎年10月第1土曜日の土浦全国花火競技大会当日は高架道を経由せず、土浦駅西口行きとなる。
  4. ^ 「高速バス運行実証実験」7月16日(土)より開始します(ジェイアールバス関東 2016年7月15日)2016年7月17日閲覧。
  5. ^ 12月25日(日)をもって、あみプレミアムアウトレット~成田空港線 高速バス実証実験運行終了のお知らせ(関東鉄道 2016年11月28日)2017年2月18日閲覧。 (PDF)
  6. ^ 鹿島アントラーズの主催試合などでの多客時には、「かしま号」の応援に当所の高速車が入ることがある。
  7. ^ 9月26日(月)より、つくば・土浦・牛久エリア一般路線バスへの交通系ICカード導入のお知らせ

関連項目編集

外部リンク編集