メインメニューを開く
土浦支店(緑枠で囲まれている部分が車庫敷地)国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

ジェイアールバス関東土浦支店(ジェイアールバスかんとうつちうらしてん)は、茨城県土浦市富士崎にあるJRバス関東の営業所。

目次

所在地編集

土浦支店編集

  • 茨城県土浦市富士崎2-1-50

江戸崎車庫(旧江戸崎営業所)編集

  • 茨城県稲敷市江戸崎465
    • 最寄のバス停:江戸崎車庫前

所属車両のナンバー編集

  • 土浦ナンバー

概要編集

メイン路線は常磐線土浦駅から成田線佐原駅を結ぶ霞ヶ浦線と東北本線古河駅を結ぶ南筑波線で、いずれも鉄道線の短絡・先行という使命を持っていた路線であった。1985年昭和60年)には国際科学技術博覧会(つくば万博)開催に伴い、古河駅 - 博覧会会場の臨時路線として「エキスポ号」を運行した。

1987年(昭和62年)4月1日のJR発足と同時に高速バスつくば号」が運行開始され、同年9月から当時の土浦営業所も担当することになる。

1999年平成11年)以降も、常総ニュータウン向けの常総ルート東京駅 - 江戸川台駅、東京駅 - 江戸崎線など、次々と近距離高速路線を開設した。また、「ドリーム号」や「昼特急」の一部についても運行を担当するようになっている。

2005年(平成17年)のつくばエクスプレス線 (TX) 開業により、メイン路線であった「つくば号」の大半の乗客が同線に移行する。「さいたま・つくば号」は3カ月程度で廃止された。また常総ルートからも2007年(平成19年)1月9日限りで撤退した。

なお、「つくば号」で使用されていたネオプラン・メガライナーの運行には当支店も携わっていたことから、「青春メガドリーム号」の一部の運行を当支店が受け持っていた。

一般路線は、民営化後一時期はガーデンシティ湖南(南平台)や東京医大病院、テクノパーク桜乗り入れなど積極策もみられたが、その後は削減傾向が続き、2008年(平成20年)3月末現在で、南筑波線の大半、山ノ荘線、浮島線、霞ヶ浦線の佐原駅乗り入れが廃止となったが、その一方で1998年(平成10年)にはひたち野うしく駅 - つくばセンター間の新規路線を関東鉄道と共同で開設している。また、2001年(平成13年)6月1日に路線バス事業を廃業した茨城観光自動車の一部路線を引継ぎ運行した(当該路線は2010年(平成22年)9月30日の運行をもって廃止)。

2007年(平成19年)10月より、新規需要を開拓すべく、深夜バス「土浦リレー号」の運行を開始した。

2009年(平成21年)5月22日より、イオン土浦ショッピングセンター(現在のイオンモール土浦)への乗り入れを開始。同時にSuicaおよびPASMOへの対応も開始された(土浦駅およびつくばセンターからイオンショッピングセンターまでの区間をSuica・PASMOで乗車すると運賃が割引になる)。

土浦駅西口にて、土浦駅前駐輪場(原付バイク・自転車)を当支店が営業している。

沿革編集

国鉄バス時代編集

  • 1947年(昭和22年)3月25日 - 霞ヶ浦線(土浦 - 江戸崎 - 浦向 - 佐原)路線開業に伴い、土浦自動車区および同江戸崎支区開設。
  • 1949年(昭和24年)1月30日
    • 霞ヶ浦線(大谷 - 安中)路線開業。
    • 十余島線(江戸崎高校前 - 古渡 - 常陸幸田)路線開業。
  • 1950年(昭和25年)4月1日 - 土浦自動車営業所に改称。
  • 1951年(昭和26年)
    • 2月 - 霞ヶ浦線(常陸幸田 - 橋向 - 石納)路線開業。
    • 2月20日 - 南筑波線(土浦 - 古河)路線開業。
  • 1952年(昭和27年)12月 - 山ノ荘線(土浦 - 山ノ荘)路線開業。
  • 1954年(昭和29年)
    • 1月 - 浮島線(古渡 - 浮島)路線開業。
    • 2月1日 - 君島線(舟島村役場前 - 君島 - 江戸崎)路線開業。
  • 1955年(昭和30年)11月1日
    • 霞ヶ浦線(木原 - 大山)路線開業。
    • 霞ヶ浦線(神宮寺 - 高田須賀)路線開業。
    • 霞ヶ浦線(阿波 - 須賀津)路線開業。
  • 1957年(昭和32年)
    • 8月 - 霞ヶ浦線(阿波 - 水神)路線開業。
    • 9月10日 - 霞ヶ浦線(阿見 - 追原辻)路線開業。
  • 1960年(昭和35年)12月10日
    • 山ノ荘線(中並木 - 常陸寺前)路線開業。
    • 山ノ荘線(山ノ荘 - 東城寺)路線開業。
  • 1962年(昭和37年)
    • 4月12日 - 霞ヶ浦線(本新開拓口 - 本新支所前 - 西代)路線開業。
    • 6月15日
      • 霞ヶ浦線(姥神 - 野原 - 佐倉新田)路線開業。
      • 霞ヶ浦線(伊佐部 - 佐原組新田 - 曲淵)路線開業。
  • 1964年(昭和39年)7月30日 - 浮島線(浮島 - 浮島水泳場)路線開業。
  • 1966年(昭和41年)5月 - 南筑波線(古河 - 古河西口)路線開業。
  • 1967年(昭和42年)4月14日
    • 君島線(霞台 - 阿見役場前)路線開業。
    • 君島線(君島天神 - 大形)路線開業。
  • 1968年(昭和43年)11月 - 十余島線(脇川 - 神崎大橋 - 神埼役場前)路線開業。
  • 1970年(昭和45年)10月 - 南筑波線(古河 - 古河西口)路線廃止。
  • 1978年(昭和53年)4月1日
    • 霞ヶ浦線(宮地 - 美浦トレセン前 - 土屋)路線開業。
    • 霞ヶ浦線(大谷 - 美浦トレセン前)路線開業。
  • 1979年(昭和54年)4月
    • 霞ヶ浦線(本新開拓口 - 本新支所前 - 西代)路線廃止。
    • 霞ヶ浦線(姥神 - 野原 - 佐倉新田)路線廃止。
    • 霞ヶ浦線(阿波 - 須賀津)路線廃止。
  • 1980年(昭和55年)4月1日 - 霞ヶ浦線(土浦 - 佐原)の貨物営業廃止。
  • 1981年(昭和56年)2月
    • 山ノ荘線(東城寺 - ゆう・もあ村)路線開業。
    • 君島線(竹来 - 竹来下)路線開業。
  • 1982年(昭和57年)
    • 2月1日 - 浮島線(浮島 - 浮島水泳場)路線廃止。
    • 10月
      • 十余島線(神崎大橋 - 下総神崎)路線廃止。
      • 十余島線(神埼農協前 - 神崎橋)路線廃止。
  • 1986年(昭和61年)
    • 4月11日
      • 君島線(霞台 - 阿見役場前)廃止。
      • 君島線(竹来 - 竹来下)廃止。
      • 君島線(追原辻 - 島津)廃止。
    • 9月1日 - 安中線(木原 - 大山)路線廃止。

民営化後編集

  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道関東自動車事業部土浦自動車営業所に改称。
  • 1988年(昭和63年)
    • 4月1日
      • バス部門分割子会社化により、ジェイアールバス関東土浦営業所に改称。
      • つくば号運行開始。
    • 6月1日 - ひたち号運行開始。
  • 1989年(平成元年)4月4日 - かしま号運行開始。
  • 1990年(平成2年)
    • 3月
      • 君島線(布佐橋 - 大形)路線休止。
      • 十余島線(神宮寺 - 高田須賀)路線休止。
    • 7月17日 - いたこ・あそう号運行開始。
  • 1991年(平成3年)
    • 3月
      • 君島線(布佐橋 - 大形)路線廃止。
      • 十余島線(神宮寺 - 高田須賀)路線廃止。
      • 安中線(大谷 - 安中)路線休止。
    • 4月1日 - ニューつくばね号運行開始。
  • 1992年(昭和4年)
    • 3月 - 安中線(大谷 - 安中)路線廃止。
    • 10月1日 - 支店制度導入により、ジェイアールバス関東土浦支店に改称。
  • 1993年(平成5年)3月 - 霞ヶ浦線、姥神 - 小松川間にバス停の新設(インペリアルゴルフ場前)。
  • 1994年(平成6年)
    • 3月 - 君島線(池ノ台 - 南平台東)路線開業。
    • 9月 - 霞ヶ浦線(伊佐部 - 押砂)路線休止。
  • 1995年(平成7年)
    • 9月 - 霞ヶ浦線(伊佐部 - 押砂)路線廃止。
    • 10月1日 - 十余島線廃止。桜東バスへ路線移管。
      • 十余島線(常陸幸田 - 橋向 - 東役場前)路線廃止。
      • 十余島線(下阿波 - 甘田 - 水神)路線廃止。
      • 十余島線(脇川 - 神崎大橋 - 下橋向)路線廃止。
  • 1996年(平成8年)
    • 南筑波線、テクノパーク桜へ乗り入れ開始(北柴崎 - 陽の見公園前 - 北柴崎)。
    • 10月君島線、区間新設(阿見 - 東京医大 - 曙町)。
  • 1997年(平成9年)3月 - 山ノ荘線(常陸寺前 - ゆう・もあ村)区間廃止。
  • 1998年(平成10年)3月14日 - ひたち野うしく線、路線開業。
  • 1999年(平成11年)2月1日 - 常総ルート運行開始。

2000年代の動き編集

  • 2000年(平成12年)
    • 南筑波線(古河三中前 - 久能)路線開業。
    • 7月25日
      • 東京 - 江戸崎線運行開始。
      • 君島線、区間新設(ガーデンシティ湖南(南平台)- 追原 - 追原辻)。
      • 霞ヶ浦線(土浦駅 - 佐原駅)直通便を廃止。
    • 9月1日 - 麻生リレー号運行開始。
    • 10月1日
      • 霞ヶ浦線(常陸幸田 - 西代 - 佐原駅)廃止。桜東バスへ路線移管。
      • 「江戸崎 - 浦向 - 幸田 - 阿波 - 江戸崎(循環バス)」運行開始。
      • 桜東バスに移管後の十余島線「神宮寺 - 甘田 - 西代」廃止。
  • 2001年(平成13年)
    • 2月19日
      • 霞ヶ浦線、バス停の名称変更(精進橋 → 霞ヶ浦高校前)。
      • 南筑波線、バス停の名称変更(下大野十字路 → 総和郵便局前)。
      • 南筑波線(土浦 - 古河)直通便を廃止。
    • 6月1日 - 美浦村竜ヶ崎線を茨城観光自動車から継承。
    • 7月11日 - 東京 - 江戸川台線運行開始。
    • 9月17日
      • 君島線(土浦駅 → 美浦トレセン前)廃止。美浦トレセン前 → 土浦駅は存続。
      • 霞ヶ浦線(土浦 - 美浦トレセン前 )の系統を廃止。
      • 霞ヶ浦線(土浦 → 美浦トレセン前 → 小角 → 江戸崎)を廃止。
  • 2002年(平成14年)
    • 3月1日 - らくらくミッドナイト守谷号運行開始。
    • 4月1日
      • 古河営業所が古河支店として独立(のち佐野支店の営業所となる)。
      • 「江戸崎 - 浦向 - 幸田 - 阿波 - 江戸崎(循環バス)」廃止。桜東バスへ路線移管。
    • 12月1日 - 麻生リレー号廃止。
  • 2004年(平成16年)
    • 4月1日 - 美浦村竜ヶ崎線(竜ヶ崎駅 - 竜ヶ崎南高校)延伸。
    • 7月1日 - ミッドナイトつくば号運行開始。
    • 11月1日 - 霞ヶ浦線(江戸崎 → 小角 → 美浦トレセン前 → 土浦)廃止
  • 2005年(平成17年)
    • 7月9日 - 南筑波線、テクノパーク桜への乗り入れ廃止(北柴崎 - 陽の見公園前 - 北柴崎)。
    • 10月1日 - いたこ・あそう号から JR バス関東が撤退。
    • 12月19日 - らくらくミッドナイト守谷号廃止。
    • 12月22日 - さいたま・つくば号運行開始。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月1日 - 東京 - 江戸川台線廃止。
    • 3月23日 - さいたま・つくば号廃止。
    • 4月1日 - 南筑波線(篠崎転向場 - 下妻上町 - 松本)廃止。
    • 10月1日 - ニューつくばね号廃止。
  • 2007年(平成19年)
    • 1月10日 - 常総ルートから JR バス関東が撤退。
    • 3月24日 - 君島線(江戸崎西高 - 小角 - 江戸崎)廃止。
    • 10月1日 - 【深夜バス】土浦リレー号、路線開業。
  • 2008年(平成20年)
    • 4月1日
      • 山ノ荘線・南筑波線(下虫掛 - 篠崎転向場)廃止。
      • 南筑波線(ユーセンター - 西町南)路線開業。
      • 南筑波線(トウペ前 -ジャパンパイル前)路線開業。
      • 君島線(土浦駅東口 - 工業団地前)廃止。
      • 浮島線廃止。稲敷市内区間をブルーバスに路線移管。
    • 7月1日 - 東京 - 江戸崎線から JR バス関東が撤退。2011年4月1日に関東鉄道の運行も廃止。
  • 2009年(平成21年)
    • 5月22日 -「土浦駅 - イオンモール土浦」「つくばセンター(TXつくば駅) - イオンモール土浦」路線開業。
    • 7月8日 -「荒川沖駅東口 - (直行) - あみプレミアム・アウトレット」路線開業。

2010年代の動き編集

  • 2010年(平成22年)10月1日 -ドリーム号(つくばセンター - 上野)廃止。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月1日 - 霞ヶ浦線のイオンモール土浦への直通便を廃止。
    • 10月1日 - 美浦村竜ヶ崎線廃止。
  • 2013年(平成25年)3月15日 - ひたち野うしく線の一部便がイオンモールつくば経由となる。
  • 2014年(平成26年)
    • 4月7日 - 南筑波線(下虫掛 → 土浦)廃止。土浦 → 下虫掛は存続。
    • 5月30日 - 南筑波線(土浦 → 下虫掛)運行終了。
    • 6月1日 - 南筑波線廃止。
    • 11月8日 - 土浦~江戸崎間にて国鉄バス復刻デザイン路線バス「黄色いつばめ」の運行開始(2014年12月21日まで運行)。
  • 2015年(平成27年)3月 - 路線の維持を目的として江戸崎駅を稲敷市へ売却[1]
  • 2016年(平成28年)
    • 5月6日 - 君島線、バス停の廃止(江戸崎西高前)・新設(稲敷市役所)。
    • 5月9日 - 江戸崎車庫の事務所取り壊しにより、江戸崎車庫の窓口閉鎖。定期券販売は、土浦支店窓口またはバス車内での申し込み・引き渡しとなる。
    • 7月1日 - 霞ヶ浦線の土浦駅西口 - 阿見坂下(旧・阿見)間において、関東鉄道(阿見中央公民館線)と共通乗車化。これに伴い、同区間のバス停の位置・名称を両社で統一[2]。同日、バス停の名称変更(江戸崎営業所前 → 江戸崎車庫前)。
    • 7月16日 - 阿見・稲敷エリア - 成田空港間において、高速バス実験運行を開始。関東鉄道との共同運行で2017年1月15日までの運行予定[3]であったが、利用不振のため2016年12月25日をもって実験運行は打ち切られた[4]
  • 2017年(平成29年)
    • 3月31日 - この日をもって、JR土浦駅のみどりの窓口でのJRバスの定期券の販売を終了。

時期不明編集

  • 君島線、布佐橋 - 土屋間にバス停の新設(上土屋)。
  • 霞ヶ浦線に Suica を導入。Suica 非対応車両が運行されていることもある。

現在の所管路線編集

高速バス編集

中距離編集

長距離編集

以下の各系統は乗務員のみ。

一般路線バス編集

 
江戸崎駅
  • 霞ヶ浦線
    • 土浦駅 - 阿見坂下 - 島津 - 木原 - (美浦トレセン前) - 大谷 - 姥神 - 江戸崎
      • 1993年(平成5年)3月 - 姥神 - 小松川間にバス停の新設(インペリアルゴルフ場前)。
      • 2001年(平成13年)2月19日 - バス停の改称(精進橋 → 霞ヶ浦高校前)。
      • 2016年(平成28年)7月1日 - 土浦駅西口 - 阿見坂下間の関東鉄道との共通乗車化に伴い、バス停新設(小松坂下、小松一区、阿見自動車学校前)および改称(市役所入口 → 富士崎町、富士崎町 → JRバス土浦支店前、運動公園前 → 霞ヶ浦総合公園、阿見 → 阿見坂下)[2]。同日、バス停の名称変更(江戸崎営業所前 → 江戸崎車庫前)。土浦駅西口 - 阿見坂下間では関東鉄道との共通回数券を発売(金額別)。
  • 君島線
    • (系統は全便土浦駅直通)阿見坂下 - (東京医大前) - 曙町 - (ガーデンシティ湖南(南平台)) - 君島 - (美浦トレセン前) - 江戸崎西高前 - 江戸崎
      • 1996年(平成8年)10月 - 区間新設(阿見 - 東京医大 - 曙町)。
      • 2000年(平成12年)7月25日 - 区間新設(ガーデンシティ湖南(南平台)- 追原 - 追原辻)。
      • 2016年(平成28年)5月6日 - バス停の廃止(江戸崎西高前)・新設(稲敷市役所)。
      • 時期不明 - 布佐橋 - 土屋間にバス停の新設(上土屋)。
 
ひたち野うしく線の車両
  • ひたち野うしく線
    • ひたち野うしく駅東口 - 牛久栄進高校 - (イオンモールつくば) - 二の宮中央 - つくばセンターTXつくば駅)※関東鉄道と共同運行。
      • 1998年(平成10年)3月14日路線開業。一般路線ではJR化後初の新路線であった。もともと発着地ともにJRバス関東の一般路線バス営業エリアではなかったが、ピーク時と閑散時の利用者数の格差が大きく、共同運行することでリスクが分散されるという理由で共同運行に踏み切った[5]。専用共通回数券を車内で発売、この路線でのみ通用するが、関東鉄道の回数券も同路線では使用可能である。
      • SuicaおよびPASMOが使用可能。関東鉄道担当便では、バス利用特典サービスが適用されるが、JRバス担当便では適用不可。
      • 2013年(平成25年)3月15日より、一部便がイオンモールつくば経由となる。
 
イオンモール土浦バス停
  • 土浦駅 - (直通) - イオンモール土浦
  • 土浦駅 - 川口町 - 亀城公園前 - イオンモール土浦
  • 土浦駅→川口町→イオンモール土浦(朝1便のみ)
    • 2009年(平成21年)5月22日路線開業。
      • SuicaおよびPASMOが使用可能。SuicaおよびPASMOでの乗車の際、運賃が割引(土浦駅 - イオンモール土浦間 通常運賃210円→200円(消費税率5%当時は200円→180円))される。
  • つくばセンター(TXつくば駅) - 学園局前 - 中央警察前 - 竹園高校前 - イオンモール土浦
    • 2009年(平成21年)5月22日路線開業。
    • 2010年(平成22年)8月6日から1時間に1本程度に減便。
    • 2011年(平成23年)3月1日より平日1往復に減便。およびイオンモール土浦発は竹園高校前、中央警察前、学園局前バス停を経由しなくなる。
      • SuicaおよびPASMOが使用可能。SuicaおよびPASMOでの乗車の際、運賃が割引(つくばセンター - イオンモール土浦間 通常運賃360円→340円(消費税率5%当時は350円→320円))される。
 
あみプレミアム・アウトレットバス停
  • 荒川沖駅東口 - (直行) - あみプレミアム・アウトレット ※関東鉄道と共同運行
    • 2009年(平成21年)7月8日路線開業。運賃は通常片道520円(消費税率5%当時は500円)であるが、荒川沖駅からの乗車でアウトレット利用の乗客には運賃支払い時に復路分の利用券(往路利用時に乗務員に『アウトレット利用』と申告する)を渡している。2017年11月1日より、ICカード割引を導入(大人520円→340円、小人260円→170円)。これに伴い、復路利用券の配布を終了[6]
  • 【深夜バス】土浦リレー号
  • 土浦花火大会臨時シャトルバス
    • 土浦駅東口 - 花火大会会場 ※土浦花火大会開催日に運行
    • 関東鉄道、関鉄パープルバス、関鉄グリーンバス、関鉄観光バスとの共同運行
    • 以前は土浦駅西口→花火大会会場も運行していた

乗降方式

  • 中乗り・前降り。車椅子やベビーカーはバリアフリー対応に限り、そのまま乗降できる。

※交通系ICカードに対応

過去の路線編集

一般路線編集

  • 霞ヶ浦線
    • (本新開拓口 - 本新支所前 - 西代)※1979年4月廃止。
    • (姥神 - 野原 - 佐倉新田)※1979年4月廃止。
    • (阿波 - 須賀津)※1979年4月廃止。
    • (伊佐部 - 押砂)※1994年9月休止、1995年9月廃止。
    • 美浦トレセン前 - 小角 - 吹上)
      • 土浦 → 美浦トレセン前 → 小角 → 吹上→ 江戸崎は2001年9月16日限りで廃止。
      • 江戸崎 → 吹上 → 小角 → 美浦トレセン前 → 土浦は2004年10月31日限りで廃止。
    • 2000年7月24日限りで土浦駅 - 佐原駅 直通便を廃止。
    • (常陸幸田 - 西代 - 佐原駅)※2000年9月30日限りで廃止。桜東バスに路線移管。
    • 2001年9月16日限りで土浦駅 - 美浦トレセン前止まりの系統を廃止。
    • (江戸崎 - 常陸幸田)※2002年4月1日限りで廃止。桜東バスに路線移管。
    • 2011年3月1日イオンモール土浦への直通便を廃止。
  • 安中線
    • (木原 - 大山)※1986年8月31日限りで廃止。
    • (大谷 - 安中)※1991年3月休止、1992年3月廃止。
  • 君島線
    • (霞台 - 阿見役場前)※1986年4月10日限りで廃止。
    • (竹来 - 竹来下)※1986年4月10日限りで廃止。
    • (追原辻 - 島津)※1986年4月10日限りで廃止。
    • (布佐橋 - 大形)※1990年3月休止、1991年3月廃止。
    • (土浦駅 → 美浦トレセン前)※2001年9月16日限りで廃止。美浦トレセン前 → 土浦駅は存続。
    • 江戸崎西高前 - 小角 - 吹上)
      • 江戸崎西高 - 小角 - 江戸崎 2007年3月23日限りで廃止。
    • (土浦駅東口 - 三夜下)
      • 土浦駅東口 - 工業団地前 2008年3月31日限りで廃止。
  • 浮島線
    • (浮島 - 浮島水泳場)※1982年1月31日限りで廃止。
    • (土浦駅 - 阿見 - 島津 - 木原 - 大谷 - 姥神 - 古渡 - 桜川庁舎 - 浮島)※2008年3月31日限りで廃止。稲敷市内区間をブルーバスに路線移管。
  • 十余島線:一部区間を桜東バスに路線移管。
    • (神崎大橋 - 下総神崎)※1982年10月廃止。
    • (神埼農協前 - 神崎橋)※1982年10月廃止。
    • (神宮寺 - 高田須賀)※1990年3月休止、1991年3月廃止。
    • (常陸幸田 - 橋向 - 東役場前)※1995年9月30日限りで廃止。
    • (下阿波 - 甘田 - 水神)※1995年9月30日限りで廃止。
    • (脇川 - 神崎大橋 - 下橋向)※1995年9月30日限りで廃止。
  • 美浦村竜ヶ崎線
  • 南筑波線
    • 古河駅 - 大綱 - 松本 - 下妻上町 - 吉沼 - 篠崎転向場 - 常陸大曽根 - (テクノパーク桜) - 北柴崎 - 常陸栄 - 下虫掛)
      • (古河 - 古河西口)1970年10月廃止。
      • 2001年2月19日 土浦 - 古河 直通便を廃止。バス停の名称変更(下大野十字路 → 総和郵便局前)。
      • 2005年7月9日 テクノパーク桜への乗り入れ廃止(北柴崎 - 陽の見公園前 - 北柴崎)。
      • (篠崎転向場 - 下妻上町 - 松本)2006年4月1日廃止。
      • 下虫掛 - 篠崎転向場間は2008年3月31日限りで廃止。古河駅方の古河駅 - 大綱間は古河営業所の東古河妻線として運行が継続されている。
      • 東古河妻線(松本 - 下妻上町)2006年4月1日廃止。
      • 東古河妻線(ユーセンター - 西町南)2013年9月1日廃止。
      • 東古河妻線(トウペ前 -ジャパンパイル前)2013年9月1日廃止。
      • 東古河妻線(大綱 - 松本)2016年3月26日廃止。
    • (土浦 - 亀城公園前 - 千束町 - 田中町 - 下虫掛)
      • 下虫掛 → 土浦は2014年4月7日廃止。土浦 → 下虫掛は2014年6月1日廃止。休校日運休のため、2014年5月30日最終運行。
  • 山ノ荘線
    • (常陸寺前 - ゆう・もあ村)※1997年3月廃止。
    • (土浦駅 - 亀城公園前 - 土浦一高前 - 土浦工業高校前 - 中並木 - 中都公民館 - 常陸寺前)※2008年3月31日限りで廃止。

高速路線編集

  • ニューつくばね号 ※1991年4月1日運行開始。2006年9月30日限りで廃止。
  • 常総ルート ※1999年2月1日運行開始。2007年1月10日 JR バス関東が撤退。
  • らくらくミッドナイト守谷号(東京駅→新守谷駅入口) ※2002年3月1日運行開始。2005年12月18日限りで廃止。
  • 東京 - 江戸川台線 ※2001年7月11日運行開始。2006年2月28日限りで廃止。
  • いたこ・あそう号(東京 - 麻生町役場) ※1990年7月17日運行開始。2005年10月1日 JR バス関東が撤退。
  • 麻生リレー号(江戸崎営業所 - 麻生町役場)※2000年9月1日運行開始。2002年11月30日限りで廃止。
  • 東京 - 江戸崎線 ※2000年7月25日運行開始。2008年7月1日より関東鉄道の単独運行化。2011年3月31日限りで関東鉄道の運行も廃止。
  • ドリーム号(つくばセンター - 上野間)※2010年9月30日限りで廃止。
  • 青春中央ドリーム号(下り新宿 - 小黒川PA間)
  • 中央道昼特急号(東京 - 小黒川PA間)
  • さいたま・つくば号
さいたま新都心駅 - 大宮駅 - 下広岡 - 並木三丁目 - 並木大橋 - 並木二丁目 - 並木一丁目 - 千現一丁目 - 竹園二丁目 - つくばセンターつくば駅前)(常磐自動車道東京外環自動車道首都高速埼玉大宮線埼玉新都心線経由)
2005年8月に首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス(以下TX)が開業し、JRバス関東・関東鉄道が共同で運行する「つくば号」の乗客は、開業前から7割減少した。このため当時JRバス関東はTXと直接競合しない路線の新設を開始しており、「ONライナー」で大宮駅・さいたま新都心への乗り入れ実績がありターミナルの確保が可能である当路線を12月22日に開設した。運行本数は1日8往復であった。なお、類似したコンセプトで同年9月にはつくばセンター発着の「ドリーム大阪号」が新設されている。つくば側の停留所は「つくば号」と同一箇所であるもののつくばセンターは6番乗り場を利用し、他の停留所ではポールもJRバス関東独自のものを新設するなど、微妙な変化が見られた。さいたま側は「ONライナー」と同一の停留所を利用した。わずか3ヶ月後の2006年3月23日に廃止された。なお、廃止後の2006年10月1日に、関東鉄道・国際興業の共同運行で、さいたま・つくば号とほぼ同じルートを通る大宮 - つくば・土浦線が新設されたが、これも1年少々の短命に終わっている。

車両編集

国鉄時代からいすゞ車・日野車が主に配置されている。国鉄に多かった日野車体を架装したいすゞ車の配置もあった。ワンステップ車(日野車)は導入からしばらくはつくばセンター線に重点的に使用されていたが、イオンショッピングセンター線開業にあわせてSuica対応となったため、現在は同線を中心に使用されている。一時期、当支店の車両で液晶行先表示器の試験搭載を行っていたことがある。最近では、2009年には元東急バスブルーリボンエアロスターMニューエアロスターノンステップバスを投入した他、2010年9月、JR東海バスから日野・ブルーリボンシティハイブリッドノンステップバスが移籍。当支店では3台が運行されている。2017年3月に19年ぶりに一般路線バスの新車で新型エルガノンステップバスが1台投入された。

高速バス「つくば号」では大増発のために車両の増強もかなり多く行われたが、「つくば号」の減便や常総ルートからの撤退により、減車の上、他の支店へ車両の転属も行われている。大半が日野・セレガハイデッカー44席仕様に置き換えられたが、三菱ふそう・エアロバス、日野・セレガR-FSなども配置されている。阿見 - 成田空港線(実験運行終了)にはいすゞ・ガーラ2000HDと日産ディーゼル・スペースアローが充当された。

貸切車もいすゞ・ガーラSHD(2両)が在籍しているが、かつてはJRバス関東では土浦支店のみの存在であったUFC(アンダーフロアコックピット)仕様が2台在籍していた(2007年2月廃車)。

特記事項編集

  • ネオプラン・メガライナーの車両は、土浦支店には入庫せず、関東鉄道つくば中央営業所で滞泊していた。つくばセンターから土浦支店までの回送経路は、道路構造上の理由などでメガライナー通行の認可が下りなかったためである。

関連項目編集

脚注編集

参考文献編集

  • バスラマ・インターナショナル48号「ユーザー訪問:ジェイアールバス関東」
  • バスジャパン・ハンドブック「18 ジェイアールバス関東」
  • バスジャパン・ニューハンドブック「37 ジェイアールバス関東」
  • 国鉄自動車五十年史(1980年:日本国有鉄道自動車局)
  • つばめマークのバスが行く - 時代とともに走る国鉄・JRバス(2014年:交通新聞社・加藤佳一著)

外部リンク編集