メインメニューを開く

1988年の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権

1988年の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権
Previous: 1987 Next: 1989

1988年の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権は、1988年3月3日富士スピードウェイで開幕し、10月9日に富士スピードウェイのWEC-JAPANで閉幕するまで全6戦で争われた。

開催カレンダー編集

開催日 開催地 イベント名 優勝 PP
# ドライバー - 周回数 / 車種 # ドライバー - タイム / 車種
3月3日 富士 全日本富士500km 27   岡田秀樹
  スタンレー・ディケンズ
112周 / ポルシェ・962C
27   岡田秀樹

1分18秒594 / ポルシェ・962C
4月10日 鈴鹿 インターナショナル鈴鹿500km 25   エイエ・エリジュ
  マウリシオ・サンドロ・サラ
86周 / ポルシェ・962C
100   ジョージ・フーシェ

1分50秒665 / ポルシェ・962C
5月1日 富士 全日本富士1000km 16   クリス・ニッセン
  ブルーノ・ジャコメリ
224周 / ポルシェ・962C
100   ジョージ・フーシェ

1分18秒722 / ポルシェ・962C
7月24日 富士 全日本富士500マイル 27   岡田秀樹
  スタンレー・ディケンズ
179周 / ポルシェ・962C
32   長谷見昌弘

1分19秒179 / 日産・R88C
8月28日 鈴鹿 インターナショナル鈴鹿1000km 27   岡田秀樹
  スタンレー・ディケンズ
171周 / ポルシェ・962C
100   ジョージ・フーシェ

1分53秒502 / ポルシェ・962C
10月9日 富士 WEC-JAPAN 1   マーティン・ブランドル
  エディ・チーバー
  ジョン・ニールセン
224周 / ジャガー・XJR-9
27   岡田秀樹

1分18秒210 / ポルシェ・962C

主なエントリー編集

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
1 ポルシェ・962C 高橋国光
茂木和男
アドバンアルファノバ YH
3 トムス・86C/トヨタ
トヨタ・87C
スティーブン・アンドスカー
アンドリュー・ギルバート=スコット
オートビューレックモータースポーツ DL
15 ポルシェ・962C 長坂尚樹
星野薫
影山正彦
レイトンハウスレーシングチーム BS
16 ポルシェ・962C クリス・ニッセン
ハロルド・グロース
オスカー・ララウリ
ブルーノ・ジャコメリ
長坂尚樹
レイトンハウスレーシングチーム BS
23 日産・R88C 星野一義
高橋健二
ウィン・パーシー
鈴木利男
アラン・グライス
ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル BS
25 ポルシェ・962C エイエ・エリジュ
マウリシオ・サンドロ・サラ
ロスマンズ・ポルシェ・チームシュパン DL
27 ポルシェ・962C 岡田秀樹
スタンレー・ディケンズ
フロムAレーシング BS
32 日産・R88C 長谷見昌弘
鈴木亜久里
ウィン・パーシー
ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル BS
36 トヨタ・88C
トヨタ・88C-V
ジェフ・リース
関谷正徳
鈴木恵一
トヨタ・チーム・トムス BS
37 トヨタ・88C
トヨタ・88C-V
パオロ・バリッラ
ティフ・ニーデル
ステファン・ヨハンソン
小河等
トヨタ・チーム・トムス BS
50 サード・MC88S/トヨタ
佐々木秀六
浅井順久
マーティン・ドネリー
ヨッヘン・ダウアー
サード DL
55 ポルシェ・962C ケネス・アチソン
プライス・コブ
オムロン・レーシングチーム DL
85 マーチ・86G/日産
マーチ・88G/日産
和田孝夫
アンデルス・オロフソン
鈴木利男
森本晃生
パーソンズレーシングチーム YH
86 マーチ・88G/日産 和田孝夫
アンデルス・オロフソン
伊太利屋スポーツ YH
99 ポルシェ・962C 鈴木恵一
フランツ・コンラッド
トラスト DL
100 ポルシェ・962C バーン・シュパン
ジョージ・フーシェ
サレル・ヴァンダ・マーヴェ
トラスト DL
201 マツダ・757E
マツダ・767
片山義美
従野孝司
寺田陽次郎
ピエール・デュドネ
マツダスピード DL
202 マツダ・757
マツダ・767
従野孝司
寺田陽次郎
デビッド・ケネディ
マツダスピード DL
230 マツダ・757 白鳥哲司
藤井修二
藤枝輝光
飯田薫
静マツレーシング DL