メインメニューを開く

古川 元久(ふるかわ もとひさ、1965年12月6日 - ) は、日本政治家国民民主党所属の衆議院議員(8期)、国民民主党代表代行

古川 元久
ふるかわ もとひさ
Interactive Session - Social Challenges - World Economic Forum on East Asia 2009.jpg
生年月日 (1965-12-06) 1965年12月6日(53歳)
出生地 日本の旗 愛知県名古屋市
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員大蔵省
現職 党代表代行
党政治改革推進本部長
党愛知県総支部連合会代表
所属政党旧民主党→)
民主党→)
民進党→)
希望の党→)
国民民主党
称号 法学士(東京大学・1988年
公式サイト 古川元久オフィシャルサイト

選挙区比例東海ブロック→)
愛知2区
当選回数 8回
在任期間 1996年10月21日 - 現職

内閣 野田内閣
野田第1次改造内閣
野田第2次改造内閣
在任期間 2011年9月2日 - 2012年10月1日
テンプレートを表示

野田内閣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣国家戦略担当大臣内閣府特命担当大臣経済財政政策科学技術政策宇宙政策)を務めたほか、内閣官房副長官菅内閣・菅第1次改造内閣)、内閣官房国家戦略室長兼内閣府副大臣鳩山由紀夫内閣)、衆議院内閣委員長、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長、衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長希望の党幹事長、国民民主党幹事長等を歴任した。

来歴

生い立ち

愛知県名古屋市生まれ(現住所は名古屋市千種区[1][2]愛知県立旭丘高等学校卒業後、東京大学に入学。東大在学中の1986年、20歳で司法試験に合格した。1988年東京大学法学部民法ゼミ[3])を卒業し、大蔵省(現財務省)に入省。1993年アメリカ合衆国コロンビア大学大学院に留学し、国際関係論を専攻した。翌1994年、大蔵省を退官[4]

政界入り

1996年旧民主党結党に参加。第41回衆議院議員総選挙に旧民主党公認で愛知2区から出馬し、選挙区では新進党公認の青木宏之に敗れたが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、初当選した。1999年7月、本会議で国旗及び国歌に関する法律に賛成票を投じた。

2000年第42回衆議院議員総選挙では、愛知2区で前回敗れた青木宏之(保守党公認)を下し、再選。この選挙以降、愛知2区で6期連続当選。

2005年世界経済フォーラム(ダボス会議)のYoung Global Leadersの1人に選出された[5]2007年には古川、近藤正晃ジェームス、堂前宣夫の3人でNPO法人「TABLE FOR TWO International」を設立した[6]

民主党政権下

2009年鳩山由紀夫内閣内閣府副大臣経済財政科学技術行政刷新)に任命され、国家戦略担当大臣である菅直人副総理の下で初代国家戦略室長も務める。翌2010年6月、菅内閣内閣官房副長官に就任し、菅第1次改造内閣まで務める。2011年2月、党役員人事により民主党代表代行に就いた仙谷由人の下、代表代行補佐に起用される。

国家戦略・経済財政担当大臣

2011年9月、野田内閣国家戦略担当大臣内閣府特命担当大臣経済財政政策科学技術政策宇宙政策)に任命され、初入閣した。併せて、「社会保障及び税に関する改革を一体的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整(社会保障・税一体改革担当)」、「宇宙開発利用に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整(宇宙開発担当)」を担当する国務大臣も兼務した。

2012年2月10日野田改造内閣の発足に伴い、「社会保障及び税に関する改革を一体的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整(社会保障・税一体改革担当大臣)」のみ辞令を解かた(後任は副総理として入閣した岡田克也)。

2012年7月12日内閣府への宇宙政策委員会設置に伴い「宇宙開発利用に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整(宇宙開発担当大臣)」を廃止。同日、新設された内閣府特命担当大臣宇宙政策)の補職辞令を受けた。

退任後

2012年10月、野田第3次改造内閣発足に伴い退任し、衆議院内閣委員長に就任。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では民主党公認、国民新党推薦で出馬。与党に猛烈な逆風が吹き荒れる中、愛知2区で自由民主党新人の東郷哲也らを下し、6選。なお古川は第42回衆議院議員総選挙において愛知2区で当選して以来、4回の総選挙で対立候補に誰一人比例復活を許さなかったが、この総選挙では自民党の東郷が比例復活により当選した(古川自身も、初出馬の選挙では比例復活で当選している)。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では民主党公認で愛知2区から出馬し、自民党の東郷に比例復活すら許さない票差をつけ、7選[7]

2015年衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長に就任した[8]

希望の党

2017年第48回衆議院議員総選挙には希望の党公認で出馬し[9]、自民党の田畑毅を破り8選[10]。同年11月、党幹事長に就任[11]

国民民主党

2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加し、希望の党に引き続いて党幹事長に就任[12]

2018年9月11日党代表代行に就任。9月18日からは党政治改革推進本部長も兼務。

2019年10月29日、国民民主党憲法調査会の会長に就く。「古川氏は9条への自衛隊明記案など自民党の改憲4項目について「わが党として反対だ」としたうえで「憲法議論は積極的に行っていく」と述べた。」[13]

活動・主張

脚注

  1. ^ 中日新聞(2017年10月11日、22面)
  2. ^ 平成29年10月22日執行衆議院小選挙区選出議員選挙候補者一覧表 (PDF)”. 愛知県選挙管理委員会 (2017年10月10日). 2017年11月30日閲覧。
  3. ^ 文化芸術 2015
  4. ^ 公式プロフィール
  5. ^ a b globis2011年6月14日
  6. ^ TABLE FOR TWO公式サイト
  7. ^ 愛知 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  8. ^ 日本経済新聞、2015年1月26日
  9. ^ “【衆院選】希望の党・第1次公認リスト(192人)”. 産経新聞. (2017年10月3日). http://www.sankei.com/politics/news/171003/plt1710030138-n3.html 2017年10月12日閲覧。 
  10. ^ 愛知-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  11. ^ “希望幹事長に古川元久氏 政調会長は長島昭久氏”. 産経新聞. (2017年11月14日). http://www.sankei.com/politics/news/171114/plt1711140028-n1.html 2018年1月14日閲覧。 
  12. ^ “国民民主党が結党、62人参加 幹事長に古川元久氏”. 朝日新聞. (2018年5月7日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASL574QJXL57UTFK00P.html 2018年5月10日閲覧。 
  13. ^ 国民民主、自民改憲案に反対 憲法調査会を再開” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年11月1日閲覧。
  14. ^ 【2003年9月号 月刊Voice掲載】「1000万人移民受け入れ構想 日本を「憧れの国」にしたい。~民主党若手の共同提案~」
  15. ^ 「今すべき税論議とは」”. 古川元久@web (2007年12月1日). 2011年9月15日閲覧。
  16. ^ 2014年衆院選アンケート、mネット
  17. ^ a b “2012衆院選 愛知2区 古川 元久”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A23002002002 2014年12月19日閲覧。 
  18. ^ a b c 中日新聞(2017年10月17日、19面、衆院選候補者アンケート)

外部リンク


議会
先代:
松野頼久
  衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長
2017年
次代:
笠浩史
先代:
松原仁
  衆議院沖縄及び北方問題
に関する特別委員長

2015年 - 2016年
次代:
渡辺周
先代:
荒井聰
  衆議院内閣委員長
2012年
次代:
平井卓也
公職
先代:
創設
  内閣府特命担当大臣宇宙政策
初代:2012年
次代:
前原誠司
先代:
与謝野馨
  内閣府特命担当大臣経済財政政策
第17代:2011年 - 2012年
次代:
前原誠司
先代:
玄葉光一郎
  内閣府特命担当大臣科学技術政策
第19代:2011年 - 2012年
次代:
前原誠司
先代:
松野頼久
  内閣官房副長官(政務担当・衆議院)
2010年 - 2011年
次代:
藤井裕久
先代:
増原義剛
宮澤洋一
谷本龍哉
  内閣府副大臣
大島敦大塚耕平と共同

2009年 - 2010年
次代:
大島敦
平岡秀夫
大塚耕平
党職
先代:
原口一博
国民民主党代表代行
大塚耕平と共同
第2代:2018年 ー
次代:
(現職)
先代:
結党
国民民主党幹事長
初代:2018年
次代:
平野博文
先代:
大島敦
希望の党幹事長
第2代:2017年 - 2018年
次代:
国民民主党
名誉職
先代:
宇佐美登
最年少衆議院議員
1996年 - 2000年
次代:
原陽子