西村雄一

日本のサッカー審判員

西村 雄一(にしむら ゆういち、1972年4月17日 - )は、東京都出身のサッカー審判員プロフェッショナルレフェリーVARおよびAVAR担当審判員。

西村 雄一
Yuichi Nishimura.jpg
個人情報
誕生日 (1972-04-17) 1972年4月17日(49歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
他職業 なし
国内
リーグ 役割
1999 - Jリーグ 主審
国際
リーグ 役割
2004 - 2014 FIFA登録 主審

2010年2010 FIFAワールドカップでは、決勝戦の第4の審判員を務め、2014年2014 FIFAワールドカップでは、開幕戦で主審を務め、2014年まで国際審判員を務めた。現在はプロフェッショナルレフェリーとしてJリーグで活動している。

来歴編集

小学校からサッカーをはじめ、卒業アルバムにも「サッカーの会社か(有名)チームに入ること」と書くなどプロ選手を目指していた。駒沢サッカークラブ東京都立新宿高等学校を経て1994年に日本電子工学院専門学校(現・日本工学院専門学校)を卒業した。

サラリーマン生活を送りながらアマチュアの試合で審判を続け1999年に1級審判員として登録され、さらに2004年からはスペシャルレフェリー(SR、現・プロフェッショナルレフェリー:PR)として登録され、Jリーグを含む国内試合の審判員として活動している。

2007年7月に行われたAFCアジアカップや8 - 9月に行われたU-17W杯に副審の相樂亨とともに派遣され、U-17W杯ではFIFA主催の大会としては日本人初となる決勝の主審を務めた。また、20062008年度の天皇杯決勝や、2006・2007年のJ1・J2入れ替え戦第2戦で主審を務めるなど、国内外でキャリアを重ねている。

2010年に開催されたFIFAワールドカップ南アフリカ大会では4試合で主審を務め、決勝戦では第4の審判員として判定に関わった。

2014年に開催されたFIFAワールドカップブラジル大会では開幕戦の主審を務め、ホンジュラス - エクアドル戦、3位決定戦ブラジル - オランダでは第4の審判員を務めた。同年、国際審判員を引退。現在は国内のJリーグでプロフェッショナルレフェリーとして活動している。

国際試合での審判歴編集

2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会における審判に選出され[注 1]高田静夫1990年イタリア大会)、岡田正義1998年フランス大会)、上川徹2002年日韓大会・2006年ドイツ大会)に続き、ワールドカップで主審を務めた4人目の日本人となった[1]。同大会では以下の4試合を担当した。

ウルグアイ - フランス戦では判定のどれもが適切なものであったとされ世界各国のメディアにより高い評価を受け[2][3]、準々決勝の審判も高評価を受けた[4]。なお、ワールドカップで日本人審判が4試合の主審を務めたのは史上初である。

オランダ - ブラジル戦ではアリエン・ロッベンを踏みつけたフェリペ・メロを退場処分した[5]

このほか同大会では、7月7日の準決勝・ウルグアイ - オランダ[6]7月11日決勝オランダ - スペイン[7] では、共に第4審判員を務めた。

なお同年の末にはFIFAクラブワールドカップ2010決勝(インテル×マゼンベ)の主審を務めた。この試合は副審の相樂亨名木利幸も含めた日本人3人でジャッジされた。2013年6月、コンフェデレーションズカップの審判にも選ばれ、グループリーグ:スペイン - ウルグアイ戦の主審を務めた。

2014年FIFAワールドカップブラジル大会でも、副審の相樂・名木と共に審判団を務めることが発表され[1]、アジア出身で初めて開幕戦のブラジル - クロアチア戦(6月12日、アレーナ・デ・サンパウロ)の主審を務めた[8](この試合の判定で物議を醸すこととなる。後述)。次いでホンジュラス - エクアドル戦(6月20日)の第四審判をすることとなった[9]。最終的に3位決定戦のブラジル - オランダ戦の第4審を務め[10]、主審としての担当は1試合にとどまった。

2014年に、国際審判員を引退。現在は、国内のJリーグなどの試合の審判員として活動している。

表彰編集

エピソード編集

  • デイリーサッカーニュース Foot!に出演した際のインタビューで、自身のレフェリングの基準について「気持ちは攻撃側なんですけど、ファウルを見極める目は実はディフェンスの(ディフェンスがどうするからファウルになるのかという)行為を見ている」と語り、いわゆるファウルの多い選手については「どうしてもカードが多くなる選手が中盤の選手でいるとします。でもその選手は監督の指示でチームの役割として、相手の動きを止めてくれと言われている。そういう指示のもとなので、その選手が悪いわけじゃなくて行為が悪いと」と語り、選手に対しては“性善説”で接するようにしているという[13]
  • 笛は自身も開発に関与したモルテンバルキーンを使用している[13]
  • Jリーグは選手が接触すると簡単に笛が鳴ると言われているが、ワールドカップでは「違う基準で笛を吹いたのか?」という問いかけに対して、「基準は変えていない、接触して選手が倒れたらルール上笛を吹くしかない、しかし海外では接触しても選手が簡単に倒れないので必然的に笛が鳴らないシーンが増えた」と答えている。
  • ワールドカップ決勝の第4の審判を務めたので純金の決勝審判記念メダルをFIFAより授与された。
  • 2011年には、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)が選ぶ4半世紀の優秀な審判において、第83位に選ばれた[14]

物議を醸した判定編集

退場者取り違え編集

  • 東アジアサッカー選手権2005(7月31日)、  韓国 -   中国
    この試合で主審を務めた西村は、中国の荒いプレーに対しカードを乱発、計3人を退場させたが、そのうち1人(郜林)に関しては、カードを出すべき選手(李瑋峰)を別人と取り違え、この退場は後の記録で無効扱いとなっている[15]
  • 2008年J2第6節(4月6日)、ヴァンフォーレ甲府セレッソ大阪
    後半11分にペナルティーエリア内で大阪FWカレカが転倒した場面で、カレカに触れていなかった甲府DF池端陽介に対して「得点機会阻止」としてレッドカードを提示した[注 2]
    この試合の2日後に一旦、池端に対する1試合の出場停止処分が発表されたが[16]、その後、Jリーグ側は退場処分が人違いだったことを認め、池端に対する出場停止処分を取り消し、この処分を実際に反則を犯した甲府GK桜井繁に付け替えると発表した[17]。なお、「プレーに関する事実についての主審の決定は最終である」とするサッカー競技規則第5条により、公式記録は変更されていない。
    4月13日の第6節、浦和レッズ鹿島アントラーズ戦では主審を務める予定だったが、この誤審の影響で岡田正義に変更されている[18]、翌第7節まで短い休養を与えられている。

「死ね」発言騒動編集

2008年J1第9節(4月29日)のFC東京大分トリニータ戦、大分DF深谷友基と東京FW赤嶺真吾が競り合い、西村はこれを赤嶺のファウルと判定。ここで、先に赤嶺からファウルを受けていた大分DF上本大海が、「2度目の悪質なファウルなので、警告を出すべきだ」と西村に詰め寄ったが、これを退け、通常のファウルとして試合を再開させた。

ところがこの試合後、上本が西村から「上本うるせーぞ!テメェは黙ってプレーしておけ。死ね」という暴言を受けたと主張。大分はこの「死ね」発言について、日本サッカー協会審判委員会に抗議文を送付。Jリーグも強く問題視して、大分の抗議文を待たずに調査に乗り出す[19]

しかし西村は、「死ね」と発言したことについて、「そんなことは言っていない」と一貫して否定[20]。日本サッカー協会専務理事の田嶋幸三は、西村が「うるさい。黙ってプレーして」とは言ったことを認めた上で、私見として「プレー『して』と『死ね』を聞き間違えたのでは」と述べた[21]。最終的に、Jリーグは調査の結果、「当該選手(上本)以外に、『死ね』という発言を聞いた選手・審判員が一人もいない」「映像を調査しても、そのような発言が出る状況であったと思えない」と判断。この問題については「主審の主張を認めるものの、当該選手の主張も否定はしない」と結論づけ[22]、西村、上本のどちらにも処分はなされずに決着した。なお、西村と上本は騒動から1年後くらいに代理人を通じて話を行い、お互いに和解しているという[23]

2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選での諸判定編集

  • 2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選(2012年6月3日)、  ウズベキスタン -   イラン
    後半29分にウズベキスタンのMFアーメドフが放ったシュートはゴール内でイランのDFが弾き出してノーゴールの判定だったが、ビデオ映像ではゴールラインを割っていたように見えたことから、試合後にウズベキスタンのアブラモフ監督は「審判が見ていなかった」と主審を務めた西村ら日本の審判団への不満をあらわにした[24]
  • 2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選(2013年3月26日)、  韓国 -   カタール
    後半のアディショナルタイムは5分であったが、孫興民による決勝ゴールが同6分だったことから、主審を務めた西村は試合後、カタールのファハド・サーニ監督らに「終了のホイッスルはもっと前に吹くべきだった」と抗議を受けた[25]

2014年W杯開幕戦でのPK判定編集

 
ブラジルにPKを指示し、ファールを与えたロブレンにイエローカードを提示する西村。

2014年6月12日(現地時間)にアレーナ・デ・サンパウロで行われた2014 FIFAワールドカップ・グループAの初戦(開幕戦)、ブラジル - クロアチア戦の主審を務めたが、この試合の後半24分(69分)、ブラジルのFWフレッジがクロアチアDFデヤン・ロブレンを背負ってエリア内で倒れた。西村はこのプレーに対してPKを宣告、これをFWネイマールが決めてこの試合の決勝点となった。

この判定について、ロブレンの手がフレッジにかかって倒されたようにも、フレッジが自分から転んだよう(=シミュレーションの反則)にも見えたことから議論を呼ぶこととなった。しかし、FIFA(国際サッカー連盟)審判部責任者を務めるマッシモ・ブサッカは「(西村は)非常にいいポジションを取っていた」「ホールディングの反則(=競技者を押さえる反則)は、その反則の程度に関わらず罰せられる」「(選手が)接触すれば、審判にどちらかに決める理由を与えることになる」と西村主審を擁護した[26][27]

Klinika Svjetlost(クロアチアの眼科)はこの判定の数分後に「あれはペナルティーキック(の判定)ではなかった」とfacebookに投稿している[28]

6月14日付の中国紙『中国青年報』は、ブラジルは世界最大の日系人を抱えており「日本とブラジルの関係はまるで助け合って生きる夫婦のような関係である」との在ブラジル中国人の声を伝え、日本とブラジルの緊密さを指摘する上で『キャプテン翼』に登場する日系ブラジル人のロベルト本郷や、元日本代表ラモス瑠偉、ブラジルにサッカー留学した経験を持つ三浦知良を取り上げ、判定の背景には移民などを通じた日本とブラジルの密接な関係があると指摘し、「肉親の情」が判定に影響を与えたとして不公正な審判だったと批判した[29]

なお、西村は2018年1月掲載のインタビュー[30] でこのときの状況について、フレッジが「トラップしたボールが浮いて、落ちてくるまでにボレーシュートを打てる可能性が出てきた」状況で、ロブレンが「相手の体勢が崩れる可能性がありながらも自らの意志で後方から手を掛け」、結果としてフレッジがシュートに持ち込めなかったため、「ホールディングのファウルがあったと判断せざるを得ない」と説明している。なお、このとき、複数のクロアチア選手が西村に詰め寄ったが、西村は当事者であるロブレン以外の選手とは対応しなかったため、他の選手はあきらめたという。

出場記録編集

国内大会個人成績
年度 J1 J2 J3 リーグ杯 天皇杯
主審副審 主審副審 主審副審 主審副審 主審副審
2000 0 0 0 8 - 0 0 0 0
2001 0 9 0 6 - 0 1 0 0
2002 0 6 13 0 - 0 2 0 0
2003 16 0 0 0 - 3 0 0 0
2004 15 0 7 0 - 6 0 1 0
2005 19 0 6 0 - 6 0 2 0
2006 17 0 8 0 - 4 0 1 0
2007 19 0 5 0 - 3 0 1 0
2008 18 0 3 0 - 4 0 2 0
2009 17 0 7 0 - 2 0 2 0
2010 15 0 5 0 - 2 0 0 0
2011 21 0 7 0 - 0 0 2 0
2012 17 0 8 0 - 2 0 2 0
2013 16 0 6 0 - 3 0 1 0
2014 15 0 10 0 0 0 2 0 1 0
2015 21 0 12 0 0 0 2 0 3 0
2016 21 0 9 0 3 0 5 0 1 0
2017 19 0 13 0 0 0 5 0 3 0
2018 23 0 6 0 0 0 5 0 4 0
2019 19 0 12 0 0 0 5 0 2 0
2020 20 0 7 0 0 0 3 0 0 0
2021
通算 328 15 144 14 3 0 62 3 27 0
  • その他の国内公式戦
    • 日本フットボールリーグ(JFL) (2001)
    • 富士ゼロックススーパーカップ (2006、2010、2011、2012)
    • J1・J2入れ替え戦 (2006、2007)
    • J1昇格プレーオフ (2012、2016)
    • Jリーグチャンピオンシップ (2015)


国内大会個人成績
年度 VAR AVAR AAR
2016 - 1
2017 - 4
2018 - 4
2019 1 0 0
2020 1 0 -
2021 -
通算 2 0 9


国際試合編集

AFCチャンピオンズリーグ編集

国際大会個人成績
年度 ACL ACL予選
主審副審 主審副審
2006 1 0 0 0
2007 2 0 0 0
2008 3 0 0 0
2009 3 0 0 0
2010 4 0 0 0
2011 7 0 0 0
2012 3 0 0 0
2013 3 0 0 0
2014 3 0 0 0
通算 39 0 0 0
  • その他の国際試合
    • ワールドカップアジア予選 (2007〜2013)
    • AFCアジアカップ (2007、2011)
    • FIFA U-17ワールドカップ (2007)
    • アフリカネイションズカップ (2008)
    • エクストラクラサ(ポーランド) (交流プログラム)(2008)
    • FIFA U-20ワールドカップ (2009)
    • FIFAワールドカップ (2010、2014)
    • FIFAクラブワールドカップ (2010)
    • 国際親善試合 (2010、2013、2014)
    • オリンピック (2012)
    • コンフェデレーションズカップ (2013)
    • EAFF E-1サッカー選手権 (2013)

決勝担当編集

開催年月日 大会 対戦カード 結果 会場 担当
2004年1月1日 第83回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ジュビロ磐田 セレッソ大阪
1-0
国立競技場 第4審
2004年12月11日 2004Jリーグサントリーチャンピオンシップ 浦和レッズ 横浜F・マリノス
2-2
(PK2-4)
埼玉スタジアム2002 第4審
2006年1月1日 第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会 浦和レッズ 清水エスパルス
2-1
国立競技場 第4審
2006年2月25日 ゼロックススーパーカップ 2006 ガンバ大阪 浦和レッズ
1-3
国立競技場 主審
2007年1月1日 第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会 浦和レッズ ガンバ大阪
1-0
国立競技場 主審
2007年9月9日 2007 FIFA U-17ワールドカップ U-17スペイン代表 U-17ナイジェリア代表
0-0
(PK0-3)
ソウルワールドカップ競技場 主審
2009年1月1日 第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ガンバ大阪 柏レイソル
1-0
国立競技場 主審
2010年2月27日 FUJI XEROX SUPER CUP2013 鹿島アントラーズ ガンバ大阪
2-2
(PK5-3)
国立競技場 主審
2010年11月13日 AFCチャンピオンズリーグ2010 城南一和 ゾブ・アハン
3-1
国立競技場 主審
2010年12月19日 FIFAクラブワールドカップ2010 マゼンベ インテル
0-3
シェイク・ザイード・スタジアム 主審
2011年2月26日 FUJI XEROX SUPER CUP2014 名古屋グランパス 鹿島アントラーズ
1-1
(PK3-1)
日産スタジアム 主審
2012年1月1日 第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会 京都サンガ FC東京
2-4
国立競技場 主審
2012年3月3日 FUJI XEROX SUPER CUP2012 柏レイソル FC東京
2-1
国立競技場 主審
2012年11月23日 J1昇格プレーオフ 大分トリニータ ジェフユナイテッド千葉
1-0
国立競技場 主審
2014年1月1日 第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会 横浜F・マリノス サンフレッチェ広島
2-0
国立競技場 主審
2014年11月2日 AFCチャンピオンズリーグ2014 アル・ヒラル WSW
0-0
キング・ファハド国際スタジアム 主審
2014年11月8日 Jリーグヤマザキナビスコカップ サンフレッチェ広島 ガンバ大阪
2-3
埼玉スタジアム2002 主審
2015年12月5日 Jリーグチャンピオンシップ サンフレッチェ広島 ガンバ大阪
1-1
エディオンスタジアム広島 主審
2016年12月4日 J1昇格プレーオフ セレッソ大阪 ファジアーノ岡山
1-0
キンチョウスタジアム 主審
2017年11月4日 JリーグYBCルヴァンカップ セレッソ大阪 川崎フロンターレ
2-0
埼玉スタジアム2002 主審

出演編集

テレビ編集

脚注編集

注記
[脚注の使い方]
  1. ^ 西村に加え、日本の相樂亨副審および韓国の鄭解相朝鮮語版副審を合わせた3人1組の審判団として選出された。FIFAワールドカップでは、2006年ドイツ大会以降、審判3名(主審+副審2名)を固定して担当試合を決定するようになっている[1]
  2. ^ この試合の週刊サッカーマガジン週刊サッカーダイジェストによる西村に対する採点はそれぞれ「5.0」「4.0」であった(採点は10点満点で、5.5 - 6.0が概ね及第点とされる)。
出典
[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “2014FIFA ワールドカップブラジル™の審判団に、西村雄一氏・相樂亨氏・名木利幸氏が選出” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2014年1月16日), http://www.jfa.or.jp/coach_referee/topics/2014/6.html 2014年1月18日閲覧。 
  2. ^ “西村主審&相楽副審に世界で高評価”. 日刊スポーツ. (2010年6月13日). http://southafrica2010.nikkansports.com/news/p-sc-tp2-20100613-640974.html 2014年1月18日閲覧。 
  3. ^ “Asian officials shine in spotlight”. Uzbekistan Daily. (2010年6月12日). http://www.uzdaily.com/articles-id-10449.htm 2014年1月18日閲覧。 
  4. ^ “ドイツTVが西村主審を絶賛「反則をよく見ていた」”. スポーツニッポン. (2010年7月3日). オリジナルの2010年7月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100706063203/http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20100703031.html 2014年1月18日閲覧。 
  5. ^ “西村雄一”. (2014年6月14日). https://globe.asahi.com/breakthrough/100920/01_01.html 2014年6月14日閲覧。 
  6. ^ “W杯準決勝、西村氏が第4審判員に”. 読売新聞. (2010年7月6日). http://www.yomiuri.co.jp/wcup/2010/news/tournament/news/20100706-OYT1T00094.htm 2014年1月18日閲覧。 
  7. ^ “日本の西村雄一主審、W杯決勝戦に選出”. 読売新聞. (2010年7月9日). http://www.yomiuri.co.jp/wcup/2010/news/japan_2/news/20100709-OYT1T00208.htm 2014年1月18日閲覧。 
  8. ^ “W杯開幕戦「ブラジル―クロアチア」は西村主審ら日本審判団”. スポーツニッポン. (2014年6月10日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/06/10/kiji/K20140610008343380.html 2014年6月11日閲覧。 
  9. ^ FIFAWorldCup2014公式サイト
  10. ^ “W杯3位決定戦の審判団が決定、西村雄一氏が第4審判に選出”. サッカーキング. (2014年7月11日). http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140711/210979.html?view=more 2014年7月24日閲覧。 
  11. ^ “2017Jリーグ 受賞者一覧” (プレスリリース), Jリーグ, https://www.jleague.jp/awards/2017/17N1205_AWD.pdf 2019年1月6日閲覧。 
  12. ^ アワード受賞者リスト”. 日本サッカー協会. 2019年1月6日閲覧。
  13. ^ a b J SPORTS 編集部 (2014年5月17日). “西村雄一さんのレフェリー論!「ファウルは選手ではなくその行為が悪いだけ」”. デイリーサッカーニュース Foot! FRIDAY“ESPECIAL”. J SPORTS. 2014年6月13日閲覧。
  14. ^ The World's best Referee of the Quarter of a Century(1987-2011)”. IFFFS. 2013年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月18日閲覧。
  15. ^ “W杯開幕戦、主審は日本人・西村雄一氏 “中国選手にレッドカード連発”の過去―中国メディア”. XINHUA.JP. (2014年6月13日). http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/385479/ 2014年6月14日閲覧。 
  16. ^ “J2 第6節 退場に伴う池端 陽介選手(甲府)の出場停止処分について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2008年4月8日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00002290.html 2014年6月14日閲覧。 
  17. ^ “J2 第6節 甲府vsC大阪 池端 陽介選手(甲府)の退場処分の取り扱いについて” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2008年4月11日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00002298.html 2014年6月14日閲覧。 
  18. ^ “浦和―鹿島戦 主審急きょ変更…西村氏に協会「不適格」”. (2008年4月13日). オリジナルの2008年4月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080419133621/http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20080413-OHT1T00017.htm 2014年6月14日閲覧。 
  19. ^ “主審の暴言問題で大分が抗議文提出へ”. スポーツニッポン. (2008年4月30日). オリジナルの2008年6月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080629224457/http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20080430010.html 2014年6月14日閲覧。 
  20. ^ “「死ね」発言否定! 西村雄一主審、異議唱えた選手“侮辱””. サンケイスポーツ. (2008年5月1日). オリジナルの2008年7月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080704132103/http://www.sanspo.com/soccer/top/st200805/st2008050109.html 2014年6月14日閲覧。 
  21. ^ “「して」聞き間違い!?「死ね」審判不問へ」”. 日刊スポーツ. (2008年5月2日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20080502-354882.html 2008年5月3日閲覧。 
  22. ^ “審判員の発言に関する見解” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2008年5月2日), http://www.jleague.jp/release/article-00002370/ 2016年1月28日閲覧。 
  23. ^ “【仙台】上本「Jと同じ吹き方」08年西村主審と“けんか””. スポーツ報知. (2014年6月14日). http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20140613-OHT1T50303.html 2014年6月14日閲覧。 
  24. ^ “西村主審への不満爆発!ウズベク監督「完全にゴールだった…」”. スポニチ Sponichi Annex. (2012年6月5日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2012/06/05/kiji/K20120605003396580.html 
  25. ^ “オーストラリア痛い引き分け、韓国は劇的勝利 W杯アジア最終予選”. AFPBB News. (2013年3月27日). http://www.afpbb.com/articles/-/2935988?pid=10504935 
  26. ^ 共同通信社 (2014年6月14日). “W杯、FIFAは西村主審擁護 ブラジル決勝点のPK判定”. ニコニコニュース. http://news.nicovideo.jp/watch/nw1110096 2014年6月20日閲覧。 
  27. ^ “W杯=FIFAの審判部トップ、西村主審の判断を擁護”. ロイター. (2014年6月14日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0EP02K20140614 2014年6月14日閲覧。 
  28. ^ 「西村主審、今すぐ予約を!」 W杯開幕戦に絡めたクロアチア眼科医院の巧みなSNSポスト”. PR EDGE (2014年7月22日). 2021年7月27日閲覧。
  29. ^ “西村主審を中国紙が批判 W杯開幕戦の判定”. 日本経済新聞. (2014年6月14日). オリジナルの2014年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140615225557/http://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKG0575_U4A610C1000000/ 
  30. ^ 森雅史 (2018年1月18日). “なぜ西村雄一は世界のトップ選手から信頼されてきたのか……W杯開幕戦でも貫いた審判としての哲学”. みんなのごはん. ぐるなび. 2018年1月19日閲覧。

外部リンク編集