メインメニューを開く

Android Pay(アンドロイド ペイ)は、Google開発したAndroid用のアプリケーションソフトウェア2018年2月にGoogle Payに統合されている。

目次

概要編集

2015年9月11日、アメリカ合衆国にてサービスを開始した。

2016年12月現在、アメリカ合衆国、イギリス、シンガポール、オーストラリア、香港、ポーランド、ニュージーランド、アイルランド、日本で利用できる。

2018年2月、Google Payに統合された。

日本編集

日本では、2016年12月13日から世界で9番目に提供が開始された[1]Google Play からダウンロードする事が出来る。Android Pay は、電子財布(デジタルウォレット)であり、決済電子決済)に利用するには、対応する決済サービスを追加する必要がある。

ただし日本版のAndroid Pay は日本で普及しているおサイフケータイをベースとする専用版であり、他国版のAndroid Payやその対応店舗、FeliCaを搭載しないスマートフォンとの互換性はない。

対応するサービス編集

対応する機種編集

Android 4.4 以降の機種が必要である[6]。決済(電子決済)に利用する場合は、近距離無線通信(NFC)とHCEに対応している必要がある。但し、日本の電子マネーを利用する場合は、おサイフケータイに対応している必要がある。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集