メインメニューを開く

UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 決勝

UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 決勝とは、2011年5月28日にロンドンにあるウェンブリー・スタジアムで行われた、UEFAチャンピオンズリーグ2010-11シーズンの決勝戦である。ウェンブリー・スタジアムで決勝戦が行われるのは2007年改築以来初のことである [6][注 1]

UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11 決勝
大会名 UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11
開催日 2011年5月28日
会場 ウェンブリー・スタジアム(ロンドン)
UEFA最優秀選手 リオネル・メッシ (バルセロナ)[1]
ファン最優秀選手 リオネル・メッシ (バルセロナ)[2]
主審 カッシャイ・ヴィクトル[3]
観客数 87,695[4]
天気 曇り
気温15度
湿度76%[5]

決勝に進出したのはスペインFCバルセロナイングランドマンチェスター・ユナイテッドFCで、奇しくもバルセロナが2-0で勝利した2008-09シーズン決勝戦(en:2009 UEFA Champions League Final)と同じ組み合わせとなった [7] 。主審はハンガリーカッシャイ・ヴィクトルが務めた [3] 。両チームとも、過去に3度の優勝経験を誇るチームで[注 2]、決勝トーナメントではバルセロナはアーセナルシャフタール・ドネツクレアル・マドリード[8]、対するマンチェスターUはオリンピック・マルセイユチェルシーシャルケ04を破っての決勝進出となった[9]。また、この試合はリーガ・エスパニョーラ2010-2011の優勝チーム [10]プレミアリーグ2010-2011の優勝チーム [11] という、国内リーグ王者同士の対戦となった。試合は前半にバルセロナがペドロ・ロドリゲスの得点で先制、マンチェスターUもウェイン・ルーニーの得点で一時は同点に追いついたものの[12] 、後半にリオネル・メッシダビド・ビジャのゴールでバルセロナが勝ち越し、結果バルセロナが通算4度目となるチャンピオンズ・リーグ優勝を成し遂げた[13]

この試合に勝ち大会優勝が決まったバルセロナは、2011年8月26日にモナコで行われるUEFAスーパーカップ2011UEFAヨーロッパリーグ王者のFCポルトと対戦することが決まり [14][15] 、また2011年12月に日本で開催されるFIFAクラブワールドカップ2011に欧州サッカー連盟所属チーム代表として参加することが決まった [16]

目次

試合前編集

決勝会場選考編集

2009年1月29日、スイスニヨンにあるUEFA本部で開かれた理事会で決勝戦の会場選考が行われた。ドイツミュンヘンにあるアリアンツ・アレーナ[注 3]、同じくドイツのベルリンにあるオリンピアシュタディオンといった候補をおさえて [18] 、2011年に行われる決勝戦の会場にイングランド、ロンドンにあるウェンブリー・スタジアムが選ばれた [17][19] 。決勝戦が行われた日は、イギリスの5月の銀行休日英語版にあたり、この日にはイングランドのフットボールリーグの、フットボールリーグ・プレーオフ英語版決勝戦が行われるのが伝統的な習慣であった。しかしUEFAの要請でプレーオフ決勝戦は場所を変更せざるを得なくなったため、フットボールリーグは契約違反を理由にFA協会に補償を請求した [20] 。2011年1月21日、フットボールリーグ1のプレーオフ決勝戦を2011年5月29日に、フットボールリーグ2のプレーオフ決勝戦を5月28日に、マンチェスターにあるオールド・トラッフォードで開催するということでフットボールリーグとFA協会は合意に至った。フットボールリーグ・チャンピオンシップは予定通りの日に行われることとなった [21][22]カンファレンス・ナショナルの決勝戦は2011年5月21日にシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムで行われることとなった [23]

ロゴの発表編集

 
ハイネケンの缶ビールに描かれた決勝のロゴ

トッテナム・ホットスパーFCFWで、元イングランド代表キャプテンのゲーリー・リネカーがUEFAの2011年決勝親善大使を務めることとなった [24] 。大使としての最初の仕事は、2010年8月26日に行われたグループ・ステージの組み合わせ抽選会だった[24][25] 。リネカーは2010年11月25日にウェンブリー・スタジアムで行われた2011年決勝のロゴ発表にも立ち会った [26]SKYスポーツリチャード・キース英語版が司会を務めたこのイベントでは、大会ディレクターのジョルジョ・マルケッティ [27] などが参加した。決勝戦のロゴはヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップのイラストを中央に置き、2匹のライオンをその脇にあしらった、紋章のようなデザインとなった [28] 。ロゴのデザインをしたロンドンのデザイナーによると、ライオンは決勝戦でタイトルをかけて争う二つのチームをあらわしたという。古いものを現代的なものの中に取り入れるこうしたデザインの手法は、デザイナーのヴィヴィアン・ウエストウッドサヴィル・ロウに軒を連ねる紳士服の仕立て屋たちに見られるような、イギリスの現代的デザインを彷彿とさせるという意見もある[注 4][29]

チケット販売編集

チケット価格[30]
 
ウェンブリー・スタジアムの内部
カテゴリー1 300ポンド
カテゴリー2 225ポンド
カテゴリー3 150ポンド
カテゴリー4(車イス用) 80ポンド
カテゴリー2(ファミリー用)[注 5] 338ポンド

ウェンブリー・スタジアムは通常9万人を収容することができるが、この決勝戦では約8万6千人の収容が上限とされた。チケットは決勝に進出した両チームのサポーターにそれぞれ2万5千人分割り当てられ、1万1千人分は一般販売とされた。申込期間は2011年2月24日から3月18日17時(GMT)で、4月6日までに応募者の中から抽選で選ばれることになった [31][32]

チケットの販売イベントは2011年2月17日にロンドンのシティ・ホールで行われ、チケットの販売開始の告知や上記の販売方法の説明が行われた。このイベントには親善大使のリネカーも参加し、2011年UEFA女子チャンピオンズリーグの決勝大使であるホープ・パウエル英語版、UEFAチャンピオンズ・フェスティバル大使のグレアム・ル・ソー、UEFA4代目副会長のマリオ・レフカリトス、イングランドサッカー協会副会長のバリー・ブライト英語版も参加した。ル・ソーとパウエルには地元の子供たちから記念のチケットがプレゼントされた [33]

価格の高騰編集

5月28日にUEFAは決勝のチケットの価格を一人当たり80〜300ポンド[注 6]と発表した(表『チケット価格』参照)。2009年に行われた決勝戦では、カテゴリー3のチケットは80ポンドであったため、2年でチケット代は約2倍となった計算となる[37]。また、チケット代とは別途にヨーロッパ内からの注文の場合には26ポンド、ヨーロッパ外からの注文の場合には36ポンドが、発券手数料として必要であった[30]。ジョルジオ・マルケッティは、「価格は他のイベントと比較しても不当に高いとは誰も思わないはず」と説明したが、ファンの間ではUEFAの決定に対する不満が噴出[37]、UEFA会長のミシェル・プラティニは「間違いだった」と認め謝罪した[38]

試合球編集

UEFAチャンピオンズリーグ 2000-01 決勝英語版から始まったチャンピオンズリーグ決勝戦の慣例通り、この決勝戦でも試合球はドイツのスポーツメーカー、アディダス社の提供となった。例年チャンピオンズリーグの決勝戦で使用されるボールと同じような、「スターボール」のデザインが施されたアディダス・フィナーレ英語版・ロンドンは、2011年3月3日にウェンブリー・スタジアムで披露された。イングランドの国旗に見られる聖ゲオルギウス十字にならい、ボールには白地に赤い星のマークがあしらわれ、ボールの中央にはオレンジ色に輝く星が描かれた。ボールの技術的構造はUEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝で使用されたアディダス・フィナーレ・マドリードと同じものであった [39]

フェスティバル編集

2011年5月21日、ロンドンのハイド・パークにあるスピーカーズ・コーナーでUEFAチャンピオンズ・フェスティバル2011が開会し、2011チャンピオンズリーグ・ファイナル[注 7]は公式に開会した。余興の試合が行われたり、ヨーロッパ・カップの歴史を紹介したり、小さなサッカー用のグラウンドを一般に開放したりと、様々なアトラクションが催され、決勝戦のキックオフの数時間前まで約1週間にわたりフェスティバルは続いた [40]

決勝への道のり編集

バルセロナ ラウンド マンチェスター・ユナイテッド
チーム
  バルセロナ 6 4 2 0 14 3 +11 14
  コペンハーゲン 6 3 1 2 7 5 +2 10
  ルビン・カザン 6 1 3 2 2 4 −2 6
  パナシナイコス 6 0 2 4 2 13 −11 2
グループ・ステージ[41]
チーム
  マンチェスターU 6 4 2 0 7 1 +6 14
  バレンシア 6 3 2 1 15 4 +11 11
  グラスゴー・レンジャーズ 6 1 3 2 3 6 −3 6
  ブルサスポル 6 0 1 5 2 16 −14 1
対戦相手 結果 詳細 決勝トーナメント 対戦相手 結果 詳細
  アーセナル 4–3 1–2(A); 3–1(H) 1回戦[42]   オリンピック・マルセイユ 2–1 0–0(A); 2–1(H)
  シャフタール・ドネツク 6–1 5–1(H); 1–0(A) 準々決勝[43]   チェルシー 3–1 1–0(A); 2–1(H)
  レアル・マドリード 3–1 2–0(A); 1–1(H) 準決勝[44]   シャルケ04 6–1 2–0(A); 4–1(H)

両チームの過去の直接対決編集

UEFAカップウィナーズカップ 1983-84 準々決勝 [45]
Leg 日付 ホームチーム スコア アウェーチーム 得点者
1st. 1984年3月7日 バルセロナ 2-0 マンチェスターU バルセロナHogg 35(OG)、Rojo 90
2nd. 1984年3月21日 マンチェスターU 3-0 バルセロナ マンチェスターUロブソン 21,50、ステープルトン 51
合計 バルセロナ 2-3 マンチェスターU
UEFAカップウィナーズカップ1990-91 決勝英語版[45] 会場:ロッテルダムフェイエノールト・スタディオン [46]
日付 スコア 得点者
1991年5月15日 マンチェスターU 2-1 バルセロナ マンチェスターUヒューズ 67,74
バルセロナクーマン 79
UEFAチャンピオンズリーグ 1994-95 グループ・ステージ [45]
日付 ホームチーム スコア アウェーチーム 得点者
1994年10月19日 マンチェスターU 2-2 バルセロナ マンチェスターUヒューズ 19、シャープ 79
バルセロナロマーリオ 33、バケーロ 49
1994年11月2日 バルセロナ 4-0 マンチェスターU バルセロナストイチコフ 2,59、ロマーリオ 45、フェレール 88
UEFAチャンピオンズリーグ 1998-99 グループステージ [45]
日付 ホームチーム スコア アウェーチーム 得点者
1998年9月16日 マンチェスターU 3-3 バルセロナ マンチェスターUギグス 16、スコールズ 24、ベッカム 63
バルセロナアンデルソン 47、ジオヴァンニ 59(PK)、エンリケ 70(PK)
1998年11月25日 バルセロナ 3-3 マンチェスターU バルセロナアンデルソン 1、リバウド 57,73
マンチェスターUヨーク 25,68、コール 53
UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 準決勝 [45]
Leg 日付 ホームチーム スコア アウェーチーム 得点者
1st. 2008年4月23日 バルセロナ 0-0 マンチェスターU
2nd. 2008年4月29日 マンチェスターU 1-0 バルセロナ マンチェスターUスコールズ 14
合計 バルセロナ 0-1 マンチェスターU
UEFAチャンピオンズリーグ 2008-09 決勝英語版[45] 会場:ローマスタディオ・オリンピコ [47]
日付 スコア 得点者
2009年5月27日 バルセロナ 2-0 マンチェスターU バルセロナエトオ 10、メッシ 70

決勝直近の両チームの成績編集

決勝直前の5試合の成績を見ると、バルセロナは2勝3分け、対するマンチェスターUは3勝1敗1分けという成績であった。

バルセロナ[45] マンチェスターU[45]
日付 大会名 対戦相手 結果 日付 大会名 対戦相手 結果
5月21日 国内リーグ マラガ(A) ○3-1 5月22日 国内リーグ ブラックプール(H) ○4-2
5月15日 国内リーグ ラ・コルーニャ(H) △0-0 5月14日 国内リーグ ブラックバーン(A) △1-1
5月11日 国内リーグ レバンテ(A) △1-1 5月8日 国内リーグ チェルシーFC(H) ○2-1
5月8日 国内リーグ エスパニョール(H) ○2-1 5月4日 UCL シャルケ04(H) ○4-1
5月3日 UCL レアル・マドリード(H) △1-1 5月1日 国内リーグ アーセナル(A) ●0-1

試合編集

概要編集

 
 
 
 
 
 
 
 
バルセロナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マンチェスター・ユナイテッド
バルセロナ[4]
GK 1   ビクトル・バルデス   85分
RB 2   ダニエウ・アウヴェス   60分   88分
CB 14   ハビエル・マスチェラーノ
CB 3   ジェラール・ピケ
LB 22   エリック・アビダル
DM 16   セルヒオ・ブスケツ
CM 6   シャビ  
CM 8   アンドレス・イニエスタ
RF 7   ダビド・ビジャ   86分
CF 10   リオネル・メッシ
LF 17   ペドロ・ロドリゲス   90+2分
控え
GK 38   オイエル・オラサバル
DF 5   カルレス・プジョル   88分
DF 21   アドリアーノ
MF 15   セイドゥ・ケイタ   86分
MF 20   イブラヒム・アフェライ   90+2分
MF 30   ティアゴ・アルカンタラ
FW 9   ボージャン・クルキッチ
監督
  ジョゼップ・グアルディオラ
 
マンチェスターU[4]
GK 1   エトヴィン・ファン・デル・サール
RB 20   ファビオ・ダ・シウヴァ   69分
CB 5   リオ・ファーディナンド
CB 15   ネマニャ・ヴィディッチ  
LB 3   パトリス・エヴラ
RM 25   アントニオ・バレンシア   79分
CM 16   マイケル・キャリック   61分   77分
CM 11   ライアン・ギグス
LM 13   朴智星
SS 10   ウェイン・ルーニー
CF 14   ハビエル・エルナンデス
控え
GK 29   トマシュ・クシュチャク
DF 12   クリス・スモーリング
MF 8   アンデルソン
MF 17   ナニ   69分
MF 18   ポール・スコールズ   77分
MF 24   ダレン・フレッチャー
FW 7   マイケル・オーウェン
監督
  アレックス・ファーガソン
 
リオネル・メッシ
UEFA選出マン・オブ・ザ・マッチ
  リオネル・メッシ (バルセロナ)[1]


ファン選出マン・オブ・ザ・マッチ[注 8]
  リオネル・メッシ (バルセロナ)[2]

審判団
  エレーシュ・ガーボル (副審)[3]
  リング・ジェルジ (副審)[3]
  ファービアーン・ミハーイ (追加副審)[3]
  ボグナール・タマーシュ (追加副審)[3]
  バド・イシュトヴァーン英語版 (第4審判)[3]
  キシュパール・ロベルト (予備副審)[3]

試合展開編集

前半編集

立ち上がりの時間帯、マンチェスターUは積極的なプレスと押し上げで、バルセロナに時間とスペースを与えなかった[48]。試合開始から間もない時間帯のバルセロナは落ち着いてプレーをすることができず、ファン・デル・サールが送ったロングフィードへの対応をハビエル・マスチェラーノが誤り、ビクトル・バルデスがパンチングでクリアする場面もあった[48]

 
主審を務めたヴィクトル・カッサイ

それでも次第にバルセロナはペースを上げていき[48]、マンチェスターUは自陣に釘付けとなった[48]。前半27分、相手陣内でボールを受けたシャビがそのまま持ち上がり、斜め前方のペドロにパス、ペドロはペナルティーエリアの右方向からニアポスト際に流し込み、バルセロナが先制した[48]。苦しい展開となったマンチェスターUだが、バルセロナの先制ゴールから7分後の前半34分、マンチェスターUはエリック・アビダルのスローインからボールを奪い、マイケル・キャリックとのワンツーでウェイン・ルーニーがバルセロナの守備を突破しライアン・ギグスにパス、ルーニーはギグスの折り返しを受け、同点となるゴールを決めた[48]

後半編集

同点には追いついたがマンチェスターUの攻撃は長続きせず、後半もバルセロナが試合をコントロールした[48]。後半9分、メッシは中盤でボールを受けると、パトリス・エブラのマークを受ける前に中央に切れ込み、ゴール前約20メートルの距離からミドルシュートを決め、再びバルセロナが勝ち越した[48]。その後もバルセロナの攻勢が続き、後半24分にはセルヒオ・ブスケツが途中出場のナニに競り勝ち、そのブスケツのパスを受けたビジャが3点目のゴールを決めた[48]

データ編集

チームデータ編集

個人データ編集

バルセロナ[50][51][52][53]
選手 No 時間   シュ アシ パス 成功 %        
V・バルデス 1 93:08 0 0 0 0 29 20 69% 5751 0 0 1 0
D・アウベス 2 87:53 0 1 1 0 62 47 76% 9940 2 0 1 0
ピケ 3 93:08 0 0 0 0 58 52 90% 9876 1 0 0 0
シャビ 6 93:08 0 1 3 1 136 124 91% 11950 0 0 0 0
ビジャ 7 85:27 1 2 4 0 29 23 79% 9038 1 0 0 0
イニエスタ 8 93:08 0 3 5 1 107 98 92% 10638 0 0 0 0
メッシ 10 93:08 1 3 3 0 91 83 91% 9128 0 0 0 0
マスチェラーノ 14 93:08 0 0 0 0 65 57 88% 8747 0 0 0 0
ブスケツ 16 93:08 0 0 0 1 83 74 89% 10600 0 0 0 0
ペドロ 17 91:49 1 1 2 0 38 30 79% 10170 1 0 0 0
アビダル 22 93:08 0 0 0 0 61 51 84% 10467 0 1 0 0
オイエル 38 0 0 0 0 0 0 0 0% 0 0 0 0 0
プジョル 5 5:15 0 0 0 0 6 4 67% 629 0 0 0 0
ボージャン 9 0 0 0 0 0 0 0 0% 0 0 0 0 0
ケイタ 15 7:41 0 0 0 0 4 2 50% 887 0 0 0 0
アフェライ 20 1:19 0 1 1 0 3 2 67% 264 0 0 0 0
アドリアーノ 21 0 0 0 0 0 0 0 0% 0 0 0 0 0
ティアゴ 30 0 0 0 0 0 0 0 0% 0 0 0 0 0
マンチェスター・ユナイテッド[50][51][52][53]
選手 No 時間   シュ アシ パス 成功 %        
ファン・デル・サール 1 93:08 0 0 0 0 38 22 58% 4485 0 0 0 0
エヴラ 3 93:08 0 0 0 0 35 22 63% 8581 0 0 0 0
ファーディナンド 5 93:08 0 0 0 0 51 40 78% 8480 0 0 0 0
ルーニー 10 93:08 1 1 2 0 47 31 66% 10500 1 0 0 0
ギグス 11 93:08 0 0 0 1 43 31 72% 11160 2 0 0 0
朴智星 13 93:08 0 0 0 0 28 21 75% 11056 2 0 0 0
エルナンデス 14 93:08 0 0 1 0 18 12 67% 8762 1 5 0 0
ヴィディッチ 15 93:08 0 0 0 0 40 33 83% 9176 1 0 0 0
キャリック 16 76:19 0 0 0 0 38 30 79% 9574 1 0 1 0
ファビオ 20 68:28 0 0 0 0 22 14 64% 6844 1 0 0 0
バレンシア 25 93:08 0 0 0 0 34 24 71% 10490 7 0 1 0
クシュチャク 29 0 0 0 0 0 0 0 0% 0 0 0 0 0
オーウェン 7 0 0 0 0 0 0 0 0% 0 0 0 0 0
アンデルソン 8 0 0 0 0 0 0 0 0% 0 0 0 0 0
スモーリング 12 0 0 0 0 0 0 0 0% 0 0 0 0 0
ナニ 17 24:40 0 0 1 0 8 6 75% 2819 0 0 0 0
スコールズ 18 16:49 0 0 0 0 17 15 88% 1925 0 0 0 0
フレッチャー 24 0 0 0 0 0 0 0 0% 0 0 0 0 0
  は両チームで最も大きな数字であることを表す。

試合後編集

トロフィーの授与編集

例年優勝セレモニーの際には、UEFA会長の手からチャンピオンズリーグ優勝トロフィーを受け取るのは優勝チームのキャプテンが行うのが習慣であった。しかしバルセロナのキャプテン、カルレス・プジョルと試合中にキャプテンマークを付けていたシャビ・エルナンデスが、キャプテンマークを2011年3月15日に肝臓摘出手術を受け復帰を果たしたエリック・アビダルに譲ったため[注 9] 、アビダルがトロフィーを受け取ることとなった。アビダルは後にこのことについて感謝の言葉を述べている[54]

試合直後の両監督の弁編集

ジョゼップ・グアルディオラ編集

  • 2009年に同じくマンチェスターUと対戦したチャンピオンズリーグの決勝戦と比べて
    この決勝戦は2009年のローマでの決勝と比べても内容が良かった。この試合ではずっといいプレーを見せられたし、2年前より多くのチャンスを作った[55]
  • 試合内容について
    チャンスを多く作り、その好機を生かして得点を挙げた。こちらから繰り返しプレスをかけ、マイケル・キャリックやライアン・ギグスを抑え込んだところに、バルセロナというチームの質の高さが現れていた[55]
  • マンチェスターUについて
    先制したのはバルセロナだったが、あの時点ではどう転んでもおかしくない展開だった。マンチェスター・ユナイテッドは厄介な相手だった。この試合でバルセロナが対戦したチームは、ほぼ毎年リーグタイトルを手にする強豪だ[55]
  • アレックス・ファーガソンについて
    常々敬意を抱いてきたが、この試合を経てその思いはいっそう強くなった。マンチェスター・ユネイテッドのようなビッグクラブを25年にわたって率い、常に新しいチームを作り続けてきた。その姿勢に尊敬の念を抱く[55]
  • マン・オブ・ザ・マッチを受賞したリオネル・メッシについて
    リオネル・メッシはこれまで見てきた中でも最高の選手で、 おそらく今後もこうした選手は現れないだろう。バルセロナには良い選手が揃っているが、メッシ抜きでは、バルセロナがここまでの大躍進を遂げることはなかったはずだ[55]

アレックス・ファーガソン編集

  • バルセロナについて
    バルセロナはこれまでに対戦した中で最高のチームだった。素晴らしいチームにはサイクルがあり、バルセロナがそのピークを迎えているのは間違いない。この状態があと何年か続き、うまく世代交代できるかどうかは誰にも分からない。バルセロナのサッカーには哲学があるが、常にシャビやイニエスタ、メッシのような選手を発掘できるとは限らない。彼らのような選手は滅多に現れないものだ[55][56]
  • 試合内容について
    マンチェスター・ユナイテッドはマンマークで守るチームではなく、なるべく普段通りのプレーを心がけた。バルセロナは華麗なパスワークで観客を魅了するチームで、リオネル・メッシにはほとんど対処することができなかった[55]
  • 敗戦について
    今回の敗北は、1994年に0-4で敗れたバルセロナ戦と同じく成長への足掛かりとなるだろう。あの敗戦を境に成長し、今でも成長したいという気持ちを抱き続けている[55]

注釈編集

  1. ^ 改築前の旧スタジアムでは、1963年、1968年、1971年,1978年,1992年に決勝戦が行われている[6]
  2. ^ バルセロナは1992年、2006年、2009年に優勝[8] 。マンチェスターUは1968年、1999年、2008年に優勝 [9]
  3. ^ このとき開かれた理事会で、アリアンツ・アレーナはUEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝の会場に選ばれた[17]
  4. ^ UEFA.com曰く[28]
  5. ^ 大人一人と小児一人。
  6. ^ チケット購入者はクレジット・カードで代金を支払い、3月18日から4月5日までの間に請求されることとなっていたが[30]、これは当時のポンド為替相場市場では約90〜345ユーロ[34]、約10,000〜41,000日本円[35]、約130〜490米ドル相当の金額であった[36]
  7. ^ 決勝戦の試合そのものを含めたイベント全体のこと。
  8. ^ UEFAが公式HPでファンに対してアンケート[2]
  9. ^ 試合中はシャビがキャプテンマークを付けていたが、バルセロナの本来のキャプテンはこの試合ではスターティング・メンバーから外れたプジョルであった [54]

出典編集

  1. ^ a b Hart, Simon; Macho, Álvaro (2011年5月29日). “Stellar Messi hails 'incredible' Barcelona” (英語). UEFA.com (UEFA). http://www.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=1629779.html 2011年5月29日閲覧。 
  2. ^ a b c “Player Rater - Top Player - Lionel Messi” (英語). UEFA.com (UEFA). http://en.uclratings.uefa.com/Player/Profile/95803/2003352 2011年5月29日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i “Kassai to referee UEFA Champions League final” (英語). UEFA.com (UEFA). (2011年5月27日). http://en.uefa.com/uefa/footballfirst/matchorganisation/refereeing/news/newsid=1635212.html 2011年5月27日閲覧。 
    “UCL決勝の主審はカッサイ氏”. UEFA.com (UEFA). (2011年5月26日). http://jp.uefa.com/news/newsid=1635295.html 2011年6月4日閲覧。 
  4. ^ a b c d Full Time Report (PDF)” (英語). UEFA Media Information. UEFA (2011年5月28日). 2011年5月28日閲覧。
  5. ^ Tactical Line-ups (PDF)”. UEFA Media Information. UEFA (2011年5月28日). 2011年5月28日閲覧。
  6. ^ a b “Wembley returns to centre stage” (英語). UEFA.com (UEFA). (2009年1月30日). http://www.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=795986.html 2010年3月24日閲覧。 
  7. ^ “Final - 27/05/2009 - 20:45CET ( 20:45 ) - Stadio Olimpico - Rome” (英語). UEFA.com (UEFA). (2009年5月28日). http://www.uefa.com/uefachampionsleague/matches/season=2009/round=15280/match=302813/index.html 2011年6月4日閲覧。 
  8. ^ a b “UEFA Chanpions League 2011 -FC Barcelona-” (英語). UEFA.com (UEFA). http://www.uefa.com/uefachampionsleague/clubs/club=50080/index.html 2011年6月4日閲覧。 
  9. ^ a b “UEFAChanpions League 2011 -Manchester United FC-” (英語). UEFA.com (UEFA). http://www.uefa.com/uefachampionsleague/clubs/club=52682/index.html 2011年6月4日閲覧。 
  10. ^ “タイトル”. FC Barcelona. http://www.fcbarcelona.jp/trophies/ 2011年6月4日閲覧。 
  11. ^ “ユナイテッドが通算19回目の優勝を決定”. UEFA.com (UEFA). (2011年5月14日). http://jp.uefa.com/memberassociations/association=eng/news/newsid=1631111.html 2011年6月4日閲覧。 
  12. ^ “Barcelona 3 Manchester United 1” (英語). Daily Telegraph. (2011年5月28日). http://www.telegraph.co.uk/sport/football/competitions/champions-league/8542452/Barcelona-3-Manchester-United-1-match-report.html 2011年5月30日閲覧。 
  13. ^ “Barcelona 3 Manchester United 1” (英語). BBC Sport (BBC). (2011年5月28日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/13576522.stm 2011年5月30日閲覧。 
  14. ^ “Rahmenterminkalender 2011/2012” (ドイツ語). DFB.de (DFB). (2010年11月24日). http://www.dfb.de/index.php?id=510208 2011年4月17日閲覧。 
  15. ^ “Calendrier Général des Compétitions 2011/2012” (フランス語). LFP.fr (LFP). (2011年3月31日). http://www.lfp.fr/calendriers/2011_2012/calendrier_2011_2012.pdf 2011年4月17日閲覧。 
  16. ^ “バルセロナが12月に日本で開催されるクラブワールドカップに2年ぶりの出場が決定”. Soccer KING. (2011年5月30日). http://www.soccer-king.jp/news/spain/article/201105302115_barcelona.html 2011年6月2日閲覧。 
  17. ^ a b “UEFA unveil 2011 and 2012 final venues” (英語). UEFA.com (UEFA). (2009年1月29日). http://www.uefa.com/uefa/aboutuefa/organisation/executivecommittee/news/newsid=796145.html 2010年3月23日閲覧。 
  18. ^ “Wembley to host 2011 Euro final” (英語). BBC Sport (BBC). (2009年1月29日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/europe/7858932.stm 2009年1月29日閲覧。 
  19. ^ “2011年UCL決勝会場はウェンブリー”. UEFA.com (UEFA). (2009年1月29日). http://jp.uefa.com/news/newsid=796274.html 2011年6月4日閲覧。 
  20. ^ “Football League seek compensation after Wembley is double-booked” (英語). Times Online (Times Newspapers). (2009年2月24日). http://www.timesonline.co.uk/tol/sport/football/football_league/article5796755.ece 2009年9月12日閲覧。 
  21. ^ “Old Trafford to host League One and Two play-off finals” (英語). BBC Sport (BBC). (2011年1月21日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/9369296.stm 2011年1月21日閲覧。 
  22. ^ “Play-Offs head North” (英語). football-league.co.uk (The Football League). (2011年1月21日). http://www.football-league.co.uk/footballleaguenews/20110121/play-offs-head-north_2293334_2271869 2011年1月21日閲覧。 
  23. ^ “Blue Square Bet Premier final moves to Manchester” (英語). BBC Sport (BBC). (2010年9月24日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/m/man_city/9031342.stm 2011年1月21日閲覧。 
  24. ^ a b “リネカー氏、決勝親善大使として始動”. UEFA.com (UEFA). (2010年8月26日). http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=1520046.html 2011年6月4日閲覧。 
  25. ^ “Lineker embarks on ambassador role” (英語). UEFA.com (UEFA). (2010年8月26日). http://en.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=1517608.html 2011年2月25日閲覧。 
  26. ^ “UCL決勝のデザインがウェンブリーで発表”. UEFA.com (UEFA). (2010年11月25日). http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=1569556.html 2011年6月4日閲覧。 
  27. ^ “欧州チャンピオンズリーグ、グループリーグ組み合わせ決まる”. AFP BB news (AFP). (2010年8月27日). http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/champion-league/2751114/6113486 2011年6月3日閲覧。 
  28. ^ a b Adams, Sam (2010年11月25日). “Event design launch sharpens Wembley focus” (英語). UEFA.com (UEFA). http://en.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=1568427.html 2011年2月25日閲覧。 
  29. ^ “VIDEO: Champions League logo revealed”. TheFA.com (The Football Association). (2010年11月25日). http://thefa.com/TheFA/Wembley/NewsandFeatures/2010/CL-design-launch 2011年2月25日閲覧。 
  30. ^ a b c UEFA Champions League 2010/11 – Ticketing FAQ (PDF)” (英語). UEFA.com. UEFA. 2011年6月10日閲覧。
  31. ^ “Wembley final tickets set to go on sale”. UEFA.com (UEFA). (2011年2月17日). http://en.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=1595625.html 2011年2月26日閲覧。 
  32. ^ “UEFA Champions League final ticket sales over”. UEFA.com (UEFA). (2011年3月18日). http://en.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=1609359.html 2011年3月20日閲覧。 
  33. ^ Ashby, Kevin (2011年2月17日). “London ticket launch event brings final closer” (英語). UEFA.com (UEFA). http://en.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=1595759.html 2011年2月26日閲覧。 
  34. ^ British Pound Sterling vs Euro Chart Mar 18, 2011 - Apr 05, 2011” (英語). ExchangeRate.com. ExchangeRate.com Inc.. 2011年6月10日閲覧。
  35. ^ 外為時系列データ 英ポンド/円”. Inforseek マネー. 楽天. 2011年6月10日閲覧。
  36. ^ British Pound Sterling vs US Dollar Chart Mar 18, 2011 - Apr 05, 2011” (英語). ExchangeRate.com. ExchangeRate.com Inc.. 2011年6月10日閲覧。
  37. ^ a b “CL決勝チケットは過去最高額…4万円超に批判続出”. Livedoor スポーツ (Livedoor). (2011年2月18日). http://news.livedoor.com/article/detail/5353150/ 2011年6月10日閲覧。 
  38. ^ サッカー=UEFAのプラティニ会長、CL決勝チケット代高騰を謝罪”. ロイター.co.jp. reuters (2011年4月21日). 2011年8月12日閲覧。
  39. ^ Haslam, Andrew (2011年3月3日). “Finale London unveiled at Wembley” (英語). UEFA.com (UEFA). http://en.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=1602533.html 2011年3月20日閲覧。 
  40. ^ “Hyde Park to host Champions Festival” (英語). UEFA.com (UEFA). http://en.uefa.com/uefachampionsleague/final/championsfestival/index.html 2011年6月4日閲覧。 
  41. ^ “UEFA Chanpions League 2011 -Standings- Group Stage” (英語). UEFA.com (UEFA). http://www.uefa.com/uefachampionsleague/standings/index.html 2011年6月4日閲覧。 
  42. ^ “UEFA Chanpions League 2011 -1/8-” (英語). UEFA.com (UEFA). http://www.uefa.com/uefachampionsleague/matches/season=2011/round=2000119/index.html 2011年6月4日閲覧。 
  43. ^ “UEFA Chanpions League 2011 -1/4-” (英語). UEFA.com (UEFA). http://www.uefa.com/uefachampionsleague/matches/season=2011/round=2000120/index.html 2011年6月4日閲覧。 
  44. ^ “UEFA Chanpions League 2011 -1/2-” (英語). UEFA.com (UEFA). http://www.uefa.com/uefachampionsleague/matches/season=2011/round=2000121/index.html 2011年6月4日閲覧。 
  45. ^ a b c d e f g h MATCH PRESS KIT (PDF)” (英語). UEFA.com. UEFA. 2011年6月4日閲覧。
  46. ^ 1990/91: United put England back on the map”. UEFA.com. UEFA. 2011年6月5日閲覧。
  47. ^ Stylish Barcelona take United's crown”. UEFA.com. UEFA (2009年5月28日). 2011年6月5日閲覧。
  48. ^ a b c d e f g h i “バルサがユナイテッドを圧倒、4度目の王者に”. UEFA.com (UEFA). (2011年5月29日). http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/matches/season=2011/round=2000122/match=2003352/postmatch/report/index.html 2011年6月5日閲覧。 
  49. ^ a b c Team statistics: Full time (PDF)” (英語). UEFA Media Information. UEFA (2011年5月28日). 2011年5月29日閲覧。
  50. ^ a b Player Summery Statistics (PDF)” (英語). UEFA Media Information. UEFA (2011年5月28日). 2011年6月5日閲覧。
  51. ^ a b Team/Players passing distribution (PDF)” (英語). UEFA Media Information. UEFA (2011年5月28日). 2011年6月5日閲覧。
  52. ^ a b UEFAチャンピオンズリーグ 2011 - バルセロナ-マンチェスターU データ-”. UEFA.com. UEFA (2011年5月28日). 2011年6月5日閲覧。
  53. ^ a b UEFAチャンピオンズリーグ 2011 試合”. UEFA.com. UEFA (2011年5月28日). 2011年6月5日閲覧。
  54. ^ a b “Abidal levanta la cuarta” (スペイン語). FC Barcelona. (2011年5月28日). http://www.fcbarcelona.cat/web/castellano/noticies/futbol/temporada10-11/05/28/n110529117763.html 2011年6月4日閲覧。 
  55. ^ a b c d e f g h “会心の勝利を喜ぶグアルディオラ監督”. UEFA.com (UEFA). (2011年5月29日). http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/matches/season=2011/round=2000122/match=2003352/postmatch/quotes/index.html 2011年6月5日閲覧。 
  56. ^ “Fergie: Barca the best I've faced” (英語). ESPNsoccernet. (2011年5月28日). http://soccernet.espn.go.com/news/story/_/id/924246/sir-alex-ferguson:-barcelona-the-best-team-i've-faced?cc=5901 2011年5月29日閲覧。 

外部リンク編集