はがきでこんにちは

はがきでこんにちはは、1971年から2020年まで各地のラジオ局で放送されたラジオ番組。この項目では同構成・同スポンサーの企画ネット番組についても記述する。

はがきでこんにちは
ジャンル トーク番組
放送方式 収録
放送期間 1971年10月4日 - 2020年9月25日
放送時間 5分
放送局 #ネット局を参照。
制作 TBSラジオ日音
ネットワーク JRN
パーソナリティ 近石真介
提供 日本香堂
テンプレートを表示

キー局版のパーソナリティは声優の近石真介。毎日1通、番組に送られてきたはがきを紹介し、近石がトークを展開した。

概要編集

キー局版はTBSラジオ日音の制作で、日本香堂一社提供番組。

もとは、1971年10月4日にスタートしたワイド番組『こんちワ近石真介です』の一コーナーとして開始された。やがて同コーナーのみ、JRN基幹局にネットされることとなった。1980年、TBSラジオでは『こんちワ近石真介です』の第1期終了とともにコーナーも中断したが、1983年の第2期放送開始に再開。1985年の第2期終了後、同コーナーは当初『スーパーワイドぴいぷる』の内包番組として半年継続したのち、TBSラジオ本局での放送を終了し、近石版の裏送りもしくは、日本香堂提供枠による各局独自製作の企画ネット番組となった。また、放送局によってはスポンサーなしの形かローカルスポンサーで放送した。

この番組をモチーフとした日本香堂「御進物用線香」のCMが2008年から毎年11月から12月にかけて放送されていた。

ほとんどの番組ファクシミリ電子メールを採用していく中、本番組は番組の趣旨から、一貫してはがき(封書も可能)のみでメッセージを募集していた。

近石が高齢のため、2020年9月25日分の放送をもって終了し、49年間の長寿番組としての歴史に幕を下ろした。最終回のエンディングでは、近石が電話出演し、リスナーへ感謝の言葉を寄せて番組を締めくくった。後継番組は、六代目三遊亭圓楽がパーソナリティを務める『三遊亭円楽のおたよりください!』で、翌週の9月28日から開始された。

テーマ曲編集

後継番組の『三遊亭円楽のおたよりください』にも引き継がれている。

番組内容編集

  • テーマ曲に乗せての近石による開始および終了時のタイトルコールおよびアナウンスが、ネット局ごとのスポンサーの有無によって異なる。
    • オープニングはスポンサー付きの場合「日本香堂がお送りしましょう『はがきでこんにちは』。こんにちは、近石真介です」に続き、季節の話題に合わせて日本香堂製品の宣伝をする[1]。スポンサーなしの場合「こんにちは、近石真介です。近石真介がお送りする『はがきでこんにちは』」のあとにフェードアウトし、30秒のローカルCM枠(CMフィラーで再度テーマ曲が用いられる)を挟んで番組本編に戻る。
    • エンディングはスポンサー付きの場合日本香堂のテープCMを挟んで、採用者に日本香堂製品を進呈する旨と「日本香堂がお送りした『はがきでこんにちは』でした」で締め括る。スポンサーなしの場合は50秒のローカルCM枠のあと、「近石真介がお送りした『はがきでこんにちは』でした」のアナウンスで締め括る。
  • リスナーから寄せられたはがきが読まれる際、投稿者の住所(市域まで)と氏名が読まれた(ただし、だいたい匿名希望で投稿するケースが多く、その場合は「名無しのごんべえ」「名無しのごんこ」などと紹介された)。読み上げる際は女性投稿者であれば「ねえ近石さん聞いてー」とか「○○なのよ」など、はがきの内容や住所に関わらず近石への話し言葉として紹介され、その口調もほぼ固定されたパターンにアレンジされた。はがきの結びは「さようなら」で締められた(聴取者が書いているのか、書いていないのにそう言っているのかの詳細は不明)。なお、近石がはがきを読む際、当初は無音だったが、2008年4月よりBGM(馬頭琴の演奏)が加わるようになった。はがきを読み終えると、近石が内容にちなんだ話題を話す。
  • 番組の最後に、番組の宛先(制作局最寄りの郵便局私書箱)を告げる(時間の関係で紹介されないこともある)。なお、私書箱を郵便事業が管理していた頃も「○○支店私書箱」と呼称せず「○○郵便局私書箱」とアナウンスしていた。

ネット局編集

番組終了時点編集

  • 全て月 - 金曜の放送。放送時間の早い順から記載。
  • ※は日本香堂の単独提供。それ以外はローカルCM。
放送対象地域 放送局名 放送時間 放送期間 備考
福島県 ラジオ福島(rfc) 9:10 - 9:15 2013年9月30日 - 2020年9月25日 『あなたの朝にレディ・オン』内
中京広域圏 CBCラジオ(※) 9:32 - 9:37 つボイノリオの聞けば聞くほど』内
放送時間に若干の前後あり[2]
鹿児島県 南日本放送(MBC) 9:37 - 9:43 2016年3月28日 - 2017年12月29日は9:44 - 9:50に、2012年12月31日 - 2014年3月28日は13:25 - 13:30に放送していた。
再開日不詳 - 2020年9月25日
秋田県 秋田放送(ABS) 11:45 - 11:51 2009年4月6日 - 2020年9月25日 放送開始 - 2009年10月2日、2010年10月3日 - 2014年3月28日は11:45 - 11:50。
2009年10月5日 - 2010年9月30日は6:55 - 7:00。
2014年3月31日 - 2015年3月27日は16:30 - 16:35。
2015年3月30日より現在の時刻に変更。
福岡県 RKBラジオ(※) 11:55 - 12:00
鳥取県島根県 山陰放送(BSS) 13:00 - 13:05 2016年3月28日 - 2017年3月31日
2020年3月30日- 2020年9月25日

過去編集

  • すべてローカルCMを放送。
放送対象地域 放送局名 放送時間 放送期間 備考
岩手県 IBC岩手放送 5:10 - 5:15 2016年4月1日 - 2018年3月30日
山梨県 山梨放送(YBS) 5:20 - 5:25 2011年4月4日 - 2015年9月25日
石川県 北陸放送(MRO) 9:15 - 9:20 不詳
愛媛県 南海放送(RNB) 13:15 - 13:20 2012年4月2日 - 2013年3月29日
大分県 大分放送(OBS) 13:35 - 13:40 2010年4月5日 - 2011年12月30日
新潟県 新潟放送(BSN) 14:40 - 14:45 2012年4月2日 - 2015年3月27日
富山県 北日本放送(KNB) 16:00 - 16:05 2012年4月2日 - 9月28日
山口県 山口放送(KRY) 16:30 - 16:35 2013年4月1日 - 2019年9月27日 2013年10月 - 2014年9月は金曜のみネットなし。2013年4月1日 - 2017年3月31日は16:05 - 16:10。
2017年4月3日より16:30 - 16:35に変更。
岡山県 RSKラジオ 6:40 - 6:45 2017年1月2日 - 終了日不詳 2017年1月2日 - 3月31日は6:37 - 6:45。
2017年4月3日より右記の時刻に変更。
福井県 福井放送(FBC) 11:55 - 12:00 2015年3月30日 - 終了日不詳 2007年4月2日 - 2014年3月28日は6:55 - 7:00に放送していた。
火曜は『過払い金ナットク法律相談』を放送するため、ネットなし。
高知県 高知放送(RKC) 12:05 - 12:10 2007年4月2日 - 終了日不詳 放送開始 - 2007年9月は6:30 - 6:35。
2007年10月 - 2008年3月は16:30 - 16:35。
2008年4月 - 2009年4月3日は10:25 - 10:30。
2009年4月6日 - 2009年10月2日は11:20 - 11:25。
2009年10月5日より現在の時刻に変更。
山形県 山形放送(YBC) 12:55 - 13:00 2016年3月28日 - 終了日不詳 2009年7月6日 - 2010年3月26日は16:25 - 16:30に放送していた。

企画ネット状況編集

企画ネット局は以下の通り。

関連項目編集

その他のラジオ局における日本香堂提供番組
その他

脚注編集

  1. ^ CBCラジオ・RKBラジオでの2020年4月20日から5月29日に放送したオープニングの部分はリモート収録になった
  2. ^ かつて同局で放送されていた「メディアキング電波ファイター」月曜日に「はがきでこんばんは」というパロディがあった。